FC2ブログ
イタチタケ
2020/08/14(Fri)
イタチタケで間違いないと思いますが。

イタチタケ、どこにでもあるきのこです。
この子はみなかみ町の山中で発生していましたが、
平野部の里山、公園などにも普通に見られるかな。



イタチタケ200630宝台樹 (1)s
20.06.30 みなかみ町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
栗生山
2020/08/13(Thu)
栗生山は桐生市黒保根にある968.3mの山です。
ずいぶん昔に登ったことがあるのですが、
どちらかというと地味なお山です。

が最近、ちょっと気になっていました。

で、暑い最中ですが、軽くと思い登ってきました。

栗生神社鳥居前から歩きます。


200810栗生山 (1)s


栗生神社。


200810栗生山 (3)s


登山口から社殿と大杉。


200810栗生山 (4)s


立派なスギです。

登山口の案内板。


200810栗生山 (6)s


この道を登ります。

少しの間、山道を歩くと簡易舗装された作業道に出ます。
作業道を登っていくと、
やがて行き止まりになり歩道へ。
傾斜も急になり、ジグザグに登ります。


200810栗生山 (7)s


崖が見えてくると、左に回り込むように登ります。

イワタバコが咲いていました。


200810栗生山 (10)イワタバコs


傾斜はますます急に。

なんとなく尾根が見えてきたかなと思うころ、
左に巻き、小尾根に登り上げました。


200810栗生山 (21)s


そこからは傾斜も緩くなり、
尾根を右へ回り込むと、山頂です。


200810栗生山 (24)s


コンビニのおむすびでランチ。

汗がひくまでぼんやりし、下山。
最後に山頂の確認。


200810栗生山 (25)s


西端の展望台にも行ってみました。


200810栗生山 (26)s


あの雲の中に赤城山があるはず。

来た道を戻りますが、
上から見てもけっこう傾斜があります。


200810栗生山 (27)s


が、道はしっかりしていて、
快調に下り、無事下山です。


200810栗生山 (29)s


20.08.10
10:56栗生神社鳥居前 → 11:46尾根 → 11:52栗生山(968.3m)12:19
→ 12:21展望台12:24 → 12:53栗生神社鳥居前

行動時間:1時間57分
歩行時間:1時間33分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
相馬山
2020/08/11(Tue)
この日、軽く相馬山へ登ってきました。
トレーニングと言うところでしょうか。

それも一番距離の短いヤセオネ峠から。


200809相馬山 (1)s


鳥居の向こう側、まだ登山は始まっていませんが、
オカトラノオが群生していました。


200809相馬山 (6)オカトラノオs


途中、ヤマアジサイ。


200809相馬山 (11)ヤマアジサイs


尾根に到着で、
レンゲショウマが咲きはじめていました。


200809相馬山 (22)レンゲショウマs


ホツツジは盛りを過ぎていました。


200809相馬山 (32)ホツツジs


キオンにアサギマダラ。


200809相馬山 (48)キオン・アサギマダラs


隣では、フシグロセンノウが大きな花を咲かせていました。


200809相馬山 (48)フシグロセンノウs


で、頂上に着きました。


200809相馬山 (51)s


お昼を食べて、
少しの間、霞んだ展望をぼんやり眺めました。


200809相馬山 (53)s


で、無事に下山しました。



200809相馬山 (54)s


20.08.09
09:51ヤセオネ峠 → 10:10尾根10:16 → 10:41相馬山(1411m)10:59
→ 11:33ヤセオネ峠

行動時間:1時間42分
歩行時間:1時間18分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
乾徳山、2005年睦月
2020/08/09(Sun)
このときは、山の会のメンバーと総勢7人で登りました。
めずらしく大人数です。
お天気はよかったようです。



V6010013.jpg
05.01.09 乾徳山より

05.01.09
08:30登山口 → 09:07銀晶水 → 09:57錦晶水 → 11:25休憩12:00
→ 12:05乾徳山(2031m) → 12:40 2016m峰 → 13:36高原ヒュッテ
→ 14:25道満山(1314.1m) → 15:00登山口
    
行動時間:6時間30分
歩行時間:5時間55分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ハンショウヅル
2020/08/08(Sat)
ハンショウヅルは木です。
つる性の低木とのこと。

車道際など日当たりのよい場所で、
よく見かけます。

落ち着いた色合い、
それでいて可愛らしいお花です。



ハンショウヅル200616二度上峠 (2)s



ハンショウヅル200616二度上峠 (6)s



ハンショウヅル200616二度上峠 (4)s
いずれも、20.06.16 高崎市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タチツボスミレ
2020/08/06(Thu)
毎度のことながら、すみれは難しいです。
タチツボスミレはまだしも解りやすい方でしょうか。
ほぼほぼ同定をあきらめています。
が勉強したいような…。



タチツボスミレ200510高崎市榛名山 (5)s


タチツボスミレ200510高崎市榛名山 (7)s
いずれも、20.05.10 高崎市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
天狗山~鏡台山周回 …その3
2020/08/05(Wed)
次は鏡台山南峰へ。
こちらは大きな岩があり、
眺めよし、お昼寝もよしです。


200802天狗山~鏡台山 (70)s


三角点だってあります。


200802天狗山~鏡台山 (71)s


先ほど登らなかった天狗山西峰が大きく見えます。


200802天狗山~鏡台山 (54)s


そして、榛名山の中心部、
右から鬢櫛山、最高峰の掃部ヶ岳、杏ヶ岳。


200802天狗山~鏡台山 (56)s


ナナカマドにたわわに実がついています。


200802天狗山~鏡台山 (62)ナナカマドs


あと一か月も経つと赤く色づくのかな。

来るとき、早い時間からやっているパン屋さんで
買ったパンを食べ、ひと休み。

その後、少し戻って、右の作業道に入ります。


200802天狗山~鏡台山 (75)s


このまま作業道を下れば林道に出るはず。

道形はしっかりしていましたが、
倒木が多く、乗り越えたり、巻いたり、
障害物競走のよう。

ようやく林道に出ました。


200802天狗山~鏡台山 (81)s


あとは林道を30分ほど歩いて、
車をおいた登山口に到着。


200802天狗山~鏡台山 (82)s


無事下山です。


20.08.02
08:56林道南榛名山線天狗山登山口 → 09:30お籠屋休憩所 →
10:10天狗の肩 → 10:20天狗山(1179m)10:27 →
11:02鏡台山のコル → 11:10鏡台山北峰(1079m) → 
11:17鏡台山南峰(1072.9m)11:47 → 12:28林道南榛名山線 
→ 13:00林道南榛名山線天狗山登山口

行動時間:4時間04分
歩行時間:3時間27分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
天狗山~鏡台山周回 …その2
2020/08/04(Tue)
ちょっと岩場あったりする尾根を進みます。
ホツツジが咲きはじめでした。


200802天狗山~鏡台山 (24)ホツツジs


天狗山頂上のわずか北側に登り上げ、
左に少しで山頂です。


200802天狗山~鏡台山 (29)s


山頂先の展望のよい狭い岩場はにぎやか。
すぐに岩の上に登り上げます。
西峰につながる尾根には霧がかかっています。


200802天狗山~鏡台山 (27)s


南側はなんとなく見えます。


200802天狗山~鏡台山 (28)s


にぎやかで落ち着かないので、
逃げるように先へ。

天狗山の一番高そうな場所に標が立っていました。


200802天狗山~鏡台山 (30)s


西峰との鞍部近く、鳥居が並んでいます。


200802天狗山~鏡台山 (31)s


西峰にも行きたかったけど、
先ほどの頂上のにぎやかなグループがゆっくり登っていく様子。
パスして、鏡台山に向かいます。

ヤマアジサイが咲いていました。


200802天狗山~鏡台山 (35)ヤマアジサイs


カラマツソウも。


200802天狗山~鏡台山 (41)カラマツソウs


オシロイシメジでしょうか。
大きなフェアリーリングを作っています。


200802天狗山~鏡台山 (46)オシロイシメジs


鏡台山のコル到着。


200802天狗山~鏡台山 (50)s


ここで榛名神社への道を分けます。
と言うか、榛名神社側から登るのがごく普通。

ひと登りで、鏡台山の北峰と南峰の間に登り上げ、
まずは標高の高い北峰へ。

山頂。


200802天狗山~鏡台山 (52)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
天狗山~鏡台山周回 …その1
2020/08/03(Mon)
林道南榛名山線から天狗山、鏡台山と周回してきました。

以前から気になっていたこの登山口、
今日はここからです。


200802天狗山~鏡台山 (1)s


案内板。


200802天狗山~鏡台山 (2)s


現在地から天狗山に登り、
さらに鏡台山にまわり、
鏡台山から林道につながる歩道を歩く計画です。

とりあえずは車でも登れるような道。


200802天狗山~鏡台山 (3)s


作業道終点近くから右へ山道を辿ります。


200802天狗山~鏡台山 (4)s


実はなんの道だろうと通り過ぎて、
終点まで行き、戻ってきました。
数10メートル余分に歩きました。

モミジガサの群落。


200802天狗山~鏡台山 (9)モミジガサs


お籠屋休憩所それに天狗の泉入口。


200802天狗山~鏡台山 (14)s


少しの広場と朽ちかけたベンチがあるだけ。
天狗の泉には行きませんでした。

そして、急登がはじまります。


200802天狗山~鏡台山 (15)s


一応階段はついています。

もうすぐ尾根かな、岩場にぶつかりました。


200802天狗山~鏡台山 (16)s


道は右側に巻いています。

少し巻いたところから、急登につぐ急登。
息も絶え絶えに天狗山に続く尾根、
謂わば天狗の肩に登り上げました。

振り返って、奥の虎ロープのところを登ってきました。


200802天狗山~鏡台山 (18)s


さあ、ここからはそんなにないはず。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
金山
2020/08/01(Sat)
梅雨明けの今日、夏を思いきり堪能すべく低山へ、
太田金山です。

大光院近くの市営駐車場に車をおき
大光院から登ります。
駐車場からミンミンゼミが盛んに鳴いています。


200801太田金山 (1)s


最初の尾根。


200801太田金山 (3)s


次の尾根。


200801太田金山 (4)s


尾根伝いにゆるゆると登り、
金山城跡、月ノ池。


200801太田金山 (5)s


その上の日ノ池。


200801太田金山 (8)s


さらに上へ、頂上をめざします。
新田神社の大ケヤキ。


200801太田金山 (9)s


樹齢800年を超えるとか。

新田神社。


200801太田金山 (10)金山s


金山の山頂です。

金山からは南へ下り、御城橋。


200801太田金山 (11)s


ひと登りで北八王子山です。


200801太田金山 (12)北八王子山s


マンネンタケが発生していました。


200801太田金山 (14)マンネンタケs


中八王子山、八王子山とミニ縦走。

クサギが芳香を漂わせていました。


200801太田金山 (17)クサギs



200801太田金山 (18)クサギs


車道へ下り、駐車場まで歩き、
今日の山行を終えました。


200801太田金山 (26)s


20.08.01
07:28大光院市営駐車場 → 07:39大光院 → 07:50尾根 →
08:06浅間神社分岐 → 08:25金山(239m)08:34 → 08:46御城橋
→ 08:55北八王子山(184m) → 09:01中八王子山(170m) →
→ 09:07八王子山(170m)09:15 → 09:27車道 →
→ 09:36大光院市営駐車場

行動時間:2時間08分
歩行時間:1時間51分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |