FC2ブログ
地蔵岳~黒檜山 …その3
2018/09/15(Sat)
大ダルミからの黒檜山。


180912地蔵岳~黒檜山 (29)s


霧が薄くなりました。

いよいよ最後の登り、でも長い階段です。

少し登ったところから黒檜山。


180912地蔵岳~黒檜山 (31)s


だいぶ霧が取れました。

もくもくと登りつづけて、黒檜山山頂。


180912地蔵岳~黒檜山 (34)s


霧はかかっていないものの、雲の中。
何も見えません。

そんななか、足もとの三角点がはっきり。


180912地蔵岳~黒檜山 (37)s


ナナカマドの実が赤く色づいています。


180912地蔵岳~黒檜山 (35)s


風なく、単独の先行者が一人だけ、
せっかくですから少し休憩、
持って歩いたくず餅をいただきました。

その後、大沼に向かい下りました。

猫岩辺りからの大沼。


180912地蔵岳~黒檜山 (39)s


この日、最初に登った地蔵岳と左に小地蔵岳が見えます。

無事に黒檜山登山口着。


180912地蔵岳~黒檜山 (40)s


大沼湖畔より地蔵岳。


180912地蔵岳~黒檜山 (41)s


そして、黒檜山。


180912地蔵岳~黒檜山 (42)s


やはり霧がかかっています。

無事、駐車場に戻りました。


180912地蔵岳~黒檜山 (43)s


ほぼ一か月ぶりの山行、
しかも赤城山ですからトレーニングと言ってもいいでしょう。
そんななか、試したことがいくつかありました。

まずは上のザック。
40リットルのULのザックで夏前に手元にあったのですが、
テン泊に使うつもりですが、
なかなか機会がなく、
この日だいぶ荷は少ないですが、お試し。
軽いし、背負いやすいよいザックでした。
これからも活躍を期待できそうです。


次はハイドレーションをやめてペットボトルに戻したこと。
このザックがハイドレーション仕様でなかったことも理由ですが、
ハイドレーションは洗うのがたいへんで、
水しか入れてなかったのですが、
やはりスポーツドリンクなども飲みたいし、
味も変えたいかなって、
ショルダーベルトにつけるボトルホルダーを買って試してみました。
こちらも使い心地よいかなって言う感じ。
いずれにしても、ザックを下ろしたり、
無理に手を伸ばしたりしなくても水分が取れるのがよいです。

そして、膝を守るためにもう長いことCWXをはいていたのですが、
サポーターにしてみたこと。
足さばきが軽く、涼しいし、膝に関しては変わらないし、
いつもより筋肉痛かなとも思いましたが、
これも一か月も開いていれば仕方ないし、
ということで、サポーターで十分かなって思いました。

お天気ももったし、いろいろ確認でき、
有意義な山行でした。


18.09.12
08:46大洞駐車場 → 09:37地蔵岳(1674.0m) → 10:04八丁峠 →
10:33長七郎山(1579.1m) → 10:49小地蔵岳(1574m) → 
11:14鳥居峠11:42 → 12:24大洞・駒ヶ岳分岐 → 12:36駒ヶ岳(1685m)
→ 13:26黒檜山(1827.7m)13:47 → 14:26猫岩 → 14:37黒檜山登山口 →
15:00大洞駐車場 

行動時間:6時間14分
歩行時間:5時間25分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |