FC2ブログ

09//1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.//11

私のきれぇい&かわゅい♪

obtusaにとって、きれぇい♪かわゅい♪ものを紹介していきまぁす(^^)/

十二ヶ岳~小野子山 …その1 

ずっと昔、南側から登ったことがあるので、
今回は北側、高山村側から登り、周回コースを取りました。

林道小野子山線の十二ヶ岳登山口から登り、
小野子山まで縦走し、別のルートを下り、
林道を歩き戻ることにします。
林道歩きが暑さの中憂鬱ですが、
何かよいこともあるでしょう。

と言うことで登山口。


180624十二ヶ岳~小野子山 (1)s


登山口の案内板をよく確認します。


180624十二ヶ岳~小野子山 (2)s


登山口の横には簡易舗装の立派な作業道が
一直線に登っていましたので、
迷うことなく歩き出します。

が、これがどうも間違いだったような…。

ニワトコが赤い実をつけています。


180624十二ヶ岳~小野子山 (5)s


鮮やかなですね。


180624十二ヶ岳~小野子山 (6)s


やがて作業道の十字路に出て、
舗装は切れ、草におおわれそうな作業道が
変わらずまっすぐ続いています。


180624十二ヶ岳~小野子山 (8)s


案内板くらい立っていてもよさそうなものをと思いつつ、
直進します。

やがて作業道が等高線沿いに巻きだしたものですから、
沢沿いの踏み跡に、首をかしげつつも突入。

すぐに踏み跡も消えたものの、
地形図で見る限り、悪いところはなさそうだし、
傾斜もそれほどきつくないので、
適当に尾根を登ります。

踏み跡のような、獣道のような。


180624十二ヶ岳~小野子山 (9)s


やはり獣道ですね。
シカの声は聞こえるし、泥浴びをしたようなくぼみもあります。


180624十二ヶ岳~小野子山 (10)s


だいぶ東に寄っているようなので、
西に巻きながら上へ上へ、
煙の何とかは高いところへです。

やがて飛び出した尾根にはしっかり人の踏み跡があり、
標もありました。


180624十二ヶ岳~小野子山 (11)s


やれやれ。

帰宅後、ネットで記録などをよく確認すると、
どうも登山口からして、立派な作業道ではなく、
歩道があったようです。
いつか確認をしに行ってみたいような。

盛りのヤマボウシの花で心を落ち着かせます。


180624十二ヶ岳~小野子山 (14)s


さて、十二ヶ岳をめざしましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[edit]

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://obtusa.blog69.fc2.com/tb.php/3616-068e5f99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top