FC2ブログ
愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 …その3
2018/02/27(Tue)
登りだしの階段はちょっときつかった。

でもその上は、地形図で見るとおり、ずっとこんな感じの登り。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (22)s


気持ちよく歩けます。

いつの間にか、40分も歩き、
東側を伐開してある大岩に到着。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (23)s


上に立ってみたいけど、
ちょっと登るのは危ないかなと思いつつ、
あちら側に回り込みます。

すると、これが男鹿岩ですね。
しかも、すぐに登れます。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (24)s


弓立山側から見たところ。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (25)s


もちろん上に登り、ひと休み。
関東平野へ展望がひらけます。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (27)s


都幾川をはさんで対岸、雷電山の中腹に女鹿岩もあるのですね。
そちらにもいつか行ってみたい。

すぐそこでスギの花も咲き始めています。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (29)s


男鹿岩からは、5分ほど弓立山山頂。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (30)s


三角点もあります。



180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (31)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 …その2
2018/02/26(Mon)
金比羅山は山麓からの標高差100mほど、
地形図に登路は記されていませんが、
どこから登っても登れそうです。

このお堂の裏、頂上から南東へ伸びる尾根を辿りました。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (12)s


何だかすごい藪に見えますが、
お堂の脇をすり抜け、裏手に回ると大したことはなく、
歩きやすそうなところを選びながら、
高い方へ向かいます。

15分ほどで頂上に飛び出しました。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (13)s


ちゃんと三角点もありますが、
もちろん展望なし。

おまけにも少し西の方が高そう。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (15)s


やっぱり。
一番高そうなところの木の根元に山名板がひっそり。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (16)s


そのまま西南西に尾根を辿り、
鞍部から谷筋についている踏み跡を北西に辿り、
下山。
墓地に下り、さらに下の道に着くと、太子堂がありました。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (17)s


ここから登ってもいいかも。

さて、次にめざすは弓立山。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (18)s


登山口近くの八幡神社。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (19)s


登山口が見つからず、少しうろうろ。
裏手に回り込む道を行くとありました。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (20)s


まずは厳しい階段登りから。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 …その1
2018/02/25(Sun)
この日は夕方にさいたま市内でご用があったので、
軽く八高線沿い?を明覚駅から越生駅まで歩きました。

歩き出しの明覚駅。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (1)s


無人駅のわりには立派な駅舎。

駅から線路沿いを越生方面に歩きます。

歩き出すとすぐに視界が開け、
今日のメイン弓立山(奥、頂上がはげて見える)と
愛宕山(手前中央)。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (3)s


ウメもちらほら咲いています。

アップにすればこんな感じ。


   180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (5)s


やがて道は線路を離れ、愛宕山へ東側から向かいます。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (7)s


愛宕山に突きあたった辺りを北に折れ、
団地を通り過ぎ、愛宕山の北側に回り込みます。

頂上の真北、車道の擁壁の上にお地蔵さまがいるところの
階段を上がります。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (8)s


地蔵堂の先、ロウバイが咲いている辺りで、
右に直上している山道があり、
道に従い、ひたすら上に。

落ち葉が厚く積もった急登にロープが張られてあったりします。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (10)s


ひと登りで頂上。
愛宕神社がありました。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (9)s


来た道を下り、舗装路を西へ、
愛宕山の山際を回って行きます。

途中、次の金比羅山(右)が見えました。


180224愛宕山~金比羅山~弓立山~弘法山 (11)s


左奥は弓立山の頂上です。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
掃部ヶ岳、1998年秋
2018/02/22(Thu)
この秋、榛名山の最高峰掃部ヶ岳に、
当時教えていた学生と登ったようです。

そんなこともあったのですね、覚えてないけど。

で記録を見ると、湖畔から硯岩経由で掃部ヶ岳、
杖の神峠に下り、李が嶽をめざしたようですが、
時間切れで手前で撤退したようです。



180210相馬山 (12)掃部ヶ岳s
18.02.10 掃部ヶ岳(奥)

98.10.30
09:40榛名湖畔 → 10:10硯岩10:20 → 10:55掃部ヶ岳(1449m)11:50
→ 13:10杖の神峠 → 標高1317mピークをピストンして →
14:45榛名湖畔

行動時間:5時間05分
歩行時間:4時間00分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フクジュソウ
2018/02/21(Wed)
唐沢山から下山して、
山麓の集落で、民家の庭先に咲いていました。
初春を代表する花ですね。

フクジュソウはキンポウゲ科なんですね。
キンポウゲ科といえば有毒と連想されますが、
やはりフクジュソウも有毒のようです。



フクジュソウ180212太田市唐沢山下 (2)s
18.02.12 太田市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オオイヌノフグリ
2018/02/20(Tue)
まだまだ寒いですが、
陽だまりから春がやって来ます。

オオイヌノフグリ、黄色い花の多い初春、
この子たちのみ空色は明るい気持ちを呼び覚まします。


オオイヌノフグリ180211渋川市 (2)s


オオイヌノフグリ180211渋川市 (3)s


オオイヌノフグリ180211渋川市 (4)s
いずれも、18.02.11 渋川市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | お花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
天王山、唐沢山周回 …その2
2018/02/18(Sun)
震えながらランチを終え、唐沢山に向かいます。

少しずつ唐沢山が近づいてきます。


180212天王山~唐沢山 (17)s


30分ほどで唐沢山到着。


180212天王山~唐沢山 (20)s


三角点アップ。


180212天王山~唐沢山 (21)s


山名板はこの方が味わいがあります。


180212天王山~唐沢山 (22)s


あずま屋もあり、整備されています。


180212天王山~唐沢山 (23)s


唐沢山辺りから天王山。


180212天王山~唐沢山 (24)s


左寄りの盛り上がりが天王山です。

下山はなるべくピストンしないように、
唐沢山の左の尾根を下ります。


180212天王山~唐沢山 (25)s


鉄塔をくぐり、分岐を北金井キャンプ場方面に進みます。


180212天王山~唐沢山 (26)s


北金井キャンプ場を過ぎ、集落の中を進み、
さらに菅塩沼方面に峠を越えます。


180212天王山~唐沢山 (27)s


最後の登りを終え、菅塩沼畔に無事下山しました。



180212天王山~唐沢山 (28)s


18.02.12
11:14菅塩沼 → 11:42天王山(243.0m) → 11:50天王山北鞍部 →
12:05日向山(220m)12:42 → 12:54菅塩沼 13:16唐沢山(261.1m)13:30
→ 13:48北金井キャンプ場分岐 → 14:27菅塩沼

行動時間:3時間13分
歩行時間:2時間22分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
天王山、唐沢山周回 …その1
2018/02/17(Sat)
連休3日目は、
太田市の天王山と唐沢山を回ってきました。

登山口は菅塩沼、菅塩沼の畔です。


180212天王山~唐沢山 (1)s


菅塩峠に向かい、歩道を歩き出しました。


180212天王山~唐沢山 (2)s


整備された歩道が続きます。
でも、このまま菅塩峠まで登ると、
天王山には少し遠くなるので、
地形図に載っている途中から北上する破線を狙ってみます。

菅塩沼から500mほど、
北西から沢が合流する地点にあずま屋があり、
その沢沿いに作業道が入っていました。
それを登り出します。


180212天王山~唐沢山 (3)s


さらに、途中から天王山北側の鞍部に登り上げる沢があったので、
そちらに入り、もうすぐ鞍部です。


180212天王山~唐沢山 (4)s


同じことを考える人がいるのでしょう。
薄くではありますが、踏み跡もありました。

鞍部につくと、立木に標が直書きされていました。

高い方に続く踏み跡を登ります。


180212天王山~唐沢山 (5)s


もうすぐ天王山山頂。


180212天王山~唐沢山 (9)s


天王山山頂に着きました。


180212天王山~唐沢山 (6)s


三角点もあります。


180212天王山~唐沢山 (8)s


来た道を鞍部まで戻り、
天王山歩北東側の小ピークの西側の歩道を巻き、
鞍部に到着。
菅塩峠まで0.9km。


180212天王山~唐沢山 (12)s


先ほどの鞍部、分岐から500m弱で小ピーク、日向山です。


180212天王山~唐沢山 (13)s


ここでランチとしました。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
城山~橘山~十二山 …その3
2018/02/15(Thu)
十二山からの榛名山。


180211城山~橘山~十二山 (24)s


榛名山のほぼ全容です。

こちらは、荒船山(左)と妙義山。


180211城山~橘山~十二山 (25)s


狛犬くんです。


180211城山~橘山~十二山 (26)s


十二山は南面から登りましたが、
下山は北面の道を辿りました。

赤城山よく見えます。


180211城山~橘山~十二山 (28)s


こちらは核心部のアップ。


180211城山~橘山~十二山 (27)s


そして、小野子山(左)と子持山。


180211城山~橘山~十二山 (29)s


十二山北西麓より、十二山を振り返ります。


180211城山~橘山~十二山 (30)s


あとはひたすら舗装路を歩き、登山口に戻りました。



180211城山~橘山~十二山 (31)s


18.02.11
10:24ばんどうの湯駐車場 → 10:28城山(208m) → 10:50橘山(228.1m)
→ 11:26十二山(240m)11:29 → 12:10ばんどうの湯駐車場

行動時間:1時間46分
歩行時間:1時間43分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
城山~橘山~十二山 …その2
2018/02/14(Wed)
橘山から十二山まではしばらく里歩きが続きます。


180211城山~橘山~十二山 (13)s


それなりに谷あり丘ありで、
遠くに見えるこんもりした森が十二山です。

10分ほど近づいた十二山。


180211城山~橘山~十二山 (14)s


この辺りからは赤城山が遮るものもなく美しく見えました。


180211城山~橘山~十二山 (15)s


左の三角が鈴ヶ岳、中央奥白くなっているのが地蔵岳、
その右が荒山、鍋割山。

振り返って、榛名山。


180211城山~橘山~十二山 (17)s


かわいらしい古墳がありました。


180211城山~橘山~十二山 (18)s


石室も残っています。


180211城山~橘山~十二山 (19)s


ようやく十二山の麓。


180211城山~橘山~十二山 (20)s


階段をひたすら登ります。


180211城山~橘山~十二山 (21)s


山頂の赤城神社。


180211城山~橘山~十二山 (22)s


よく見ると、鳥居の額に「赤城山」と書かれています。

石段は、333段あったんだ。



180211城山~橘山~十二山 (23)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
城山~橘山~十二山 …その1
2018/02/13(Tue)
赤城山の南西麓、長い裾の終わる辺りには
多くの小山が残っています。
ひとつひとつは登っていますが、
まとめて歩いてみたくなり、
今回は、渋川市北橘の城山から橘山を越え、
前橋市の十二山まで歩いてみました。

北橘温泉ばんどうの湯の駐車場のすみに車をおき、
まずは城山に登ります。
ほんの5分ほど。


180211城山~橘山~十二山 (1)s


ここは戦国時代の城跡だったんですね。
城山というくらいですから。
いまは山頂に宿泊施設があります。


城山から榛名山。


180211城山~橘山~十二山 (2)s


右から、水沢山、二ッ岳、相馬山です。

城山を南西に下り、橘山の全容です。


180211城山~橘山~十二山 (4)s


遠く、先日歩いてきた御荷鉾山が見えました。


180211城山~橘山~十二山 (6)s


左から、東御荷鉾山、
その肩に乗るようにあるのが釜伏山、
続いて東御荷鉾山、
右端少し切れているのがオドケ山です。

榛名山をもう一度。


180211城山~橘山~十二山 (7)s


橘山には北西側から登り、東側へ縦走します。

ここは標高200m辺り。


180211城山~橘山~十二山 (8)s


橘山山頂。


180211城山~橘山~十二山 (9)s


三角点だってあります。


180211城山~橘山~十二山 (10)s


そのまま東へ、北関東循環器病院の裏に下りました。


180211城山~橘山~十二山 (11)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
相馬山 …その2
2018/02/12(Mon)
さて、下山です。

下りながら、展望を楽しみます

まずは浅間山。


180210相馬山 (9)浅間山s


少し枝がうるさいですね。
コンデジで撮ると、枝にピントが合ってしまい、
今ひとつ。

こちらは榛名山の最高峰、掃部ヶ岳(奥)。


180210相馬山 (12)掃部ヶ岳s


手前は榛名富士です。
アップ。


180210相馬山 (11)掃部ヶ岳s


榛名湖北岸の山、烏帽子ヶ岳(右)と鬢櫛山です。


180210相馬山 (14)烏帽子ヶ岳・鬢櫛山s


奥の雪山は、草津白根山の辺り。

こちらは谷川岳方面。


180210相馬山 (15)谷川岳s


再び浅間山。


180210相馬山 (16)浅間山s


はい、無事下山です。



180210相馬山 (17)s


18.02.10
09:21ヤセオネ峠 → 09:39尾根分岐 → 10:05相馬山(1411m)10:24
→ 10:42尾根分岐 → 10:56ヤセオネ峠

行動時間:1時間35分
歩行時間:1時間16分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
相馬山 …その1
2018/02/11(Sun)
しばらく山に行ってなかったので、
過去の記録ばかりアップしていましたが、
久しぶりに登ってきました。

とは言え、午後に用事があったので、軽く相馬山です。
それでも、2週間ぶりの山行。
ちょっと体力が落ちたかな。

雪は山道で10cmくらい。
ぎりぎりスパッツをした方がいいかなって言うくらいです。

登山口の鳥居。


180210相馬山 (1)s


奥が相馬山です。

道はこんな感じです。


180210相馬山 (2)s


少し飛ばし気味に登り、40分余りで頂上。


180210相馬山 (3)s


頂上間近で一人すれ違っただけ、
誰もいない静かな山頂です。

遠く、御座山(右)。


180210相馬山 (4)御座山s


八ヶ岳と西上州、南牧村辺りの山。


180210相馬山 (5)八ヶ岳s


八ヶ岳のアップです。


180210相馬山 (6)八ヶ岳s


あちらに行ければよかったなぁ。

干し柿と一緒にコーヒータイム。


180210相馬山 (7)s


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
硫黄岳、1998年夏
2018/02/08(Thu)
このとき、いろいろあって
美濃戸口のはるか下から歩き、
硫黄岳へ登りました。

とても遠かったの覚えています。



140923横岳・硫黄岳 (23)s
14.09.23 硫黄岳

98.07.30
04:00標高1300m付近 → 04:40美濃戸口 → 05:40美濃戸06:00 →
08:05赤岳鉱泉08:25 → 09:45赤岩ノ頭 → 10:10硫黄岳(2760m)
→ 16:00標高1300m付近

行動時間:12時間00分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
加波山、1998年梅雨
2018/02/05(Mon)
山の手帳には登山口について、
「車道一番上  石切場上部」
とメモされています。

いったいどこから登ったのかな。

いずれにしても40分ほどで山頂に着いていますから、
無理をしてかなり上まで車で登ったようです。



120411丸山 (8)50
12.04.11 丸山から加波山

98.06.20
09:10車道一番上石切場上部 → 09:50加波山(708.8m)10:10
→ 10:35車道一番上石切場上部

行動時間:1時間25分
歩行時間:1時間05分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大峰山、1998年初夏
2018/02/03(Sat)
このときは10歳になった息子と二人、登りました。
その後は大峰山には登ってないようです。
最近はヤマビル巣窟と化しているので、
うっかり足もつけません。



ヤマビル160518安中市霧積
                            イメージ


まだ雪があるうちに行けばいいかな。



98.05.31
08:45登山口 → 09:10大峰沼 → 10:15大峰山(1254.4m)11:00
→ 12:20登山口

行動時間:3時間35分
歩行時間:2時間50分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
皇海山、1998年初夏
2018/02/02(Fri)
このときは当時所属していた老々男女な山の会のパーティでした。
そのわりに、稜線、山頂とも「雨」とメモされてますから、
がんばったのかな。
はっきり言って、何も覚えていません。



180107黒檜山~小地蔵岳 (16)s
18.01.07 長七郎山近くから皇海山

98.05.24
08:05皇海橋 → 09:50不動沢ノコル → 10:35皇海山(2143.6m)11:50
→ 12:20不動沢ノコル → 14:15皇海橋

行動時間:6時間10分
歩行時間:4時間55分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雌岳(榛名山)、1998年お正月
2018/02/01(Thu)
この山行はお正月早々に家族で登ったのですが、
まったく記憶がありませんでした。
ただ、家族で雌岳に登ったかとがあったなと言う程度。
このときのことだったか、別の機会だったか。
また、記録ではオンマ谷の駐車場から登ったようですが、
これはまったく覚えていません。



171203水沢山 (3)s
17.12.03 水沢山から二ッ岳、手前が雌岳、右奥が雄岳

98.01.02
10:30オンマ谷駐車場 → 11:20雌岳(1306m)12:25 → 13:00オンマ谷駐車場

行動時間:2時間30分
歩行時間:1時間25分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |