私のきれぇい&かわゅい♪

obtusaにとって、きれぇい♪かわゅい♪ものを紹介していきまぁす(^^)/

金精峠~鬼怒沼~大清水、1994年夏

このときは友人と歩きました。
1泊2日ですが、けっこう長い山行と記憶しています。
地味なルート、こんなコースをわざわざ歩く人は
少ないでしょうね。

朝、金精峠に登り、念仏平、根名草山を越え、
日光沢温泉に下り、鬼怒沼湿原に登り返しました。

鬼怒沼に登る途中、雷雨にあい、
しばらく濡れたままやり過ごしました。

雷雨で洗われた鬼怒沼が美しかったのを覚えています。

一日目は鬼怒沼の北端にある小屋で泊まりました。


二日目は快晴。
早朝、小屋を出、
小松清水、黒岩清水、赤安清水と県境の稜線を辿り、
小淵沢田代の手前から、奥鬼怒スーパー林道に下り、
大清水にたどり着きました。

県界尾根は妙に暗かったように記憶しています。
それに比べ、小淵沢沿いの林道はまぶしく、暑かった。


160729鳩待峠~富士見峠~一ノ瀬 (24)s
16.07.29 尾瀬沼南岸より燧ヶ岳
1994年のときは尾瀬沼までたどり着けませんでした

コースタイム
94.08.16
08:10金精峠駐車場 → 08:35金精峠稜線 → 10:30念仏平避難小屋11:00 →
12:30根名草山(2330.0m) → 14:30日光沢温泉 → 17:20奥鬼怒沼 →
17:40奥鬼怒沼小屋

08.17
05:50小屋 →07:35小松清水 → 08:10黒岩清水 → 10:35赤安清水11:10 →
12:07小淵沢田代分岐 → 14:05奥鬼怒スーパー林道 → 15:00大清水

行動時間
94.08.16 9時間30分
  08.17 9時間10分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掃部ヶ岳、1994年初夏

榛名山の最高峰、掃部ヶ岳に家族で登りました。
町営駐車場からのピストンだったようですが、
くわしいことが記録されてなく、
実際にはどのルートを取ったかわかりません。


160212掃部ヶ岳 (11)s
16.02.12 掃部ヶ岳西、耳岩辺りから掃部ヶ岳

コースタイム
94.06.11
10:40町営駐車場 → 12:12掃部ヶ岳(1449m)13:10 → 13:50町営駐車場

行動時間:3時間10分
歩行時間:2時間12分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

物見山、1994年GW

家族と登りました。
物見山、あちらこちらにありますが、
これは群馬、長野県境、神津牧場の上にあるお山です。
記録を見ると、だいぶゆっくりの山行だったようです。


コースタイム
94.04.29
10:20物見岩入口 → 11:25物見山(1375.5m)12:55 → 13:30物見岩入口

行動時間:3時間10分
歩行時間:1時間40分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

小川町駅から武蔵嵐山駅、縦走 …その2

やがて小倉峠に飛び出し、
小倉城址はパスして、小倉林道に出ました。
次は正山です。

170416小川町~嵐山町 (21)正山s

春の正山。
地元では「塩山」とも呼ばれているようです。
読みはえんざんではなく、しおやまのようです。
だとすると、しおやま→しょおやま→しょうやま→正山なのでしょうか。

小倉の集落より大平山。

170416小川町~嵐山町 (22)正山s

正山へは小倉から南下し、日向の集落に出て、
地形図にある破線の尾根の東側電波塔のある尾根を登りました。

軽トラックならば登れそうなしっかりした作業道があり、
途中で破線の道と一緒になるのですが、
破線の方も同様にしっかりした作業道でした。

と言うことで作業道を頂上近くまで辿るといきなりの藪。
頂上はこの中です。

170416小川町~嵐山町 (27)s

心配しましたが、わりあいすんなり三角点が見つかりました。

170416小川町~嵐山町 (24)s

ひと休みして下山。
次は嵐山渓谷をはさんで向かい側の大平山です。
日向まで戻ると距離が伸びるので、
途中から破線の道形を東に辿ります。
破線は北に折れますが、踏み跡はそのまま東に下り、
山麓の集落へ。
反時計回りに嵐山渓谷に向かいます。

