FC2ブログ

私のきれぇい&かわゅい♪

obtusaにとって、きれぇい♪かわゅい♪ものを紹介していきまぁす(^^)/

2020/10/31(Sat)

高反山 …その3

頂上直下は急降下で、
滑らないようにひと下りして、
東の肩にのり、ちょっとの間気持ちよく歩きましたが、
岩峰に突きあたりました。

ガイドブックではその岩峰を左に巻いていますが、
私は右に巻き、
岩峰の基部を進むと、
やがて右下に作業道が見えてきました。
あとは作業道をトコトコ下るだけです。

と言え、作業道の分岐が何カ所かあり、
それなりに地図を読み、コースを見極めないと、
どこに行くことか。

標高850mあたりで南側の展望が開けます。

手前は上野村の里山、
奥が県界尾根になります。


201025高反山 (22)s


左が赤岩尾根でしょうか、赤岩岳、大ナゲシがあり、
右の方には大山、天丸山、帳付山が見えます。
大山から西(右)は歩いていますが、
東、赤岩にかけてはまだ歩けていません。
そのうちに…。

こちらは二子山。


201025高反山 (23)二子山s


そして、赤岩尾根、赤岩岳、大ナゲシ。


201025高反山 (24)大ナゲシ辺りs


いつかかなう山旅に思いを馳せていると、
足もとにリュウノウギクが咲いていました。


201025高反山 (28)リュウノウギクs


もう少し下り、
スカイブリッジと天丸山。


201025高反山 (32)天丸山s


こちらは二子山。


201025高反山 (33)二子山s


高反山を振り返ります。


201025高反山 (34)s


標。


201025高反山 (36)s


ところどころに標がありましたが、
山道はわかりづらかったです。
ここを歩く人は地図読みもできる人が多いでしょうが、
もう少し、せめてテープでも巻いてあると
安心して歩けるのになと思いました。

クサギの実。


201025高反山 (40)クサギs


舗装された作業道、林道を歩くこと1時間。
無事下山です。



201025高反山 (45)s


20.10.25
07:35道の駅上野 → 08:02檜峠 → 08:37鉄塔 → 
09:22北西尾根945m付近 → 09:56高反山(1130.8m)10:39
→ 12:06道の駅上野 
    
行動時間:4時間31分
歩行時間:3時間48分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2020/10/30(Fri)

高反山 …その2

判然としない尾根道を
道と言うより、尾根に沿って登っていくと、
再び標があり、
ルートが間違っていないことが確認されます。


201025高反山 (12)s


この辺りから、これまで登ってきた南西の尾根から、
北西に延びる尾根に巻くはずですが、
はっきりしません。
獣道みたいなところを適当に進むと、
どうやら正解だったようです。


201025高反山 (13)s


北西尾根にたどり着き、登っていきます。

広い尾根ですが、けっこう急。


201025高反山 (15)s


道をというよりは、
歩き易いところを拾って登ります。

高反山の西の肩に登り上げ、
細めの尾根を東へ。


201025高反山 (16)s


写真の範囲の両側で切れ落ちています。

高反山頂上、到着です。


201025高反山 (17)s


南側しか展望がありませんが、
大山(左)、天丸山(右)と県界尾根が見えました。


201025高反山 (20)天丸山s


奥は奥秩父でしょうか。

ランチ休憩で30分ほど休みました。

誰もおらず、静かな暖かい山頂でした。

さっ、下山は別のルートを辿ります。


201025高反山 (21)s


東側に下山です。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/10/29(Thu)

高反山 …その1

高反山は西上州、上野村にあり、
道の駅うえのの北側に見える山です。


201025高反山 (1)高反山s


道の駅を起点終点にして、周回する計画を立てました。

ガイドブック(西上州の山 ベスト100コース)に従い、
まずドッグランをめざしましたが、
去年の台風による被害で斜面が崩れ閉鎖されていました。
道もはっきりしません。
仕方がないので、途中から勝山の集落を横切り、
車道に出て、勝山神社をめざしました。

