12//1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.//02

私のきれぇい&かわゅい♪

obtusaにとって、きれぇい♪かわゅい♪ものを紹介していきまぁす(^^)/

ムラサキシキブ 

ムラサキシキブの色、
まれに見る美しさと思います。
この画像はもう実が熟して落ち始めているのか、
少ないのですが、
鈴なり、いっぱいに付いているときは見事ですね。
でもね、園芸品種のように付きすぎてるの品がなく感じます。
色合いの少ない秋、山道で出会うくらいが美しいのでしょうか。


ムラサキシキブ161029音羽山 (3)s
16.10.29 高崎市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[edit]

page top

トネアザミ 

間違いなくトネアザミか?と聞かれると少し不安。
アザミの仲間は本当に難しいです。
花があればよかったのですが、
まだ花期ではありませんでした。


トネアザミ160718赤城・地蔵岳 (4)s


トネアザミ160718赤城・地蔵岳 (2)s


トネアザミ160718赤城・地蔵岳 (5)s


トネアザミ160718赤城・地蔵岳 (3)s
いずれも、16.07.18 前橋市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[edit]

page top

遠ノ平山 

小川町と嵐山町の町境の山、遠ノ平山に行ってきました。
お山だけ往復すると、歩き足りなそうなので、
道の駅おがわまちに車をおき、山里歩きもしました。

まずは道の駅からの遠ノ平山。

170128遠ノ平山 (1)s

車道を遠ノ平山に向かい歩きます。
だいぶ近づいてきました。

170128遠ノ平山 (2)s

あの鉄塔の奥が山頂かしら。

登山口の八坂神社の鳥居。

170128遠ノ平山 (3)s

雰囲気のある石段が続いています。

170128遠ノ平山 (4)s

ずいぶんと石段を登って、ようやくお宮です。

170128遠ノ平山 (6)s

本殿の右側から裏手に回ると
尾根上にまっすぐと道が続いています。

170128遠ノ平山 (7)s

やがて鉄塔の下で西に伸びる尾根に登り上げ、
右へゆっくり登っていくと頂上。

170128遠ノ平山 (8)s

大きな石碑が立っていました。
八海山と御嶽山と三笠山が合わせてあります。

空は青くきれい。

170128遠ノ平山 (11)s

ランチをすませ、登ってきた尾根を下ります。
帰りは八坂神社の方に折れず、西へまっすぐ進みました。

標高140m付近に下る道を分けます。

170128遠ノ平山 (12)s

さらに行くと、お墓があったりしながら里へ。

遠の平山登山口の標がひっそり帽子をかぶり、立っていました。

170128遠ノ平山 (13)s

里からあらためて遠ノ平山。

170128遠ノ平山 (14)s

帰りは車道を歩くのも退屈なので、
槻川近くまで行き田園風景の中、
遠回りして道の駅に戻りました。

遠ノ平山遠景です。


170128遠ノ平山 (15)s

コースタイム
17.01.28
10:55道の駅おがわまち → 11:11八坂神社鳥居 → 11:16八坂神社本殿
→ 11:25遠ノ平山(200m)12:17 → 12:34登り口 → 13:00道の駅おがわまち

行動時間:2時間05分
歩行時間:1時間13分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[edit]

page top

燧ヶ岳、1992年初冬 

このときは5人で、雪の尾瀬、燧ヶ岳をめざしたようです。
一日目は、大清水から入山し、尾瀬沼に向かいました。
どの辺りから積雪があったのか、もう思い出せません。
おそらく大清水には多少の積雪があったのではないでしょうか。

ゆっくりと尾瀬沼、長蔵小屋に到着、
テントを張り、きっとそこらをうろうろしつつも、
担ぎ上げたビールなどを飲んでいたことと思います。



160729鳩待峠~富士見峠~一ノ瀬 (24)s
16.07.29 南岸より燧ヶ岳


翌日は早朝より歩き出し、
まずは俎嵓、そして私を含め二人だけ柴安嵓にも登りました。
このとき、柴安嵓へは腰近くまでラッセルがあったのを覚えています。
若かったななぁ。

登りと同様長英新道を下山し、
テントを撤収して、大清水に下山しました。

コースタイム
92.11.28
10:30大清水 → 11:30一ノ瀬 → 13:00三平下 → 14:10長蔵小屋
行動時間:3時間40分

92.11.29
07:30長蔵小屋 → 30分休憩 → 11:20燧ヶ岳俎嵓(2346.2m)11:45
→ 12:10燧ヶ岳柴安嵓(2356m) → 長蔵小屋 → 16:40大清水
行動時間:9時間10分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[edit]

page top

ヤマハハコ 

泉ヶ岳の中腹、
すっかりドライフラワーになっていました。

それでも晩秋を彩っています。
美しくもあり、
季節に残されたもののようでもの悲しくもありです。


ヤマハハコ161106泉ヶ岳 (1)s



ヤマハハコ161106泉ヶ岳 (4)s
いずれも、16.11.06 仙台市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[edit]

page top

ネコシデ 

鳩待峠からアヤメ平方面に歩き出して
すぐ見かけました。


ネコシデ160729鳩待峠 (4)s
16.07.29 片品村

歯や果穂の様子からカンバの仲間だとは思いましたが、
くわしい人に聞いて、ようやく名前がわかりました。

「シデ」とつきますが、カンバの仲間です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[edit]

page top

物見山(東松山市) 

続いて、東松山市の物見山に登りました。

駐車場に車をおき、ひと登り。

物見山頂上です。

170121物見山(東松山市) (1)s

なぜか途中に三角点がありました。

そして、物見山の解説。

170121物見山(東松山市) (2)s

ナビに物見二ノ山とあった、その先のピークにも行った見ました。

170121物見山(東松山市) (3)s

あずまやがあるだけですけど、のんびりできそう。

ツツジの名所だそうです。


コースタイム
17.01.21
11:43物見山駐車場 → 11:45物見山(134.9m) → 11:55物見二ノ山
→ 12:01駐車場

行動時間:0時間18分
歩行時間:0時間18分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[edit]

page top

おしゃもじ山(鳩山町) 

埼玉県鳩山町の南部、今宿にあるお山です。
漢字で書くと、お杓母神山なのだそうです。
近くにお杓母神様が祀ってあるとか…。

今宿の交差点辺りで車をおけるところを見つけ、
歩けばよかったのですが、
車道があったので、
おしゃもじ山と今宿小学校のあいだの道に乗り入れてしまいました。
途中を左に曲がり、
おしゃもじ山の中腹を巻くように進み、
北東側の路肩に駐車して歩き出しました。

がんばって歩き、山頂へ。

170121お杓母子山(鳩山町) (2)s

頂上からは、飯能、毛呂山、越生辺りの山々が見えます。
それにしても鉄塔がいっぱい。

山頂には立派な展望台がありました。


170121お杓母子山(鳩山町) (4)s

コースタイム
17.01.21
11:09駐車場 → 11:13おしゃもじ山(62.4m)11:26 → 11:28駐車場

行動時間:0時間19分
歩行時間:0時間07分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[edit]

page top

城山(坂戸市) 

この日、ご用があって川越へ。
そこで帰りながら、かわいらしいお山を拾って歩くことに。
まずは、坂戸市南部の城山へ。

団地の一番上にグラウンドがあって、
そこの駐車場に車をおかせていただきました。

すぐに案内板。

170121城山(坂戸市) (1)s

多和目城址だったんですね。
それで城山ですね。

多和目城の案内板の左側に登っていく道があります。

170121城山(坂戸市) (2)s

突き当たりまで登り、右に曲がると水道施設。

その向こうに、多和目城跡の標。

170121城山(坂戸市) (3)s

この辺りに三角点があるのかなと
藪の中を探してみましたが、見つかりません。
あきらめて下山しようと歩き出すと、
水道施設の柵の中に!?

170121城山(坂戸市) (4)s

三角点(おそらく)がありました。


コースタイム
17.01.21
10:34グラウンド駐車場 → 10:36城山(113.2m)10:41 → 10:43グラウンド駐車場

行動時間:0時間09分
歩行時間:0時間09分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[edit]

page top

クサギ 

クサギ、普通に低山で見られる地味な低木。
その名のとおり、少しいやな臭いがするのが特徴です。

でも、秋になると、紺青の実、今様色のがくがにぎやかで、
楽しい樹木になります。


クサギ161002富岡市 (2)s


クサギ161002富岡市 (7)s


クサギ161002富岡市 (1)s
いずれも、16.10.02 富岡市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[edit]

page top

スギヒラタケ 

苔むした切り株に純白のスギヒラタケ。
美しいなって思います。

でも、写真はうまく撮れないんですよね。


スギヒラタケ161004双子池 (3)s
16.10.04 佐久穂町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[edit]

