FC2ブログ
二ッ岳~オンマ谷 …その2
2018/04/30(Mon)
二ッ岳は雄岳と雌岳で双耳峰になっていますが、
雄岳に登ってみると、
もう少しで頂上というところ、
右側(東側)に小ピークがあって、
雄岳自体が双耳峰になっています。
標高点のある西側のピークには
電波塔の西側を巻くようにして登ります。
だけど、電波塔すぐ東側にも岩でできた高まりがあります。
これを仮に二ッ岳のうちの雄岳の中峰としておきます。

つまり、二ッ岳は三重の双耳峰、
入れ子の双耳峰だということに気がつきました。

でも、とりあえず登るのは標高点のある雄岳(雄岳西峰)です。
ここからは榛名湖周辺の山々がよく見えます。

左が相馬山、中央右が榛名富士、


180429二ッ岳 (16)s


その間は天目山や氷室山でしょうか。
榛名富士の右は榛名山の最高峰、掃部ヶ岳、
榛名富士の奥は浅間山です。

相馬山アップ。


180429二ッ岳 (12)s


南面は切れ落ちています。

榛名富士を中心として。


180429二ッ岳 (13)s


榛名富士と奥に浅間山。
さらに掃部ヶ岳、鬢櫛山、烏帽子ヶ岳です。


180429二ッ岳 (14)s


雄岳西峰を辞して、雄岳中峰に登ってみました。
実に初登頂。

手前に雌岳、その左向こうは水沢山、
左奥、雲に浮かぶのは赤城山です。


180429二ッ岳 (17)s


水沢山は東西方向には大きなボリュームがありますが、
南北方向はかっこいい円錐形です。

中峰には壊れた祠がありました。

北西に目を向けると、遠く日光白根山(左)、
皇海山(中央左)、袈裟丸山と続く
群馬栃木県境の山々が見えました。


180429二ッ岳 (21)s


右手前は赤城山です。

振り返って、南西には相馬山。


180429二ッ岳 (18)s


かっこいいですね。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
二ッ岳~オンマ谷 …その1
2018/04/29(Sun)
連休初日の昨日は仕事、しかも慣れないイベントで、
今朝も疲れが残っていたので、
軽く二ッ岳からオンマ谷を歩いてきました。

ワシノ巣風穴への登山口が登ってみました。


180429二ッ岳 (1)s


すぐにワシノ巣風穴。


180429二ッ岳 (2)s


中はこんな感じで、とても涼しかったです。


180429二ッ岳 (3)s


ワシノ巣風穴のいわれ。


180429二ッ岳 (4)s


風穴のすぐ横から本格的に登り出します。

まずは一合目。


180429二ッ岳 (6)s


新緑の道をゆっくりと登ります。


180429二ッ岳 (7)s


やがて二合目。


180429二ッ岳 (8)s


そのあとも三合目、四合目とあるのかと期待しましたが、
見当たりませんでした。

雄岳と雌岳の鞍部を越え、分岐に到着。
まずは雄岳をめざします。


180429二ッ岳 (9)s


雄岳山頂。


180429二ッ岳 (10)s


山名板。


180429二ッ岳 (11)s


榛名湖を囲む山々がきれいに見えています。

…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
セイヨウタンポポ
2018/04/28(Sat)
春盛りのセイヨウタンポポですが、
早くから陽だまりで春を先取りするかのように
咲き出します。
そのときは外来種とは言え、
元気をもらえ、
また本格的な春を予感させる使者の役割をしますね。


セイヨウタンポポ180412榛東村 (7)s


セイヨウタンポポ180412榛東村 (5)s


セイヨウタンポポ180412榛東村 (4)s
いずれも、18.04.12 榛東村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
チゴユリ
2018/04/27(Fri)
薄暗い森に咲くかわいらしいけど、
少し淋しい花です。



チゴユリ180414佐野市諏訪岳 (2)s


チゴユリ180414佐野市諏訪岳 (3)s


チゴユリ180414佐野市諏訪岳 (4)s
いずれも、18.04.14 佐野市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日光白根山、1999年梅雨
2018/04/26(Thu)
このときは、同僚と二人で10名ほどを連れての
私らしくない山行でした。

菅沼の登山口から歩き出し、
弥陀ヶ池から、白根山頂へ。
山頂で休憩中だったか、
一人足りないことに気がつきました。

弥陀ヶ池から上はガスっていて、
視界があまりよくありませんでしたが、
一本道だからと油断したのがいけませんでした。

列が縦に長くなり、
途中前後が見えなくなった一人が道を逸れてしまったようです。

弥陀ヶ池まで戻ってみましたが、
途中にはいませんでした。

できることはともう一で頂上まで登り返し、
避難小屋、五色沼と探してみましたがいません。

とりあえず菅沼まで下りて、
関係者に連絡を取ったうえでヘリを頼まなくてはならないなと
覚悟を決めました。

菅沼で職場に電話すると、
すでに行方不明の人から連絡があったとのこと、
反対に本体の安否が心配されていたとのことでした。

日光白根山をのっこして、仁下又沢の工事現場まで下り、
工事関係者の車で、白根温泉まで送ってもらい、
待っているとのことでした。

やれやれ。

白根温泉で落ち合い、
関係者にていねいにお礼をし、
無事に下山です。

まさしくヒヤリハットでした。

思えば、あれからパーティを連れて行くのは苦手になったかな。



110716日光白根ほか (25)s
11.07.16 日光白根山

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コナラ
2018/04/25(Wed)
コナラの花です。
しみじみ眺め、写真を撮ったのははじめてかも。
見ているはずなのですけど。


コナラ180414佐野市唐沢山 (1)s


コナラ180414佐野市唐沢山 (2)s


コナラ180414佐野市唐沢山 (3)s
いずれも、18.04.14 佐野市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウリカエデ
2018/04/24(Tue)
ウリカエデは樹皮の色や模様が
ウリに似ているからつけられたのかな。
少なくてもそう覚えていますが、
ほかにウリハダカエデというのもあります。

赤くぶら下がっているのはウリカエデの実です。



ウリカエデ180414佐野市唐沢山 (1)s


ウリカエデ180414佐野市唐沢山 (3)s


ウリカエデ180414佐野市唐沢山 (4)s
いずれも、18.04.14 佐野市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アオダモ
2018/04/21(Sat)
三日つづけてのアオダモです。
このくらい徹底してみると、
忘れずいられそうです。
来年もアオダモの咲く季節が楽しみです。



アオダモ180414佐野市唐沢山 (5)s


アオダモ180414佐野市唐沢山 (4)s


アオダモ180414佐野市唐沢山 (2)s
いずれも、18.04.14 佐野市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
アオダモ
2018/04/20(Fri)
今朝もアオダモです。
この写真は佐野市の諏訪岳のものです。


アオダモ180414佐野市諏訪岳 (4)s


アオダモ180414佐野市諏訪岳 (2)s


アオダモ180414佐野市諏訪岳bs


アオダモ180414佐野市諏訪岳 (3)s
いずれも、18.04.14 佐野市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アオダモ
2018/04/19(Thu)
この日、アオダモが満開でした。
歩く先歩く先、アオダモがいっぱい。
楽しませていただきました。

まずは京路戸峠のアオダモ。



アオダモ180414佐野市京路戸峠 (1)s


アオダモ180414佐野市京路戸峠 (2)s
いずれも、18.04.14 佐野市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
モクレン
2018/04/18(Wed)
この春は季節の進みが早く、
気がついたときには満開を通りこして、
花弁にシミができていました。
残念。


モクレン180330榛東村 (1)s


モクレン180330榛東村 (2)s


モクレン180330榛東村 (8)s


モクレン180330榛東村 (5)s
いずれも、18.03.30 榛東村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
多田駅~諏訪岳~唐沢山~佐野駅 …その3
2018/04/17(Tue)
唐沢城址に迷いながらも、
どうにか鏡岩に行くことができ、
そこから佐野市街に続くハイキングコースに入れました。

途中のイモリ山。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (26)s


飯盛山とか飯森山とか字を当てているようです。
どのようないわれなのでしょうか。

イモリ山の山頂は狭く展望もなかったので先へ進みました。

イモリ山から300mほど南、
標高180mほどの小ピークに落ち着きました。

お湯を沸かして、コーヒーの用意。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (29)s


いつものスコーンとコーヒーで遅めのおやつタイム。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (30)s


眺めもよく、花もいろいろ咲いていたのでずいぶんとゆっくりし、
この日最後のピーク、浅間山に向かいました。

車道歩きもしながら、浅間山の北西から尾根を上がります。
しっかりした道があります。

頂上には立派な浅間さま。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (33)s


眺めもよいですよ。

まずは越してきた唐沢山方面。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (34)s


こちらは三毳山。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (35)s


こちらは大小山辺り。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (36)s


そして、これから下り、向かう佐野市街。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (38)s


一直線に佐野市街に下ります。

下山口(登山口)には小梥(こまつ)神社。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (39)こまつ神社s


山麓の佐野市奈良渕町から浅間山を振り返ります。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (40)s


あとは黙々と佐野駅をめざしました。


18.04.14
07:24多田駅 → 08:02京路戸峠 → 08:23諏訪岳(324m)08:32
→ 08:44京路戸峠 → 08:54北見明岳(240m)  → 09:10標高292ピーク
→ 09:35栃本山(290.4m)09:41 → 10:22唐沢山(241m) →
10:55イモリ山(221m) → 11:03標高180mピーク11:40 → 
12:00浅間山(180m) → 12:17小梥神社 → 13:00佐野駅

行動時間:5時間36分
歩行時間:4時間44分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
多田駅~諏訪岳~唐沢山~佐野駅 …その2
2018/04/16(Mon)
諏訪岳頂上から西側の眺め。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (13)s


先ほど降り立った多田駅も見えます。
また、左のピークは大小山です。

諏訪岳からは来た道を京路戸峠に向けて下ります。
すると登りで気づかなかった唐沢山へ続く尾根が見通せました。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (15)s


ひとつひとつピークは小さいとは言え、
ずいぶんとアップダウンがありそうです。

よく見えるところがありました。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (16)s


これが唐沢山かな…。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (17)s


京路戸峠を横切り、ひと登りで
北見明岳と手作り山名板のある小ピークに到着。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (18)s


240mのピークかな。

ここは292mの標高点ピーク。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (19)s


山名板は見つかりませんでした。

ここは290.4mの三角点があるピーク。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (20)s


栃本山と言うらしいです。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (21)s


栃本山からは
踏み跡のしっかりしている尾根を下ったのですが、
どうも下りすぎているように思え、
地図を出して検討したところ、
南に下っている尾根上にいるようでした。
唐沢山へ続く尾根が東側に見えています。
仕方がないので、登り返し、再び栃本山を越えて、
正しい道に入ることができました。
里山は道が交錯しているので油断なりませんね。

唐沢山に近づくとさまざま施設や建物があって、
どこに行けばよいのがよくわかりません。
高い方高い方と歩き、唐沢神社に到着。

ここが一応頂上でしょうか。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (23)s


何かイベントだったのでしょうか、
雅楽が響き(奏者はいませんでした)、巫女さんが舞を舞っていました。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
多田駅~諏訪岳~唐沢山~佐野駅 …その1
2018/04/15(Sun)
2週間ぶりの山行、お天気も今ひとつで
里山歩きをしてきました。

佐野市の東武佐野線、多田駅から諏訪岳に登り、
佐野駅まで縦走?してきました。

まずは早朝の多田駅。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (1)s


東に向かって歩き出します。

すぐに家々の向こうに諏訪岳が見えます。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (3)諏訪岳s


秋山川の土手からの諏訪岳。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (4)諏訪岳s


秋山川にかかる橋上から諏訪岳。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (5)諏訪岳s


秋山川とこの日歩く尾根。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (6)s


工業団地を抜け、京路戸公園からの諏訪岳。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (7)s


この先から山道に入ります。

それにしても、この日の最高峰がアプローチ中に見えると、
モチベーションが上がります。

京路戸峠まで標高差100mほどですが、
里山だけに道があちこちで分かれています。
よく踏まれている方を選んでいけば大丈夫です。

やがて京路戸峠に到着。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (8)s


峠から北東へ諏訪岳をめざします。

途中、視界が開け、西側の山々が望めます。


諏訪岳~唐沢山~浅間山 (9)s


ツツジ咲く諏訪岳頂上。



諏訪岳~唐沢山~浅間山 (10)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
剣の峰~角落山、1999年初夏
2018/04/13(Fri)
県道54号線から少し入った白沢橋辺りに車をおき、
剣の峰、角落山と周回してきました。

時間とコース記録しかないですが、
手帳に、何か樹木の冬芽のスケッチが描いてありました。
気持ちに余裕があったのかな。

剣の峰、角落山とも
あちらこちらのお山から見ているのですが、
意外に写真が手元にありません。
だから、記録のみです。


99.05.07
10:10白沢橋 → 11:00赤沢林道終点 → 11:35コル → 
12:20剣の峰(1429.6m)13:00 → 13:40コル → 
14:15角落山(1393m) → 16:00白沢橋

行動時間:5時間50分
歩行時間:5時間10分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハナノキ
2018/04/12(Thu)
長野県・岐阜県・愛知県の3県の県境付近など
ごく限られた地域に自生するカエデの仲間で、
絶滅危惧種です。
この写真の木は植栽されたものです。



ハナノキ180330榛東村 (1)s


ハナノキ180330榛東村 (2)s
いずれも、18.03.30 榛東村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハクモクレン
2018/04/11(Wed)
今春は一週間ほど満開が早かったようです。
3月30日の時点で、すでに花が傷んできています。



ハクモクレン180330榛東村 (1)s


ハクモクレン180330榛東村 (2)s


ハクモクレン180330榛東村 (3)s
いずれも、18.03.30 榛東村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
掃部ヶ岳、1999年春
2018/04/10(Tue)
このときは当時教えていた学生と歩いたようです。
榛名湖畔から硯岩経由で掃部ヶ岳に登り、
杖の神峠に下り、杏ヶ岳をピストンして、
湖畔に下山したようです。

快晴と一言記されています。



170709居鞍岳~掃部ヶ岳 (10)s
17.07.09 掃部ヶ岳

99.04.30
09:45硯岩登山口 → 10:00硯岩 → 10:40掃部ヶ岳(1449m)11:00
→ 11:40杖の神峠上の鉄塔12:40 → 13:35杏ヶ岳(1292.3m) →
14:40杖の神峠 → 15:30硯岩登山口

行動時間:5時間45分
歩行時間:4時間25分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シデコブシ
2018/04/09(Mon)
シデコブシは、
岐阜、愛知、三重に自生するモクレン属の樹木。
準絶滅危惧種に指定されています。

写真のものは植栽されたものです。



シデコブシ180330榛東村 (3)s


シデコブシ180330榛東村 (1)s


シデコブシ180330榛東村 (5)s
いずれも、18.03.30 榛東村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シダレザクラ
2018/04/08(Sun)
めいっぱい、
ところせましと花がついています。

この春は暖かすぎて、
花期が短かったですね。


シダレザクラ180330榛東村 (2)s
18.03.30 榛東村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カントウタンポポ
2018/04/07(Sat)
この春は北国の春のようです。
例年は順に咲いていく木々の花がいっせいに。

タンポポも元気よく咲いています。


カントウタンポポ180330榛東村 (2)s
18.03.30 榛東村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ニワトコ
2018/04/04(Wed)
ニワトコは独特の匂いがあり、
見分けるのが比較的簡単です。

その匂いで、まだ芽吹き、つぼみですが、
ニワトコとわかりました。

この写真を撮ったのが3月中旬ですから、
今頃は花が咲いているのでしょうか。

 

ニワトコ180318東秩父村 (1)s


ニワトコ180318東秩父村 (2)s


ニワトコ180318東秩父村 (6)s


ニワトコ180318東秩父村 (4)s


ニワトコ180318東秩父村 (5)s
いずれも、18.03.18 東秩父村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
黒斑山 …その4
2018/04/03(Tue)
表コースを下るとき、
槍ヶ鞘と車坂山への登り返しが
わずかとは言え、きついところです。

それでも、西側の展望がひらけていますので、
この日のように遠くまで見渡せる日は
気持ちがよい道です。

槍ヶ鞘、避難小屋が下りだしすぐ、
浅間山の見える最終ポイント。


180331黒斑山 (38)s


登りのときは再会を喜んだ場所ですが、
下りはしばしの別れを惜しみます。

振り返り北北西方向、四阿山と北信五岳。


180331黒斑山 (39)s


アップです。


180331黒斑山 (40)s


そして、北アルプスの北部。


180331黒斑山 (41)s


鹿島槍がかっこいいですね。

鹿島槍ヶ岳のアップ。

180331黒斑山 (42)s


こちらは大キレットを中心として、
穂高連峰から槍ヶ岳。


180331黒斑山 (44)s


遠くの山を眺めながらゆっくり下り、
無事下山です。


180331黒斑山 (45)s


駐車場には雪はありませんでした。

久しぶりにいつものケーキ屋さんに寄りました。

まずはランチを兼ねてキッシュ。


180331黒斑山 (46)s


そして、デザートのいちごのタルト。


180331黒斑山 (47)s


ごちそうさまでした。


18.03.31
07:54車坂峠 → 08:12車坂山(2055m) → 09:25槍ヶ鞘(2280m) 
→ 09:43トーミの頭(2320m) → 10:07黒斑山(2404m) → 
10:13黒斑山先鞍部10:55 → 11:03黒斑山 → 11:21槍ヶ鞘 →
12:15車坂峠

行動時間:4時間21分
歩行時間:3時間39分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
黒斑山 …その3
2018/04/02(Mon)
黒斑山山頂は人が多く、落ち着く場所がないので、
少し先に進むことにしました。
浅間山がよく見えて、明るく、
開けた場所まで行こうかなって。
すでに蛇骨岳まで行く気は失せていました。

黒斑山から5、6分、
鞍部に場所を見つけて、大休止です。

浅間山がよく見えます。


180331黒斑山 (24)s


トーミの頭の崖の近く、富士山も見えています。


180331黒斑山 (25)s


まず、お湯を沸かします。


180331黒斑山 (29)s


そして、コーヒー&スコーンタイム。


180331黒斑山 (32)s


風もなく、春の陽にすっかりまったりしてしまいました。

お腹は満ちたけど、蛇骨岳に行く気にはなれず、
黒斑山に戻りました。


180331黒斑山 (35)s


下りながら北アルプスや八ヶ岳を眺めようと、
めずらしく表コースを下ります。

トーミの頭からの下り、北アルプス。


180331黒斑山 (36)s


大キレットを中心として。

八ヶ岳もまだ美しい。



180331黒斑山 (37)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
黒斑山 …その2
2018/04/01(Sun)
つらい登りに振り返ると、
それでも徐々に高度を上げています。

手前から、水ノ塔山、四阿山、奥は北信五岳。


180331黒斑山 (13)s


北アルプス。


180331黒斑山 (14)s


鹿島槍ヶ岳を中心にして。
手前は烏帽子岳。

こちらは穂高連峰。


180331黒斑山 (15)s


右端が槍ヶ岳かな。

避難小屋の手前で、視界が開け、
ようやく浅間山が見えます。


180331黒斑山 (17)s


それにしても雪が少ないような。

トーミの頭への登路は
なんと土が出て、しかも乾いてます。

槍ヶ鞘から浅間山。


180331黒斑山 (18)s


アップ。


180331黒斑山 (19)s


トーミの頭の上は人がいっぱい。
浅間山を横目で眺めて黒斑山へ。

トーミの頭を過ぎた辺りからの浅間山。


180331黒斑山 (20)s


そして、黒斑山と外輪山。


180331黒斑山 (22)s


黒斑山山頂。


180331黒斑山 (23)s


ここも人がいっぱい。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |