Archive: 2017年02月  1/1

コシオガマ

この花も秋の里山を彩る花の一つ。作業道際の日だまりに見つけると、ほっこりします。16.10.12 安中市にほんブログ村...

  •  0
  •  0

三毳山(みかも山) …その2

三毳山からの眺めです。まずは赤城山。見る角度によりだいぶ山容が違いますね。その右、袈裟丸山(左)と皇海山。さらに右、奥日光の男体山から女峰山です。頂上でゆっくりしたあと、さらに北側、かたくりの里まで縦走しようと計画していましたが、計画を変更し、花センターに下ることにしました。登ってきた道をひと下りで分岐。上部はアズマネザサの藪でしたが、もちろん歩道はしっかり整備されていますよ、花センター近くはきれ...

  •  0
  •  0

三毳山(みかも山) …その1

昨日は三毳山を歩いてきました。山麓、国道50号線はよく行き来しますが、登るのは何十年ぶりかしら、本当に久しぶりです。南麓、道の駅みかもに車をおき、三毳神社から直登のコースになんとなくなりました。ひたすら階段。また階段。それでも、階段の上に何か建物が見えたような…。三毳神社の奥社を越えて、209.8m峰、中岳手前から、筑波山。中岳の三角点。中岳を越えて、左側には浅間山。こちらは赤城山。鍋割山から黒檜山まで...

  •  0
  •  0

リンドウ

秋の里山にも、美しいお花がありますね。しかも、お花の中で活躍しているものもいるし。いずれも、16.10.12 安中市にほんブログ村...

  •  0
  •  0

オニシオガマ

白馬岳から下山し、栂池ロープウェイの直前、疲れを癒やしてくれました。16.08.21 小谷村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

西御荷鉾山、1993年春

このときも家族とともに登ったようです。そのように記録が残っていますから。スーパー林道、それも一番短い南側からの道を登り、投石峠に下り、車に戻ったようです。一応周遊したのですね。そう、なんとなく思い出してきました。素晴らしいお天気で、頂上からの眺めがよかったように思います。16.11.23 塚山辺りからの御荷鉾山、左が西御荷鉾山コースタイム93.05.0410:50西御荷鉾山中央登山口 → 11:20西御荷鉾山(1286.5m)12:...

  •  0
  •  0

チシマギキョウ

よくもまあこんな厳しい環境で、しかも岩の隙間で花開いていること。がんばらなくちゃって元気をもらいます。16.08.21 白馬岳にほんブログ村...

  •  0
  •  0

ノアザミ

たぶんノアザミ。この辺りは難しいですね。いつか腰を据えて見比べないといつまで経ってもあやふやなままでいそう。16.07.31 東御市にほんブログ村...

  •  0
  •  0

イワベンケイ

その名のとおり、多肉質の葉を重ね、厳しい高山の環境にすくっと立っているような感じです。力強さを感じますね。この株は雌株のようです。16.07.24 富士見町にほんブログ村...

  •  0
  •  0

庚申山

近くの庚申山に日だまりハイク。この日はだるま池の端に車をおき、すぐに東側の尾根に向かう山道を登り出しました。少し登ったところで振り返ると、だるま池が見えます。だるま池東側の尾根に登り上げ、少し進むと展望台から登ってくる道に合流します。さらに進むと、南側が開けてきて、武甲山が見えました。武甲山手前、そして関東平野方面を遠望すると、鉄塔がいっぱい。南西方面には東御荷鉾山(左奥)と西御荷鉾山(中央やや右...

  •  0
  •  0

タカネナデシコ

ナデシコは大好きな花のひとつです。風に揺れるやさしい感じがいいですよね。被写体としては、花びらの先端が傷みやすいのと、わずかな風にも揺すられるのが難点です。まっ、とりあえず見て楽しむからいいのですが。いずれも、16.07.24 富士見町にほんブログ村...

  •  0
  •  0

茶臼山、1993年冬

茶臼山はあちらこちらにあるけど、これは桐生市の茶臼山です。標高は294m、かわいいお山です。このときは、樹徳高校のグランドから家族で登りました。しばらく、谷間を登るのですが、常緑広葉樹の森が少しめずらしかったのを覚えています。16.02.06 東の尾根から茶臼山を望むコースタイム93.02.1110:30樹徳高校グランド付近 → 11:15茶臼山(294.0m)12:20 → 12:55樹徳高校グランド付近行動時間:2時間25分歩行時間:...

  •  0
  •  0

トウヤクリンドウ

トウヤクリンドウの緑がかった白、素敵な色です。見かけると、ひとつひとつのお花にあいさつをしてまわりたくなります。16.08.21 白馬岳にほんブログ村...

  •  0
  •  0

ヤマボウシ

ヤマボウシの実、少し変わった甘さがありますね。おいしいって思えますが、次々に食べようとはしません。う~ん、なんだろう…酸味が足りないかしら。いずれも、16.10.02 富岡市にほんブログ村...

  •  0
  •  0

大小山、1993年冬

大小山、足利市と佐野市の境にあり、山頂近くに「大」「小」の文字がかかっています。このときは家族で登ったのですが、細かいことは何も覚えていません。阿夫利神社から2本ある登山道をおそらくは周遊したんだと思いますが、さて。また、頂上でずいぶんゆっくりしてますから、息子もいっしょだったし、きっとラーメンくらいは作ったことでしょう。16.04.30、富田駅近くから大小山コースタイム93.01.2311:00阿夫利神社 → 12:00...

  •  0
  •  0

チシマギキョウ

チシマギキョウの青紫色。大好きな色の一つです。森林限界を超えた稜線で出会うと、疲れを吹き飛ばす冷静さに帰れます。16.07.24 富士見町にほんブログ村...

  •  0
  •  0

ケナツノタムラソウ

かわいらしい白い花に似合わず毛むくじゃら。でも、長くのびたおしべが素敵です。いずれも、16.07.18 前橋市にほんブログ村...

  •  0
  •  0

羽黒駅~益子駅縦走 …その3

三登谷山は栃木北部の山を眺める絶好の展望台でした。まずは、高原山(左)辺りと那須連山。奥日光の山々。霞んではいますが、左から錫ヶ岳、日光白根山、男体山、太郎山、大真名子山、小真名子山、帝釈山、女峰山、赤薙山でしょうか。下山は展望コースを取り、栗生へ。途中、雨巻山と歩いてきた尾根が見えました。栗生に下山。車道を益子に向かってテクテクです。計画どおり高館山をのっこすか、南麓を巻いて車道を歩き続けるか悩...

  •  0
  •  0

羽黒駅~益子駅縦走 …その2

ここからはしばらく山村ハイクです。坂本観音、階段が続き、その先にいい感じに建物が見えましたが、長い旅程を考えると、ここで無駄な体力は使えないとパス。坂本まで下り、右に折れ、奈良駄峠への分岐の入新田まで車道歩き。奈良駄峠付近は以前石切場があったらしく、そこに続く車道が、荒れてはいますが途中まで続いています。230mくらいで谷添いに入り、まっすぐ奈良駄峠に登り上げるわけですが、どうしたことか道を見失い...

  •  0
  •  0

羽黒駅~益子駅縦走 …その1

ここしばらくまともに歩いていなかったような気がして、がっつり歩けるコースを思案していて、思いついたのがこれ。羽黒駅から山越え谷越え益子駅まで、なんとか一日で歩き切れそうだし、歩ききらないと交通機関がないのもいいかな。絶対に歩くぞとモチベーションが上がります。始発電車に乗り、羽黒駅に降り立ったのが8時15分頃。この歩き出し時間が遅いのが最大の課題だったのですが、仕方ありません。身支度を整えて、歩き出...

  •  0
  •  0

女峰山、1992年暮れ

このときは、同じ会に属する4人での山行でした。おそらく日光の市街地に車をおき、東照宮の裏からまっすぐに女峰山をめざし、歩き出しました。緩やかな登りを進み、水呑でテントを張り、一日目は終了。水場も近いし、カラマツ林の中の快適なテン場でした。水場のせいでしょうか、夜になると、シカの群れが現れ、テントの周りを走り回り、怖かったのを覚えています。二日目は山頂をめざし、ひたすら登りです。このルートのよいとこ...

  •  0
  •  0

コメツツジ

実は昨年、これらの花を観るまで、コメツツジを全く意識しておりませんでした。恥ずかしい。出会い、名前を知ると、とてもかわいらしい素敵な花、植物に思えます。いずれも、16.07.18 前橋市にほんブログ村...

  •  0
  •  0