FC2ブログ
黒斑山 …その1
2018/03/31(Sat)
この冬は下界のご用と体調と天気のタイミングが合わず、
雪山に行けずにいました。
ようやく残雪の黒斑山へ。
例年だったら、シーズンはじめの山なのに…。

まずは登山口前、車坂峠からの富士山。


180331黒斑山 (2)s


アップ。


180331黒斑山 (3)s


八ヶ岳。


180331黒斑山 (5)s


赤岳から蓼科山の半分までですね。

真ん中、八ヶ岳の向こうに見えるのは南アルプス、
甲斐駒あたりでしょうか。

赤岳、阿弥陀岳、硫黄岳のアップ。


180331黒斑山 (6)s


朝ごはんがパン一つで少なかったのでしょうか。
バテバテで車坂山。

あらためて富士山を眺め、息を整えます。


180331黒斑山 (7)s


もちろんアップも。


180331黒斑山 (8)s


八ヶ岳も。


180331黒斑山 (9)s


赤岳から天狗岳です。

道からちょっとそれて車坂山。



180331黒斑山 (11)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カタクリ
2018/03/30(Fri)
カタクリはやはり里山の春を代表する花ですね。
たとえ大群落でなくとも、
登山口で、または登路の途中で出会うと、
うれしくなります。
ひとときの撮影タイムです。



カタクリ180324深高山・足利市 (2)s


カタクリ180324深高山・足利市 (10)s


カタクリ180324深高山・足利市 (11)s


カタクリ180324深高山・足利市 (14)s


カタクリ180324深高山・足利市 (12)s


カタクリ180324深高山・足利市 (5)s


カタクリ180324深高山・足利市 (18)s
いずれも、18.03.24 足利市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キブシ
2018/03/29(Thu)
深高山でもキブシがいっぱい咲いていました。

特に登山口にした林道脇は、
花がすぐ近くに見られ、楽しかったです。



キブシ180324b深高山・足利市 (4)s


キブシ180324b深高山・足利市 (5)s


キブシ180324b深高山・足利市 (9)s


キブシ180324b深高山・足利市 (3)s


キブシ180324b深高山・足利市 (7)s
いずれも、18.03.24 足利市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヒメカンスゲ?
2018/03/28(Wed)
ヒメカンスゲかな?
というところです。
スゲの仲間は難しいですね。
写真を撮ってしまい、調べてみると、
スゲ、さらにはカヤツリグサ科を
勉強したいなって思いますが、
すぐに忘れますね。



ヒメカンスゲ?180324石尊山・足利市 (1)s


ヒメカンスゲ?180324石尊山・足利市 (2)s


ヒメカンスゲ?180324石尊山・足利市 (3)s
いずれも、18.03.24 足利市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
マンサク
2018/03/27(Tue)
早春に咲く花です。
「まず咲く」からマンサクになったとか。
確かに、
まだ前年の枯れ葉が枝に引っかかっているのに
咲いていますしね。
控えめな花、
それだけに春の訪れをまず告げているようです。



マンサク180324深高山・足利市 (1)s


マンサク180324深高山・足利市 (3)s


マンサク180324深高山・足利市 (4)s
いずれも、18.03.24 足利市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
深高山、石尊山 …その2
2018/03/26(Mon)
石尊山の空。


180324深高山~石尊山 (12)s


少し暗く写っていますが、
穏やかな晴天、のんびりする頂上でした。

地表。


180324深高山~石尊山 (14)s


落ち葉がいっぱい。
ところどころに緑が見えます。

ゆっくり休んだあと、
来た道を戻ります。


180324深高山~石尊山 (18)s


明るい穏やかな尾根です。

キブシが咲いていました。


キブシ180324深高山・足利市s


マンサクも。


マンサク180324深高山・足利市 (3)s


無事下山です。


180324深高山~石尊山 (19)s


18.03.24
11:36林道、標高350m付近 → 12:06深高山(506m) → 
12:29湯殿山分岐 → 12:34石尊山(486.5m)13:23 → 
13:59深高山 → 14:33林道、標高350m付近

行動時間:2時間57分
歩行時間:2時間08分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
深高山、石尊山 …その1
2018/03/25(Sun)
だいぶ出発が遅くなりそうだったことで、
手頃なところを探し、
足利の深高山と石尊山を歩いてきました。

猪子峠から東側から林道を進み、
標高350m付近からの歩き出しです。

路肩に車を停め、歩き出そうとすると、
カタクリが迎えてくれました。


カタクリ180324深高山・足利市 (3)s


道際のカタクリに喜びながら、
ひと登りで山中の十字路。


180324深高山~石尊山 (1)s


短い急登二回ほどで深高山山頂。


180324深高山~石尊山 (2)s


ここは写真を撮っただけで、素通りです。

尾根伝い、こんな明るい道が続きます。


180324深高山~石尊山 (3)s


振り返れば、深高山。


180324深高山~石尊山 (5)s


やがて、湯殿山分岐。


180324深高山~石尊山 (6)s


ずっと昔、ここから登ってきたこともありましたが、
今は道が崩れたようで、通行止め。
湯殿山は一昨年の今頃、登っています。

ひと登りで、石尊山山頂。


180324深高山~石尊山 (7)s


立派な二等三角点。


180324深高山~石尊山 (9)s


近ごろは三角点標石が大好きです。

さて、静かな山頂を楽しみましょう。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
キブシ
2018/03/22(Thu)
リュウゴッパナからの下り、
林道脇にキブシがいっぱいありました。
はじめ、まだつぼみが堅かったのですが、
下るにつれ、咲いているものも増え、
退屈な林道歩きに楽しみをくれました。



キブシ180318東秩父村 (9)s


キブシ180318東秩父村 (3)s


キブシ180318東秩父村 (4)s


キブシ180318東秩父村 (5)s


キブシ180318東秩父村 (8)s
いずれも、18.03.18 東秩父村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
堂平山、リュウゴッパナほか …その3
2018/03/21(Wed)
笹山をあきらめ、笠山に向かい登り出します。
気持ちのよい登りを進むと、
にぎわう尾根に登り上げました。

あれって思う間もなくすぐ右に笠山の山名板。


180318堂平山ほか (23)s


休憩している人も多くいましたが、
なにやらすぐ先にもっと高いところがありそう。
進むと、笠山神社がありました。


180318堂平山ほか (22)笠山s


明らかにこちらの方が高いし、
地形図の標高点もこちらのようです。

神社の裏でひと休みして、
今日の目的地、リュウゴッパナをめざし、
萩平へ下ります。

萩平の集落で少し迷いましたが、
無事にリュウゴッパナの入口に到着。


180318堂平山ほか (24)s


リュウゴッパナの南西5~600m、
標高410m付近の林道の分岐から
それらしい道が登っています。

まずは龍郷山。


180318堂平山ほか (25)龍郷山s


木の根元に竜ヶ鼻の文字が見えますが、
ここは龍郷山でしょう。

そして、東へわずかの鞍部を越えて、
憧れのリュウゴッパナ。


180318堂平山ほか (32)リュウゴッパナs


三角点。


180318堂平山ほか (28)s


誰も来そうにないので、
三角点をテーブルにランチタイムです。


180318堂平山ほか (29)s


リュウゴッパナの名前に惹かれてやって来ましたが、
イメージどおりの場所で気に入りました。
感じでは竜ヶ鼻と書くらしいですけど、
龍郷山が本来の名前で、その鼻のよう地形だから、
リュウゴウヤマノハナ→リュウゴウハナ→リュウゴッパナと
呼び方が変化したのではないのかなと、想像したりしました。

龍郷山に戻り、道の駅和紙の里ひがしちちぶをめざし下ります。

途中、物見山山頂。


180318堂平山ほか (33)龍郷山s


それからの林道歩きが長かった。


18.03.18
07:52白石車庫 → 08:47白石峠08:55 → 09:10川木沢ノ頭(874m) 
→ 09:20白石峠 → 09:34剣ヶ峰(876m) → 
09:51堂平山(875.9m)09:58 → 10:40笠山(837m)10:53 → 
11:38萩平分岐 → 12:02リュウゴッパナ入口 → 12:16龍郷山(490m) 
→ 12:22リュウゴッパナ(493.8m)12:52 → 物見山(460m) → 
14:05道の駅和紙の里ひがしちちぶ

行動時間:6時間13分
歩行時間:5時間13分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
堂平山、リュウゴッパナほか …その2
2018/03/20(Tue)
剣ヶ峰からいくつかの鉄塔の脇を通り過ぎ、
車道を越え、堂平山到着です。


180318堂平山ほか (12)堂平山s


大きな一等三角点。


180318堂平山ほか (15)s


堂平山には以前登ったことがありますが、
確かそのときはここ、フェンスの向こうまで車できたような。

白い八ヶ岳と台地のような両神山が目をひきます。


180318堂平山ほか (16)s


八ヶ岳アップ。


180318堂平山ほか (17)s


赤岳と横岳辺りでしょうか。
右端は天狗岳かな。

こちら、両神山。


180318堂平山ほか (18)s


ここも登らなくちゃです。


ひと息入れて、笹山をめざします。
少し歩いて振り返ると、鉄塔の並ぶ今日の縦走路。


180318堂平山ほか (19)s


笠山峠に下り、笹山への入口を探ります。


180318堂平山ほか (20)s


地形的にも、テープが巻かれていることからも、ここのようです。

入っていくと、看板があります。


180318堂平山ほか (21)s

残念。
それで新しい地図には登山道がなかったんですね。

素直にあきらめ、笠山をめざします。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
堂平山、リュウゴッパナほか …その1
2018/03/19(Mon)
官ノ倉山から見た堂平山、笠山の立派さに、
近々登りたいなと思っていましたが、
歩いてきました。
名前に憧れたリュウゴッパナと合わせて。

小川町からバスで白石車庫へ。


180318堂平山ほか (1)s


ガラス越しの駅、緑の靄がかかっちゃいました。

わくわくしながら車窓の山里を眺めていると、
終点白石車庫、今日の登山口です。


180318堂平山ほか (3)s


身支度を整え、歩き出します。

舗装路をしばらく歩き、笠山峠への道を分けます。


180318堂平山ほか (4)s


さらに歩き続け、ようやく舗装路が終わりました。


180318堂平山ほか (5)s


登りだしの舗装は疲れます。

気持ちのよい谷間を登り、白石峠へ。


180318堂平山ほか (6)s


ここも舗装路であふれていました。

ひと休みして、まずは堂平山と反対側の川木沢ノ頭へ。


180318堂平山ほか (7)s


直登。
なお疲れます。

頂上には大鉄塔。


180318堂平山ほか (8)川木沢ノ頭s


柵のまわりを一周してみました。

下りながら、今日歩く堂平山方面。


180318堂平山ほか (9)s


右端が剣ヶ峰、左が堂平山です。

白石峠を反対側に登り、剣ヶ峰。


180318堂平山ほか (10)剣ヶ峰s


ここも鉄塔が鎮座しています。

さて、もう少しで堂平山。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コハコベ
2018/03/17(Sat)
ハコベの仲間、同定が難しいです。
これもコハコベでよいと思うのですが、
今ひとつ、自信がありません。


コハコベ180211渋川市 (1)s
18.02.11 渋川市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大桁山、1999年春
2018/03/16(Fri)
このときの大桁山は、
当時教えていた学生と登ったものです。

記録を見ると、コースはおぼろげにわかりますが、
時間の記録はありません。

また、カタクリが満開だったことを覚えています。



150426鍬柄岳 (4)s
15.04.26 鍬柄岳から大桁山

99.04.23
標高560m付近駐車場 → 半鐘山(680m) → 峠平 →
大桁山(836.1m) → 沢を下る → 標高560m付近駐車場

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三毳山、1999年冬
2018/03/15(Thu)
このとき、家族で三毳山に登ったようです。
公園からバスで山頂駅まで行ったようですが、
何も記憶にありません。
昨年の冬にも登っていますが、
バスを見て、
乗ったことないなぁ
などと思っていました。



170225三毳山 (9)s
17.02.25 三毳山

99.01.31
10:40バス山頂駅 → 11:25三毳山(229m)12:35  → 
13:10バス山頂駅

行動時間:2時間30分
歩行時間:1時間20分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
仙人ヶ岳、1999年冬
2018/03/13(Tue)
仙人ヶ岳と赤雪山、セットで歩いてみたいなと
ここ何年か思っていましたが、
忘れていただけで、歩いていました。

それにしても、記録を見ても、
松田湖辺りから周回したのはわかるのですが、
どこをどう歩いたのかさっぱりです。

このときは、めずらしく職場の同僚と4人で歩いたようです。
人がいると、記録が杜撰になりますね。


99.01.30
10:10400m付近 → 11:00仙人ヶ岳(663.0m) → 昼食 →
13:30赤雪山(620.6m) → 14:05松田湖

行動時間:3時間55分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
権現岳、1998年暮れ
2018/03/12(Mon)
山の会のメンバー5人で登ったようです。
この頃はまだ暮れ(と言ってもだいぶ早いですが)の山行を
行っていたんですね。

観音台らから青年小屋テン泊で権現岳をめざしました。
冬、権現岳に登ったことは記憶にありましたが、
誰と登ったか、こうして記録を見るまで
まったく思い浮かびませんでした。

まあ、20年近く前ですから…。


160724西岳~権現岳~編笠山 (23)s
16.07.24 権現岳

98.12.21
10:50観音平 → 11:30雲海展望台12:00 → 休憩 → 14:35青年小屋

行動時間:3時間45分

98.12.22
07:00青年小屋 → 08:20ギボシ → 08:40権現岳(2715m) →
10:00青年小屋10:40 → 11:10編笠山(2523.9m) → 12:20押手川
13:30観音平

行動時間:6時間30分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
荒船山、1998年初冬
2018/03/11(Sun)
当時教えていた学生ら5人と登ったようです。
今考えると、この私がそのようなことをしたなんて
信じられません。

くわしい記録はありませんが、
コースタイムから判断すると、
旧道の内山峠からのピストンだったようです。

それにしてもあれから20年、
荒船山とはご無沙汰です、おそらく。
そろそろ再訪してもよいかな。



180113崇台山 (11)s
18.01.13 崇台山から荒船山
中央奥の平らな山、左側の三角形が経塚山

98.11.28
09:15内山峠 → 10:30艫岩 → 11:15経塚山(1422.7m)11:55 
→ 13:30内山峠

行動時間:4時間15分
歩行時間:3時間35分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
蓼科山、1998年秋
2018/03/10(Sat)
この日、ひよりみな山の会で蓼科山に向かいました。
何人だったんだろう…人数は記録ありません。
5人ぐらいだったかしら。

大河原峠から蓼科山に登り、
その後、亀甲池、双子池と周遊したようです。



161010蓼科山 (12)s
16.10.10 将軍平から蓼科山

98.11.01
08:00大河原峠 → 10:00蓼科山(2530.7m)? → 
11:30将軍平12:30 → 13:30天祥寺原分岐 → 14:00亀甲池
→ 14:30双子池 → 15:35大河原峠

行動時間:7時間35分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 …その4
2018/03/01(Thu)
弓立山の頂上にて、
スギ木立の向こう、手前左が金比羅山、右が愛宕山です。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (35)s


ちなみに金比羅山の奥がときがわ町のもう一つの愛宕山。

ティータイム。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (37)s


計画よりだいぶ時間が早かったので、
越生をめざすことにしました。

弓立山を南に下り、大附へ、さらに下り、八幡山神社です。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (39)s


大クスも見てみたいけど、またいつか。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (40)s


車道をひたすら歩き、越生梅林に到着。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (45)s


まだ咲きはじめのようです。

続いてせっかくですから、弘法山にも登ることにしました。
表、東側には回らず、西側の越生中の辺りから登ります。
一応山道があったのですが、
途中から高そうなところめがけて直登しました。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (46)s


頂上の神社の裏手に登り上げることができました。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (47)s


頂上から越生の街の方角。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (48)s


東側を下山し、
あとは越生駅まで車に気をつけながら歩きます。

工場の屋根の上に聳える弘法山。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (51)s


ランチはナマズの天ぷらの定食でした。



180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (52)s


18.02.24
07:49明覚駅 → 08:16愛宕山(183m) → 08:32金比羅山登山口 →
08:47金比羅山(213.5m) → 08:58太子堂 → 09:05八幡宮 → 
09:08弓立山登山口 → 09:48男鹿岩10:00 → 10:06弓立山(426.8m)10:27
→ 11:00八幡山神社 11:10大クス入口 → 11:53弘法山(164m)12:00
→ 12:35ランチ13:20 → 13:24越生駅

行動時間:5時間35分
歩行時間:4時間10分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |