南方熊楠 菌類図譜
2012/05/07(Mon)
解説 萩原博光  編集 ワタリウム美術館 2007 新潮社刊

120506book (4)50

南方熊楠ってすごい人だったんですね。

素晴らしいきのこの彩色画とそれを取り巻く英文の記述。
おまけに胞子が紙に包まれて張ってあったり、
標本の乾燥きのこまで貼り付けてある図譜。
科学的であるとともに芸術でもあります。

およそ5000種ものきのこを描いたパワーもすごいです。

せめて姿勢だけでも見習いたいです。

それにしても、なぜきちんと論文にしなかったんだろう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<江戸前の魚 | メイン | シイタケ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://obtusa.blog69.fc2.com/tb.php/2207-1338d6fc

| メイン |