FC2ブログ

私のきれぇい&かわゅい♪

obtusaにとって、きれぇい♪かわゅい♪ものを紹介していきまぁす(^^)/

2020/12/31(Thu)

2020年、今年の山々

コロナ禍により
ほぼ県内の山ににしか登っていない一年でした。
それでも高低取り混ぜて
数だけは登ったので振り返りたいと思います。

1月
こんな一年になるなんてまったく思わなかったお正月。
鐘撞堂山から始まりました。


200103鐘撞堂山 (8)s


鐘撞堂山に登る途中、高根山にも登りました。
そしてその後、
茶臼山、戸谷山、石尊山、御殿山、城山、西入の頭、一床山、
二床山、三床山、地蔵岳、朝香嶺、長七郎山、小地蔵岳


2月
榛名山塊の柏木に登れたのがよかったかな。


200229柏木~二ッ岳 (28)s


柏木を含めほかには、朝日岳、駒ヶ岳、黒檜山、柏木、雌岳


3月
スノーシューを使うつもりで使わなかった高峯山。
それでも景色がよくて楽しかったな。


200326高峰山 (7)s


崇台山、高原山、大久保の頭、尾出山、都幾山、金岳、高峯山


4月
笠懸の里山、新緑が美しかった。


200419琴平山~鹿田山~道帰り山~天神山 (49)s


鏡台山、天狗山、琴平山、稲荷山、鹿田山、道帰り山、天神山


5月
榛名旭岳に始めて登りました。


200510三ツ峰山・旭岳 (68)榛名富士s


大箕山、硯石山、穴山、丸山、三ツ峰山、榛名旭岳


6月
藪をわけて登った岩淵山の山頂、
何もないけど、ゆっくりしていて気持ちのよい山頂でした。


200616浅間隠山と周辺 (40)岩淵山s


荒山、鍋割山、前浅間、地蔵岳、北山、小地蔵岳、長七郎山、
朝香嶺、安高山、浅間隠山、岩淵山、駒髪山


7月
季節の変わり目、体調が悪かったようで、山行日数1日。
赤城山の五輪尾根を歩き、五輪峠から黒檜山登山道への
ルートを見つけたのが大収穫。


200705五輪尾根 (32)s


出張山、薬師岳、陣笠山


8月
暑いのに太田金山を一巡りしました。


200801太田金山 (8)s


金山、北八王子山、中八王子山、八王子山、天狗山、
鏡台山、相馬山、栗生山


9月
赤城山のマイナーピーク鷹巣に登れました。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (34)鷹巣s


鍬柄山、鈴ヶ岳、鷹巣、姥子山、地蔵岳、薬師岳、陣笠山、
黒檜山、駒ヶ岳、篭山、小地蔵岳、北山、地蔵岳、見晴山、
稲含山、黒内山、榛名富士


10月
仙人ヶ岳を周回してきたけど、
意外に長く、へろへろになりました。


201011仙人ヶ岳 (30)s


車山、西ノ入仙元山、雷電山、小友沢ノ頭、荒倉山、仙人ヶ岳、
前仙人ヶ岳、雨降山、牛石山、高反山


11月
東矢ヶ崎山なんて踏みました。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (43)s


氷妻山、鼻曲山、満天山、三度山、一ノ字山、子持山、
矢ヶ崎山、東矢ヶ崎山


12月
上野村の憧れのピーク、スガワラ、ソデガヤに登りました。
憧れてはいましたが、もう一度登ることはないかな。


201220スガワラ~ソデガヤ (14)s


荒山、鬢櫛山、スガワラ、ソデガヤ、大峯、子王山、日向山

また来年。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2020/12/30(Wed)

半鐘山、2005年晩秋

2005年の11月2日に登った記録があります。
そのページにはポツンと山名のみが記されています。
何で登ったのでしょう。
山登りまたは山歩きとしてではなく、
何かのついでのとき、時間があいたので、
ピークだけ踏んできたのでしょう。

あの界隈、大桁山を中心に低山が連なっています。
いつか、まとめて一廻り、歩いても楽しいかも知れません。
春かな。



200315崇台山 (25)鍬柄山・大桁山s
20.03.15 崇台山から半鐘山(右手前、中腹に鉄塔の建っている山)を望む
2020/12/29(Tue)

ヤマアジサイ

梅雨のころから盛夏に普通に見られる
自生のあじさいですね。
庭先のあじさいのように騒がしくないところが好きです。
庭先のあじさいは盛りすぎです。


ヤマアジサイ200809相馬山 (6)s



ヤマアジサイ200809相馬山 (4)s
いずれも、20.08.09 高崎市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/12/28(Mon)

カワリハツ

だいぶお疲れだし、
ナメクジの食べ残しだしだけど、
カワリハツ。

食用きのこだけど、
ナメクジの残り物ではちょっとなぁ…。



カワリハツ200630宝台樹 (1)s



カワリハツ200630宝台樹 (3)s
いずれも、20.06.30 みなかみ町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/12/27(Sun)

コンパクトスノースパイク

昨冬、
久しぶりに軽アイゼンを使おうかなという場面があり、
装着しようとしたら、
プラ部分が破損。
この冬に向けて、先日買いました。


IMG_9668sc.jpg


ご存じのようにモンベルストアでは
いろいろタイプがおいてあります。
悩み悩んで、
シンプルで軽いこれに決めました。

別に12本爪のアイゼンがありますから、
あまり使う機会がないかも知れませんが。
だからころ、プラ部品がない方が長持ちしそう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/12/26(Sat)

臥牛山、2005年晩夏

この日の榛名山めぐり、
三座目は臥牛山でした。

車で最寄りの登山口まで乗り付け、
ちょこちょことピークを踏んで、
数を稼ぐのもいいかな。
たまにはそんな山登りしようかな。



DSC00010臥牛山
05.08.31 臥牛山

05.08.31
09:35ヤセオネ峠 → 09:46臥牛山(1232m)10:17 → 
10:27ヤセオネ峠
    
行動時間:0時間52分
歩行時間:0時間21分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/12/25(Fri)

ヤクシソウ

黄色の花と言えば、春に多いですが、
このヤクシソウは秋の花。
日当たりのよい林道の法面などでよく見かけます。



ヤクシソウ201025高反山 (2)s


ヤクシソウ201025高反山 (1)s
いずれも、20.10.25 上野村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/12/24(Thu)

クリタケ

秋の終わり、クリタケの季節です。
こんなにたくさん生えているところに出くわすのは
私にしてはめずらしいことです。
せっかくですので、採らせていただき、
おいしくいただきました。



クリタケ201021みなかみ町宝台樹 (1)s



クリタケ201021みなかみ町宝台樹 (3)s



クリタケ201021みなかみ町宝台樹 (5)s
いずれも、20.10.21 みなかみ町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/12/23(Wed)

スガワラ~ソデガヤ …その2

ふと足もとを見ると、だいぶ痛んだ板があります。
ひっくり返してみると、古い山名表示板。


201220スガワラ~ソデガヤ (15)s


なかなかいい感じ。

先日登った矢ヶ崎山が見えます。


201220スガワラ~ソデガヤ (17)矢ヶ崎山s


ソデガヤ頂上の様子。


201220スガワラ~ソデガヤ (18)s


カラマツの造林地で、特に何もありません。
きっと夏に来ると、藪なんだろうなあと思わせます。

頂上は北西風吹き抜け、冷たいので、
南斜面を下り、陽だまりを探します。

大木の根もとに落ち着き、ランチタイム。


201220スガワラ~ソデガヤ (19)s


トマトスープパスタです。

身体は温まりましたが、指先は冷たい。
そそくさと食後のスコーンとジンジャーティー。


201220スガワラ~ソデガヤ (22)s


さっさと片付け、下山です。

もう一度、二度と来ぬであろうソデガヤを振り返ります。


201220スガワラ~ソデガヤ (23)ソデガヤs


登ってきた斜面を下り、林道へ。

ソデガヤは遠くなりました。


201220スガワラ~ソデガヤ (26)ソデガヤs


前方にはスガワラ。


201220スガワラ~ソデガヤ (27)スガワラs


だいぶ大きくなってきました。


201220スガワラ~ソデガヤ (31)スガワラs


車もちゃんと待っていてくれました。


201220スガワラ~ソデガヤ (32)s


無事下山です。


201220スガワラ~ソデガヤ (33)s


下山後、道の駅上野まで足をのぼし、
以前から欲しかった木製のコーヒーカップを手に入れました。



201220スガワラ~ソデガヤ (35)s


20.12.20
09:13スガワラ北鞍部 → 09:26スガワラ(938.6m) → 09:38スガワラ北鞍部
09:56 962m峰 → 09:59林道 → 10:31作業道 → 
10:47ソデガヤ(1232m)10:53 → 10:55ソデガヤ下11:39 → 12:00林道
→ 12:15スガワラ北鞍部
    
行動時間:3時間02分
歩行時間:2時間12分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/12/21(Mon)

