Archive: 2016年02月  1/1

富士山(小川町)

埼玉県小川町の富士山です。以前、東側から登ろうとして断念した覚えがあります。今回は西側から。みどりが丘の配水場が登山口。車を路肩におき、フェンス沿いを登ります。誰がつけたのか、「富士山 すぐ先」の道標。すぐ先?って。軽くヤブっぽい。わずか登りで頂上。来た道を戻り、下山しました。コースタイム16.02.2713:15みどりが丘配水場前 → 13:17富士山(182.1m)13:20 → 13:22みどりが丘配水場前行動時間:0時間0...

  •  0
  •  0

金勝山

日だまり里山ハイクでした。小川町の埼玉県立小川元気プラザの正門駐車場に車をおき、歩き出しました。まずはマップで確認。いろいろ道があるようですし、ピークもたくさん、わくわくします。まずは車道を行き、第二避難小屋のところから歩道で本館をめざし、さらに金勝山本峰に登りましょう。プラネタリウムなどがある立派な本館の前をとおり、ひと登りで裏金勝山。やけに山名板が立派です。続いて、ちょっと下り、ちょっと登って...

  •  2
  •  0

赤岳、1989年暮れ

職場の後輩を連れて、どきどきで行った赤岳です。このとき、赤岳は二度目だったかと。一度目は、初めての冬山、赤岳鉱泉にテン泊し、二日目に硫黄岳、横岳、赤岳、阿弥陀岳と縦走して、三日目に下山。借り物のテントが本体のみ、シングルウォールでめちゃくちゃ寒かったのを覚えています。借りて、よく中身を確認しなかったら、入ってるはずの内張もフライもなかったのでした。二度目はしっかりしたテントを持ち、行きましたから、...

  •  0
  •  0

木曽駒ヶ岳、1989年秋

No image

このときのページを見ると、’89.10.21~22木曽駒ヶ岳○○○、○1、○2と日にちと山名と同行者のみ書かれています。本当に行ったのかしら。手帳にこう書いてあるということは、きっと登り出す前にここまで書いて、その後、よほど楽しかったか、辛かったか、記録をつける余裕がなかったということでしょうか。でも、良くも悪くも記憶も思い出もないのです。さて…。にほんブログ村...

  •  0
  •  0

富士山、1989年秋

この年、暮れにネパールにトレッキングに行こうと山の会の仲間で盛り上がっていました。その高所トレーニングということで、富士山。登り上げたお鉢の片隅で一晩過ごしました。初冠雪の夜、寒かったのを覚えています。荷が重かったのも思い出されます。特別なものを持って行ったわけではありませんが、標高のせいでしょうね。数m歩いては、ゼイゼイしていました。特に八合目から上だったでしょうか。お昼過ぎに頂上に着き、祝杯の...

  •  0
  •  0

黒檜山~篭山 …その2

駒ヶ岳の下り、霧氷の向こうに地蔵岳。冬山らしい雰囲気。こちらは、小沼を中心として、左手前が小地蔵岳、その奥が長七郎山、小沼の右奥が朝香嶺です。大沼への下山口につきました。いつのまにか、サブルートとして鳥居峠への道が示されています。この前来たときにはなかったような気がしますが…。私の大好きなルートがメジャーになってしまいます。残念。やたらにピンクリボンがついていました。迷いようがないくらい。私が前に...

  •  2
  •  0

黒檜山~篭山 …その1

前日は雨だったようで、車道には全く雪はなく、周囲も笹が出ていました。黒檜山は上半分がガスの中だし、風もとても強い。寒さが期待できそうです。それでも、氷の厚さ大丈夫なようで、ワカサギ釣りの人がいっぱいです。地蔵岳。黒檜山登山口。いかに雪がないかわかりますよね。それでも、昨日の雨が凍っていて、滑ります。軽アイゼンをつけました。猫岩辺りからの大沼。見上げる稜線も雪の付き方が今ひとつ足りません。地蔵岳の肩...

  •  0
  •  0

甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳、1989年夏

このとき、4人で登りました。けっこうパーティで登っていたこの頃。そして、思い返すと甲斐駒も千丈もこのとき以来登っていないような。両者とも八ヶ岳から大きく見え、旧知の間柄のように思っていましたが、本当にしばらく会いに行っていません。なんかそんな山ばかり、仕事なんてしている場合じゃないです。そう、高遠のスーパーで買い出しをしたら、蚕のさなぎが売っていて、買って登り、ビールのつまみにしました。二泊目は馬...

  •  0
  •  0

鳥海山(撤退)、1989年GW

No image

前年に続いて、また鳥海山に行きました。実は三度目、いずれもGWです。山スキーに行ったのでした。最初のとき、最高のお天気で気持ちよかったので、翌年、翌々年と行ったのですが、いずれもガスで撤退です。その後、鳥海山には行ってないです。夏、行ってもいいかな。89.04.2908:00吹浦口駐車場 →  09:20稜線 → 12:00駐車場ガスで撤退しました。ホワイトアウトのガスの中、スキーでも下山は怖いですね。一面の雪面、どこに下...

  •  0
  •  0

金山(太田)、1989年正月

No image

太田金山、子育て呑龍と謳われる太田市の金山です。初詣を兼ねてみたいな感じだったのでしょうか。駐車場からちょこっと登ったようです。距離にして、300mほどでしょうか。その後、一度登っているのですが、写真はありません。1989年1月7日のことです。時間は記録がありません。にほんブログ村...

  •  0
  •  0

鳳凰三山、1988年暮れ

御座石鉱泉へ前日に入り、駐車場にテン泊だったかしら。鳳凰小屋までの道が長かったのを覚えています。それにテントは寒かったなぁ。暮れとはいえ、まだおしせまってはいなかったので、ほかにテントはなかったような。翌日、三山を巡り、御座石鉱泉に下山しました。06.08.28 夏の地蔵岳1988.12.2707:00御座石鉱泉 → 10:30燕頭山 → 12:35鳳凰小屋テン泊12.2807:55テント → 08:45地蔵岳 → 10:00観音岳10:20...

  •  0
  •  0

平標山、1988年冬

No image

このときは昼間、苗場でスキーをやった後、夕方、元橋から岩魚沢林道を少し歩き、途中でテン泊しました。とても足先の冷える晩で、冷たくて冷たくて靴下を2枚はいてシュラフに。ほかのメンバーに靴下で血行が悪くなり冷えるのではと言われ、それではと靴下を脱いだら、ほどなくつま先は火照ってきたのをいまだに覚えています。翌日、平標山に登りました。1988.12.03元橋 → 林道途中でテン泊12.0406:05テント →...

  •  0
  •  0

朝日連峰、1988年夏

No image

考えてみれば、朝日連峰はこのとき以来行ってないです。ずいぶん昔のことになってしまいました。8月にもかかわらず、稜線には雪渓が残っていて、登りあげるのはたいへんだったけど、縦走はとても気持ちのよいものだったことを覚えています。また行けるかな。当時の記録には、8月までの記載で日付が入っていません。4人のパーティだったことはわかるのですが…。1988.08.x106:40日暮沢小屋 → 09:00清太岩山 → 10:35...

  •  0
  •  0

経塚山~小倉山(桐生市)

軽く低山歩きです。桐生は比較的近く、お山がいっぱい。よいフィールドです。桐生市川内町にある経塚山と小倉山を周回してきました。登山口の浅間神社。本道の裏手に登山口があります。地元の人たちが作ったのでしょうか。手作り感いっぱいな山道でした。コナラ林の尾根をゆっくりと登り、最後に一気に登りあげると、経塚山。東南~西南方向に視界が広がります。笠懸、岩宿の方角。右奥の平らな山塊が鹿田山、真ん中が稲荷山と琴平...

  •  0
  •  0

掃部ヶ岳(榛名山)

昨日、東京へ行ってきたので、今日は軽く榛名山、掃部ヶ岳に行ってきました。昨日もよいお天気でしたが、今日もよかった。榛名湖畔の駐車場に車をおき、歩き出します。凍結した榛名湖と榛名富士、烏帽子ヶ岳。湖畔の宿記念公園から直登です。意外に雪が残っており、ラッセル気味に高度を稼ぎます。もうすぐ頂上と言うところから榛名湖をのぞみます。榛名湖と榛名富士、その向こうに相馬山。掃部ヶ岳頂上到着。静かな山頂。浅間山が...

  •  2
  •  0

木曽駒ヶ岳、1988年夏

No image

この頃は友人との山行もよくしていました。このときは二人で前日駒ヶ根に入り、車中泊。一番のバスに乗り、ロープウェイで千畳敷、基本駒ヶ岳ピストンなのにテン泊する優雅な山行でした。テン場で枝豆を茹でて、のんびりビールを飲んだのが思い出です。その後、木曽駒ヶ岳には登っていないので、写真はありません。再訪と空木岳が課題になっているのですが、なかなか機会がありませんね。当時の記録です。88.07.3106:20千畳敷 → ...

  •  0
  •  0

茶臼山~八王子山(桐生市)

桐生市街の南側、茶臼山に行ってきました。ずいぶん昔に一度登っていて、今回は二度目になります。前回は一本木コースを登ったので、八王子神社から茶臼山、八王子山、宝珠院と周遊するコースを取ってみました。八王子神社の前に車をおき、わずかに車道を上った後、道標に従い、右に作業道に入っていきます。道は茶臼山から北東に伸びる尾根を巻き、その尾根の突端から直登です。適度に古い階段が続きます。続きます。階段を終え、...

  •  2
  •  0

天覧山~多峯主山

飯能市街の裏山、天覧山(てんらんざん)と多峯主山(とおのすやま)を歩いてきました。飯能市の街中のコインパーキングに車をおき、出発です。登山口に着くまでが難しい街歩きでした。登山口の天覧山の由来です。天覧山、明治16年にできたんですね。途中の十六羅漢像。もうすぐ頂上です。左下の岩場がゲレンデになっているようでした。天覧山頂上。展望台があり、一帯が見渡せます。これは東京方面。富士山も見えるはずなのです...

  •  2
  •  0