FC2ブログ
寺子屋峰、2002年秋
2019/08/31(Sat)
焼額山に登ったあと、
まだ時間はあるし、歩き足りないしで、
向かいの寺子屋峰を歩きました。

と言っても、東館山ゴンドラリフトで山頂駅まで上がっての、
ゆるゆるですけど。

東館山に登り、
寺子屋峰に登り、
足を伸ばして、金山沢の頭まで。



ムキタケ021025b志賀
02.10.25 寺子屋峰にて

02.10.25
11:00山頂駅 → 11:05東館山(1994m) → 11:40寺子屋峰(2125.2m)
→ 11:55金山沢の頭(2130m) → 12:40山頂駅

行動時間:1時間40分
歩行時間:1時間40分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
焼額山、2002年秋
2019/08/30(Fri)
この日は志賀高原を歩いたようです。
まずは焼額山。
一の瀬からピストンしたようです。


021025一ノ瀬
02.10.25 一の瀬

02.10.25
08:25一の瀬 → 09:20稚児池・焼額山(2010m)09:40 → 10:30一の瀬

行動時間:2時間05分
歩行時間:2時間05分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
キオン
2019/08/28(Wed)
キク科の花が咲き出すと、
秋の訪れを感じます。
と言って、秋だけに咲くわけではないのですけど。



キオン190811駒ヶ岳 (6)s


キオン190811駒ヶ岳 (4)s
いずれも、19.08.11 前橋市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
磐梯山・猫魔ヶ岳、2002年秋
2019/08/27(Tue)
未明に家を出て、八方台まで運転し、
コースタイムは長くないとは言え、
磐梯山と猫魔ヶ岳、2座に登ったんだから、
元気が良かったなぁ。



021012猫魔ヶ岳から磐梯山b
02.10.12 猫魔ヶ岳から磐梯山

02.10.12
07:35八方台 → 08:40弘法清水 → 09:00磐梯山(1816.2m)09:20
→ 10:45八方台 → 11:35猫魔ヶ岳(1403.6m)12:05 → 
12:35八方台

行動時間:5時間00分
歩行時間:4時間10分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゴゼンタチバナ
2019/08/26(Mon)
亜高山の針葉樹林帯は静かな花が多いです。
このゴゼンタチバナもそうですね。

あらためて確認すると、
ミズキ科ミズキ属とのこと。
そう言えば、
花も葉も葉の付き方もミズキに似ています。



ゴゼンタチバナ190804茶臼山・冷山歩道 (3)s


ゴゼンタチバナ190804茶臼山・冷山歩道 (1)s
いずれも、19.08.04 茅野市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
臥牛山
2019/08/24(Sat)
今日はのんびり臥牛山に行ってきました。
登ったというよりも行ったと言うのが
適切なくらいのんびりです。

ヤセオネ峠に車をおき、歩き出します。

全部合わせてもひと登りで臥牛山山頂。


190824臥牛山 (3)s


名残のホツツジが咲いていました。


190824臥牛山 (3)ホツツジs


秋が近づいているのでしょうか、
展望は比較的よく、
まずは赤城山。


190824臥牛山 (4)赤城山s


わずかに右にずれて、水沢山(中央奥)と二ッ岳の雄岳。


190824臥牛山 (5)二ッ岳・水沢山s


二ッ岳の雄岳。


190824臥牛山 (6)二ッ岳s


右肩に頭を出しているのは孫岳でしょうか。

そしてさらに右、相馬山。


190824臥牛山 (7)相馬山s


さらに右、三ッ峰山。


190824臥牛山 (8)三ツ峰山s


さらに右、西南西には榛名富士(奥)と蛇ヶ岳(手前)。


190824臥牛山 (9)榛名富士s


そして、榛名湖と掃部ヶ岳。


190824臥牛山 (12)掃部ヶ岳s


真西には烏帽子ヶ岳。


190824臥牛山 (11)烏帽子ヶ岳s


左に頭を出しているのは、鬢櫛山でしょうか。


シルエットになってしまいましたが、
榛名富士、掃部ヶ岳、烏帽子ヶ岳の並びです。


190824臥牛山 (14)榛名富士~烏帽子ヶ岳s


頂上でゆっくりしたのち、下山。

途中、へび君、おそらくアオダイショウがいました。


190824臥牛山 (19)アオダイショウs


ヤセオネ峠の登山口。


190824臥牛山 (20)s


無事下山です。


19.08.24
11:06ヤセオネ峠駐車場 → 11:20臥牛山(1232m)12:08
→ 12:26ヤセオネ峠駐車場

行動時間:1時間20分
歩行時間:0時間32分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シモツケ
2019/08/22(Thu)
どこででも見かけますが、
これは赤城山、地蔵岳のシモツケです。



シモツケ190801地蔵岳 (3)s
19.08.01 前橋市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
マルバダケブキ
2019/08/20(Tue)
駒ヶ岳から少し下ったいつもの場所で、
今年も咲いていました、マルバダケブキ。
このオレンジ、元気の良い色ですね。
その元気を少しだけ分けてもらい、
黒檜山に登りました。


マルバダケブキ190811駒ヶ岳 (1)s


マルバダケブキ190811駒ヶ岳 (2)s


マルバダケブキ190811駒ヶ岳 (4)s
いずれも、18.08.11 前橋市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鐘撞堂山
2019/08/19(Mon)
だるく、朝の遅かった日、
それでも、お山で汗がかきたくて、
久しぶりに鐘撞堂山登ってきました。
今回は東側からのコースを歩いてみました。

鐘撞堂山ふるさとの森案内図の真ん中辺り、
谷津池からです。


190818鐘撞堂山 (1)s


西コースを登り、
北コースを下りてくる周回コースとを歩きます。

谷津池の上、まだ畑があります。


190818鐘撞堂山 (2)s


奥の山が鐘撞堂山です。

少し行くと標があり、西コースの山道に入ります。


190818鐘撞堂山 (3)s


ひと登りで、尾根に出て、南コースと合流。


190818鐘撞堂山 (4)s


さらにひと登りで鐘撞堂山山頂です。


190818鐘撞堂山 (12)s


標高が地形図と違いますが…。

ここは展望櫓があったり、四阿があったり、
多くの人が登っていることがわかります。

三角点。


190818鐘撞堂山 (14)s


登り上げたときは静かな山頂でしたが、
すぐに団体山が登ってきて大にぎわい。
かしましいことおびただしいです。

隅っこに避難して、お昼。


190818鐘撞堂山 (16)s


それでもしばらくぼんやりして、下山です。

少しくだって、円良田湖に下る道を分けます。


190818鐘撞堂山 (17)s


長い階段。


190818鐘撞堂山 (18)s


さらに用土に下る道を分けます。


190818鐘撞堂山 (27)s


谷津池が見えてきた辺りで、
ヤブランがいっぱいありました。


190818鐘撞堂山 (29)ヤブランs


そして、谷津池と鐘撞堂山(奥)。


190818鐘撞堂山 (37)s


無事下山です。



190818鐘撞堂山 (39)s


19.08.18
10:37谷津池駐車場 → 10:56南コース合流 → 11:01鐘撞堂山(329.8m)11:30
→ 12:02谷津池駐車場

行動時間:1時間25分
歩行時間:0時間56分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメツツジ
2019/08/18(Sun)
赤城山はツツジの多い山ですが、
そのツツジ類の最後を飾る花、
コメツツジです。

花はほかのツツジに比べ小さく、目立ちませんが、
ひとつひとつをよく観ると、
雄しべが長く、
かわいらしい花です。



コメツツジ190801地蔵岳 (3)s


コメツツジ190801地蔵岳 (4)s


コメツツジ190801地蔵岳 (9)s


コメツツジ190801地蔵岳 (11)s
いずれも、19.08.01 前橋市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
月山、2002年秋
2019/08/17(Sat)
月山8合目の駐車場で車中泊。
小さなレンタカーの後部座席に
丸まるように寝たのを覚えています。

月山はもうずっと昔、残雪のころ、
姥沢から登ったことがありますが、
そのときは頂上小屋までで、
山頂を踏まなかったのが心残りで、
このときの山行につながりました。

早朝、歩き出し、
朝のうちに下りてきてしまいました。

本当はもっとゆっくりしたかったけど、
その日のうちに帰らなくちゃならなかったし…。



020914月山
12.09.14 月山山頂三角点

02.09.14
04:30月山8合目駐車場 → 05:35仏生池小屋 → 06:30月山(1984m) 
→ 06:40三角点(1979.8m)06:50 → 08:30月山8合目駐車場

行動時間:1時間30分
歩行時間:1時間30分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今熊山、2002年秋
2019/08/16(Fri)
このときは、新庄で会議が終わったあと、
レンタカーを借りて、
翌日には月山に登る予定でした。
それで、月山方面で午後からでも登れる山を探し、
今熊山にしました。

今神温泉から登り、御池を経由して、登ったようです。



020913今熊山b
02.09.13 今熊山山頂

02.09.13
14:30今神温泉下駐車場 → 14:50御池 → 15:23今熊山(573m) →
16:00今神温泉下駐車場

行動時間:1時間30分
歩行時間:1時間30分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヒヨドリバナ
2019/08/14(Wed)
県道脇の日向に元気よく咲いていました。
日当たりのよいところに咲く花は、
車道脇が意外に観察ポイントです。
いろいろな花が咲いていますから、
下山後の車道歩きの楽しみです。



ヒヨドリバナ190801地蔵岳 (9)s


ヒヨドリバナ190801地蔵岳 (10)s


ヒヨドリバナ190801地蔵岳 (3)s


ヒヨドリバナ190801地蔵岳 (5)s
いずれも、19.08.01 前橋市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バイカウツギ
2019/08/13(Tue)
花が梅の花に似ていることから、
バイカウツギと言うようです。
確かに花弁は1枚足りませんが、
雰囲気は似ています。

香りもあるようですが、
山でそばを通るだけで感じるほど強くないようです。



バイカウツギ190707二ッ岳 (1)s


バイカウツギ190707二ッ岳 (2)s


バイカウツギ190707二ッ岳 (6)s


バイカウツギ190707二ッ岳 (3)s
いずれも、19.07.07 渋川市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
駒ヶ岳~黒檜山
2019/08/12(Mon)
寝苦しい夜を越え、
重い身体を引きずるように登山口へ。
そうでもしないと連休中、
まったく運動をしないで過ごしてしまいそうで。

でも、混むところは苦手だし、
渋滞に巻き込まれるのもいやだったので、
赤城山、今年まだ登っていない黒檜山に行ってきました。

おのこ駐車場からの黒檜山。


190811駒ヶ岳~黒檜山 (1)s


あまりお天気がよくありませんが、
曇りくらいの方がいいかなとこのときは思っていました。

駒ヶ岳からの周回をすることに。


190811駒ヶ岳~黒檜山 (3)s


ところが、尾根へたどり着くまでがたいへんでした。

霧の中、風なく、蒸し暑い。
まるで大浴場の洗い場でエクササイズをしているようです。
寝不足の身体に応えます。

ようやくの思いで駒ヶ岳に向かう尾根にたどり着き、
普段なら考えられない大休止。
ふぅ~。

そんななか、多くの方が私を追い越していきます。
体力のなさを実感。
普段から走ったりしないとダメかな。

駒ヶ岳山頂近く、コバギボウシが咲いていました。


190811駒ヶ岳~黒檜山 (12)コバギボウシs


撮影を口実にひと休みもふた休みも。

駒ヶ岳です。


190811駒ヶ岳~黒檜山 (17)s


いつものことながら、
山名板の前で荷物を散らかしている登山者あり。
写り込まないように撮影です。

ゆっくりできる雰囲気ではないし、
しばらくは下りなので、休まず先へ。

キオンが咲いており、
またも撮影タイムという名の休憩。


190811駒ヶ岳~黒檜山 (23)キオンs


少し進むといつもの場所にマルバダケブキ。


190811駒ヶ岳~黒檜山 (24)マルバダケブキs


また休憩。

黒檜山への登りにかかり、花は減ります。
ようやく見つけたコバギボウシにまた休憩。


190811駒ヶ岳~黒檜山 (30)コバギボウシs


耐えて登っているうちにたどり着きました、黒檜山。


190811駒ヶ岳~黒檜山 (32)s


ここでも、三角点の近くにザックを放り投げ、
写真撮影に熱心な方。

ザックを微妙によけての三角点。


190811駒ヶ岳~黒檜山 (33)s


こんな天気では展望は望めないので、
山頂のちょっと先で大休止。


190811駒ヶ岳~黒檜山 (35)s


持っていったパスタはまだ凍っていて食べられず。
行動食のお菓子をみんな食べたら元気が出てきました。
シャリバテもあったのかな。

黒檜山からの下山途中、晴れてきました。


190811駒ヶ岳~黒檜山 (36)s


快調に下り、登山口へ。


190811駒ヶ岳~黒檜山 (37)s


車道を歩き、駐車場に戻りました。



190811駒ヶ岳~黒檜山 (38)s


19.08.11
06:35おのこ駐車場 → 07:31尾根07:38 → 07:56駒ヶ岳(1685m)
→ 08:59黒檜山(1827.7m)09:23 → 10:19黒檜山登山口 → 
10:35おのこ駐車場

行動時間:4時間00分
歩行時間:3時間29分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
丸山~冷山~茶臼山 …その4
2019/08/11(Sun)
五辻からようやくのこと鞍部近くまで登り、
縞枯山の名の起こり、
縞枯れ現象のただ中に突入。


190804丸山~冷山~茶臼山 (59)s


本当に一帯が枯れています。

縞枯山と茶臼山の鞍部到着。


190804丸山~冷山~茶臼山 (60)s


もうとても縞枯山に向かう気力も体力もなく、
茶臼山に歩きます。

苦労しての茶臼山。


190804丸山~冷山~茶臼山 (61)s


展望のない展望台でひと休みし、
麦草峠に向かいます。

中小場手前から振り返ります。


190804丸山~冷山~茶臼山 (62)s


茶臼山と行けなかった縞枯山。


190804丸山~冷山~茶臼山 (63)s


中小場。


190804丸山~冷山~茶臼山 (65)s


麦草峠の上から茶臼山。


190804丸山~冷山~茶臼山 (67)s


無事下山しました。

久しぶりの軽井沢のお店でひと休み。



190804丸山~冷山~茶臼山 (68)s


19.08.04
05:00白駒池駐車場 → 06:03丸山(2329.9m)06:14 → 
07:56茶臼山・冷山歩道 → 08:18冷山(2193m)08:53 → 
09:08冷山のコル → 09:48狭霧苑 → 09:59出逢の辻 → 
10:33五辻 → 11:11鞍部 → 11:28茶臼山(2384m)11:56 → 
12:18中小場 → 12:32大石峠 → 12:44麦草峠 → 13:12白駒池駐車場

行動時間:8時間12分
歩行時間:6時間58分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
丸山~冷山~茶臼山 …その3
2019/08/10(Sat)
静かな冷山山頂でまったり。


190804丸山~冷山~茶臼山 (33)冷山s


苔の森ですね。


190804丸山~冷山~茶臼山 (35)冷山s


これは、ウグイスゴケかな。


190804丸山~冷山~茶臼山 (38)冷山s


コケと言っても地衣とのことです。

30分あまりゆっくりしたのち、下山です。

名残惜しい山頂を振り返ります。


190804丸山~冷山~茶臼山 (40)冷山s


冷山のコルに戻り、狭霧苑に向かいます。

途中、立派なコケ。


190804丸山~冷山~茶臼山 (43)s


セイタカスギゴケかコセイタカスギゴケか。

ゴゼンタチバナ。


190804丸山~冷山~茶臼山 (46)ゴゼンタチバナs


狭霧苑に到着。


190804丸山~冷山~茶臼山 (47)s


ここは国道299号が近いので、
バイクの音がうるさいです。

国道を渡り、再び山道に。

出逢いの辻です。


190804丸山~冷山~茶臼山 (48)s


さらに進み、
開けたところにキバナノヤマオダマキが咲いていました。


190804丸山~冷山~茶臼山 (54)キバナノヤマオダマキs


コケの絨毯。


190804丸山~冷山~茶臼山 (56)s


ようやく五辻です。


190804丸山~冷山~茶臼山 (57)s


ここからしばらく登りですが、
この段階で、縞枯山はパスしようと決めました。
藪漕ぎでお疲れです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
丸山~冷山~茶臼山 …その2
2019/08/09(Fri)
丸山からは真新しいテープがつけられていて、
これなら順調かと思えます。
ただ、上層木のないところでは、
シャクナゲや針葉樹の藪は濃く、
テープがあっても方向を見定めるのはたいへんです。

丸山から歩き出してすぐ、
2300m付近でしょうか。
展望がよい場所がありました。

これから向かう冷山方面。


190804丸山~冷山~茶臼山 (13)冷山s


北側には蓼科山、北横岳、縞枯山、茶臼山と見えます。


190804丸山~冷山~茶臼山 (15)蓼科山~茶臼山s


できれば、縞枯山まで行きたいけど…。

少し下って、再び冷山方面。


190804丸山~冷山~茶臼山 (16)冷山s


南アルプスの3巨頭、
仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、北岳。


190804丸山~冷山~茶臼山 (17)南アs


そして、中央アルプス。


190804丸山~冷山~茶臼山 (18)中央アs


南側には天狗岳が顔を出しています。


190804丸山~冷山~茶臼山 (19)天狗岳s


道?はこんな感じ。


190804丸山~冷山~茶臼山 (22)s


傾斜が緩く、広い尾根なので、
方向を見定めるのが難しいです。
コンパスで頻繁に確認しないと
いつの間にか歩く方向が変わっています。
そのたび、テープを探したり、
直前のテープに戻ったりで
けっこう時間がかかります。

クモの巣。


190804丸山~冷山~茶臼山 (23)s


1時間半以上もかかって、
ようやく茶臼山・冷山歩道に飛び出しました。


190804丸山~冷山~茶臼山 (25)s


この標の左側、古い切り株の奥に
丸山からのルートがあります。

200mほど渋ノ湯方面に歩くと、冷山のコルです。


190804丸山~冷山~茶臼山 (26)s


ここから西へ、
テープをたよりに高い方へ歩いて行きました。

もうすぐ頂上かしら。


190804丸山~冷山~茶臼山 (28)s


到着。
丸山から2時間あまり、憧れの冷山です。



190804丸山~冷山~茶臼山 (30)冷山s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
丸山~冷山~茶臼山 …その1
2019/08/07(Wed)
もう何年来の憧れ、
丸山から冷山に縦走し、
冷山の頂上でゆるりとするというコースを
楽しんで来ました。

スタートは白駒池駐車場。
もちろん早朝、5時出発です。


190804丸山~冷山~茶臼山 (2)s

苔の森はまだ薄暗いです。


190804丸山~冷山~茶臼山 (3)s


すぐに分岐。


190804丸山~冷山~茶臼山 (4)s


白駒池には寄らず、丸山をめざします。
この道、もしかしたら歩いたことのない道かも。

歩く人は少なそうですが、
まだ完全に目覚めきっていないからだを
慣らすにはうってつけの緩やかな登り。


190804丸山~冷山~茶臼山 (5)s


高見石小屋への道を分け、
丸山頂上です。


190804丸山~冷山~茶臼山 (6)s


さらに進むと三角点があります。


190804丸山~冷山~茶臼山 (10)s


ここが冷山へのルートの入口です。
よく探すと古い標が
オオシラビソの高いところに打ち付けてあります。


190804丸山~冷山~茶臼山 (9)s


冷山まで50分とありますが、
そんなに簡単にいくのでしょうか。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
地蔵岳~長七郎山 …その3
2019/08/03(Sat)
長七郎山には三角点もあります。


190801地蔵岳~長七郎山 (41)s


山名板から少し離れ、
ケルンと藪の間に静かに佇んでいます。

藪の木陰に座り込んで、ランチタイムです。


190801地蔵岳~長七郎山 (44)s


冷製パスタにしたんだけど、
ドレッシングが足りず、かなり薄味。

コメツツジにキアゲハが舞っていました。


190801地蔵岳~長七郎山 (45)キアゲハs


長七郎山を辞して、
尾根を快調に進めば、小地蔵です。


190801地蔵岳~長七郎山 (47)s


小地蔵は踏んだだけで、鳥居峠に向かいます。

途中から地蔵岳。


190801地蔵岳~長七郎山 (48)s


鳥居峠に下り、県道をビジターセンターに戻ります。
道際の日当たりのよいところには
いろいろと花が咲いていました。

ノリウツギ。


190801地蔵岳~長七郎山 (56)ノリウツギs


ヒヨドリバナ。


190801地蔵岳~長七郎山 (65)ヒヨドリバナs


花の写真を撮りながらぶらぶら歩いていると、
ビジターセンター駐車場に到着です。


190801地蔵岳~長七郎山 (71)s


19.08.01
09:12ビジターセンター駐車場 → 09:28赤城少年自然の家登山口 →
10:28地蔵岳(1674.0m)10:42 → 11:07八丁峠 → 
11:42長七郎山(1579.1m)12:18 → 12:32小地蔵岳(1574m) → 
13:00鳥居峠 → 13:12ビジターセンター駐車場

行動時間:4時間00分
歩行時間:3時間10分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
地蔵岳~長七郎山 …その2
2019/08/02(Fri)
夏休みシーズンとは言え、
平日のためか、
地蔵岳の頂上は静かです。

しばらく風に当たり、汗を静めたら、
小沼に向かいます。

登ってきたときは余裕がなかったのでしょう、
コメツツジが咲いていました。


190801地蔵岳~長七郎山 (13)コメツツジs


190801地蔵岳~長七郎山 (17)コメツツジs


少し下るといつもの場所にニッコウキスゲ。


190801地蔵岳~長七郎山 (27)ニッコウキスゲs


シモツケも盛りです。


190801地蔵岳~長七郎山 (28)シモツケs


これから下る小沼と対岸の長七郎山。


190801地蔵岳~長七郎山 (31)s


まだ標高差があります。

快調に下り、
だいぶ標高差が少なくなりました。


190801地蔵岳~長七郎山 (35)s


小沼の向こう側、右が長七郎山、左が小地蔵岳です。

小沼湖畔から黒檜山。


190801地蔵岳~長七郎山 (36)s


ひと登り、登り返して長七郎山です。



190801地蔵岳~長七郎山 (40)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
地蔵岳~長七郎山 …その1
2019/08/01(Thu)
雨だったり、体調不良だったりして、
ほぼ一か月近く山行が開いてしまいました。

それで、リハビリも兼ねて、
ゆっくりと赤城山を歩いてきました。

ビジターセンターに車をおき、
地蔵岳、長七郎山、小地蔵岳と巡回です。

駐車場はどこでもよかったのですが、
ビジターセンターから赤城少年自然の家バス停まで、
準備運動を兼ねてゆっくりと車道を歩きます。


190801地蔵岳~長七郎山 (1)s


このルートは登りだしが緩やかななので、
徐々にペースをつかんでいけます。


190801地蔵岳~長七郎山 (2)s


森の中はけっこう蒸し暑い。


190801地蔵岳~長七郎山 (3)s


40分ほど登ると、視界が開け、
今日の目標、鳥居峠と小地蔵岳が見えます。


190801地蔵岳~長七郎山 (4)s


振り返れば、黒檜山が見えます。


190801地蔵岳~長七郎山 (5)黒檜山s


登山口から1時間で地蔵岳にたどり着きました。


190801地蔵岳~長七郎山 (7)s


大沼と黒檜山。


190801地蔵岳~長七郎山 (8)黒檜山s


黒檜山の左には燧ヶ岳がうっすら見えます。



190801地蔵岳~長七郎山 (11)日光白根山s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |