FC2ブログ
食堂かたつむり
2008/06/03(Tue)
再生の物語でしょうか。
ヒロイン倫子の再生、倫子のお客様一人ひとりの再生、
そして、倫子の母ルリコの再生と純愛の物語。

倫子のお料理がおいしく、そして食べた人を元気にするのは、
彼女がお客様のお話をよく聞いて、
お客様に合わせたお料理を作るからでしょう。
お祝いのとき、それもどういうお祝いか、
悲しいとき、どうしてなのか、
よくお話を聞いた上でメニューを愛情込めて考えます。
だから、おいしいのでしょう。

母の手料理がおいしいのは、
食べ慣れた味だからと言うのではなく、
家族の健康や気持ちを読み取り、
メニューに塩加減にと意識するかどうかは別にしても
調整をするからなのかも知れません。
外食ばかり、冷凍・レトルトばかりではそんなことはできません。
身体は元気になるかも知れませんが、
心は元気になれそうもありませんね。

母ルリコの純愛物語も私は好きです。
あんな生き方、素敵だと思います。

080519本 (3)65

スポンサーサイト



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<うみとだいち | メイン | アポロ 苺&プラリネ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://obtusa.blog69.fc2.com/tb.php/1068-ea9b5fc8

| メイン |