私のきれぇい&かわゅい♪

obtusaにとって、きれぇい♪かわゅい♪ものを紹介していきまぁす(^^)/

竹ノ茅山~塚山 …その1

長年の課題、塚山に登っていました。
塚山だけではさみしいので、
合わせて隣の竹ノ茅山も登ることにして、
コースを考えました。

生利から土坂峠の中間辺りから
東北方向に向かっている林道に入ると、
かなり塚山近くまで行けそうなので、
あとは現地で考えることにして、
とにかく行ってみました。

林道は塚山西方の県境辺りまで伸びていましたが、
路肩に駐車スペースがあって、
できれば周回できるところと思い、
竹ノ茅山と塚山南西の907m峰の中間辺り、
860m付近に駐車しました。

少し戻ったところから、
竹ノ茅山方向に作業道が入っています。

161123塚山 (1)s

とりあえずは、その作業道を登っていきました。

作業道を登っていくと、やがて鉄塔が見えます。

161123塚山 (2)s

鉄塔の脇をとおり、
一番高いところが竹ノ茅山山頂でした。

161123塚山 (3)s

山頂を辞して、振り返ったところ。

161123塚山 (5)s

振り返れば、ここが運命の分かれ道だったんですね。

踏み跡もあり、快調に下るのですが、
何だか様子が変。

地図を見て、周囲の地形と見比べると、違和感ありありです。
それに、めざす塚山が妙に高くそびえてるし…。

どうも、東に伸びる尾根の800m付近のようです。
本来は北東に伸びる尾根の上にいなければなりません。

幸いトラバース気味の獣道もたくさんありますし、
植林地ですので、
等高線沿い、やや上方をめざして、
正しいルートに向かいました。

161123塚山 (6)s

竹ノ茅山から30分余、塚山に向かう尾根に戻れました。

やれやれです。

里山だからと油断せず、
迷う前にコンパスを当てなくてはいけませんね。
そう、竹ノ茅山山頂で慎重に方向を見定めて
下り出さなくてはいけなかったのです。

さて、本来の尾根からの眺め。

東御荷鉾山(右)と西御荷鉾山(左)。

161123塚山 (7)s

そして、赤久縄山。

161123塚山 (8)s

左手に御荷鉾山を望みながら尾根を辿り、
907m峰を北に曲がり、
鞍部からブルで押したような作業道を登ると
塚山と西峰との鞍部につきます。
そこから、東へひと登り、
塚山山頂です。


161123塚山 (14)s

…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<竹ノ茅山~塚山 …その2 | 私のきれぇい&かわゅい♪ | コアジサイ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 私のきれぇい&かわゅい♪ |