page top

破風山(富岡市) …その2 

頂上は絶景。
鏑川の谷が一望です。

まずは、頂上の祠と稲含山(中央)。

170114破風山 (17)s

あらためて稲含山、アップです。

170114破風山 (13)s

小沢岳。

170114破風山 (14)s

南牧村の槍ヶ岳と言われています。

左が四ッ又山、右は鹿岳。

170114破風山 (15)s

中央はしれいた山かな。

左奥は物語山、手前の岩峰は鍬柄山。

170114破風山 (16)s

鍬柄山(左)と大桁山。

170114破風山 (18)s

さて、予定はこのまま縦走して
南蛇井駅方面に下山するつもりでしたが、
破風山の登りで時間を取ってしまったので、
登山記録の多い中村、最興寺方面に下りることにしました。

頂上稜線の少し下ったところから振り返り破風山頂上と大桁山。

170114破風山 (22)s

尾根を東にたどり、鞍部の岩場を過ぎた辺りから、
適当に斜面を下りました。
およそ、最興寺に下る尾根に沿った感じ。

岩場が多いです。

振り返って、破風山の岩壁。

170114破風山 (23)s

厚い落葉の上をずるずる滑るように下り、最興寺に。

千平方面に車道を歩きます。

途中から、破風山を振り返ります。

170114破風山 (24)s

あの岩の周りでうろうろ登り口を探したんですね。

そして、破風山から右の岩がごつごつした尾根のすぐ下を下山しました。

170114破風山 (25)s

さすがに西上州。
450mほどの山、里から近い尾根ですが、
油断はできないと、肝に銘じました。


コースタイム
17.01.14
08:55道の駅しもにた → 09:10千平駅踏切 → 09:31作業道終点(370m付近)
→ 09:36尾根 → 10:30破風山(450m)10:57 → 11:31最興寺 →
11:58道の駅しもにた

行動時間:3時間03分
歩行時間:2時間36分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[edit]

page top

破風山(富岡市) …その1 

午後からお仕事の土曜日。
以前から気になっていた富岡市の破風山に登ってきました。

ピストンではつまらないので、
道の駅しもにたに車をおき、
千平駅側から南蛇井駅方面に抜けるように
縦走の計画を立てました。

破風山ブログ用

小雪が舞う中、道の駅を出発です。

めざす破風山。

170114破風山 (1)s

西(左)から登り、東(右)へ歩く予定です。

国道を下仁田方面に100mほど行き、
不通(とおらず)渓谷への道に入ります。
畑の中を行くと、正面やや左に
鍬柄(くわがら)岳(手前の岩峰)と大桁山が見えます。

170114破風山 (4)s

左にはこれから歩く予定の尾根。

170114破風山 (5)s

中央の台形の岩山が破風山です。

不通渓谷に架かる橋から破風山。

170114破風山 (6)s

千平駅。

170114破風山 (7)s

たまたま電車がきました。

千平駅の先で踏切を渡り、100mほど行ったところを
右に入ります。

170114破風山 (8)s

そのまま車がようやく通れるくらいの山道を
404mの標高点をめざし登ります。

直前の分岐は左をたどり、終点から藪をわずかに漕いで尾根へ。
東へひと登りで404m標高点峰です。

破風山が見えます。

170114破風山 (9)s

尾根沿いには踏み跡がしっかりついています。
日陰にはうっすら雪が積もっていました。

170114破風山 (10)s

やがて破風山の岩棚の下に到着。

170114破風山 (11)s

とても登れないので、
踏み跡がしっかりある北(左)側に回り込みました。
登れそうなところは見つからず、
岩棚の東端へ。
こわごわ途中まで登りましたが、
最後の数mが無理そう。
登れないはずはないので、根元まで下り、
さらに南側に回り込み、少し行くと
比較的簡単に登れました。
結局岩棚の周りを3/4周した感じです。
最初から南側に回っていれば簡単だったのに。

岩棚の東端に登り着き、
やや高い西側をめざして進みます。

やれやれ、ようやく頂上。

170114破風山 (12)s

怖い思いをして無理矢理登らなくてよかったし、
あきらめなくてよかったとつくづく思いました。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[edit]

page top

コアジサイ 

10月末ですから、
コアジサイもドライフラワーになっています。
なかなかいい感じ。

コアジサイ161029音羽山 (2)s


真ん中でこちらを向いているやつ、
なんか写真目線のお顔に見えます。


コアジサイ161029音羽山 (3)s
いずれも、16.10.29 高崎市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[edit]

page top

オヤマボクチ 

秋が深まってもオヤマボクチはオヤマボクチ然としています。

オヤマボクチ161106泉ヶ岳 (1)s


オヤマボクチ161106泉ヶ岳 (3)s
いずれも、16.11.06 仙台市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[edit]

page top

ハナビラタケ 

最近はきのこから遠ざかったいますが、
これは昨夏、八ヶ岳山麓で見かけたハナビラタケ。
雨に濡れて、だいぶしっとりしています。


ハナビラタケ160724富士見町 (2)s
16.07.24 富士見町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[edit]

page top

オドケ山、1992年秋 

オドケ山は、御荷鉾山の西、
御荷鉾スーパー林道脇のかわいらしいお山です。
意外に遠くからも見え、
東御荷鉾山、西御荷鉾山の妹分のようにして
存在感を示しています。

そんな山頂に家族で立ちました。


140613赤久縄山 (3)s
14.06.13 赤久縄山からオドケ山(左手前、木立のすぐ上)、西御荷鉾山、東御荷鉾山、
雨降山と続く稜線

コースタイム
92.11.03
10:25登山口 → 11:00オドケ山(1191m)12:25 → 12:50登山口

行動時間:2時間25分
歩行時間:1時間00分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[edit]

page top

ニッコウキスゲ 

赤城山のニッコウキスゲはぱらぱらと咲いている程度。
昔はどうだったのでしょう。
シカの好物で、
尾瀬ではどんどん食べられてしまっているようです。


ニッコウキスゲ160718赤城・地蔵岳s


ニッコウキスゲ160718赤城・地蔵岳 (3)s
いずれも、16.07.18 前橋市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[edit]

page top

ヤナギラン 

群生していると迫力がありますが、
数本だと少しさみしい感じですね。

夏の高原、強い日差しの中、
咲き誇っている姿を思い浮かべ、
元気をわけてもらいましょうか。


ヤナギラン160731池ノ平s


ヤナギラン160731池ノ平 (3)s


ヤナギラン160731池ノ平 (2)s
いずれも、16.07.31 東御市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[edit]

page top

桜山 

年末に風邪をいただいて、
無駄に好天を見送った休み。
最終日に少しだけと、冬桜を見に行ってきました。

歩き出しは桜山公園、第1駐車場。

展望台を過ぎれば御荷鉾山が大きい。

170103桜山 (1)s

東御荷鉾山と西御荷鉾山。

少しひいて、左は雨降山。

170103桜山 (2)s

階段を直登で、桜山頂上です。

170103桜山 (4)s

風の当たらない南側でランチにしました。

桜はまだ咲いていますが、だいぶ散ったようです。

170103桜山 (5)s

花殻が残っています。

北側に回ると満開。

170103桜山 (7)s

来た道を戻りましたが、
途中から鎌取山と日向の集落が山里らしい雰囲気。

170103桜山 (11)s

振り返って、桜山。

170103桜山 (13)s

池の鯉。


170103桜山 (14)s

コースタイム
17.01.03
12:04第1駐車場 → 12:18桜山(591m)12:50 → 13:12第1駐車場

行動時間:1時間08分
歩行時間:0時間36分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[edit]

page top

イワショウブ 

イワショウブと言いながらも湿原の花なんですね。

これまで何度も足を運んでいる尾瀬。
昨夏、はじめて意識して観ることができました。

イワショウブ160729大清水平 (4)s


イワショウブ160729大清水平 (5)s


イワショウブ160729大清水平 (3)s
いずれも、16.07.29 片品村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[edit]

page top

皇海山、1992年秋 

めずらしく職場の後輩と登ったようです。
まだ先輩面をしたいという欲があったのですね。

最近は家族以外で誰かと一緒に歩くのは
ごくごくまれ。

そのうち、人知れず朽ち果てるようなことになりそうです。

そう皇海山でした。

このときは群馬県側、
いつ落石があるかわからないような林道を延々と行き、
皇海橋からのピストンでした。


160612長七郎山~オトギの森 (5)s
16.06.12 赤城山から皇海山(右奥)

コースタイム
92.10.31
08:30皇海橋 → 15分休憩 → 09:55稜線 → 10:35皇海山(2143.6m)11:10
→ 13:15皇海橋

行動時間:4時間45分
歩行時間:3時間45分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[edit]

page top

ヒメコゴメグサ 

権現岳への登り、
白い小さな花がいっぱい咲いていました。
座り込むと、愛嬌たっぷりのお花。

元気が出ますね。


ヒメコゴメグサ160724富士見町 (2)s
16.07.24 富士見町



明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[edit]

page top