FC2ブログ
スギエダタケ
2008/09/17(Wed)
スギエダタケ(Strobilurus ohshimae)  キシメジ科マツカサキノコ属

傘径1~5cm、
表面は白色で、ときに中央部がややねずみ色です。
柄は長さ3~7cm橙黄褐色で微毛があります。
晩秋~初冬のスギ林で、埋もれた落枝から発生します。


スギエダタケ071115富岡市妙義町大桁山 (6)70
07.11.15 富岡市妙義町

この写真のきのこも傘の中央がややねずみ色なのですが、
色がとんでしまいました。
白いきのこを撮るのはなかなか難しいです。

きのこをほとんど見かけないスギ林で、
小さな明かりを灯すような貴重なきのこ。
その風情、私は好きです。
スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<シロノハイイロシメジ? | メイン | ナメコ>>
コメント
- すらりとして -
ほんと、姿の良いきのこですね。
ヨーロッパではきのこの模様や昆虫のガラス絵付けは
好まれますが、日本ではどうも人気がないようで残念です。

描いてみたいけれど、きのこはとっても難しくて...
やっぱり実物がいちばんきれいe-267

2008/09/17 20:33  | URL | アトリエDany #3oMMFxAY[ 編集]
- アトリエDany さん -
ベニテングタケが幸運の象徴とか…。
あのきのこは色彩も鮮やかで付属物も多いから
絵になりやすいですね。
だいぶ前、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートの飾り付けに
とても大きなベニテングタケがあったのに驚いたことがあります。
ごく普通に認知され、好かれているんだなぁって。
ぜひ挑戦してみて下さいよ。
obtusaが注文しちゃおうかなぁ♪
2008/09/18 06:16  | URL | obtusa #oCbjO3AA[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://obtusa.blog69.fc2.com/tb.php/1174-9baee3dc

| メイン |