FC2ブログ
文学と悪
2012/02/02(Thu)
G.バタイユ著 山本功訳
紀伊國屋書店刊 460円

091115本 (5)60

って、単行本なのにめちゃくちゃ安い。
いったいいつの本でしょうね。

バタイユは学生の頃、読みふけったフランスの作家ですし、
帯にある、サドやプルースト、カフカ、ジュネなど
みんな大好きでした。
青春でしたね。

ジュネはときどき古い本をひっばりだしてきて今でも読みます。
サドは読める作品と激しすぎて受けつけない作品とありますね。
プルースト、何度挫折したことか…。

で、この本、難しかった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<プチル いちごショートケーキ味 | メイン | ぬた屋さんの 鮒の甘露煮  >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://obtusa.blog69.fc2.com/tb.php/2160-eceef079

| メイン |