たった一人の山
2014/01/07(Tue)
たった一人の山 浦松佐美太郎著 1951年 河出書房刊

131230本s

何度目か読んでいます。

旧仮名遣い、活字も古い書体で読みづらいのですが、
日本人がアルプスに登りだしたころの雰囲気、
古い雰囲気が好きです。

アルプスに対する浦松の、また地元の山岳ガイドの意気込みが
伝わってきます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<ホビット | メイン | ヤツデ>>
コメント
- 最近。。。 -
活字を読み出すと眠くなるなぁ…(笑)

2014/01/07 08:55  | URL | ゆぅ。 #sn1p.Qns[ 編集]
-  -
明けましておめでとうございます。
ゆっくりのんびり楽しく今年もお付き合いをお願いします^^
2014/01/07 10:13  | URL | さくら #OwGBkIc2[ 編集]
- ゆぅ。さん -
早寝できていいでしょう。
2014/01/07 18:45  | URL | obtusa #oCbjO3AA[ 編集]
- さくら さん -
こちらこそ、よろしくお願いします。
2014/01/07 18:46  | URL | obtusa #oCbjO3AA[ 編集]
- ですね -
早く眠りたいときにイイかもね…(笑)
2014/01/07 20:50  | URL | ゆぅ。 #sn1p.Qns[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://obtusa.blog69.fc2.com/tb.php/2558-6f6372ab

| メイン |