私のきれぇい&かわゅい♪

obtusaにとって、きれぇい♪かわゅい♪ものを紹介していきまぁす(^^)/

蓼科山…その1

朝、7時過ぎ女乃神茶屋の駐車場はほぼいっぱい。
平日なのに、皆さん早いですね。
隙間、半分雪の山に突っ込むようにして駐車し、準備をします。
今日はめずらしくお友だち二人と。
ちょっとわくわくどきどきです。
楽しんでもらえるかな。

ワカンやスノーシューを散らかして、どうしようかなどと思ってると、
一昨日も登ったという男性が、
「トレースがしっかりあるから、ワカンはいらないよ」って
アドバイスしてくれました。
素直に信じて、車内に戻します。
荷物は軽い方がいいですからね。

お言葉どおりしっかりなトレースをたどります。
カラマツ林の中の道標がまぶしい。

150120蓼科山 (2)s

これから長い直登が待っています。

快晴の空が気持ちよいです。

150120蓼科山 (3)s

直登を登り出しました。

アイゼンがよく効くし、気持ちよく歩けそうです。

お友だちも大丈夫そう。
この調子なら頂上はかたいなって思えます。

雪の白さ、空の青さ。

150120蓼科山 (5)s

登るにつれ、遠くの山が見えてきました。

まずは御嶽山。
煙ははっきりわかりませんが、活動を続けているのでしょうね。

150120蓼科山 (8)s

南アルプス。

150120蓼科山 (10)s

赤岳を中心とした八ヶ岳。

150120蓼科山 (12)s

久しぶりに雪の稜線を歩きたくなります。

2113m付近で一休みして、さらに上へ。

再び急登になる前に蓼科山が見えます。

150120蓼科山 (13)s

もうひと登りのような、遠いような…。

それでも足を前に出していれば着実に高いところに行きます。

あらためて八ヶ岳。

150120蓼科山 (15)s

見上げる感覚から、横並びに近くなってきました。
頂上も近いかな。

北横岳ですね。

150120蓼科山 (16)s

遅れている友だちを振り返ると、
南アルプスが光ってます。

150120蓼科山 (18)s

もう少しのはずですが…。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<蓼科山…その2 | 私のきれぇい&かわゅい♪ | 長七郎山~地蔵岳(赤城山)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 私のきれぇい&かわゅい♪ |