FC2ブログ
カメのきた道
2010/01/23(Sat)
平山 廉著

かめ好き必読の書です。

091212本 (3)c

今から2億3000万年前、陸上の動物たちは
恐竜のように極限までの大型化とエネルギーの効率化をめざし、
哺乳類は極端に小型化し、絶え間なくエネルギーを補給する生活を、
そして、かめは大きくなることも
せわしなく動き回りエネルギーを補給することもなく、
それでいて同じ大きさの哺乳類よりとても長い寿命を持つようになった。

そして、それ以来ほとんど変わらない姿で
現在まで生き延びてきているのだそうです。

そんなかめたちの進化の歴史をひもといてくれるのが本書です。

「われわれがカメを見てなごむのは、自分たちが
エネルギーを浪費しながらせわしなく生きつづける存在であることを
忘れさせてくれるからなのかもしれない。」

って。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | かめ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<旬果搾り チューハイ 国産とちおとめ | メイン | きのこの下には死体が眠る!?>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://obtusa.blog69.fc2.com/tb.php/1667-cba421c8

| メイン |