勝山神社を左上に見ながら、素通りし、
さらに進むと道が分かれています。


201025高反山 (3)s


ここは峠をめざすことから、
左の道を取り、登ります。

やがて、檜峠に到着。


201025高反山 (4)s


車道は左へ下っていますが、
右に進み、尾根通しで登ります。


201025高反山 (5)s


作業道が登っていますが、
荒れて、えぐれて、落ち葉や落枝で歩きづらいので、
脇に着いている歩道らしき踏み跡を拾いながら
登ります。

峠から30分あまりで鉄塔に着きました。


201025高反山 (6)s


鉄塔の向こう側、
変わらず尾根を道を拾いつつ登ります。

思いだしたように標が立っており、
ルートが間違っていないことが確認できます。


201025高反山 (7)s


コンクリート舗装の作業道に出ました。


201025高反山 (8)s


植林も終わり、明るい広葉樹林。


201025高反山 (9)s


ようやく作業道を離れ、山道に入ります。



201025高反山 (11)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/10/27(Tue)

牛石山 …その2

頂上から関東平野を望みます。


201024牛石山 (6)s


葉が落ちきった方がすっきり見えるかな。

こちらは山側。


201024牛石山 (8)s


左から、地蔵岳、朝香嶺、小地蔵岳、長七郎山かな。

紅葉とダケカンバと青空。


201024牛石山 (10)s


紅葉とダケカンバと青空と雲と。


201024牛石山 (11)s


黄葉とダケカンバと青空と雲と…ですね。


201024牛石山 (14)s


紅葉とダケカンバ。


201024牛石山 (15)s


頂上で一時間あまり過ごした後、下山。

途中からの荒山。


201024牛石山 (16)s


枯れ木に着いた地衣。


201024牛石山 (18)地衣s


無事下山しての駐車場から見た荒山。


201024牛石山 (20)s


青空の下、マユミ。



201024牛石山 (25)マユミs


20.10.24
11:15軽井沢峠駐車場 → 11:29牛石山(1442m)12:31
→ 12:50軽井沢峠駐車場 
    
行動時間:1時間35分
歩行時間:0時間33分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/10/26(Mon)

牛石山 …その1

お天気と紅葉情報に誘われて、遅めの出発。
小沼湖畔でランチができればいいかなぁ…
がぜんぜん。

大洞の駐車場はほぼ満車。
それでもなんとか駐車し、トイレをすませて、
いざ小沼へ。

ビジターセンターの駐車場も満車。
小沼への車道にも車が止まっています。

で、やっぱり小沼も満車。

八丁峠も満車。

で、小沼ランチはあきらめ、
次のランチ場所が頭を駆け巡ります。

確か、牛石山にあずま屋があったような…
あそこなら、人気がないのではと思い、
軽井沢峠まで行き、車を停め、歩きだしました。

車道を500mほど歩き、ここから山道に入ります。


201024牛石山 (1)s


けっこうササが深いですね。


201024牛石山 (2)s


が、道はしっかりしており、
乾いたササが足を運ぶたびに
気持ちのよくカサカサと音を立てます。

牛石。


201024牛石山 (3)s


近づいてみましたが、
う~む、どこが牛なのでしょう。


201024牛石山 (4)s


ちなみに右後ろは地蔵岳です。

軽くひと登りで牛石山。


201024牛石山 (5)s


記憶のとおりあずま屋はありましたが、
ぼろぼろです。

少し離れて、頂上とあずま屋です。



201024牛石山 (12)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/10/24(Sat)

小地蔵岳、2005年初夏

この日、大峯山を下山した後、
物足りなかったのでしょうか、
車で移動して、
小沼の駐車場から小地蔵岳を踏んだようです。



200919赤城山大沼一周縦走 (20)s
20.09.19 小地蔵岳

05.06.01
12:25小沼駐車場 → 12:41小地蔵岳(1574m)12:58
→ 13:08小沼駐車場 
    
行動時間:0時間43分
歩行時間:0時間26分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/10/23(Fri)

カバイロツルタケ

ちょっと暗くて、ピントもあってないけど、
かわいらしいカバイロツルタケ。
テングタケの仲間はこのくらいの大きさまでが
かわいくて好き。



カバイロツルタケ200630宝台樹 (2)s


カバイロツルタケ200630宝台樹 (4)s
いずれも、20.06.30 みなかみ町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/10/21(Wed)

夏山案内

高須 茂 監修  1956年8月5日  角川書店 発行


IMG_8117s.jpg


紹介されている山は、
槍ヶ岳、白馬岳、八ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、谷川岳、雲取山、富士山。
ほかに
出発まで、登山の用意、登山の注意の
章立てがあります。
今作ってもこんなものかも知れません。

紹介されている山域のルートを眺めると、
当たり前だけどほぼ今と同じ。
ただ、あまり使われなくなったルートや廃道もあります。
昔はこんな道があったんだって参考になります。
歩いてみたいななんてね。

写真文庫と言うだけあって、
写真が豊富に掲載されています。
表紙はかろうじてカラー?ですけど、
中はすべてモノクロです。
味わいがあります。

山はもちろん変わっていませんが、
登山ファッションはだいぶ違います。
キスリング全開のころで、
ニッカボッカも懐かしいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/10/20(Tue)

マユミ

雨に濡れたマユミの実。
洗われて、さらに可愛らしくなるのかしら。
ちょっと見ていたくなりました。



マユミ200927榛名富士 (5)s



マユミ200927榛名富士 (4)s



マユミ200927榛名富士 (3)s
いずれも、20.09.27 高崎市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/10/19(Mon)

大峯山、2005年初夏

大峯山は赤城山の北西斜面途中にある1136mほどの
ピークです。
林道のゲート付近に車をおき、
1時間あまりで登ったようです。



180504船ヶ鼻山 (33)s
18.05.04 船ヶ鼻山登山口から大峯山(右側の鉄塔あたりか)

05.06.01
09:10糸之瀬林道ゲート前 → 10:20大峯山(1136.3m)10:43
→ 11:30糸之瀬林道ゲート前 
    
行動時間:2時間20分
歩行時間:1時間57分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/10/18(Sun)

オヤマボクチ

オヤマボクチ、大ぶりのアザミのようですが、
アザミとは近縁ですが、仲間ではありません。
トゲもないし。

根は漬け物に、
葉は蕎麦のつなぎ、だんごやお餅に蓬の代わりに
使われます。



オヤマボクチ200925宝台樹 (1)s



オヤマボクチ200925宝台樹 (3)s



オヤマボクチ200925宝台樹 (6)s
いずれも、20.09.25 みなかみ町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/10/17(Sat)

リンドウ

地蔵岳の山頂近く、
ポツンと咲いていたリンドウです。

ちょうど見頃、楽しませていただきました。



リンドウ200919地蔵岳 (1)s



リンドウ200919地蔵岳 (5)s



リンドウ200919地蔵岳 (4)s



リンドウ200919地蔵岳 (2)s



リンドウ200919地蔵岳 (3)s
いずれも、20.09.19 前橋市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/10/15(Thu)

仙人ヶ岳 …その3

山頂では遅いランチ。
30分あまりの大休憩。

帰りも長そうなので、あまりゆっくりはできません。

腰を上げ、下山をはじめます。

もう一度、山頂を振り返ります。


201011仙人ヶ岳 (30)s


ここから下山。


201011仙人ヶ岳 (31)s


分岐までは登りと同じ道を行きます。

黙々と小ピークを越え、分岐を越え、
前仙人への登りにかかったところで、
仙人ヶ岳(左奥)を振り返ります。


201011仙人ヶ岳 (32)s


前仙人ヶ岳。


201011仙人ヶ岳 (33)s


次のピーク、大窪。


201011仙人ヶ岳 (35)s


ピークなのに「大窪」ってどういうわけかな。

それから黙々と下りました。
1時間近く下り、雨降山。


201011仙人ヶ岳 (36)s


さらに30分あまり、寝釈迦のある一色山です。


201011仙人ヶ岳 (37)s


もう少し先まで尾根を行こうと思っていましたが、
ここからも泉龍院に下りられるので、
下ることにしました。

もうすぐ登山口からの泉龍院。


201011仙人ヶ岳 (38)s


ようやく登山口に着きました。


201011仙人ヶ岳 (39)s


無事下山です。



201011仙人ヶ岳 (40)s


20.10.11
08:49泉龍院駐車場 → 09:00登山口 → 09:26雷電山(327m) →
09:35展望台 → 10:45小友沢ノ頭(528.5m)10:54 → 
11:06白葉峠分岐 → 11:23鷹ノ巣沢 11:48荒倉山(580m) → 
12:08仙人ヶ岳分岐 → 12:40仙人ヶ岳(663.0m)13:16 → 
14:08前仙人ヶ岳(647.5m) → 14:17大窪 → 15:07雨降山(365.9m)
→ 15:40一色山(290.0m) → 15:57泉龍院駐車場
 
行動時間:7時間08分
歩行時間:6時間23分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/10/14(Wed)

仙人ヶ岳 …その2

小友沢ノ頭からまた下り、
そして登り上げたところが群馬、栃木の県境尾根です。


201011仙人ヶ岳 (17)s


味わいのある標が待っていました。

歩いてきた尾根(左側)と下山時に歩く尾根、
そして桐生市街がよく見えます。


201011仙人ヶ岳 (18)s


そして、これから歩く尾根。


201011仙人ヶ岳 (19)s


右側の小ピークが仙人ヶ岳への分岐です。
遠い。
そして、そこから仙人ヶ岳へはまだ遠い。

鷹ノ巣沢の標。


201011仙人ヶ岳 (20)s


荒倉山。


201011仙人ヶ岳 (22)s


右端が仙人ヶ岳。
延々と小ピークが連なっています。

ようやく仙人ヶ岳への分岐にたどり着きました。


201011仙人ヶ岳 (23)s


県境尾根、ここまで間でオオスズメバチを2匹見ました。
巣から遠かったのか、落ち着いていましたが、
注意が必要でしょう。

分岐から少し仙人ヶ岳に進んだ場所から
今、歩いてきた県界尾根が見渡せました。


201011仙人ヶ岳 (24)s


長い長いと思いながらもどうにか仙人ヶ岳に到着。


201011仙人ヶ岳 (26)s


本当に疲れました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/10/13(Tue)

仙人ヶ岳 …その1

台風の通り過ぎ方が微妙で、
どこに向かうか悩みました。
標高があまり高くなく、
道がしっかりしていて、
軽すぎず、重すぎずの山と言うことで、
桐生市菱町からの仙人ヶ岳周回に行ってきました。

泉龍院の駐車場に車をおかせていただき、
10分あまり車道を歩き、
ここから山道に入ります。


201011仙人ヶ岳 (1)s


ひと登り、尾根にのるとすぐ貴船神社がありました。


201011仙人ヶ岳 (2)s


さらにひと登りで雷電山。


201011仙人ヶ岳 (5)s


台風明け、雨上がりのためかけっこう蒸し暑かった。

さらにひと登り、展望台。


201011仙人ヶ岳 (6)s


なぜかポストが立っています。
中にはノートが一冊。
興味はあったけど、
雨にしなだれていたのでさわらずに。

桐生市街が一望です。


201011仙人ヶ岳 (7)s


古びた標。


201011仙人ヶ岳 (8)s


さらに上にも展望台。


201011仙人ヶ岳 (10)s


ここからも桐生市街。


201011仙人ヶ岳 (9)s


このあたりは数年前に山火事があり、
だいぶ焼けました。
そのために大面積にわたり、植林を行ったばかり。
たぶん、以前は
スギやヒノキが鬱蒼としていたのでしょうね。


201011仙人ヶ岳 (11)s


下山は向こうに見える尾根を下るはずです。

けっこうススキの藪がうるさいです。
足もともよく見えず、歩きづらい。

それでもと言うか疲れたのでひと休み、
秋の景色。


201011仙人ヶ岳 (12)s


ようやく小友沢の頭に到着。


201011仙人ヶ岳 (16)s


2時間近くかかりました。
奥に見えるのが仙人ヶ岳かな。

遠かったけど、まだ遠い…。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/10/11(Sun)

トネアザミ

今年はトネアザミを覚えました。
今までも散々見ていたはずなのですけどね。

葉も花にも鋭いトゲをたくさんつけているのが
かっこいいです。

それでいて、花はかわいらしいです。

そのギャップがいいかも。



トネアザミ200916地蔵岳 (7)s



トネアザミ200916地蔵岳 (4)s



トネアザミ200916地蔵岳 (12)s



トネアザミ200916地蔵岳 (10)s
いずれも、20.09.16 前橋市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/10/10(Sat)

深田久彌・山の文学全集Ⅰ   わが山山

深田 久彌 著  1974年4月21日  朝日新聞社 発行


200830本 (3)s


高崎市内の古書店で見つけ、
購入しました。

「わが山山」、「山岳展望」、「山の幸」それぞれ、
また、それぞれに収録されている随筆は
ほとんど読んだことのあるものですが、
全集、単行本としてあらためて読むと
それはそれで味わいがあります。

いきおいでこの全集のⅡ、Ⅲ、Ⅳを
ネットで購入しました。
そのうちに読みます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/10/09(Fri)

御岳山、2005年皐月

国土地理院の地理院地図で検索すると
「御岳山」と言われるものが20もヒットします。
木曽の御岳山や奥多摩の御岳山は有名ですが、
これは高崎市と安中市の境にある標高409mほどの山です。
車をおいて、わずか2分ほどで山頂に到着です。
歩かなすぎて、写真も撮ってないようです。
記録も中途半端状態。

05.05.08
12:51小里公園休憩所 → 12:53御岳山(409m)? → 
?小里公園休憩所
    
行動時間:0時間5分?
歩行時間:0時間5分?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/10/08(Thu)

オミナエシ

オミナエシとハクサンオミナエシとは近縁種ですが、
花の大きさがずいぶん違います。
オミナエシの方が広く分布しているので、
親しまれていますね。



オミナエシ200829沼ノ原 (6)s



オミナエシ200829沼ノ原 (7)s



オミナエシ200829沼ノ原 (9)s
いずれも、20.08.29 高崎市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/10/07(Wed)

ハクサンオミナエシ

このお山の登山道をこの時期に登ると
必ず見られます。
黄色いかわいらしい花です。

はじめ、黄色く小さい花が咲いているなと
見て見ぬ振りをしていましたが、
あるとき、きちんと調べ、
名前がわかってからは親しい花となりました。

相手を知ると言うことは大切ですね。


ハクサンオミナエシ200809相馬山 (1)s



ハクサンオミナエシ200809相馬山 (4)s
いずれも、20.08.09 高崎市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/10/05(Mon)

車山~西ノ入仙元山 …その3

白髭神社から、三品の集落を抜け、
谷沿いに歩いて行きます。
奥の数軒を過ぎるとやがて仙元名水に到着。


201002車山・西ノ入仙元山 (21)s


口をすすいだ後、
名水横の山道に入ります。


201002車山・西ノ入仙元山 (23)s


途中、山道との分岐がありますが、
テープや手作りの標があるから大丈夫。


201002車山・西ノ入仙元山 (24)s


ここから本格的な登りになります。


201002車山・西ノ入仙元山 (25)s


急登20分ほどで西ノ入仙元山の山頂です。


201002車山・西ノ入仙元山 (27)s


座り込んで、
コンビニのおむすびを食べてひと休み。

しばしぼんやり。

なにやら肩のあたりがかゆい。
何かにかぶれたのならいやだななどと思っていたら、
どうやら蚊でした。
シャツの上から刺されたようです。

さっそく退散。


201002車山・西ノ入仙元山 (28)s


名残惜しいわけでもありませが、
今一度山頂を振り返り、急降です。

来た道を三品に戻り、車山の東を巻きます。

車山の東南麓より西ノ入仙元山を振り返ります。


201002車山・西ノ入仙元山 (29)仙元山s


無事下山です。



201002車山・西ノ入仙元山 (30)s


20.10.02
11:42鉢形城歴史館駐車場 → 12:01車山登山口 → 
12:18車山(226.9m)12:20 → 12:36正芳寺 → 12:50白髭神社12:55
→ 13:10仙元名水 → 13:31西ノ入仙元山(322m)13:45 →
13:57仙元名水 → 14:43鉢形城歴史館駐車場
 
行動時間:3時間01分
歩行時間:2時間40分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/10/04(Sun)

車山~西ノ入仙元山 …その2

蜘蛛の巣を払い、竹藪をかきわけ、
たどり着きました正芳寺。


201002車山・西ノ入仙元山 (11)s


どうやら無住のお寺のようです。

山里の人気のないお寺、何だか切ないです。

でも、参道はきれいの刈り払いされ、
ヒガンバナが連なっていました。


201002車山・西ノ入仙元山 (12)s


正芳寺の入口あたり、
ヒガンバナとソバの花、そしてヒノキの緑がいいね。


201002車山・西ノ入仙元山 (13)s


さて、山里をのんびり白髭神社に向かいます。

途中から、車山を振り返ります。


201002車山・西ノ入仙元山 (16)仙元山s


白髭神社。


201002車山・西ノ入仙元山 (17)s


本殿の右側、巨石を積んだ上にもお社があり、
別の神様(どなたかわかりません)が祀ってありました。


201002車山・西ノ入仙元山 (18)s


神社の前からは西ノ入仙元山がよく見えます。


201002車山・西ノ入仙元山 (19)仙元山s


計画ではここから三品石尊山を越え、
仙元山に尾根伝いに歩くつもりでしたが、
あまりの蜘蛛の巣の多さに辟易。
時間もタイトだし、戻ろうかとも思いましたが、
その姿を見て、仙元山だけピストンしてみようかと思い直しました。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/10/03(Sat)

車山~西ノ入仙元山 …その1

川越で朝、ご用があり、
それをこなしてからの里山歩きです。
それにしても、ちょっと暑め。

車は鉢形城歴史館の駐車場におき、
さっそく車山をめざして、車道歩きです。

八高線近くからの車山。


201002車山・西ノ入仙元山 (1)車山s


うん、あのピークか、
暑いけどがんばれるぞ。

さらに折原小学校近くからの車山。


201002車山・西ノ入仙元山 (3)車山s


車山の北側、予定していた登山口の違うけど、
車道歩きも飽きたのでここから登ります。


201002車山・西ノ入仙元山 (4)s


200mくらいは車道でしたが、いきなりこの状態。


201002車山・西ノ入仙元山 (5)s


心配したけど、
20mほどで道形がしっかりしたのでやれやれです。

はじめ、車山の東側に回り込むように巻いて、
おそらく当初予定していた登路に合流し、
山頂をめざします。

それにしても、蜘蛛の巣祭りでたいへん。


201002車山・西ノ入仙元山 (6)s


長めの枯れ枝を拾い、払いながらの登りです。

尾根に登り上げたあたりから、
今日の目標、西ノ入仙元山(中央)が見えました。


201002車山・西ノ入仙元山 (7)仙元山s


期待どおりの形です。

まずは車山の山頂。


201002車山・西ノ入仙元山 (8)s


石の祠の左奥から縦走路へ。


201002車山・西ノ入仙元山 (9)s


小ピークを越えて、鞍部。
ここから正芳寺へ下れそうです。
が、ほぼ竹藪化しています。



201002車山・西ノ入仙元山 (10)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

プロフィール

obtusa

Author:obtusa
目に耳に鼻に手に、きれぇい&かわゅい♪ものが心地よいね。
最近はすっかり山と植物、ときどききのこ、かめさんのブログです(^^)/

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード