荒海山 …その1 

2017, 08. 07 (Mon) 17:14

荒海山はここ数年、課題となっているお山です。
ようやく雰囲気とその気が一致して、
暑いだろうことが予想されるのが難ですが、
登る機会を得ました。

片道4、5時間運転しなくてはならないので、
前日夕方、出発し、
その日のうちに登山口近くの道の駅番屋に泊まるプランとしました。

地図にある登山道は八総鉱山跡からのルートですが、
このルートは崩れてしまい使えません。

そこで最近紹介されている戸坪沢からのルートを辿ることにしました。

登山口は国道352号中山トンネルを越えたところのチェーン脱着場。
「前沢曲家集落 13km」が目印です。

170805荒海山 (1)s

この看板の下の林道を入ります。

林道はすぐに消えますが、歩道は続き、
戸坪沢の枝沢を2本越えたところから尾根にとりつきます。

この道(もはやはっきりしすぎて踏み跡ではないかも)は
尾根を忠実に辿りひたすら登るので効率的です。
途中、うるさいほどテープがついていますから、
不安はありません。

170805荒海山 (2)s

1時間以上かかり尾根に登り上げ、
八総鉱山跡からの道に合流します。
すると、やがて「荒海山登山コース」の標がありました。

170805荒海山 (4)s

心強い。

めざす荒海山も見えてきました。

170805荒海山 (5)s

今度は「荒海山登山コース」+「荒海山頂」のダブル標です。

170805荒海山 (7)s


何年か前に登った七ヶ岳が見えました。

170805荒海山 (8)s

標高1400~1500mの最後の急登は、
滑りやすい土の道、ロープがぶら下がっていました。

頂上へ続く稜線に登り上げると、
すぐに避難小屋南陵小屋がありました。

170805荒海山 (9)s

雨風はしのげるかな。

すぐに頂上です。


170805荒海山 (13)s

…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment