FC2ブログ
天狗岳敗退
2019/09/15(Sun)
久しぶりのテント山行をと、はりきって唐沢鉱泉を出発。
懸念は前日の夕飯が早めで、
しかも軽かったので
何だかお腹が物足りなかったこと。
朝食にパンを食べたんですけどね。


190914天狗岳撤退 (1)ss


めざせ天狗。


190914天狗岳撤退 (2)s


はじめは快調に高度を稼いでいたのですが、
途中からシャリバテ気味。
パンを食べたりして、
調子が出るまでと休み休み登ります。

ようやく西尾根に登り上げました。


190914天狗岳撤退 (3)s


その後も休み追い越され、
休み追い越されしつつ粘りましたが、
どうもだめ。

2300m付近で撤退を決めました。

それでも、せっかくだからと
枯尾の峰を回って下りることに。

しかし途中、妙に左足が滑ります。
怖くて岩の上に乗れないくらい。

どうも変だとと思い、ソールを確認すると、
何と剥げてなくなっています。

どこで剥げたのかまったくわかりません。

もしかしたら、早くに剥げていて、
それで力が入らなかったのかも知れません。

いずれにしても、無理して登らなくてよかった。

それでも、1979m標高点を目前にしての南アルプス。


190914天狗岳撤退 (5)s


そして、峰の松目と赤岩の頭か。


190914天狗岳撤退 (6)s


1979m峰。


190914天狗岳撤退 (7)s


ここって枯尾の峰じゃないのかな。

さらに進むと、唐沢鉱泉への分岐です。


190914天狗岳撤退 (11)s


枯尾の峰はもっと下なのか。

何とか無事下山。


190914天狗岳撤退 (12)s


重い荷物は一体何だったのか。

帰りがけに軽井沢で昼食。


190914天狗岳撤退 (14)s


無事におうちに帰りました。

そう、この靴です。


DSC_1609cs.jpg


もう長く履いている靴ですが、
ソールが前後に分かれているのが特徴。

今回はかかと部分だけだったのでまあまあ歩けました。
実は剥げたのは二度目で、
前は阿弥陀岳から下山途中に同じ左足の前後とも剥げ、
行者小屋から美濃戸口までの道が遠かったこと。

修理して履いていたのですが、
今回で決心がつき、処分することにしました。

やれやれです。


19.09.07
05:53唐沢鉱泉 → 06:50 2080m付近07:08 → 07:21西尾根 → 
08:20 2300m付近 → 09:25 1979m峰09:33 → 唐沢鉱泉

行動時間:4時間08分
歩行時間:3時間42分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ナガバノコウヤボウキ | メイン | 比叡山、2002年秋>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://obtusa.blog69.fc2.com/tb.php/3981-f0bceac4

| メイン |