FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2019.11.30 (Sat)

芦鞍山 …その1

お天気が悪かったり、体調が悪かったりで、
ほぼ一か月ぶりの山行です。
ほぼリハビリ状態、軽くです。

道の駅あがつま峡に車をおき、.出発です。

少し歩いて、振り返って道の駅。


191130芦鞍山 (1)s


前を向けば、これから登る芦鞍山。


191130芦鞍山 (2)s


東に岩櫃山が見えます。


191130芦鞍山 (3)s岩櫃山


かっこいいね。

登山口の標。


191130芦鞍山 (4)s


ごていねいに「道はありません」って。
確かに歩いてみて、
立派な標を設置するような道ではないような…。


191130芦鞍山 (5)s


地図もありましたが、
桜広場から先、山頂までの赤線はぜんぜん当てになりません。
まあ、そんなに藪ではないので、
赤線のとおり歩くこともできそうだけど…。

とりあえず諏訪神社。


191130芦鞍山 (6)s


諏訪神社の右手から登っていきます。


191130芦鞍山 (7)s


ここで念のため鈴を装着。

しばらく古い作業道を歩きます。
作業道が終わり、歩道になりますが、
こんな恐ろしげな橋も。


191130芦鞍山 (8)s


わりあいしっかりしていて、安心して渡れました。

芦鞍山の南西の沢、730m付近から少しの間沢沿いに登り、
左手の尾根に上がります。

もうすぐ頂上。
雪が降ったようです。


191130芦鞍山 (10)s


静かな頂上です。



191130芦鞍山 (11)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 登山・ハイキング - ジャンル : 旅行

17:24  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.29 (Fri)

天狗岳・にゅう、2003年夏

一日目、まだ高校生だった息子と、
小雨の中、白駒池から黒百合平をめざしました。
この日は黒百合平でテン泊です。

彼は佐久穂町からの山道で車酔い、不調です。
ゆっくりゆっくり高見石小屋をとおり、
中山、そして黒百合平へ進みました。
着いてからは元気復活したのを覚えています。

翌日は霧の中、快調に東西両天狗岳を踏み、
帰りがけにニュウにも登り、
下山しました。



030720にゅう
03.07.20 ニュウ

03.07.19
08:45白駒池駐車場 → 10分休憩 → 09:40高見石小屋 → 
11:30中山(2496m) → 12:50黒百合平

行動時間:4時間05分
歩行時間:3時間55分

03.07.20
05:55黒百合平 → 06:45東天狗岳(2640m) →
07:07西天狗岳(2646.0m)07:35 → 08:30黒百合平09:55 →
10:55ニュウ(2352.2m)11:20 → 12:25白駒池12:45 → 
13:00白駒池駐車場

行動時間:7時間05分
歩行時間:4時間27分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用

05:43  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.28 (Thu)

クルマバナ

何がどうとは言えないけど、
シソ科とすぐにわかるクルマバナ。
ピンク色の花がかわいらしい。



クルマバナ190907沼ノ原 (4)s


クルマバナ190907沼ノ原 (2)s


クルマバナ190907沼ノ原 (3)s
いずれも、19.09.07 高崎市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

05:50  |  お花  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.26 (Tue)

赤城 --ふるさとの山--

1961年9月10日 みやま文庫発行


IMG_7508sc.jpg


みやま文庫は、群馬県の文化、社会、産業、経済などの
各方面にわたる研究や実践の貴重な文献として
刊行をし続けたものです。

この「赤城 --ふるさとの山--」は、
記念すべきその第1巻です。
第1巻にふさわしいものであったのだろうと思います。

みやま文庫には県内の山にかかわる本も多く、
何冊か持っていますが、
この本は、第1巻であること、赤城山を主題にしていることから、
長く欲しいと思っていましたが、
なかなか手に入れることができずにいました。
ようやく…と言う感があります。

志賀直哉との対談からはじまり、
赤城の神、伝説、地質や気象、生物、産業、文学に至る
およそ赤城にかかわることを網羅している、
本当に貴重な文献です。

赤城山麓の当時の生活の様子などもわかり、
とても興味深く読むことができました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

05:52  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.25 (Mon)

ノリウツギ

夏の日差しの中、
ノリウツギの白い花がひときわ映えます。
元気がでますね。



ノリウツギ190801地蔵岳 (1)s


ノリウツギ190801地蔵岳 (3)s


ノリウツギ190801地蔵岳 (5)s


ノリウツギ190801地蔵岳 (7)s
いずれも、19.08.01 前橋市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 花・植物 - ジャンル : 写真

19:22  |  お花  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.24 (Sun)

金山、2003年夏

このときは山の会のメンバーと6人での山行でした。
前日、雨飾山麓のキャンプ場に泊まり、
大宴会をしたのを覚えています。
その後遺症で、一人途中リタイアしたような。

天狗原山から金山に続く尾根の残雪が思い出されます。

そう言えば、沢筋に咲いていたシラネアオイが咲いていました。



シラネアオイ金山030712c
03.07.12 金山にて

03.07.12
06:00金山登山口 → 09:40天狗原山手前地蔵さま前10:10 → 
天狗原山(2197.1m) → 10:50金山(2245m)11:15 →
11:45天狗原山直下11:55 → 14:15金山登山口

行動時間:8時間15分
歩行時間:7時間10分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 登山 - ジャンル : 趣味・実用

06:36  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.23 (Sat)

小さな桃源郷 ---山の雑誌アルプ傑作選

池内 紀編 2018年3月25日 中央公論新社発行


IMG_7505sc.jpg


アルプは、串田孫一氏らが1958年に創刊した山の文芸誌です。
25年にわたり発行しました。
いまも古書店でときどき見かけます。
たぶん、買い求めたことはなかったと思うけど、
今度見かけたら、買ってみようかな。

そんなアルプの中から、池内紀氏が選んだ33編が載っています。
いずれも、楽しく読むことができます。
もちろん、通しで読みましたが、
バッグに忍ばせ、
ちょっとした待ち時間に1編を味わうのもよいかも知れません。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

06:30  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.21 (Thu)

オヤマリンドウ

秋の花と言えばリンドウ、
その中でも、オヤマリンドウは存在感があります。

オヤマリンドウの咲いたところを見たことないな
と思い、調べてみると、
晴天のとき、わずかに…
なんて書いてあるものもありましたが、
ほとんど開かないようですね。

どうりで…

と言うことで、
この写真のものがつぼみなのかどうかわかりません。



オヤマリンドウ191006湯ノ丸山 (1)s


オヤマリンドウ191006湯ノ丸山 (2)s
いずれも、19.10.06 東御市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

05:50  |  お花  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.20 (Wed)

水ノ塔山~高峯山、2003年梅雨

車坂峠からおそらく林道を行き、
高峰温泉からまず水ノ塔山へ、
そして、高峯山に登り、
車坂峠へ戻りました。

山の手帳には、6月21日と記されていますが、
画像ファイルは22日。
ちょうど、21、22と土日なので、
どちらも可能性がありますが、
おそらく、ファイルの記録が正しいのでしょう。



DSC00007_20191120162407340.jpg
03.06.22 高峯山

03.06.21
07:53車坂峠 → 08:10高峰温泉 → 08:45水ノ塔山(2202m)09:00
→ 09:25高峰温泉 → 09:55高峯山(2106m)10:20 → 10:50車坂峠

行動時間:2時間57分
歩行時間:2時間17分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 登山・ハイキング - ジャンル : 旅行

16:36  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.18 (Mon)

リュウノウギク

野菊と言われるなかで、
このリュウノウギクがいちばん菊らしいなと思います。

ほかにも花の白いキク科草本は多くありますが、
それらは同定が難しいです。

アザミの仲間と白いキクの仲間は苦手です。
そのうちに、いつか、必ず、
しっかり勉強しようと思っています。



リュウノウギク191005雨乞山 (1)s


リュウノウギク191005雨乞山 (4)s
いずれも、19.10.05 沼田市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 植物の写真 - ジャンル : 写真

05:44  |  お花  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.17 (Sun)

マユミ

8月8日にほんのり色づいていた大沼湖畔のマユミの実、
この日、10月2日ですが、
すっかり薄紅色になっていました。


マユミ191002地蔵岳 (5)s


マユミ191002地蔵岳 (3)s


マユミ191002地蔵岳 (4)s
いずれも、19.10.02 前橋市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 植物の写真 - ジャンル : 写真

07:21  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.16 (Sat)

山人の賦Ⅰ  尾瀬・奥只見の猟師とケモノたち

平野 惣吉 述  志村 俊司 編、1984年11月27日 白日社発行


IMG_7128cs.jpg


平野氏は1900年(明治33年)生まれ、
桧枝岐で開墾をし、
雑穀を作り、
木を伐り、木工をし、
猟をし、イワナを釣り、生活してきた方です。
その平野さんの話をまとめたものがこの本です。

厳しい生活とケモノやイワナ、猟や釣りの話が
方言で語られています。
当時の山深い村の生活がよくわかり、
興味深く読めました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

16:39  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.08 (Fri)

オヤマボクチ

オヤマボクチはその名前を知るまでは、
よく観もしないで、さわりもしないで、

この大きなアザミはなんだろう。
どうせアザミは難しくてよくわからないから無視。

などと思って、見て見ぬふりをしていました。
ところが、名前がわかるようになってから、
あちらこちらで見かけます。
知ると出会いが増えますね。



オヤマボクチ191006烏帽子岳 (1)s


オヤマボクチ191006烏帽子岳 (2)s


オヤマボクチ191006烏帽子岳 (3)s


オヤマボクチ191006烏帽子岳 (6)s
いずれも、19.10.06 東御市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 植物の写真 - ジャンル : 写真

05:31  |  お花  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.07 (Thu)

大山、2003年初夏

このときは確か、平塚で10時ころからご用があり、
その前に登れるところはないかと、
丹沢の大山に登りました。

ヤビツ峠からのピストンです。

このときが初丹沢山系だったと思います。
とは言え、その後も機会はなく、
下のツキヨタケに出会った2008年に歩いただけです。

行きたいのですが、ちょっと遠いかな。



081012ツキヨタケ丹沢山 (3)
08.10.12 丹沢のツキヨタケ

03.05.25
06:10ヤビツ峠 → 07:05大山(1252m)07:15 → 08:00ヤビツ峠

行動時間:1時間50分
歩行時間:1時間40分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 登山・ハイキング - ジャンル : 旅行

05:12  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.06 (Wed)

リンドウ

リンドウだと思いますが、小ぶり。
道際で刈り払いをうけて、
背が低いまま、花を咲かせたのでしょうか。



リンドウ191005雨乞山 (6)s


リンドウ191005雨乞山 (4)s


リンドウ191005雨乞山 (7)s


リンドウ191005雨乞山 (9)s
いずれも、19.10.05 沼田市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 花・植物 - ジャンル : 写真

05:50  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.04 (Mon)

大峯(高崎市倉渕町) …その2

さて、お楽しみのランチの用意を始めます。

スープが沸騰するまでの間、もう少し景色を。

これは東の方、
手前が古賀良山、
中ほどが十二ヶ岳、中ノ岳、小野子山の小野子山塊、
奥左が武尊山です。


191103大峯(倉渕) (15)s


紅葉と竜ヶ岳。


191103大峯(倉渕) (17)s


鉄塔と高圧線がちょっと邪魔。

トマトスープのパスタができました。


191103大峯(倉渕) (19)s


シーキチンを入れましたが、どうかなぁ。

ランチを食べ、コーヒーを飲み、絵を描き、
静かな山頂、そろそろ下りますか。

もう一度、浅間隠山と竜ヶ岳と笹塒山。


191103大峯(倉渕) (20)s


祠を今一度。


191103大峯(倉渕) (23)s


浅間隠山との別れを惜しんで、下山です。


191103大峯(倉渕) (25)s


来た道を戻ります。

下りは境界の尾根をなるべく辿り、作業道に出ました。
最近、境界の測量をしたようで、
だいぶ歩きやすいです。

途中、カラマツ林で出遅れたハナイグチを採り、
最後にまたクマイチゴのバリケードをくぐり、
作業道に出ました。

林道まで出てくると、スギ林の中にきのこが。


191103大峯(倉渕) (37)スギタケs


地面からでるスギタケの仲間のようですが、
この仲間は中毒事例もあるので写真だけ。

無事下山しました。



191103大峯(倉渕) (39)s


19.11.03
09:27三沢林道大日陰支線起点 → 0938作業道大峰線分岐
→ 10:25大峯(983m)11:37 → 11:59作業道大峰線 → 
12:18三沢林道大日陰支線起点

行動時間:2時間51分
歩行時間:1時間39分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 登山・ハイキング - ジャンル : 旅行

04:47  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.03 (Sun)

大峯(高崎市倉渕町) …その1

3週間ほど間が開いてしまったこと、
先週、右太ももが痛い騒ぎをしたこともあって、
今日は軽め、ランチを食べに行った感じです。
それにしても、いつも赤城山や榛名山界隈ではおもしろくないので、
倉渕の奥の藪山に行きました。

高崎市倉渕町川浦の三沢川沿いの道をたどり、
三沢林道大日蔭支線の分岐に車をおき、歩きました。
もっと奥まで行ければよかったのですが、
しっかりゲートがありましたので、やむを得ません。


191103大峯(倉渕) (1)s


10分ほど林道を歩き、
左へ分岐する作業道大峰線に入ります。


191103大峯(倉渕) (3)s


200mくらい行った最初の尾根から登ることに。
でも、藪。


191103大峯(倉渕) (4)s


藪と化した作業道があるのですが、
クマイチゴの棘に降参。
適当に尾根を辿ります。

しばらく登ると、何かの境界になっている尾根に登りつき、
赤マークと杭、それにしっかりした踏み跡がありました。


191103大峯(倉渕) (5)s


杭を忠実に辿り、そのうちに急傾斜になります。


191103大峯(倉渕) (6)s


が、大峯から北北西に延びる尾根に登り上げ、
少し急登を我慢すれば、大峯の頂上です。


191103大峯(倉渕) (9)s


石の祠がありました。


191103大峯(倉渕) (10)s


まずは浅間隠山に目にとまりました。


191103大峯(倉渕) (11)s


浅間隠山の東には、竜ヶ岳、笹塒山が続いていませ。


191103大峯(倉渕) (13)s


竜ヶ岳、笹塒山とも立派な山容をしています。


191103大峯(倉渕) (12)s


左が竜ヶ岳、右が笹塒山です。
あちらもそのうちに登りましょう。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 登山・ハイキング - ジャンル : 旅行

17:12  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.02 (Sat)

日光白根山、2003年初夏

まだ残雪があるころ、
日光白根山ロープウェイの山頂駅から登りました。
樹林帯は残雪がたっぷりでしたが、
森林限界を超えると登山道には
ほとんど雪は残っていなかったようです。

座禅山のピークにしっかり登り、
白根山にまわり、
下りはロープウェイを使わず、
螢塚山を経由して
下山しました。



030510螢塚山から白根
03.05.10 螢塚山から日光白根山

03.05.10
09:20ロープウェイ山頂駅 → 09:50大日如来 → 10:45座禅山火口
→ 11:00座禅山(2317m)11:20 → 12:20日光白根山(2578m)12:50
→ 13:30大日如来13:40 → 14:00ロープウェイ山頂駅 →
14:33螢塚山(1885.0m)14:50 → 15:30ロープウェイ山麓駅

行動時間:6時間10分
歩行時間:5時間53分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 登山 - ジャンル : 趣味・実用

06:32  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |