FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2015.06.01 (Mon)

県界尾根・野辺山道~赤岳~三叉峰~杣添尾根…その2頂上へ

小天狗で小休止ののち、再び登り出しました。
ところがいくらも行かないうちに、
絶景の眺め。

登りだしてはじめて赤岳がはっきりと見えました。
赤岳と横岳。

150530赤岳~三叉峰 (14)s

赤岳と権現岳。

150530赤岳~三叉峰 (15)s

そして、赤岳アップ。

150530赤岳~三叉峰 (17)s

少し引いての赤岳と横岳。

150530赤岳~三叉峰 (18)s

そして、左から真ん中に続く尾根が
これから登る尾根です。
そして、最後の急登があります。

さらに近付く赤岳。

150530赤岳~三叉峰 (21)s

赤岳頂上山荘が見えます。
ちょっと不自然な出っ張りですね。

それにしても、最後のところ、
本当に登れるでしょうか。

大天狗辺りからの赤岳。

150530赤岳~三叉峰 (24)s

登行意欲はそそられますが、
本当に本当に登れるかな。

地図上の2599m辺りまでは急登はなく、
気持ちのよい樹林帯の登りが続きます。
ここからいきなり立ち上がるような登り、
鎖、ハシゴが表れます。

そして、困ったのが急な雪渓。
それも、鎖が雪の下になっています。
きっと、夏ならば鎖を少しは頼りにして登るところなのでしょうが、
それが雪の下とは。
しかも急。

雪渓の際を枝につかまりながら、
しっかりステップを決めて慎重に登ります。
上部のだいぶ幅が狭くなったところを
覚悟を決めて横断、向こう側の枝につかまり、
少し下り込んで鎖に、すなわち登山道に、
土の上に戻りました。

やれやれ。

そして、見下ろした写真がこれです。

150530赤岳~三叉峰 (26)s

鎖が雪渓に消えているのがわかりますよね。
下側はハイマツの切れている辺りです。
わずかな距離ですが、怖かった。

さらにひと登りで、赤岳天望荘への道を分け、
もう少し上がったところからの天望荘と横岳、硫黄岳。

150530赤岳~三叉峰 (27)s

最後の急登です。
頂上山荘=頂上に真っ直ぐ登っていきます。

150530赤岳~三叉峰 (28)s

この標高になると、久しぶりに登ると明らかに高山病の症状がでます。
少し登ると息苦しくなります。
頻繁に登り出すと、呼吸器系よりも先に足にくるのですが。

そして、よれよれになりながらも頂上。

150530赤岳~三叉峰 (29)s

県界尾根で出会ったのは追い越していった3人組だけでしたが、
さすが頂上はにぎやか。

雲がかかってきたのが残念です。

…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用

05:55  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★凄い山です。

obtusaさん、こんばんわ

赤岳は、いつ拝見しても凄い山ですね。
やっぱり山頂は、にぎわっていましたかぁ!

なかなか険しい山行だったようで
途中の雪渓は難所ですね。(;´Д`)

だけど何枚も写真を撮られているように
やっぱり赤岳の山容は素晴らしいです。
オニオン/ |  2015.06.11(木) 23:08 |  URL |  【コメント編集】

★オニオン さん

赤岳はやはりかっこいいし、素敵ですね。
わずかに雪渓の10数mだけでしたが、
一瞬引き返そうかとも思ったくらいでした。
もう少し雪が多かったら…。
お天気がよく、赤岳が見えていたからこそ、
登れたように思います。
obtusa |  2015.06.12(金) 05:44 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://obtusa.blog69.fc2.com/tb.php/2793-a849266a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |