Archive: 2016年04月  1/1

タチツボスミレ

アスファルトとコンクリートの継ぎ目のわずかな隙間から、毎年、花を咲かせます。美しいですね。しかも生き延びる強さが感じられます。16.03.30 榛東村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

相馬山

ゴールデンウィーク、朝から高速道路の渋滞情報を聞かされるとげんなりです。毎年のことだけど、遠出はなしで近場のお山に…ということで、今日は足慣らしに相馬山に登ってきました。シンプルにヤセオネ峠から。鳥居が迎えてくれます。続く鳥居。この登山口、なかなか好きです。ほかにも登山道に鳥居がいっぱいありますので、そのうち、鳥居の写真を撮り、特集するのも楽しいかもしれませんね。と言うことで、いつの間にか頂上。今...

  •  2
  •  0

モミジイチゴ

蒸し暑い夏の低山歩き、モミジイチゴの実にいやされますが、花も美しいですね。新緑によく似合います。16.04.16 モミジイチゴにほんブログ村...

  •  0
  •  0

ジュウニヒトエ

わくわくさせる名前です。もう少し背が低い方がそれっぽいでしょうか。私はキランソウの方が好きかも。16.04.16 神川町にほんブログ村...

  •  0
  •  0

ヤマツツジ

ツツジには何百という品種があるらしいのですが、ごく普通のヤマツツジがいちばん好き。16.04.09 桐生市にほんブログ村...

  •  0
  •  0

ボケ

花しか写っていませんが、日本に自生するクサボケではなく、低木になるボケです。16.04.06 榛東村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

キブシ

キブシの花。すぐにはわかりませんでした。帰宅後調べて、間違いないかなって。16.04.16 神川町にほんブログ村...

  •  0
  •  0

シハイスミレ?

分布と形状から判断するとシハイスミレらしいのですが、どうでしょう…。16.04.09 桐生市にほんブログ村...

  •  0
  •  0

トサミズキ

関東では見ない樹木です。もちろん自生ではなく、植えられたものです。それでも、みごとに咲いていました。16.04.06 榛東村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

カタクリ

今年はよくカタクリを見ます。ちょうど花の時期に歩いたからでしょうか。里山の登山道脇の斜面に普通に咲いています。以前に比べ、人々のマナーがよくなったのかな。16.04.10 桐生市にほんブログ村...

  •  0
  •  0

シロバナタンポポ

黄色いタンポポほど元気よくないけど、この優しい白い花は好きです。16.04.06 榛東村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

神山

埼玉県北部、神川町の城峯神社の後ろにあるお山。カミヤマと読みます。以前から気になっていたお山、登ってきました。神社参道脇の駐車場に車をおき、登り出します。鳥居の下にさっそく神山の標があります。簡易舗装の道を100mほど進むと大きな建物があります。少しお疲れ気味の建物ですが、大祭などのときはにぎわうのでしょうか。さらに鳥居があり、本殿が奥に見えます。お助け亀石。いわれがわかりません。本殿前の石段の右...

  •  2
  •  0

コブシ

意外に近くで見ることのないコブシの花です。輪郭がくっきりせず、真綿のようなやわらかさをもった白。儚さかげんがよいです。16.04.06 榛東村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

黒部の山賊

伊藤正一著、2014.03山と渓谷社刊第二次世界大戦後の黒部の生活が描かれています。古き良き時代の黒部の谷、山賊生活にあこがれますが、私にはできないでしょう。それに最近は行ってないし、正直言って、黒部がどのような場所だったかさえ定かではありません。この本に残されているような、男たちの生活、アルプスの怪を記憶にとどめながら歩けば、いっそう親しみが増すでしょうし、身近に感じることができそうです。また行きたい...

  •  0
  •  0

鳴神山~吾妻山 …その2

三峰山から下りこんで金沢峠に着きます。梅田と川内をつなぐ昔からの峠道なのでしょうね。金沢峠から一気に登り上げます。疲れた足にはなかなか応えます。大形山山頂。ここで少しゆっくり。緩やかなアップダウンを繰り返し、萱野山に着きました。このピークは登山道から外れていて、見過ごしてしまいそうですが、三角点もあるし、踏んでおきたいところです。萱野山を回り込むと桐生自然観察の森への道を分けます。村松峠を越え、女...

  •  2
  •  0

鳴神山~吾妻山 …その1

桐生アルプスと言っているようです。ずっと以前から気になっており、課題と化していましたが、ようやく歩くことができました。どう歩くか…悩んだ末にバスで梅田に入ることにしました。始発のバス、歩き出しの梅田南小学校前に6:47着です。最初の難関はバス停から登山口まで3.6kmの舗装道路歩き。何度も後悔を繰り返しながら、ようやく登山口です。いくらも歩かないうちにある大滝。なかなか立派です。ずっと沢沿いを登っ...

  •  0
  •  0

姥穴山

2週間ぶり山行なので軽く、桐生と足利の境の山、姥穴山に登ってきました。白葉峠からピストンです。白葉峠は峠の部分の車道が広くなっていて、そこに車をおき、法面の左側から登り出しました。登りだしてすぐに見える姥穴山。まあるい穏やかな山です。もう少し進んで姥穴山。新緑が美しいです。さらに進んで姥穴山。左側の造林地を横切り、頂上をめざします。赤城山。奥の左から荒山、地蔵岳、長七郎山、駒ヶ岳、黒檜山です。32...

  •  2
  •  0

カントウタンポポ

春も盛り、いつの間にか様々な花が咲く季節になりました。カントウタンポポです。元気いっぱいのセイヨウタンポポに比べ、いくぶんのお淑やかさがあるカントウタンポポ。どちらも好きです。16.04.06 榛東村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

立岩~経塚山(荒船山)、1992年弥生

No image

西上州、南牧村立岩から荒船山への縦走を試みました。線ヶ滝から立岩へ、鎖場が高度感があったのを覚えています。岩峰は登り下りは怖かったりしますが、頂上は絶景が約束されているので、なかなか楽しいです。だからといって、岩登りはしません、できませんけど。立岩から威怒牟畿不動下降点に下り、先の様子をうかがうもののルートがわからず、やむなく、というか気がついたら威怒牟畿不動に着いてしまいました。一度、谷まで下り...

  •  0
  •  0

桜山、1992年冬

No image

今は藤岡市、当時は鬼石町の桜山です。ここは寒桜で有名なところで、このときもまだ咲いていたように覚えています。家族で行ったので、一番上の駐車場に車をおき、ちょこっと歩いてきた感じですね。特記事項もないけど、記録として。92.02.2309:40第一駐車場 → 09:55桜山10:40 → 第一駐車場下山時間は記録がありませんでした。 にほんブログ村...

  •  2
  •  0

大岩山~石尊山(足利)、1992年冬

まだ幼い息子を連れて家族で歩いたようです。しかし、日付がありません。2月8日に大屋山に行って、このあと23日に別の山に行ってますから、15、16日の土日のどちらかでしょう。毘沙門天まで車で行って、そこから石尊山までピストンをしてきたようです。何も覚えてないです。でも、一昨年のんびり大岩山まで歩いたとき、ここは以前、家族と登ったことがあると覚えてましたから、まったく忘れているわけでもないのですけど…...

  •  0
  •  0

大屋山、1992年冬

No image

西上州、南牧村の山です。六車から林道を上り、蓼沼の部落、といっても当時急斜面に2軒しかありませんでしたが、の下に車をおき、登り出しました。西上州によく見られる、1mの高さに石を積み、幅1~2mの畑、それも傾斜のある畑を作ってあるような景色の中、家の前を通り、山道に入ったように記憶しています。あの2軒はまだあるのかな、まだ人が住んでいるのかな。小さな蓼沼をわきに見て、大屋山へ。少し先まで行けるので西...

  •  0
  •  0

カタクリ

足利市の彦谷湯殿山のカタクリです。アズマネザサの藪の中にカタクリが点在していました。まだ少し早く、数えるほどしか咲いていませんでした。もう少し管理しないと、何年かで笹藪の中に消えてしまいそうにも思いますが、どうなのでしょう。歩道の階段の際に一輪。花の模様が美しい。葉の模様もかわいくて好きです。いずれも、16.03.26 足利市にほんブログ村...

  •  0
  •  0