途中、正山を見上げます。

170416小川町~嵐山町 (28)正山s

また、これから向かう大平山です。

170416小川町~嵐山町 (30)大平山s

大平山。

170416小川町~嵐山町 (31)s

名のとおりのびやかな平たい山容です。

嵐山渓谷、冠水橋です。

170416小川町~嵐山町 (35)s

大平山への道。

170416小川町~嵐山町 (37)s

広場を通りこして、大平山山頂。

170416小川町~嵐山町 (38)大平山s

武蔵嵐山駅に向かいせっせと下ります。
農道に出て、大通りに出たところにバス停がぽつんと立っていました。

時刻を確認すると、10分後に武蔵嵐山駅行きのバスがあります。
少しだけ逡巡しましたが、バスを待ちました。


コースタイム
17.04.16
07:10小川町駅 → 08:00仙元山(298.9m) → 08:14城山(青山城址)(267m)
→ 08:35大日山(252.6m)08:43 → 09:04物見山(286m) → 09:45小倉林道
→ 09:55車道 → 10:28正山(塩山)(164.8m)10:48 → 11:20嵐山渓谷冠水橋
→ 11:47大平山(179m)12:03 → 12:20千手堂バス停

行動時間:5時間10分
歩行時間:4時間36分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

小川町駅から武蔵嵐山駅、縦走 …その1

最近気に入っている歩き方が駅から駅縦走。
先週予定していましたが、雨で一週間順延の
小川町駅から武蔵嵐山駅を歩きました。

まずは仙元山をめざします。

170416小川町~嵐山町 (2)s

新緑とところどころの桜が春を感じさせます。

住宅地に立つ標。

170416小川町~嵐山町 (4)s

さて、いよいよ山道の始まり。

170416小川町~嵐山町 (5)s

桜のお出迎えです。

気持ちよく登っていくと、それほどかからずに仙元山。

170416小川町~嵐山町 (6)s

仙元山から南に尾根を辿り、少しUターン気味に城山。

170416小川町~嵐山町 (9)s

青山城址です。

252.6mの三角点ピーク、大日山と大きく掲げられていました。

170416小川町~嵐山町 (10)s

続いて、物見山。

170416小川町~嵐山町 (13)s

そして、仙元大日神の立っているピーク。

170416小川町~嵐山町 (14)s

もう一つの仙元山でしょうか。

小御岳山も立っています。

170416小川町~嵐山町 (15)s

小倉の集落に下る道を辿ります。


170416小川町~嵐山町 (20)s

…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

根本山、1994年冬

この日は冬晴れの中、
ひたすら尾根歩きをしたように覚えています。
熊鷹山の頂上がすごく明るかったこと、
氷室山の頂上は針葉樹の森のなか、薄暗かったこと。
それとも、別の山のことだったか…。

ただ記録によると、尾根筋には足首を越える積雪があったようです。

根本山周辺の写真は見当たりません。


コースタイム
94.01.15
07:25石鴨登山口 → 09:10熊鷹山(1168.7m) → 09:50十二山(1143m) →
10:45氷室山(1123m)11:20 → 12:45根本山(1199m) → 13:45石鴨登山口

行動時間:6時間20分
歩行時間:5時間45分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

物語山、1994年冬

このときは荒船山に荒船不動から登ろうと計画し向かいましたが、
直前で道路がテカテカに凍っていて車が
上がらなかったのを覚えています。
それで、物語山に転戦、無事に登頂しました。


150426鍬柄岳 (5)s
15.04.26、鍬柄山から左奥の平らが荒船山、その手前やや左が物語山

コースタイム
94.01.08
08:40林道途中 → 09:10登山道入り口 → 09:42物語山西峰 → 
10:05物語山(1019.3m)10:40 → 11:30林道途中

行動時間:2時間50分
歩行時間:2時間15分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | 私のきれぇい&かわゅい♪ | NEXT