Archive: 2016年09月  1/1

コアジサイ

蒸し暑い梅雨時期、山歩きの途中の一服の清涼剤ですね。いずれも、16.07.03 高崎市にほんブログ村...

  •  0
  •  0

マタタビ

初夏、葉が白くなるので遠くからでもよくわかります。あらためて観ると、本当に真っ白です。よくここまで白くなるものですね。そして、花が咲いていました。マタタビの花、しっかり観たのははじめてかもしれません。いずれも、16.06.12 前橋市にほんブログ村...

  •  2
  •  0

アズキナシ

やや緑の深まった森で白い花はめだちます。いずれも、160612 前橋市にほんブログ村...

  •  0
  •  0

飯盛山 …その2

飯盛山から富士山。御座山。頂上手前の鞍部でゆっくりした後、平沢山をめざします。平沢山途中から振り返って飯盛山。それにしてもかわいらしく、美しい山です。本当に誰かが盛ったようです。こちらは富士山。赤とんぼ。平沢山。平沢山から、飯盛山と富士山。そしておろらく奥秩父の山々。そのまま平沢山を越え、獅子岩駐車場に戻りました。コースタイム16.08.0909:15獅子岩駐車場 → 10:15飯盛山(1643m)10:50(鞍部での休憩を...

  •  0
  •  0

飯盛山 …その1

軽く飯盛山の記録です。獅子岩からのピストンになります。まずは朝の八ヶ岳。飯盛山マップ。尾根から、手前左が男山、右が天狗山、中央奥が御座山。少し遠い飯盛山。少し近づいた飯盛山。平沢山との鞍部から飯盛山。頂上付近アップ。もうすぐ頂上。頂上と富士山。いったい何年ぶりだろう。もっと広々した印象がありましたが、植生保護でロープが張られ、腰を下ろす場所さえありませんでした。…つづくにほんブログ村...

  •  0
  •  0

安達太良山 …その6

笹平分岐から箕輪山。そして反対側、鉄山。途中の沢で水を飲み、長い下りの末ようやく僧悟台中心部。霧降滝分岐とも読めます。霧降の滝に下る道があったようです。木々の間から安達太良山。そして、箕輪山方面。そしてそして、さらに長い下りの末、馬返し前、最後の丸木橋。今朝、まだ暗いうちに通った分岐に戻ってきました。無事下山。ずっと行動食だけで歩いたので、お疲れです。安達太良SAに寄り、まず一杯。そして、安達太良...

  •  0
  •  0

安達太良山 …その5

鉄山を辞して、避難小屋へ。箕輪山が大きくなだらからに広がっていました。道もしっかりしてそうだし、この日最後のピークです。鉄山避難小屋。立派できれいな小屋でした。でも、水場なし、トイレなしです。ここに泊まることを前提にした山行は無理かな。小屋の近くで一休みして、笹平へ下り、箕輪山に登り返します。この登り、本当につらかった。身体も疲れてきているのでなおさらですね。で、箕輪山。今日の道を振り返ると、安達...

  •  0
  •  0

安達太良山 …その4

さて、船明神山から主稜線に戻ります。反対向きに眺めて沼ノ平は奇観ですね。何度眺めても安達太良山主峰はいいです。もう一度登りたくなりますが…。北を向き、矢筈森をめざします。しっかりと矢筈森頂上を踏み、安達太良山方面を振り返ります。そして沼ノ平。やっぱり奇観。すごい迫力です。東側、くろがね小屋方面です。そして、少しばかりつらい登りに耐え、鉄山山頂。あらためて、来た道を振り返ります。安達太良山、矢筈森、...

  •  0
  •  0

安達太良山 …その3

安達太良山からの眺め。最初に目をひくのは磐梯山。手前は船明神山。こちらはこれから歩く尾根。矢筈森、鉄山、箕輪山と続きます。遠くに吾妻の山並みが見えます。頂上を辞して、箕輪山への縦走路に入ります。船明神山への分岐から船明神山。沼ノ平の景観、異観。すごい迫力でした。船明神山の山頂。何もない。一応、高そうな藪の中も歩き回ってきました。そして、磐梯山。振り返って、先ほどたっていた安達太良山頂上。人が立って...

  •  0
  •  0

安達太良山 …その2

くろがね小屋の上、源泉に続く道。昔はこのまま直登する道があったようですが、今は廃道になっています。また、谷が白くなっているのがわかると思います。雪かなと思いましたが、どうやら火山活動に伴う噴出物なんですね。峰の辻から安達太良山山頂。乳首と呼ばれているようですが、まさしく。表登山口からの道との合流地点、稜線に出たところからの乳首。振り返ると、いま登ってきた道とこれから縦走する尾根が見渡せます。もうす...

  •  0
  •  0

安達太良山 …その1

何十年も郡山・福島間を行き来するたび眺め、憧れていた安達太良山。ようやく登る機会を得ました。というか、登りに行きました。安達太良山はじめ、主だったピークを踏みたいのと、誰かが歩いてみたいと言っていた僧悟台も歩けるかなと言うことで、二本松塩沢スキー場からの周遊コースを取りました。前夜を道の駅つちゆで過ごし、登山口の駐車場に早朝移動し、登り出しました。まだ暗い登山口。馬返し。いっぱい案内がついています...

  •  0
  •  0

池ノ平湿原周遊 …その4

三方ヶ峰でゆっくりした後、見晴岳をめざします。途中、池ノ平をのぞみます。篭ノ登、水ノ塔、黒斑、高峯山の裾が囲みます。見晴岳下のコマクサの群落を眺めながら、見晴岳へ。この前来たときは、頂上を軍団に占拠されていて、しっかり踏めなかったので、今回は何度も踏ましていただきました。烏帽子岳。雲上ノ丘から池ノ平。雲が湧いてきました。池ノ平アップ。鏡池。そして、赤とんぼと烏帽子岳。湯ノ丸山。ほどなく駐車場に戻り...

  •  0
  •  0

池ノ平湿原周遊 …その3

忠治の隠岩のところを右に曲がり、突き当たりの鏡池に行ってみました。ゆっくり山行でなければ行けないところです。その名のとおり静かな湖面です。池ノ平の向こうに黒斑山がゆったりとかまえています。鏡池と篭ノ登山。篭ノ登山から水ノ塔山への稜線。三方ヶ峰への稜線に上りあげて、富士山と赤とんぼ。手前は奥秩父、瑞牆山、金峰山辺りでしょうか。八ヶ岳もよく見えています。三方ヶ峰から。雲が湧き出してきました。…つづくに...

  •  0
  •  0

池ノ平湿原周遊 …その2 花たち

池ノ平周辺のお花たちを紹介します。クガイソウクルマユリコマクサ少し遅めでした。ツリガネニンジンノアザミバイケイソウマツムシソウマルバダケブキほかにも多くの花が咲いていました。それらはまた別の機会に紹介していきます。花が多く見られるからでしょうか、自然観察会なども開催していました。説明を聞きながら、にぎやかに見て回るのもいいですけど、ゆっくりじっくりお花たちとお話ししたり、様々静かに思いを巡らすのも...

  •  0
  •  0

池ノ平湿原周遊 …その1

足弱のお友だちを連れて、さてどこに行きましょうか?と思ったとき浮かんだのが、池ノ平湿原。三方ヶ峰を回ればピークも踏めますし…。まずは車坂峠からの眺め。ここはいつも富士山が美しく見える場所。この日もばっちりでした。北八もばっちり。そして、八ヶ岳南部。かっこいいです。高峯温泉の前まで行くと、何とゲートが閉まっているではないですか。これはまずいときょろきょろすると、7時開門の様子。少し待ちましたが、タイ...

  •  0
  •  0

鳩待峠~富士見峠~尾瀬沼~三平峠 …その2

アヤメ平から富士見小屋へひと下り。小屋は閉まっていますが、公衆トイレは生きていて、トイレタイムです。地図には水場が示されていますが、なかったような…小屋が閉まっているからかな。小屋からアンテナがあるところまでは車の通れる道を歩き、そこからまた山道へ。こちらは鳩待通りとは違い木道の整備はされていないようです。だいぶ傷んでいます。それでも、ひと登りであこがれの白尾山。途中、気をつけていましたが、あこが...

  •  0
  •  0

鳩待峠~富士見峠~尾瀬沼~三平峠 …その1

尾瀬に行ったというお話をよく聞くので、久々に行ってきました。といっても、鳩待峠から富士見峠、尾瀬沼、一ノ瀬へ下ったので、尾瀬に行ったことにならないかも…。戸倉始発のバスで鳩待峠へ。まだ暗い。同じバスの人は皆さん、尾瀬ヶ原方面へ。鳩待通りアヤメ平方面に向かう人はいません。横田代手前あたり。思いきり視界が悪いわけではありませんが、霧がまいています。横田代に着きました。長い山旅に思いを巡らすような霧の中...

  •  0
  •  0

西岳~権現岳~編笠山 …その3

さて、ほぼ一か月ぶりの更新になります。パソコンが新しくなったのでストレスなく作業ができるのがいいですね。権現岳からの展望です。ギボシ。十分にかっこいいです。ノロシバから青年小屋、そして雲に隠れそうな編笠山。これから、編笠を越えられるかな。編笠山の頂上が見えてきました。頂上を辞して、三叉路まで戻ってのキレット側。近いうちに歩きたいですが、さて…。名残惜しく、権現岳を振り返ります。また、ギボシを越え、...

  •  0
  •  0