ガリア戦記 

2010, 05. 27 (Thu) 06:21

カエサル著 岩波文庫

100526本 (3)c

これはご存知のように
カエサルがガリア、今のフランスに遠征したときの
戦闘の記録です。

自ら指揮した戦闘を自らが記して、
しかも勝者の記録であり、
ローマ市民へのPRでもあったのですから、
今でも興味深く読めます。

あまりにも昔のこと故、現実感に乏しく、
今時のSFやファンタジーものを読んでいるようでもあります。
でも、それは脚色があるにしても実際に起こったことであり、
多くの死者が出たことも間違いないでしょう。

当時のローマによる征服がよかったのか悪かったのか…。

敬遠せずに一読することをお勧めします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment