FC2ブログ
阿弥陀岳 … その2
2012/11/13(Tue)
と言うわけで、まだ暗いうちに行者小屋を出発。
文三郎尾根を赤岳に上がる道から分かれ、
阿弥陀岳をめざします。

分岐のあと、中岳沢を越えるところが暗くて、
対岸の道がすぐ分かりませんでした。

それでも、順調に高度を稼ぎ、
振り返ってみれば、
横岳の鋸がよく見えます。

120920阿弥陀岳 (9)s

調子がよければ、あそこまで行けるかな
って、このときはまだ夢想していました。

さらに登ると峰の松目をはさんで、
蓼科山と北横岳が見えます。

120920阿弥陀岳 (11)s

軽い落石の音に目を上げれば、
ニホンジカ、それにカモシカもお出迎えです。

120920阿弥陀岳 (12)s

この頃かな、右足に足底に違和感を感じました。
なんだこの感じって、
足元、靴先を見ると、
ソールの前1/3がはげかかっています。
ぺろって。
それが足の置き方によって裏返って土踏まずの下にくるので
変な感じがしたのですね。

ちょっとヤバイ。

そう、この靴は夏山縦走用なので、
腰痛以来何年もはいていなかったのでした。
その間に接着面が劣化したのでしょうね。

何もここで…と言っても仕方ありません。
とりあえず、靴紐で簡単に押さえてみましたが、
どうでしょう。

とかやっているうちに、中岳のコルへ到着。

一気に南側の視界が広がります。

北岳、甲斐駒、仙丈ヶ岳の山々、

120920阿弥陀岳 (16)s

それに、雲海の大波の向こうに富士山も見えました。

120920阿弥陀岳 (17)s


120920阿弥陀岳 (21)s

いい日。

でも、ソール前1/3は完全に欠落。
これで、縦走は困難とあきらめがつきましたが、
せめて阿弥陀までは…。

続きます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<阿弥陀岳 … その3 | メイン | いちごポッキー>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://obtusa.blog69.fc2.com/tb.php/2309-a892ca22

| メイン |