黒部の山賊
2016/04/13(Wed)
伊藤正一著、2014.03山と渓谷社刊

160316本 (2)s

第二次世界大戦後の黒部の生活が描かれています。

古き良き時代の黒部の谷、
山賊生活にあこがれますが、
私にはできないでしょう。

それに最近は行ってないし、
正直言って、黒部がどのような場所だったかさえ定かではありません。

この本に残されているような、
男たちの生活、アルプスの怪を記憶にとどめながら歩けば、
いっそう親しみが増すでしょうし、
身近に感じることができそうです。

また行きたいな。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コブシ | メイン | 鳴神山~吾妻山 …その2>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://obtusa.blog69.fc2.com/tb.php/2990-461658e9

| メイン |