FC2ブログ

私のきれぇい&かわゅい♪

obtusaにとって、きれぇい♪かわゅい♪ものを紹介していきまぁす(^^)/

2020/09/30(Wed)

ミヤマママコナ

花の形からシソ科と考え、
調べましたがわからない。
いろいろ調べて、ミヤマママコナとわかりました。
ハマウツボ科ママコナ属に属するとのこと、
ハマウツボ科はシソ目に属しているの、
まんざら他人のそら似でもなかったようですけど。



ミヤマママコナ200802鏡台山 (2)s


ミヤマママコナ200802鏡台山 (6)s


ミヤマママコナ200802鏡台山 (9)s
いずれも、20.08.02 高崎市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2020/09/29(Tue)

榛名富士 …その2

雨も上がり、カメラを出す気持ちの余裕ができました。

まずは、トネアザミ。


200927榛名富士 (13)トネアザミs


少し盛りを過ぎていましたが、
それでもいっぱい咲いていました。

こちらはマユミの実。


200927榛名富士 (27)マユミs


まだ雨におおわれています。

日も差してきて、
霧とまだらの日差しとササや木々の緑が美しい。


200927榛名富士 (29)s


雨上がりの山道。


200927榛名富士 (30)s


明るい霧ならば、あの向こうに素晴らしいことが待っていそう。


200927榛名富士 (31)s


だいぶ明るくなってきました。


200927榛名富士 (32)s


と言うことで、この日はここから登り、ここに下山でした。


200927榛名富士 (34)s


無事下山。


200927榛名富士 (35)s


びっしょりになっています。


20.09.27
11:53榛名湖ビジターセンター駐車場 → 12:37榛名富士(1390.5m)12:44
→ 13:25榛名湖ビジターセンター駐車場
 
行動時間:1時間32分
歩行時間:1時間25分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/09/28(Mon)

榛名富士 …その1

ぐずついたお天気に、
行こうかどうしようか悩んでいるうちに
どんどん時間が経っていきます。

よし行こうと思ったときは近くのお山くらいしか…。
とりあえず、少しでも歩ければいいと
榛名富士に登ってきました。

榛名湖まで上っていく途中は晴れ間も見えたりしたのですが、
歩き出すころはパラパラと降っていて、
本格的に登りだしたら本降り。

と言うことで、途中の写真はなく、
いきなり山頂の神社です。


200927榛名富士 (1)s


途中、雨具の上着を羽織りましたが、
下半身はびっしょり。
頂上で雨が上がったのが、恨めしいような、よかったような。

神社脇の三角点。


200927榛名富士 (2)s


そして、雲が切れてきた二ッ岳。


200927榛名富士 (3)s


相馬山。


200927榛名富士 (4)s


南の空、遠く雲海になっています。


200927榛名富士 (5)s


北東方向、青空も見え、山も見えてきています。


200927榛名富士 (10)s


左端は子持山ですから、
奥の雲のかかっているのは武尊山でしょうか。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/09/27(Sun)

稲含山、黒内山 …その3

茂垣峠から尾根に取り付いてみると、
意外にはっきりした山道が続いていました。


200921稲含山・黒内山 (17)s


これなら楽勝かな。

途中の鞍部がわかりづらかったけど、
木々の合間から見える鉄塔を目標に
どんどん上へ、やがて鉄塔の下にたどり着きました。


200921稲含山・黒内山 (21)s


黒内山山頂は鉄塔よりも50m弱東のはず。

ありました。


200921稲含山・黒内山 (19)s


黒内山山頂。

暗いので鉄塔まで戻り、ランチタイム。
今日はペペロンチーノ。


200921稲含山・黒内山 (20)s


インスタントだけどね。

静かなお山でゆっくりした後、下山。

黒内山を振り返ります。


200921稲含山・黒内山 (22)s


下山路をどう取るか悩みました。
来た道を茂垣峠まで戻るか、
黒内山の尾根を500mくらい下り、
尾根が林道に近づいているところから、
林道に出るか。

結論、鉄塔の南側の広い窪を適当に下り、
直接神の池に出るということに。

適当に歩き易いところを選び、下ったところ、
稲含神社に出ました。


200921稲含山・黒内山 (24)s


ここからは林道を少し登り返せば駐車場です。

無事下山しました。



200921稲含山・黒内山 (25)s


20.09.21
09:09神の池駐車場 → 10:05稲含山(1370.3m)10:07
→ 10:14稲含山東峰10:22 → 10:48茂垣峠 → 
11:08黒内山(1112m)11:54 → 12:05稲含神社 → 
12:08神の池駐車場
 
行動時間:2時間59分
歩行時間:2時間03分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/09/26(Sat)

稲含山、黒内山 …その2

稲含山は何度か来ているので、
地形図を見て、気になった東峰へ向かいます。
稲含山から白髪岩や大猿山へ向かうルートがあるので、
東峰へも藪を漕ぐこともなく行くことができました。

ここが東峰。


200921稲含山・黒内山 (9)s


ちょっと残念な感じですが、こんなものでしょう。

一角からこれから登ろうとしている黒内山が見えました。


200921稲含山・黒内山 (10)s


真ん中の鉄塔のすぐ右が黒内山です。

特に名残惜しいわけではありませんが、
もう一度、振り返り、下山です。


200921稲含山・黒内山 (11)s


本峰へ向かう途中、足もとに登山道の柵が見えたので、
急斜面ですが、ショートカットしました。
順調に下り、赤鳥居。


200921稲含山・黒内山 (12)s


そして、茂垣峠到着です。


200921稲含山・黒内山 (13)s


林道の下仁田側は全面通行止めになっていました。


200921稲含山・黒内山 (14)s


黒内山へはどこから取り付くか悩まなくちゃかな
と思っていましたら、すぐ目の前に踏み跡がありました。


200921稲含山・黒内山 (15)s


悩まずにここから入ります。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/09/25(Fri)

稲含山、黒内山 …その1

この日のお目当ては稲含山の東峰と黒内山。
それにまだ歩いたことのない神の池から
神の水、稲含神社経由のルートも歩くことにしました。


200921稲含山・黒内山 (1)s


林道を一度横切り、山道を進みます。

いい感じの森です。


200921稲含山・黒内山 (2)s


神の水。


200921稲含山・黒内山 (3)s


急で小さな沢です。

そして、二の鳥居。


200921稲含山・黒内山 (4)s


稲含神社。


200921稲含山・黒内山 (5)s


これは甘楽町側の稲含神社になります。
もう一つ、山頂直下にも稲含神社がありますが、
そちらは下仁田町側のもののようです。

凜々しくも風格のあるお顔。


200921稲含山・黒内山 (6)s


神社からは急登で、茂垣峠からの道に出ました。


200921稲含山・黒内山 (7)s


下仁田稲含神社の前をとおり、
稲含山山頂です。


200921稲含山・黒内山 (8)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/09/22(Tue)

赤城大沼一周縦走 …その3

藪を漕いで、今年2度目だったかの北山。


200919赤城山大沼一周縦走 (26)s


わざわざ登る人がいるのかと思いますが、
山名表示されていて、
何よりも祠があります。

八丁峠から地蔵岳に登ります。
ここまで来ると、けっこう疲れています。
でも、登りきらないと帰れないし…。

がんばって、途中から小沼を見下ろします。


200919赤城山大沼一周縦走 (28)s


左が先ほど登っていた小地蔵岳。

山頂近く、リンドウが咲いていました。


200919赤城山大沼一周縦走 (30)リンドウs


地蔵岳山頂。


200919赤城山大沼一周縦走 (37)s


数日前に登ったばかりです。

この日は黒檜山が見えました。


200919赤城山大沼一周縦走 (36)s


ひだり2/5くらいが五輪尾根。
あそこから歩きだして、
黒檜山を登り、越えて、いまここって言う感じですね。

さて、下山です。

見晴山駐車場に下り、県道を渡り、
登り返しての見晴山。


200919赤城山大沼一周縦走 (40)s


奥は地蔵岳。

見晴山からひと下りで大沼畔。
少し歩いて無事に沼尻。
下山しました。



200919赤城山大沼一周縦走 (42)s


20.09.19
06:37沼尻駐車場 → 07:02野坂峠 → 07:08薬師岳(1528m)07:10
→ 07:22陣笠山(1490m)07:25 → 07:33五輪峠 → 07:56黒檜山登山道
→ 09:00黒檜山(1827.7m)09:13 → 09:35大ダルミ → 
09:48駒ヶ岳(1685m)09:56 → 10:04大洞分岐 → 
10:34篭山(1432m)10:39 → 10:45鳥居峠11:14 → 
11:38小地蔵岳(1574m)11:55 → 12:18北山(1520m) → 
12:59地蔵岳(1674.0m)13:04 → 13:32見晴山駐車場 →
13:39見晴山(1458m)13:46 → 14:05沼尻駐車場
    
行動時間:7時間28分
歩行時間:6時間04分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/09/21(Mon)

赤城大沼一周縦走 …その2

さて、駒ヶ岳に向かいます。

大ダルミから駒ヶ岳。


200919赤城山大沼一周縦走 (14)s


もうすぐだ。

駒ヶ岳山頂。


200919赤城山大沼一周縦走 (15)s


グループがいて、山名板の前でにぎやかでした。
休憩して、静かになったところで撮りました。

駒ヶ岳から、覚満淵を囲む尾根を下り、
篭山です。


200919赤城山大沼一周縦走 (17)s


篭山からひと下り、
鳥居峠の鍋割山ラーメン。


200919赤城山大沼一周縦走 (18)s


お腹が重くなってしまいました。

次は小地蔵岳。

道は小沼へ登り上げ、
小地蔵を巻くようについていますが、
遠回りになるので、北面を直登です。


200919赤城山大沼一周縦走 (19)s


下半分はシダの森、上部はミヤコザサの森で、
入口がわかりづらいけど、ルートはしっかりしています。

小地蔵岳山頂。


200919赤城山大沼一周縦走 (20)s


下りは一般ルートを取り、
小沼北側の展望スポットからの眺め。

薬師岳を中心とした、五輪尾根。


200919赤城山大沼一周縦走 (22)s


あそこから歩いてきたのか。

そして、半見えの黒檜山。


200919赤城山大沼一周縦走 (23)s


そして、これから登る地蔵岳。


200919赤城山大沼一周縦走 (24)s


遠い…。

そして、小沼。


200919赤城山大沼一周縦走 (25)s


さっ、気を取り直して北山へ。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/09/20(Sun)

赤城大沼一周縦走 …その1

ここのところ、短時間のコースしか歩いていなかったのと、
以前、大沼一周をしてから
いつの間にか10年も経ってしまったのとで、
狙っていましたが、ようやく実現。

今回は、大沼の集水域にこだわって、
沼尻から時計回りに歩いてきました。

朝、沼尻から黒檜山と駒ヶ岳。


200919赤城山大沼一周縦走 (1)s


とりあえず、あそこくらいまでは行きたいな。

ぼおっと歩いていて、入口を迷いつつも、野坂峠。


200919赤城山大沼一周縦走 (2)s


出張山は、地形図で見る限り、
大沼へは雨が流れないので割愛。

野坂峠からはほんのひと登り、薬師岳。


200919赤城山大沼一周縦走 (3)s


快調に飛ばして、陣笠山。


200919赤城山大沼一周縦走 (5)s


地蔵岳が見えています。
あそこまでたどり着ければ何とかなるかな。

その前に黒檜山に登らなくちゃ。
黒檜山にさえ登れば、あとは基本下りだから…。


200919赤城山大沼一周縦走 (7-1)黒檜山s


五輪峠に下り立ちました。


200919赤城山大沼一周縦走 (8)s


県道を渡り、少し沼田市側に入ったところで、
法面上の五輪塔に上がります。


200919赤城山大沼一周縦走 (9)s


五輪塔の脇の刈り払いに入ります。


200919赤城山大沼一周縦走 (10)s


20分ほど、等高線沿いの刈り払いを行くと、
黒檜山への登山道に出ます。

つらかった。
もう少し、もう少し、と思いつつ、
なんとか黒檜山へ登頂。


200919赤城山大沼一周縦走 (13)s


大休止。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/09/18(Fri)

地蔵岳

午後からの半日、少しは歩きたいなと地蔵岳。
そして、この日はここから登ります。


200916地蔵岳 (1)s


ここから登った記憶がありません。
もしかするとはじめての登りルートかも。

ひと登りで、見晴山の方から登るルートと合流。


200916地蔵岳 (9)s


さらにひと登りで、山頂です。


200916地蔵岳 (11)s


近くは見えるけど、適当に霧が出ています。


200916地蔵岳 (14)s


大沼は見えているけど、黒檜山は隠れているみたいな。

雲がかなり低いと言う感じでしょうか。


200916地蔵岳 (15)s


大沼も見えなくなりました。


200916地蔵岳 (16)s


誰もいない山頂で、しばしぼんやりした後、下山。
山頂を振り返ります。


200916地蔵岳 (17)s


下りは大沼への道を辿り、途中からの黒檜山。


200916地蔵岳 (18)s


赤城少年自然の家バス停に下山。

句碑めぐりの道を新坂平へ戻ります。


200916地蔵岳 (19)s


途中、トネアザミ。


200916地蔵岳 (27)トネアザミs


そして、キオン。


200916地蔵岳 (31)キオンs


新坂平からは先週登った鷹巣(右端)が確認できました。


200916地蔵岳 (48)鍬柄山・鷹巣s


左は鍬柄山です。

そして、無事下山です。



200916地蔵岳 (50)s


20.09.16
13:07新坂平駐車場 → 13:28登山道分岐 → 13:42地蔵岳(1674.0m)13:59
14:16登山道分岐 → 14:32赤城少年自然の家バス停 → 15:05新坂平駐車場
    
行動時間:1時間58分
歩行時間:1時間41分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/09/16(Wed)

ノアザミ

いつになってもノアザミとノハラアザミを覚えられません。
どっちだったかなと。

特徴ははっきりしていて、
その特徴と名前がしっかり結びつけばそれまでのですが、
そこがねぇ…。

と言うことで、帰宅後しっかり確認して、
これはノアザミです。

その特徴とは…
それはほかのブログなどでご確認しださい。



ノアザミ200630宝台樹 (1)s



ノアザミ200630宝台樹 (3)s



ノアザミ200630宝台樹 (8)s



ノアザミ200630宝台樹 (13)s
いずれも、20.06.30 みなかみ町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/09/15(Tue)

鷹巣山、鈴ヶ岳 …その4

鈴ヶ岳で20分ほどゆっくりした後、
鷹巣に向けて下山です。
予定どおり、鍬柄山へ登り返し、
鍬柄山北西のピークとの鞍部から東へ、
鷹巣と鍬柄山との鞍部をめざします。
期待通り、藪が薄く、鹿道もたくさんあるので、
適当に辿ればわりあい楽です。
2つほど小さい沢を越え、鞍部に到着。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (32)s


鷹巣の方向です。
薄い踏み跡があります。

踏み跡をたどりつつ、上へ上へ。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (33)s


鷹巣頂上に着きました。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (34)鷹巣s


他の方のブログのとおり祠と石碑が立っていました。
ないとされていた山名表示が大きくあるのはご愛敬。

なかなか風情があります。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (39)鷹巣s


静かな祠の前でランチタイム。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (43)鷹巣s


久しぶりの冷製パスタです。

可愛らしい山頂、独り占め。

鍬柄山が見えます。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (45)鍬柄山s


めずらしく40分ほどまったりしたのち、
下山です。

もう一度、鷹巣山頂を振り返ります。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (47)鷹巣s


下山は先ほどの鞍部から鍬柄山の南の鞍部をめざしましたが、
途中から踏み跡を発見、テープもついていることから、
人のものと判断し、利用しました。
鍬柄山への尾根をまっすぐ上がっていて、
鍬柄山の南、1550m地点あたりに登り上げました。

あとは登山道を歩くだけです。

行きに素通りした姥子山にも登ります。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (48)姥子山s


そして、無事下山。



200909鈴ヶ岳・鷹巣 (49)s


20.09.09
07:28鈴ヶ岳登山口 → 07:43姥子峠 → 07:56鍬柄峠 → 
08:10鍬柄山(1562m)08:18 → 08:38大ダオ → 
09:09鈴ヶ岳(1564.7m)09:33 → 09:51大ダオ → 10:16鍬柄山北西鞍部
→ 10:30鷹巣山(1480m)11:12 → 11:32登山道 → 11:50姥子山(1507m)
→ 12:08鈴ヶ岳登山口
    
行動時間:4時間40分
歩行時間:3時間26分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/09/14(Mon)

鷹巣山、鈴ヶ岳 …その3

鍬柄山からは鷹巣への入口を探りつつ、
鈴ヶ岳に向かいました。
どうも鍬柄山の北西峰との鞍部あたりが藪が薄く、
入りやすそう。
そのまま、等高線やや下り気味に東に進めば、
鷹巣と鍬柄山との鞍部につけそうです。
忘れないように赤テープを木に巻き、
先へ進みます。

ひと下りで、大ダオ。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (23)s


ここからは南側からも北側からも鈴ヶ岳を巻いて、
深山に下山できます。
登山口までの1時間前後の山道は雰囲気がいいです。

鈴ヶ岳途中の展望岩からの眺め。
荒山(左)と鍋割山。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (24)荒山~鍋割山s


いま下りてきた鍬柄山。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (25)鍬柄山s


鈴ヶ岳山頂です。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (26)s


静かな山頂、青空ものぞきいい感じです。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (27)s


テルモスに入れて持ってきたアイスコーヒーとスコーンで、
おやつタイム。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (29)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/09/13(Sun)

鷹巣山、鈴ヶ岳 …その2

富士山から目を移して、鍬柄山からのお山たちへごあいさつ。

八ヶ岳。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (9)八ヶ岳s


見えるピークをひとつひとつ思い浮かべ、
心を込めてのごあいさつです。
今年はごぶさたしていますが、
何度も何度も足を運んでいる親しいピークばかり。

浅間山。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (10)浅間山s


浅間山にも何度か登っていますが、
手前に並んだ倉渕の山々もなじみ深いピークたちです。
浅間山の右は篭ノ登でしょうか。
皆さん、元気そうですね。

こちら、駒ヶ岳と小地蔵にはさまれた鳥居峠ごしの雲海。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (11)雲海s


鳥居峠からの雲海は近ごろ盛り上がっているようですが、
さらに遠くから、のぞかせていただきました。
きっと、この時間も多くに人が鳥居峠にいることでしょう。

皇海山。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (12)皇海山s


地味だけど、特徴のある山容は
覚えてしまえばどこからでも見つけられます。

右は皇海山、左は日光白根山。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (13)皇海山~日光白根s


日光白根山のアップです。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (14)日光白根s


そして、左奥の三角形が四郎岳、その右が燕巣山。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (15)四郎岳・燕巣山s


手前の右は三ヶ峰でしょうか。

こちらは燧ヶ岳。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (16)燧ヶ岳s


そして、至仏山と笠ヶ岳。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (17)笠ヶ岳~至仏山s


笠ヶ岳の右側に小さく小笠がわかります。

武尊山。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (18)武尊山s


遠くの山々はこのくらいで、近くを見ます。

荒山(左)と鍋割山。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (19)荒山~鍋割山s


右が荒山、真ん中が前浅間、左は茶の木畑山でしょうか。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (20)前浅間~荒山s


地蔵岳。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (21)地蔵岳s


そして、黒檜山(左)と駒ヶ岳。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (22)黒檜山~駒ヶ岳s


堪能させていただきました。

それにしても、鷹巣山への入り口はわかりません。
先に鈴ヶ岳に向かうことにして、出発です。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/09/10(Thu)

鷹巣山、鈴ヶ岳 …その1

ほぼ一か月ぶりの山行です。
暑すぎたり、天気が悪かったりで間があきました。

今日はここから。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (1)s


メインは鷹巣山です。
それにしても、
この案内板に載っているピークにはもう幾たびも足を運んだなぁ
としばし感慨。

さて、県道を渡り、
牧場の柵伝いに登り出します。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (2)s


ひと登りで尾根。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (4)s


2週間くらいのブランクだと足が軽いのですが、
今日はとても重い。
体力、脚力が落ちたのを実感です。

姥子峠。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (5)s


西へ下っていく道が刈り払ってあります。
どこへつながるのでしょう。
いつか歩いてみたいような…。

鍬柄峠。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (6)s


そして、ひと登りで鍬柄山です。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (7)s


意外に空気が澄んでいます。
これならもしかしたら富士山が見えるかも知れません。
それっぽい方向を探すとありました。


200909鈴ヶ岳・鷹巣 (8)富士山s


見えますか?
真ん中辺、うすぼんやりですが見えます。

ほかの山々も期待できそうです。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/09/08(Tue)

湯殿山、2005年皐月

この年、二度目の湯殿山。
お正月に登ったばかりです。
そして、たった二度踏んだ山頂です。
その後、行っていません。



DSC00014.jpg
05.05.08 湯殿山

05.05.08
11:25湯殿山トンネル東口 → 11:33湯殿山(370m)11:48 → 
11:55湯殿山トンネル東口
    
行動時間:0時間30分
歩行時間:0時間15分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/09/05(Sat)

尾瀬---山小屋三代の記

後藤 允 著  1984年4月20日  株式会社岩波書店 発行



IMG_8114s.jpg



尾瀬、長蔵小屋の三代記です。
冬の三平峠で三代目の長靖氏が亡くなったと言うニュースは
いまだに思い出します。
はじめて尾瀬に行ったとき、
実はいつだったかはっきりしないのですが、
尾瀬沼に遊覧船がいたのを覚えています。
あれからずいぶん経ちました。

手元にある本は第2刷で、1984年のものです。
発売されて直に購入、読んだようです。
その頃使っていた蔵書印も押してあり、
とても懐かしいです。

あらためて読んでみてもいいかな。
そう、そのうち山に行くことがかなわなくなったら、
記憶を辿り、読んでみましょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/09/04(Fri)

イタドリ

どこにでもありすぎて、
お花として紹介されていないきらいがあります。
でも、なかなか立派ですし、
ひとつひとつお花はかわいいですよ。



イタドリ200829沼ノ原 (7)s



イタドリ200829沼ノ原 (8)s



イタドリ200829沼ノ原 (9)s
いずれも、20.08.29 高崎市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/09/03(Thu)

アサギマダラ

この日はアサギマダラが多く飛んでいました。
そう、キャベツ畑に飛び交うモンシロチョウのよう。
でも、なかなか近づかせてくれません。
ようやくまともに撮れたのがこれらかな。
って、アサギマダラも落ち着きがないけど、
私も気が短いから、
じっくり狙えないんですけど。



キオン・アサギマダラ200809相馬山 (1)s



キオン・アサギマダラ200809相馬山 (3)s
いずれも、20.08.09 高崎市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2020/09/01(Tue)

御殿山、2005年皐月

この日、御殿山にも登ったようです。
今年1月に登ったときは、
同じコースを登ったはずですが、
何も思い出されませんでした。
まあ、無理もないほどの低山と言うことかな。



200112e御殿山 (4)s
20.01.12 御殿山

05.05.08
10:26赤穂義士四十七士石像入口駐車場 → 10:39御殿山(405m)10:53
→ 11:01赤穂義士四十七士石像入口駐車場

行動時間:0時間35分
歩行時間:0時間21分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

プロフィール

obtusa

Author:obtusa
目に耳に鼻に手に、きれぇい&かわゅい♪ものが心地よいね。
最近はすっかり山と植物、ときどききのこ、かめさんのブログです(^^)/

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード