FC2ブログ
山の古典と共に
2020/07/10(Fri)
大島 堅造 著  1992年2月20日  株式会社 図書出版社 発行


200615本 (3)s


この本自体が30年近く前の発行ですが、
元々は、昭和43年、1968年に書かれたもので、
50年以上も前のものになります。

著者は明治20年(1887年)の生まれで、
第2次世界大戦以前に銀行家としてアメリカで活躍された方です。

仕事の傍ら、山に登り、
その頃の北米の山、ヨーロッパの山にも登り、
また、外国語をよくしたので、
欧米の文献にもう造詣が深かったようです。

ご自分の経験、当時の名著を読んだ感想、
またそうした名著の著者との交流が書かれています。

読みたい本の世界がまた一段と広がりました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コゴメウツギ | メイン | トウゴクミツバツツジ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://obtusa.blog69.fc2.com/tb.php/4202-b7da48d5

| メイン |