FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2017.11.01 (Wed)

大鳥屋山 …その2

岳ノ山山頂で一息つき、
気を取り直して大鳥屋山をめざします。
今度は稜線を外さなければいいのですから、
簡単なはず。

岳ノ山から10分ほど下った岩場から大鳥屋山。


171030大鳥屋山 (11)s


意外に存在感があります。
あそこまでしっかり歩まねば。

もう1枚。


171030大鳥屋山 (13)s


手前右側に寝そべるのが先ほど迷った624mのピーク。

なだらかな尾根は道が判然としないときは迷いやすいです。
注意しなくちゃ。

さらに5分ほど下ったところからの大鳥屋山。


171030大鳥屋山 (14)s


高さを感じるようになりました。

こんな尾根を進みます。


171030大鳥屋山 (16)s


真ん中、手前から奥に向かい道があります。
よ~くみると、黄色のテープも巻かれています。

やっぱり624m標高点のあるピークでやや迷い。
標高点の南で尾根は東に90°曲がるはずですが、
踏み跡を進むうち、南向きのまま下り出しました。

これは曲がり損ねたと思い、
尾根の東側をトラバース気味に歩き、
無事、大鳥屋山へ続く尾根に乗ることができました。

狭い尾根はみんな同じところ歩くので道がはっきりし、
広い尾根は歩くところがばらばらで道がうすくなります。
そこが迷いどころですね。

大鳥屋山との鞍部に手作り標。


171030大鳥屋山 (17)s


そして、北斜面に下る道。
ここに登り上げるはずだったんですね。
尾根が1本、沢が1本違っていたことが明らかとなりました。

さぁ、ひと登りで大鳥屋山です。

そして、広い大鳥屋山山頂に着きました。


171030大鳥屋山 (24)s


やれやれ。

期待の一等三角点。


171030大鳥屋山 (19)s


アップ。


171030大鳥屋山 (21)s


お湯を沸かし、コーヒーを落とし、
カフェ大鳥屋です。


171030大鳥屋山 (22)s


寒くなってきたので下山しましょう。
気をつけなくちゃ。

先ほどの標まで下り、北斜面の道を辿ります。

いい具合につけられた歩きやすい道です。
ここを登りたかったなぁ…。

難なく林道に出て、林道を下り、間違った地点を確認して、
無事下山です。



171030大鳥屋山 (27)s


17.10.30
07:55五丈の滝駐車場 → 08:13誤った作業道分岐 → 08:40支尾根 →
09:05 624m標高点付近 → 09:52岳ノ山(704m) → 
10:31 624m標高点 → 11:10大鳥屋山(693.0m)11:40 → 
11:55下降点 → 12:33五丈の滝駐車場

行動時間:4時間38分
歩行時間:4時間08分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 登山 - ジャンル : 趣味・実用

05:38  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment


コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://obtusa.blog69.fc2.com/tb.php/3430-cbcb5c7d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |