FC2ブログ
奥多摩  山、谷、峠、そして人
2020/06/29(Mon)
山田 哲哉 著  2020年3月30日  株式会社 山と渓谷社 発行


200615本 (2)sc


50年以上にわたって奥多摩を歩いてきた著者による
変わったもの、変わらなかったものがたくさん詰まっています。

山で生活する人の多かった昔と
山から生活の消えた今とでは
地形的に変わらずとも山頂や
そこに至る道がひどく違うものだとわかりました。
そこに書かれている
数十年前のこの山頂に立ちたかったと思うところが多いかな。

高山でも動物による食害などが問題になっている昨今、
今、見ておかないと失われてしまうものも
けっこうあるかも知れません。

さあ、どんどん歩きましょう。
登りましょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
シロヤシオ
2020/06/27(Sat)
白い清楚な花、
若葉の赤い縁取りが特徴のツツジ。
花の時期は全体に優しい印象があり、
大好きです。



シロヤシオ200607小沼 (1)s



シロヤシオ200607小沼 (6)s



シロヤシオ200607小沼 (4)s



シロヤシオ200607小沼 (5)s
いずれも、20.06.07 前橋市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ツクバキンモンソウ
2020/06/25(Thu)
今年何度目かのツクバキンモンソウ。
腰を据えて撮影しないと、花の白が飛んでしまいますね。

産毛のような毛がいっぱい生えていてかわいいです。



ツクバキンモンソウ200603荒山 (6)s



ツクバキンモンソウ200603荒山 (7)s



ツクバキンモンソウ200603荒山 (11)s



ツクバキンモンソウ200603荒山 (8)s
いずれも、20.06.03 前橋市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白砂山、2004年立秋
2020/06/24(Wed)
白砂山の山頂で、
背の高いチシマザサの藪を見て、
県界尾根も佐武流山へも行けないと
確信したのを覚えています。
当時、そして今も憧れのルートなのですが。

いま、県界尾根は稜線トレイルが開き、
歩けるようになりました。
今後、しっかり刈り払いをしてくれるのかな。
作るだけ作ってメンテをきちんとしてくれないと、
数年で藪に戻ってしまいます。
その前に歩かなくちゃと思いますが、
けっこう遠いですね。



白砂山山頂
04.08.08 白砂山

04.08.08
06:20野反ダム → 06:50地蔵峠 → 07:50水場入口 → 
08:25堂岩山付近 → 09:25白砂山(2139.8m)09:50 → 
10:37堂岩山手前分岐 → 11:00水場 → 12:36野反ダム
    
行動時間:6時間16分
歩行時間:5時間51分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミヤマエンレイソウ
2020/06/23(Tue)
葉ばかり大きくて、何だかなぁのバランスですが、
見つければうれしくなります。
何が魅力なのかな。

あらためて分布を確認すると、
北海道から九州までと広いようです。
何だか特別な植物のように思い込んでいましたが、
そうでもないのかな。



ミヤマエンレイソウ200510高崎市榛名山 (2)s



ミヤマエンレイソウ200510高崎市榛名山 (4)s



ミヤマエンレイソウ200510高崎市榛名山 (5)s
いずれも、20.05.10 高崎市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ワダソウ
2020/06/22(Mon)
ワダソウは一週間前に紹介したヒゲネワチガイソウの仲間。
なんでも、長野県の和田峠で最初に見つかったことから
名付けられたとか。
でも、それほどめずらしいわけでもなさそうです。

小さく、かわいらしい花です。
けっこう群生していました。



ワダソウ200419みどり市稲荷山 (7)s



ワダソウ200419みどり市稲荷山 (6)s



ワダソウ200419みどり市稲荷山 (1)s
いずれも、20.04.19 みどり市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
安高山、浅間隠山と周辺の山 …その5
2020/06/21(Sun)
もうすぐ二度上峠。
法面に付けられた階段を下りていくと、
剣ノ峰(右から)、角落山、雨坊主山とよく見えます。


200616浅間隠山と周辺 (47)剣ノ峰・角落山s


剣ノ峰、角落山のアップ。


200616浅間隠山と周辺 (48)剣ノ峰・角落山s


こちらは、雨坊主。


200616浅間隠山と周辺 (49)雨坊主s


二度上峠に下山です。


200616浅間隠山と周辺 (51)s


あとは県道を登山口まで歩きます。


車道際は日当たりがよいためか、いろいろ花が咲いています。

まずはニシキウツギ。


200616浅間隠山と周辺 (58)ニシキウツギs



200616浅間隠山と周辺 (76)ニシキウツギs


そして、コゴメウツギ。


200616浅間隠山と周辺 (65)コゴメウツギs



200616浅間隠山と周辺 (67)コゴメウツギs


ツル性の地味な花は、ハンショウヅル。


200616浅間隠山と周辺 (70)ハンショウヅルs


下山です。



200616浅間隠山と周辺 (78)s


20.06.16
09:53浅間隠山登山口駐車場 → 10:05安高山鞍部 → 
10:14安高山(1465m)10:19 → 10:25安高山鞍部 → 
11:27浅間隠山(1756.8m)11:49 → 12:46岩淵山(1528m)12:56
→ 13:33駒髪山(1483m)13:36 → 13:44二度上峠 →
14:02浅間隠山登山口駐車場

行動時間:4時間09分
歩行時間:3時間29分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
安高山、浅間隠山と周辺の山 …その4
2020/06/20(Sat)
次は岩淵山から南西、
二度上峠のすぐ北側、駒髪山をめざします。

以前は二度上峠から浅間隠山に通ずる登山道があったようですが、
今は道形すらありません。
が、高崎市と長野原町の境界がとおる尾根を行けば
問題なくたどり着けそう。

まずは、岩淵山の東端まで行き、
市町界にのります。
なんと最近、境界を確認したようで、
若干の刈り払いと踏み跡、
それにピンクテープまでついています。
楽勝か。


200616浅間隠山と周辺 (41)s


刈り払いはすぐに終わってしまいましたが、
ピンクテープは続いていて、
しかも、高崎市側はカラマツ、長野原町側は広葉樹と
林相がはっきり違ったので、ルート的には簡単でした。
ただ、モミジイチゴの藪が少しうるさかったかな。

駒髪山に向かい斜面を登ります。


200616浅間隠山と周辺 (43)s


二度上峠から駒髪山への尾根道に出ました。


200616浅間隠山と周辺 (44)s


記念に赤テープを巻きました。

駒髪山には祠がひとつ。


200616浅間隠山と周辺 (45)駒髪山s


そして、山名板。


200616浅間隠山と周辺 (46)駒髪山s


さっ、二度上峠に下ります。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
安高山、浅間隠山と周辺の山 …その3
2020/06/19(Fri)
帰りはゆっくり花の写真でも撮りながら行きましょう。

まずはアヤメ。
頂上直下に群生していました。


200616浅間隠山と周辺 (21)アヤメs



200616浅間隠山と周辺 (22)アヤメs


アップ。


200616浅間隠山と周辺 (24)アヤメs


レンゲツツジもたくさんありましたが、
少し時期が遅かったようで、
近くによると花がだらしなくなっていました。
残念。

ほかにヤマツツジもありましたが、
こちらもやや遅かったようです。

お山を眺めます。
八ヶ岳。


200616浅間隠山と周辺 (28)八ヶ岳s


あちらも素晴らしいお天気のようです。

妙義山を見下ろします。


200616浅間隠山と周辺 (29)妙義山s


浅間山と外輪山、篭ノ登山あたり。


200616浅間隠山と周辺 (30)浅間山~篭ノ登山s


そして、先ほど登ってきた安高山(中央下)。


200616浅間隠山と周辺 (31)鼻曲山s


奥には鼻曲山も見えます。

肩からは展望がよいのですが、
すぐに樹林帯の中。

マイヅルソウがわずかに咲いていました。


200616浅間隠山と周辺 (35)マイヅルソウs


さあ、登山口までもう少しのところまで戻りました。
ここで決断。


200616浅間隠山と周辺 (37)s


まだ体力十分なようなので、
右斜め上、岩淵山へ向かい、藪に突入です。

方向を見定め、ただただ高い方へ。
ひと登りで、岩淵山山頂。


200616浅間隠山と周辺 (40)岩淵山s


山名板もテープも何もない山頂でした。

静か…。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
安高山、浅間隠山と周辺の山 …その2
2020/06/18(Thu)
では、山頂からの眺めを紹介します。

まずは、浅間山。


200616浅間隠山と周辺 (9)浅間山s


右に蛇骨岳など外輪山、さらに水ノ登山、篭ノ登山かな。

さらに篭ノ登山の奥には湯ノ丸山。


200616浅間隠山と周辺 (10)水ノ塔山~湯ノ丸山s


八ヶ岳。


200616浅間隠山と周辺 (11)八ヶ岳s


さすがに梅雨期ですから、遠くは霞んでいます。

鼻曲山。


200616浅間隠山と周辺 (12)鼻曲山s


榛名山。


200616浅間隠山と周辺 (14)榛名山s


奥は、赤城山です。

小野子山(左)と子持山。


200616浅間隠山と周辺 (15)小野子山・子持山s


奥にうっすら日光白根山から皇海山への
県界尾根が見えています。

ここの三角点は以前から背が高かったですが、
なんと展望盤に寄りかかっています。


200616浅間隠山と周辺 (16)s


こんなでいいのかな。

確か、3年前は離れて立っていましたが…。



171014浅間隠山 (17)s
17.10.14の山頂

もう一度浅間山を眺めて次のお山へ。


200616浅間隠山と周辺 (17)浅間山s



…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
安高山、浅間隠山と周辺の山 …その1
2020/06/17(Wed)
この日は、朝方ご用があったので休まなくちゃならないかな、
でも、梅雨の晴れ間でお天気よさそうだし、
と言うことで、ご用をすませてから、
かねて登りたかった安高山に行ってきました。

安高山、地形図には山名はなく、
山と高原地図の「浅間山」に山名がある、
浅間隠山の南側の標高1460mほどの山です。

登山口はここ。


200616浅間隠山と周辺 (1)s


浅間隠山へのルートを最初の尾根まで進みます。


200616浅間隠山と周辺 (2)s


ここで、浅間隠山へは左、西へ向かうのですが、
通行止めの枯れ木が横たえてある踏み跡に
入ります。
踏み跡は薄いですが、
尾根を辿ればよいだけですので、
ゆっくり、歩きやすいところを拾って登っていけば、
難なく安高山です。

安高山山頂。


200616浅間隠山と周辺 (5)安高山s


所有界の確認のためでしょうか、
ところどころテープはついてますが、
山名板もない静かな山頂です。

登ってきた尾根を戻り、
せっかくですから、ついでに浅間隠山にも登ります。


200616浅間隠山と周辺 (6)s


いつか、北軽井沢への道も歩いてみたいな。


200616浅間隠山と周辺 (7)s


急登を登り上げ、西へ尾根を辿ると浅間隠山山頂です。



200616浅間隠山と周辺 (8)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヒゲネワチガイソウ
2020/06/15(Mon)
全体に存在感が薄いというか、細い。
すぐに見落としてしまいそうです。
山地には普通にあるようですが、
覚えたのはごく最近。
きっとそれまでは見えていなかったのでしょう。

撮影場所は高崎市ですが、
とはいっても、榛名山の山中、車道ぎわです。



ヒゲネワチガイソウ200501高崎市箕郷町 (2)s



ヒゲネワチガイソウ200501高崎市箕郷町 (12)s



ヒゲネワチガイソウ200501高崎市箕郷町 (5)s



ヒゲネワチガイソウ200501高崎市箕郷町 (3)s
いずれも、20.05.01 高崎市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
朝日連峰、2004年夏
2020/06/14(Sun)
このときの記録を見返すと、
山の会の先輩と4人で、
日暮沢から入り、竜門小屋泊、
翌日以東岳までピストンし、
三日目に西朝日岳、大朝日岳、小朝日岳と縦走し、
日暮沢に下山したようです。
でも、実のところ何も記憶がありません。
写真も記録も残ってるし、
歩いたのは間違いなさそうですが。



大鳥池
04.07.30 大鳥池

04.07.29
11:00日暮沢 → 14:00清太岩山(1465.1m) → 15:24竜門山(1688m) 
→ 15:30竜門小屋

行動時間:4時間30分

04.07.30
04:50竜門小屋 → 05:40南寒江山(1680m) → 05:53寒江山(1695.3m)
→ 06:18北寒江山(1658m) → 06:45狐穴小屋 → 07:18中先峰(1523m)
→ 08:40以東岳(1771.9m)09:40 → 11:02狐穴小屋11:30 →
12:30寒江山 → 13:40竜門小屋

行動時間:8時間50分
歩行時間:7時間22分

04.07.31
04:20竜門小屋 → 05:30西朝日岳(1814m) → 06:34金玉水(休憩) → 
06:55大朝日小屋 → 07:08大朝日岳(1870.7m) → 
08:50小朝日岳(1647m)09:00 → 09:30古寺山(1501.1m)先 →
09:50ハナヌキ峰手前水場、三沢清水10:33 → 13:00日暮沢
    
行動時間:8時間40分
歩行時間:7時間47分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤマツツジ
2020/06/13(Sat)
4月半ばにみどり市の里山で見たヤマツツジ。
だいぶ淡い色合いで、春浅い感がします。

先日、赤城山で見たヤマツツジはしっかりとした色をしていました。
いっぱんに標高が高くなると花色が濃く、
深みを増すように思いますが、
どうしてなのでしょう。



ヤマツツジ200419みどり市琴平山 (1)s



ヤマツツジ200419みどり市琴平山 (2)s
いずれも、20.04.19 みどり市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
クサタチバナ
2020/06/12(Fri)
まだ、咲き始めです。

クサタチバナは最近目立ってきた植物です。
以前はこんなに多くなかったように思い、
1987年群馬県植物誌改訂版をみると、
「ややまれ」と記されています。
ニホンジカにも食べられず、
どうしてこんなに増えたのでしょう。



クサタチバナ200603荒山 (4)s



クサタチバナ200603荒山 (6)s



クサタチバナ200603荒山 (1)s



クサタチバナ200603荒山 (2)s
いずれも、20.06.03 前橋市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
地蔵岳と小沼外輪山 …その4
2020/06/11(Thu)
長七郎山でランチをしたのち、
最後の朝香嶺に向かいます。

まずはミヤマザクラ。


200607地蔵岳_小沼一周 (38)ミヤマザクラs


続いて、トウゴクミツバツツジ。


200607地蔵岳_小沼一周 (44)トウゴクミツバツツジs



200607地蔵岳_小沼一周 (49)トウゴクミツバツツジs


そして、シロヤシオ。


200607地蔵岳_小沼一周 (47)シロヤシオs



200607地蔵岳_小沼一周 (51)シロヤシオs


小沼畔につきました。
少し霧が出ていて、幻想的です。


200607地蔵岳_小沼一周 (54)s


こちらはだいぶ霧が薄い。


200607地蔵岳_小沼一周 (55)s


藪の中をひと登り、朝香嶺山頂です。


200607地蔵岳_小沼一周 (57)s


朝香嶺からは八丁峠に抜け、そのまま大洞へ下りました。


200607地蔵岳_小沼一周 (59)s


無事下山です。


20.06.07
09:26大洞駐車場 → 09:52少年自然の家分岐 → 
10:15地蔵岳(1674.0m)10:26 → 10:44八丁峠 → 
10:48北山(1520m) → 10:55小沼駐車場 → 11:15小地蔵岳(1574m)
→ 11:27長七郎山(1579.1m)11:45 → 12:13朝香嶺(1528m) →
12:24八丁峠 → 12:42大洞駐車場

行動時間:3時間16分
歩行時間:2時間47分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
地蔵岳と小沼外輪山 …その3
2020/06/10(Wed)
小沼のまわりはツツジが多くあります。

まずはレンゲツツジ。


200607地蔵岳_小沼一周 (24)レンゲツツジs



200607地蔵岳_小沼一周 (26)レンゲツツジs



200607地蔵岳_小沼一周 (28)レンゲツツジs



200607地蔵岳_小沼一周 (29)レンゲツツジs


黒檜山と駒ヶ岳。


200607地蔵岳_小沼一周 (31)s


快調に登って、小地蔵到着。


200607地蔵岳_小沼一周 (32)s


小地蔵からはゆるゆるのひと登りで長七郎山。


200607地蔵岳_小沼一周 (34)s


もちろん三角点も健在。



200607地蔵岳_小沼一周 (33)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
地蔵岳と小沼外輪山 …その2
2020/06/09(Tue)
だいぶ標高が上がってきました。

黒檜山に駒ヶ岳、それに大沼も見えてきました。


200607地蔵岳_小沼一周 (13)s


さあ、ひとがんばり。

地蔵岳山頂です。


200607地蔵岳_小沼一周 (14)s


いつもの景色ながら、黒檜山、駒ヶ岳。


200607地蔵岳_小沼一周 (16)s


それに見下ろす大沼。

よく見ると、大峯山の向こうに残雪の山も見えます。


200607地蔵岳_小沼一周 (17)s


ひとしきり展望を楽しんだ後、
小沼へ向かいます。

さっそく小沼が見えてきました。


200607地蔵岳_小沼一周 (18)s


あのまわりの一周する予定。


200607地蔵岳_小沼一周 (20)s


小沼を中心に、
左手前、車道と駐車場の間が北山。
その奥、目立ったピークが小地蔵岳。
その右側、なだらかなピークが長七郎山。
いちばん右、雲のかかっているあたりが朝香嶺です。

さらに低くなってきました。


200607地蔵岳_小沼一周 (21)s


北山、小地蔵岳、長七郎山とよくわかります。

八丁峠に下り、北山に向かい、藪を分けます。

それでも、北山山頂には祠があります。


200607地蔵岳_小沼一周 (22)s


北山山頂。


200607地蔵岳_小沼一周 (23)s


さて、藪を分け、小沼に向かいましょう。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
地蔵岳と小沼外輪山 …その1
2020/06/08(Mon)
さて、この日もお山。
早朝出発できずに、結局赤城山です。
テーマは小沼外輪山一周。
ただ、それだけだとすぐに終わってしまいそうなので、
大洞から地蔵岳を越えてと計画しました。

それから、新しい靴の履き初めです。


200607地蔵岳_小沼一周 (2)s


前と同じ靴で、調子がよかったので、
去年、品切れ前に買っておいたものです。

今日はここから。


200607地蔵岳_小沼一周 (3)s


いきなりの急登。


200607地蔵岳_小沼一周 (4)s


下を見ても急登、上を見ても急登。


200607地蔵岳_小沼一周 (5)s


まっ、気持ちのよい新緑の中だからいいか。

にしても、ハルゼミがにぎやか。

少年自然の家からの道が合わさるところ。


200607地蔵岳_小沼一周 (6)s


開けていて、呼吸を整えられます。
黒檜山が見えてきました。

レンゲツツジはまだつぼみが多い。


200607地蔵岳_小沼一周 (7)s


よく探したら、咲いているのもありました。


200607地蔵岳_小沼一周 (9)レンゲツツジs


新緑とレンゲツツジと篭山、鳥居峠。


200607地蔵岳_小沼一周 (11)s


やがて、地蔵岳のアンテナが見えてきました。


200607地蔵岳_小沼一周 (12)s

もう少し。


…つづく
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ニワトコ
2020/06/07(Sun)
ニワトコの新緑です。

ニワトコを独特に臭いがあるけど、
新芽が山菜だったり、
実を焼酎に漬けたり、
いろいろ利用されているようです。



ニワトコ200510高崎市榛名山 (3)s


ニワトコ200510高崎市榛名山 (1)s
20.05.10 高崎市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
荒山~鍋割山~荒山~前浅間 …その3
2020/06/06(Sat)
さて、この日二度目の荒山。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (32)s


登ってきた方向が違うので、
目に入る頂上の様子も違います。

藪になっていて、入り口で少し迷いましたが、
そのまま北東に続く尾根に入り、
前浅間をめざします。

真正面に地蔵岳が見えました。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (47)地蔵岳s


続いて、右手に長七郎山と小地蔵。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (48)小地蔵・長七郎山s


手前は朝香嶺でしょうか。

さらに下ると、今日のメイン前浅間(手前)が見えてきました。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (50)前浅間・地蔵岳s


左奥は地蔵岳です。

クサタチバナの群落。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (51)クサタチバナs


全体にまだつぼみのようです。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (53)クサタチバナs


クサタチバナは最近、増えているような気がします。
以前はめずらしいなと思っていましたが、
よく見かけるようになりました。

ササもニホンジカの食害に遭って背丈が低くなっているから、
適地が増えたのかな。
でも、食べられないのだから、おいしくないのでしょうか。

前浅間山頂です。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (54)s


メインと言っていた割には展望はなし、広場もなし、
静かな山頂です。

レンゲツツジが咲いていました。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (55)レンゲツツジs


アップ。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (61)レンゲツツジs


前浅間からは南西方向にまっすぐ下り、
軽井沢峠からの登山道にぶつかりました。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (62)s


遠く見えるピンクと白のテープのところから入ります。
朝、見落としてしまいました。
久々のお山に足が軽すぎたのでしょうか。

すぐに登山口。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (63)s


無事下山です。


20.06.03
08:51三途の川入口の駐車場 → 09:18荒山分岐 → 
09:43荒山(1572.0m)09:47 → 10:17荒山高原 → 
10:48鍋割山(1332.3m)11:12 → 11:35荒山高原 →
12:16岩の上12:44 → 13:02荒山 → 13:25前浅間(1486m)
→ 13:35三途の川入口の駐車場

行動時間:4時間44分
歩行時間:3時間48分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
荒山~鍋割山~荒山~前浅間 …その2
2020/06/05(Fri)
荒山ではちょっと呼吸を整えるだけにして、
鍋割山をめざし、
荒山高原に下りました。

荒山高原は登山者がいっぱい。
記録に看板の前で写真を撮りたかったけど、
撮れず。
すぐに鍋割山に向けて、登り返しました。

鍋割山を目前にして、振り返って鈴ヶ岳(中央)。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (18)鈴ヶ岳s


先ほど越えてきた荒山はまだ霧がかかっています。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (21)s


ヤマツツジがいいね。

鍋割山山頂。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (22)s


ふと気がついたら、石仏がありました。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (27)s


何度も来ているけど、はじめて意識しました。

とりあえず、関東平野を見下ろしながら、
ひと休み。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (24)s


ツツジも新緑も美しいです。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (26)s


でもね、年配者グループが介護話で盛り上がっていて、
うるさいのがねぇ。
静かに浸れないのかな。

それでも20分あまりゆっくりして、下山。

行きに見えなかった荒山が見えます。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (28)荒山・地蔵岳s


左奥は地蔵岳。

アップ。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (29)荒山・地蔵岳s


この日二度目の荒山高原。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (30)s


今度は写真が撮れました。

さて、荒山に向けて登ります。

が、途中で力尽きて、
大岩の上で大休止。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (31)s


行動食を食べたり、スケッチをしたり、
またのんびりです。

さて、もうひと登り。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
荒山~鍋割山~荒山~前浅間 …その1
2020/06/04(Thu)
どうも体調が今ひとつで山から遠ざかっていました。
このままではまずいと思い、
休暇を取り、お仕事のつもり、ペースで、朝出かけ、
歩いてきました。

県道大胡赤城線の三途の川入口の駐車場に車をおき、
まずは荒山へ。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (1)s


淡い霧の中、ヤマツツジが美しい。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (2)s


新緑の道。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (8)s


ゆるゆると登っていきます。

実は、行きに前浅間に登ろうと思っていたのですが、
登り口を見落としてしまい、
そのまま、荒山ひさし岩下の四阿へ。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (10)s


どうしようか迷いましたが、
調子も良さそうなので、
とりあえず荒山をめざすます。

こちらでもヤマツツジが美しい。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (12)ヤマツツジs


ひさし岩は霧の中、
眺望がないので、休まず山頂へ。

荒山山頂です。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (15)s


三角点も健在。


200603荒山~鍋割山~前浅間 (17)s


さすがに数人の登山者。
誰もマスクなんかしていませんよ。
もちろん、私もしてないけど。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ニセアカシア
2020/06/02(Tue)
もうずっと昔、山あいの宿で
ニセアカシアの花の天ぷらをご馳走になりました。

そのほのかに甘い味は忘れられません。

自分でもやってみたいと思いますが、
ニセアカシアの花が取れるところは、
住宅地の中や交通量の多い橋のたもとだったりで、
汚れているようで、躊躇しつつ、実現していません。



ニセアカシア200509前橋市滝川 (3)s


ニセアカシア200509前橋市滝川 (1)s


ニセアカシア200509前橋市滝川 (4)s


ニセアカシア200509前橋市滝川 (6)s
いずれも、20.05.09 前橋市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
十二ヶ岳、2004年皐月
2020/06/01(Mon)
十二ヶ岳と中ノ岳に登ってきました。
くわしい記録が残っていないのですが、
おそらく南面、行けるところまで車で行き、
そこから両山をピストンしたのでしょう。



180624十二ヶ岳~小野子山 (22)s
18.06.24 十二ヶ岳

04.05.09
07:05登山口駐車場 → 07:42十二ヶ岳・中ノ岳鞍部 → 
08:00十二ヶ岳(1201.0m)08:13 → 08:21鞍部 →
08:35中ノ岳(1188m)08:41 → 09:15登山口駐車場

行動時間:2時間10分
歩行時間:1時間51分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |