FC2ブログ
タマウラベニタケ
2007/10/08(Mon)
タマウラベニタケ Entoloma abortivum(イッポンシメジ科イッポンシメジ属)

タマウラベニタケ070930妙高 (6)
               2007.9.30 新潟県妙高高原

傘径3~10cmまんじゅう形から平らまたは皿形に開き、
表面は平滑、灰白色~淡灰褐色。
ひだは柄に長く垂生し、幅狭く密。
柄は3~9cm×4~10mm。
正常なきのこのほかにだんご状のかたまりを作る。
秋にブナ、ミズナラなどの湿った朽ち木に群生する。

食用になり、けっこう美味しいです。
粉臭があり、好き嫌いがわかれるかも知れません。
スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<毎日果実 | メイン | ショパン ミルフィーユ いちごとふたごのパイ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://obtusa.blog69.fc2.com/tb.php/821-7642cca3

| メイン |