スガワラ~ソデガヤ …その1

途中、うっすら雪が積もっていましたが、
車で入れるのをいいことに、
スガワラ北の鞍部まで乗り入れました。
そして、ここから歩きます。

まずは前方に見えるスガワラへピストン。


201220スガワラ~ソデガヤ (1)s


途中、はだれが残っています。


201220スガワラ~ソデガヤ (2)s


尾根が続いています。
西側、風が当たる方は
落ち葉がきれいに掃き清められています。


201220スガワラ~ソデガヤ (3)s


前方にスガワラ。

そして、スガワラの頂上です。


201220スガワラ~ソデガヤ (4)s


三角点がポツン。


201220スガワラ~ソデガヤ (5)s


あまりに風が冷たいので下山です。
スガワラからは来た道を鞍部に戻り、
一瞬、車に戻りたくなりましたが、
反対側のソデガヤをめざします。

963m峰を登りながら振り返ったスガワラ。


201220スガワラ~ソデガヤ (8)スガワラs


冬枯れた気持ちのよい雑木の尾根です。


201220スガワラ~ソデガヤ (9)s


961m峰。


201220スガワラ~ソデガヤ (10)s


もちろん何もありません。

林道を越え、さらに進みます。

前方にソデガヤが見えてきました。


201220スガワラ~ソデガヤ (11)ソデガヤs


右にはマツオ。


201220スガワラ~ソデガヤ (12)マツオs


すくっと立ち上がった姿がかっこいいですね。

そして、振り返るとぎざぎざの尾根。
赤岩尾根でしょうか。


201220スガワラ~ソデガヤ (13)赤岩尾根?s


途中、どこからか登ってきている作業道を利用したりで、
ソデガヤの頂上に着きました。


201220スガワラ~ソデガヤ (14)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/12/19(Sat)

鬢櫛山

この日はここから。

榛名湖畔北側、鬢櫛山の真南辺りから鬢櫛山の西南尾根に回り込みます。


201218鬢櫛山 (1)s


写真の真ん中辺り、ピンクリボンがぶら下がっています。
これを辿っていくと、細い歩道があり、
それを行きます。

尾根を登り出すと途中急登。


201218鬢櫛山 (3)s


傾斜が緩くなるともうすぐ頂上です。


201218鬢櫛山 (4)s


鬢櫛山頂上。


201218鬢櫛山 (5)s


春から秋は葉が茂り、展望はありませんが、
この時期、木々の間、けっこう見えます。

東側、左から烏帽子ヶ岳、二ッ岳、相馬山。


201218鬢櫛山 (6)烏帽子ヶ岳・二ッ岳・相馬山s


さて、下山。


201218鬢櫛山 (7)s


東に下り、烏帽子ヶ岳をめざします。

こんな尾根、こんな道。


201218鬢櫛山 (8)s


さて、ひと下りで烏帽子ヶ岳との鞍部。


201218鬢櫛山 (9)s


ここで、今まで日が差していたのが、
いつの間にか雲が増え、
陰ってしまいました。

う~む…。

しばし悩みましたが、下山することに。

烏帽子ヶ岳登山口に下山です。


201218鬢櫛山 (10)s


湖畔を歩いて車に戻ります。

榛名富士。


201218鬢櫛山 (11)榛名富士s


南岸の天目山(左)と氷室山。


201218鬢櫛山 (12)天目山・氷室山s


古い標。


201218鬢櫛山 (13)s


何も読み取れません。
いったいどこを指していたのでしょう。

無事下山しました。



201218鬢櫛山 (14)s


20.12.18
11:05榛名湖畔北側 → 11:39鬢櫛山(1350m)11:43 → 
12:01烏帽子ヶ岳・湖畔分岐 → 12:16榛名湖畔 → 
12:26榛名湖畔北側
    
行動時間:1時間21分
歩行時間:1時間17分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/12/16(Wed)

ニシキギ

枝がごちゃごちゃしていてわかりづらいけど、
若い枝にコルク質の翼(よく)があるのが特徴です。
紅葉も美しいし、
赤い実もかわいらしいね。



ニシキギ200927榛名富士 (1)s



ニシキギ200927榛名富士 (4)s



ニシキギ200927榛名富士 (5)s
いずれも、20.09.27 高崎市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/12/15(Tue)

アシベニイグチ

その名のとおり柄が赤いですね。
覚えやすいかな、
でも近縁種もあるようですので、難しいですね。

この写真の子も、
本当にそうなの?
と問われると、
さて…

しっかりしたきのこで食べ応えがありそうですが、
有毒なようです。



アシベニイグチ200925宝台樹 (5)s



アシベニイグチ200925宝台樹 (1)s
いずれも、20.09.25 みなかみ町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/12/14(Mon)

荒山 …その2

ひさし岩でランチタイム。
ジンジャーティーとスコーンです。


201213荒山 (14)s


ひさし岩は荒山から関東ふれあいの道の四阿に下る途中、
ひさしのように突き出た岩で眺めがよいので大好きな場所です。

まずは地蔵岳。


201213荒山 (19)地蔵岳s


右奥に見えるのは、黒檜山と駒ヶ岳ですね。

次に小沼を中心とした山々。


201213荒山 (16)小沼外輪山s


左から、朝香嶺、小地蔵岳、長七郎山になります。
見えませんが、囲まれたくぼみに小沼があります。

さらに長七郎山の右側、
前山、茶ノ木畑山、牛石山が見えます。


201213荒山 (17)茶ノ木畑山・牛石山s


青空に冬芽をふくらませた枝。


201213荒山 (20)s


四阿に下り、関東ふれあいの道を棚下十字路へ、
そして荒山高原に戻ってきました。


201213荒山 (22)s


左奥は荒山です。

ひと下りで、無事下山しました。



201213荒山 (24)s


20.12.13
09:02姫百合駐車場 → 09:33荒山高原 → 10:24荒山(1572.0m)
→ 10:35ひさし岩11:14 → 11:19四阿 → 11:44荒山高原11:47
→ 12:08姫百合駐車場
    
行動時間:3時間06分
歩行時間:2時間24分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/12/13(Sun)

荒山 …その1

今日は、昨日の段階では
長野県境の山を歩こうと計画していました。
が、朝起きて今ひとつ気分が乗りません。
それで、手近だけど未踏の木津山に方向転換。
だけど、登山口に行ってみると
ハンターが集結しています。
撃たれるようなことがあると、
あちらもこちらも面倒なことになりますから、
またもや方向転換。
近くの荒山で運動をしてこようとなりました。

それで、今日はここからです。


201213荒山 (1)s


すでに駐車場はほぼ満車。
ただ一台開いていたところに滑り込み、
支度をして出発です。

快調に荒山高原まで登り、
看板の前で記念撮影に夢中な犬連れを横目で見て、
荒山に登り出します。

ひと登りしたところで振り返ると、
視界が開けています。

すでに鍋割山を見下ろす高さです。


201213荒山 (4)鍋割山s


あれ!?
って富士山が見えました。


201213荒山 (6)富士山s


アップ。


201213荒山 (2)富士山s


浅間山は雲がかかっています。


201213荒山 (7)浅間山s


荒山山頂。


201213荒山 (10)s


誰もいませんが、展望がよくないので、
ひさし岩へ向かいます。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/12/12(Sat)

西上州の山

布施 隆宏 著  2003年9月1日  上毛新聞社出版局 発行


200830本 (11)s


西上州の山々の一日の移ろい、
四季の移ろいが余すところなく、
美しく表現されています。
標高はさほどでなくても、
穏やかな森、
険しく厳しい岩のある西上州ならでは風景ですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/12/06(Sun)

コウゾリナ

キク科ですね。
これまで、まじめに種名を調べなかったけど、
今年の夏、確認したらコウゾリナのようです。
どこにでも咲いているようで、
頻繁に見ていたのでしょうね。


コウゾリナ200829沼ノ原 (2)s



コウゾリナ200829沼ノ原 (3)s



コウゾリナ200829沼ノ原 (1)s



コウゾリナ200829沼ノ原 (4)s
いずれも、20.08.29 高崎市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/12/05(Sat)

矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 …その6

名残惜しいような、
でも、もう二度と行かないだろう東矢ヶ崎山の頂上を
今一度、振り返ります。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (59)s


15分ほど歩いて、
東矢ヶ崎山を振り返ります。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (60)東矢ヶ崎山s


1011mの標高点の辺りから
矢ヶ崎山を巻いているらしい古い作業道に入りました。
緩く登り加減で矢ヶ崎山から碓氷峠への尾根に出ました。

ここが尾根上の分岐点。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (61)s


よくみると、古い標が掛かっていました。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (62)s


これでは何だかわかりません。

お昼ころの浅間山。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (64)浅間山s


東矢ヶ崎山。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (65)東矢ヶ崎山s


自分が登った山ははっきりわかります。

東矢ヶ崎山から矢ヶ崎山への尾根。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (68)s


こちらは矢ヶ崎山。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (69)矢ヶ崎山s


なかなかかっこいいです。

で、無事下山しました。



201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (72)s


20.11.29
09:14碓氷峠 → 09:57矢ヶ崎山(1184.1m)10:12 → 10:16東矢ヶ崎山分岐
→ 11:07東矢ヶ崎山(1045m)11:38 → 12:32碓氷峠
    
行動時間:3時間18分
歩行時間:2時間32分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/12/04(Fri)

矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 …その5

まずは矢ヶ崎山を振り返り、よく歩いたなぁと。
と言っても、1時間弱しか歩いてませんが、
自分の足でもけっこう遠くに行けるものです。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (45)矢ヶ崎山s


テルモスのアールグレイとスコーンでランチ。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (47)s


入山川の対岸、裏妙義を眺めます。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (50)裏妙義s


その中で、なんといっても丁須の頭。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (51)丁須の頭s


「丁」の字が見えますね。
あの上には上がれそうもないけど、
根もとまでは行きたいですね。

ゆっくりしての矢ヶ崎山。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (52)矢ヶ崎山s


そして、浅間山。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (55)浅間山s


先日、登ってきた一ノ字山。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (56)一ノ字山s


さて、帰りも不安なところがありますので、
早々に腰を上げ、東矢ヶ崎山を辞します。
振り返っての山頂。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (58)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/12/03(Thu)

矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 …その4

矢ヶ崎山を辞して、
北西に向かう尾根を矢ヶ崎峠の先、
東矢ヶ崎山と称される1045mの尾根に向かいます。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (34)s


踏み跡があるようなないような…。

振り返って、矢ヶ崎山。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (35)東矢ヶ崎山s


順次歩いてみたい、中尾山から山急山、五輪岩への尾根。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (36)中尾山山急山五輪岩s


裏妙義と稲村山(右手前)。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (38)裏妙義s


尾根も広くなっていると、
踏み跡がわからなくなり、
気がつくと違う支尾根に引きこまれたりします。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (39)s


気持ちのよい広葉樹の尾根。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (40)s


ようやく矢ヶ崎峠。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (41)s


かろうじて、峠の名は残っていますが、
道らしいものはわかりません。

もうすぐ東矢ヶ崎山。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (42)s


古いロープがあったりします。
たまには歩く人がいるのでしょう。

東矢ヶ崎山頂上。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (43)s


落ちて、読めなくなっている山名板がいい感じです。

…つづく
2020/12/02(Wed)

矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 …その3

矢ヶ崎山山頂は、
北西から南にかけての展望が開けていました。

まずは、今一番気になっている矢ヶ崎山から
中尾山、山急山に続く尾根。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (27)赤城榛名・中尾山五輪岩s


近々、歩いてみようと考えています。
また、遠く赤城、榛名が見えています。

反対方向に目をやれば、もちろん浅間山。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (22)浅間山s


先ほどと同じように、剣ヶ峰、小浅間山、離山を連れています。

浅間山のアップ。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (23)浅間山s


剣ヶ峰と浅間山の間から黒斑山も見えています。

霞んでと言うかボケてしまいましたが、北アルプス。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (25)北アs


よく目をこらしてみると、
榛名山の奥に日光白根山が見えました。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (28)日光白根山・浅間隠s


榛名山の相馬山と赤城山の黒檜山の間には皇海山。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (29)皇海山、黒檜山s


そして近く、裏妙義。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (30)裏妙義s


裏妙義もこの冬に歩く計画をもっています。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/12/01(Tue)

矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 …その2

展望のある場所に着きました。

まずは浅間山を中心にして、
左に剣ヶ峰、黒斑山、右に小浅間山。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (12)浅間山s


手前には離山と旧軽井沢。

浅間山アップ。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (13)浅間山s


霧氷の道。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (14)s


尾根に登り上げて、右にひと登りで矢ヶ崎山。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (15)s


なにやら古い標がついていますが、読めません。

矢ヶ崎山を踏んだら、
ここを左に、つまり下りてきては直進して、
東矢ヶ崎山をめざす予定。

これは、雪の道と言っていいかな。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (16)s


もうすぐ山頂らしい。


201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (17)s


矢ヶ崎山山頂。



201129矢ヶ崎山~東矢ヶ崎山 (31)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

プロフィール

obtusa

Author:obtusa
目に耳に鼻に手に、きれぇい&かわゅい♪ものが心地よいね。
最近はすっかり山と植物、ときどききのこ、かめさんのブログです(^^)/

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード