FC2ブログ
山人の賦Ⅱ  尾瀬に生きた最後の猟師
2019/12/08(Sun)
平野 與三郎 述  志村 俊司 編、1985年5月25日 白日社発行


IMG_7512sc.jpg


平野 與三郎氏は明治大正昭和と
檜枝岐村に生きた方で、猟師でした。
山人の賦Ⅰ」と合わせて読むと、
当時の檜枝岐の生活が浮かび上がってきます。
決して楽ではなかったが、
山また山の地でどんな風に厳しい生活を乗り切っていたか、
読めば様子はわかりますが、
実際にどのようにしていたのか、
現代ではまったく想像もできません。
人間の強さ、逞しさを感じました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クロマメノキ | メイン | 朳差岳、2003年夏>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://obtusa.blog69.fc2.com/tb.php/4042-604ec9e2

| メイン |