FC2ブログ
富士浅間山 …その2
2018/05/13(Sun)
焼山峠の西側に
法面の上に登れるように歩道がついています。
それを登り、尾根に乗るとすぐ岩場。
岩場の下を左、東へ回り込み、
小尾根を登ります。

富士浅間山に続く尾根に乗ると、
しばらくはこんな感じです。


180506富士浅間山 (17)s


ところどころにあるテープを探しつつ、
うすい踏み跡をたどり、登っていきます。

ヤマツツジが咲いていました。


180506富士浅間山 (18)s


とにかく高い方へと登っていくと、
富士浅間山の頂上に着きます。


180506富士浅間山 (22)s


祠のある方向から登ってきました。

この日は暑い日だったので、
野菜たっぷりの冷製パスタとノンアルコールビールのランチ。


180506富士浅間山 (28)s


ホオノキの葉に若々しさを感じます。


180506富士浅間山 (31)s


それにしても静かすぎる山頂に、
わずかの物音にも動物の気配を感じ、
少し落ち着きません。

さて、山頂を辞します。

山頂からの道。


180506富士浅間山 (34)s


テープがあるとは言え、
踏み跡がはっきりしませんので、
尾根を外さないように方向を確かめつつ下ります。

無事に焼山峠に下り、
そこからは間違いようのない沢沿いを歩き、
林道の終点まで下りました。


180506富士浅間山 (35)s


ここまでは車高の高い車であれば来ることができます。
先の作業道は入らない方がよいでしょう。

少しだけ林道を歩き、無事下山です。



180506富士浅間山 (36)s


18.05.06
10:07焼山峠への林道標高500m付近 → 10:42焼山峠10:47 →
11:17富士浅間山(898.8m)11:57 → 12:17焼山峠 → 
12:40焼山峠への林道標高500m付近

行動時間:2時間33分
歩行時間:1時間48分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<メグスリノキ | メイン | 富士浅間山 …その1>>
コメント
-  -
こんばんは
「山頂からの道」
踏み道がないと迷います。
道と思って、下山して進むと
道がなくなる場合が、慌てます。
落ち着いて、また来た道を
分岐点まで戻るのが一番でしょうか。
「静かすぎる山頂」
展望が開けた山頂であれば、静けさが癒しですが、
木々に囲まれた展望のない山頂は、静かさはなんとなく
落ち着かなく、長居はしないですね(笑)

2018/05/14 21:30  | URL | sikioriori #-[ 編集]
- sikioriori さん -
登ってきた尾根を下るだけなのですが、
西上州ではたまに尾根を間違えることがあります。
この尾根で大丈夫!なんて思い込むと危ないですね。
きっちり方向を確認しないとです。
2018/05/15 05:38  | URL | obtusa #oCbjO3AA[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://obtusa.blog69.fc2.com/tb.php/3579-1de9a848

| メイン |