論語抄 

2009, 04. 05 (Sun) 04:48

足利学校編、130円也。
こんなお値段で、論語の有名どころが学べるなんて、
とってもお買い得です。
意外に論語好きで、
職場の事務机においてあります。

090308論語90

お気に入りは、

「子曰わく、歳寒して、然る後に、松柏の彫むに後るるを知る。」

スポンサーサイト

4 Comments

tama  

読み方と意味を書いて下さ~い。

2009/04/05 (Sun) 10:06 | REPLY |   

obtusa  

tama さん

わからないことは、まず自分で調べなくちゃ!

「しいわく、としさむくして、しかるのちに、しょうはくのしぼむにおくるるをしる。」
です。
寒くなって、落葉樹に雑ざる常緑樹の松柏の存在がはじめてわかります。それと同じように、人間も困難な状況になって、はじめて本性がはっきりするものです。
そんな意味です。

2009/04/05 (Sun) 16:54 | EDIT | REPLY |   

Daisy  

この解釈もこの小冊子に説かれているのですか?
それともobtusaさんが独自で調べられた?
いずれにせよ尊敬しちゃいます~

2009/04/05 (Sun) 23:41 | EDIT | REPLY |   

obtusa  

Daisy さん

ちゃんと読み方と簡単な解釈つき。
そうでなくてはとてもとても…。

ただ、ネットで調べると少しニュアンスの異なる解釈もあるようです。
やはりきちんとした解釈本を手に入れなければならないかなぁ…、とまだ思っています。
この熱、いつまで続くやらr(^^)

2009/04/06 (Mon) 05:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment