FC2ブログ
山のパンセ
2020/04/04(Sat)
串田 孫一 著  1990年6月25日  株式会社集英社 発行


IMG_8043sc.jpg


私の愛読書でしょうか。
疲れたとき、また寝込んだときなどに、
ペラぺらっとめくり、拾い読みします。

手元にあるのは1995年の版で、
しかも新刊で買ったと思われますから、
かれこれ25年前ですね。

1972年、実業之日本社から発行されたものを
文庫化したもののようです。

もちろん、串田さんの文章はそれ以前の山の様子、
登山の様子になります。

山はもちろん変わっていないですが、
登山道の情景、山麓の様子の変容は大きいですね。
でも、紙面の中でも山に入ってしまえば、
こんな山歩きをしたいなと思えてしまいます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<愛宕山、2004年冬 | メイン | 山内山、2004年冬>>
コメント
-  -
昔読んで糧となった本は、
いつかは再度読もうと思っても
書棚にあって、眺めていても
なかなか読みませんね
ゆっくり時間が取れる時期が来れば
と思っても、結局はその時期は到来せず
ではなく、自ら作らないからですが。
私はその本は読んだことないですが、
詩人、哲学者 とあり
読んでみたい気がします。





2020/04/05 06:01  | URL | sikioriori #-[ 編集]
- sikiorioriさん -
今は、ヤマケイ文庫から出ているようですから、
簡単に手に入りますね。
ぜひ、お読みください。

いろいろ本がありましたが、
最近はほぼ山関係の本しか買っていませんし、
それ以外の専門分野の本は
職場の図書室や博物館なんかに寄贈してしまいました。
一時だいぶすっきりしたのですが、
また増殖中です。
2020/04/05 06:43  | URL | obtusa #oCbjO3AA[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://obtusa.blog69.fc2.com/tb.php/4128-775c3683

| メイン |