私のきれぇい&かわゅい♪

obtusaにとって、きれぇい♪かわゅい♪ものを紹介していきまぁす(^^)/

カラカサタケ

よく見かけるきのこですが、
その大きさ故に、
見つけたときの幸せ感が大きいですね。

カラカサタケ150911十石峠 (13)s


カラカサタケ150911十石峠s


カラカサタケ150911十石峠 (4)s


カラカサタケ150911十石峠 (3)s


カラカサタケ150911十石峠 (9)s
いずれも、15.09.11 佐久穂町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | きのこ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

黒檜山

今年の登り納めです。
やっぱり赤城山でしょうか。
で、駒ヶ岳から黒檜山へと周回してきました。

大洞の駐車場まで車道はドライ、
もちろん大沼の周囲にも雪はほとんどありませんし、
大沼もまったく凍っていません。

曇りで冷たい北西風が吹いています。

稜線近くなり、ようやく霧氷がつき、

151229黒檜山 (1)s

うっすら白くなってきました。

151229黒檜山 (2)s

駒ヶ岳への登り。

151229黒檜山 (3)s

ほとんど雪はありませんが、
気温は下がっているようで、
道はぐちゃぐちゃのまま凍りついています。
けっこう歩きづらいです。

駒ヶ岳山頂。

151229黒檜山 (4)s

とても積雪があるとは言えない状況でした。

黒檜山への登りから振り返る駒ヶ岳方面。

151229黒檜山 (7)s

もちろん駒ヶ岳は見えませんが、
ようやく白くなってきました。

霧氷。

151229黒檜山 (8)s

おいしそう。

黒檜大神。

151229黒檜山 (10)s


黒檜山山頂。

151229黒檜山 (11)s

数人の人がおり、懸命にアイゼンをつけてました。
どこに行くのでしょうね。

少しだけ冬らしい景色。

151229黒檜山 (13)s

黒檜山からはまっすぐ大沼湖畔に下り、
駐車場に戻りました。

無事下山です。

151229黒檜山 (14)s

コースタイム
15.12.29
08:00大洞駐車場 → 08:50稜線 → 09:05駒ヶ岳(1685m)09:15 → 
10:05黒檜山(1827.7m)10:10 → 10:50登山口 → 11:05大洞駐車場

行動時間:3時間05分
歩行時間:2時間50分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

水沢山~物聞山 …その2

水沢山からの眺めを楽しんだら、
そのままのっこすように西へ、伊香保森林公園側に下山。

151226水沢山~物聞山 (13)s

車道に出て、ロープウエイの見晴駅をめざします。

途中から、水沢山。

151226水沢山~物聞山 (16)s

左の高いところが頂上です。

また、榛名山の一家、雄岳(鉄塔の立っている右のピーク)
雌岳(真ん中)、孫岳(左の小さいピーク)です。

151226水沢山~物聞山 (18)s

途中から遊歩道に入り、上ノ山を越えて、見晴駅へ。

ここから物聞山をめざすのですが、ルートがはっきりしない。
駅舎の脇から物聞山へ続く尾根にとりつけばよさそうですが、
人目もあって遠慮気味。
伊香保神社へ下る道を少し進んで、藪に分け入ります。
崩壊地のきわを、崩壊地を渡れるところがないかうかがいながら下っていきます。
結局、崩壊地の下部の堰堤の上を渡り、
ロープウエイの下をとおり、
少し登り返して、あこがれの物聞山へ。

あこがれの物聞山山頂。

151226水沢山~物聞山 (19)s

なんだかなぁ…。

山名板があるという情報もあったですが、
結局、大きな石に書かれた消えかけた文字だけでした。

151226水沢山~物聞山 (20)s

さて、中途半端なところいます。
伊香保温泉の旅館をめざし、藪こぎの続き。
すぐにたどり着き、左に回り、ロープウエイの不如帰駅から車道に出て、
車をおいた水沢観音まで車道歩きに入ります。

途中、ちょっとだけバスに乗り、また歩き、

途中からの赤城山。

151226水沢山~物聞山 (22)s

まあ、それほどかからずに車につきました。

151226水沢山~物聞山 (23)s

コースタイム
15.12.26
08:55水沢観音駐車場 → 10:20水沢山(1194.0m)10:25 → 10:50伊香保森林公園車道
→ 11:15上ノ山(980m) → 11:20見晴駅 → 11:50物聞山(901m)12:00 → 
12:10伊香保温泉 → 12:50水沢観音駐車場

行動時間:3時間55分
歩行時間:3時間30分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

水沢山~物聞山 …その1

前回は、まだ薄いとは言え、雪の八ヶ岳でしたが、
今回は冬枯れのお山です。

榛名山系、水沢山と物聞山に登ってきました。
水沢山はこれまで何度か登っていますが、
いつも森林公園側からで、
水沢観音から登るのははじめてです。

そして、以前から気になっていた伊香保の裏山、
物聞山も併せて歩いてきました。

水沢観音本堂脇の階段が登山口。

151226水沢山~物聞山 (1)s

登り切るころには後悔気味。

1時間以上も登り、ようやく肩の部分にある石仏群。

151226水沢山~物聞山 (5)s

ここは視界が開けます。

赤城山の全貌。

151226水沢山~物聞山 (2)s

まだぜんぜん白くないですね。

そして、子持山。

151226水沢山~物聞山 (3)s

奥の谷川岳方面は雪雲の中です。

ここからが意外に長く、ようやくのこと水沢山山頂です。

151226水沢山~物聞山 (12)s

奥は、相馬山と二ツ岳。

そして北方には、小野子山と子持山。

151226水沢山~物聞山 (6)s

奥に上越国境の山々。

雲がとれて、純白の山並みが見えます。

151226水沢山~物聞山 (7)s


こちらはもちろん赤城山。

151226水沢山~物聞山 (8)s

東方、遠く筑波山。

151226水沢山~物聞山 (9)s

真ん中辺り、雲の下、手前の山並みの上にうすく見えます。

こちらは富士山。

151226水沢山~物聞山 (11)s

わかりづらいですよね。
○で囲んでみました。

151226水沢山~物聞山 (11)sw

目をこらして、よく見てください。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

峰の松目~硫黄岳 …その4

と言うことで、何とかお昼前に硫黄岳に到着。

151220峰の松目~硫黄岳 (42)s

快晴の下、眺めを満喫です。

まずは横岳と赤岳。

151220峰の松目~硫黄岳 (43)s

たまには雪の稜線、歩きに来ようかしら。

続いて、赤岳と阿弥陀岳。

151220峰の松目~硫黄岳 (44)s

奥は権現岳でしょうか。

目を北に転じれば、天狗岳と蓼科山。

151220峰の松目~硫黄岳 (45)s


そして、さっき登ってきた峰の松目。

151220峰の松目~硫黄岳 (49)s

低い。
硫黄岳から見れば、尾根上の大きめのこぶのような。

でも、ずっと気になっていたから、登ることができてよかったです。

蓼科山の左に北アルプスが続きます。
扇沢辺りまででしょうか。
真ん中に鹿島槍ヶ岳が見えますね。

151220峰の松目~硫黄岳 (50)s

扇沢から穂高の辺りかな。

151220峰の松目~硫黄岳 (51)s

穂高連峰と乗鞍岳でしょうか。

151220峰の松目~硫黄岳 (52)s


硫黄岳から夏沢峠に下り、
さらにオーレン小屋をめざします。

途中から硫黄岳を振り返ります。

151220峰の松目~硫黄岳 (53)s

ずいぶん下ってきました。

オーレン小屋、夏沢鉱泉と通り過ぎ、桜平の駐車場。
無事下山です。

151220峰の松目~硫黄岳 (57)s

いつものようにアイスコーヒーとケーキをいただいて、

151220峰の松目~硫黄岳 (58)s

ほっと。

コースタイム
15.12.20
06:35桜平駐車場 → 07:10夏沢鉱泉 → 08:05オーレン小屋 →
09:00峰の松目のコル → 09:30峰の松目(2567.6m)09:40 → 
11:10赤岩ノ頭(2656m) → 11:45硫黄岳(2760m)11:55 → 12:15夏沢峠
→ 12:30オーレン小屋12:40 → 13:10夏沢鉱泉 → 13:35桜平駐車場

行動時間:7時間00分
歩行時間:6時間30分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

峰の松目~硫黄岳 …その3

峰の松目のコルに戻り、しばし考えます。
硫黄岳をめざすか、早くも下山か…。

だけど、この天気、
先ほど輝く硫黄岳の姿を見てしまいましたし、
時間はまだ早いし、行くしかないですよね。

トレースのない、赤岩ノ頭への道を辿ります。

途中、凍り付いたようなシャクナゲのヤブがうるさかったり、
雪は薄いですが、けっこう苦戦。

途中、単独の人に追い抜かれたりしながらも赤岩ノ頭へ向かいます。

いつの間にか、先ほど苦戦した峰の松目と同じくらいの高さへ。

151220峰の松目~硫黄岳 (30)s

あらためて地図を見ると、
峰の松目よりも赤岩ノ頭の方が標高が高いんですね。

阿弥陀岳も何か近いような。

151220峰の松目~硫黄岳 (31)s

南アルプスの兄弟。
北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳。

151220峰の松目~硫黄岳 (32)s

振り向けば、天狗岳、蓼科山。

151220峰の松目~硫黄岳 (33)s

浅間山も見えます。

151220峰の松目~硫黄岳 (34)s

硫黄岳も近づいてきました。

151220峰の松目~硫黄岳 (35)s

登れそうな気になってきました。

横岳と大同心の辺りでしょうか。

151220峰の松目~硫黄岳 (36)s

そして、赤岳と阿弥陀岳、間はもちろん中岳。

151220峰の松目~硫黄岳 (37)s

横岳、赤岳、阿弥陀岳と並べてみました。

151220峰の松目~硫黄岳 (40)s

そして、阿弥陀岳と南アルプス。

151220峰の松目~硫黄岳 (41)s

もうすぐ硫黄岳です。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

峰の松目~硫黄岳 …その2

峰の松目のコルを右へ、少しの間平らですが、
すぐに急登になります。
尾根をまっすぐに登っていく道は、
雪がついていることもあり、きつく感じます。
樹林帯で見通しもきかないことから、
青空へ近づくことだけがなぐさめかな。

151220峰の松目~硫黄岳 (15)s

半分くらい登ったあたりでしょうか。
南側の展望が開け、赤岳あたりが見えます。

赤岳と阿弥陀岳のツーショット。

151220峰の松目~硫黄岳 (17)s

苦しい登りの後、ヤブ尾根をゆるゆると上がり、
憧れの峰の松目頂上。

151220峰の松目~硫黄岳 (18)s

151220峰の松目~硫黄岳 (19)s

三角点。

トレースもなく静かなだけが取り柄かな。
木々の合間から赤岳や阿弥陀岳は見えますが…。

もちろん来た道を下ります。
慎重に…。

途中、硫黄岳が見えました。

151220峰の松目~硫黄岳 (21)s

苦戦すれば峰の松目だけでもいいかなと思ってましたが、
時間は早いし、これだけの好天、登らなくちゃですね。

横岳も見えました。

151220峰の松目~硫黄岳 (22)s


これは阿弥陀岳。

151220峰の松目~硫黄岳 (24)s

隙間からのぞいている感じ。

こちらは赤岳。

151220峰の松目~硫黄岳 (25)s

…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

峰の松目~硫黄岳 …その1

以前から登ってみたかった峰の松目をめざすことに。
雪が本格的にくると登れなくなりそうなので、
今年はまだ雪が薄いという情報に
行ってみようかという気になりました。

十分に行動時間を確保したかったことと、
久々に冬の夜の寒さを体感したかったことから、
前日発車中泊での山行です。

蓼科山が夕日に輝いています。

151220峰の松目~硫黄岳 (1)s

明日の晴天が約束されているようですが、
雪が少なそうです。

桜平はさすがに閑散としています。
先行の車は1台のみ、
静かに寒い夜を過ごすことができました。

明け方、あまりに寒いのでそうそうに寝袋を脱出、
準備をし、
夏沢鉱泉をめざします。
林道は、雪はあるものの薄く積もっている程度。

夏沢鉱泉からの北アルプスが美しい。

151220峰の松目~硫黄岳 (3)s

夏沢鉱泉で登山者カードを提出し、
オーレン小屋へ進みます。
ところどころ凍りついた上に薄く雪が乗っているんで注意です。

オーレン小屋近くから硫黄岳。

151220峰の松目~硫黄岳 (4)s

あそこまで行ければいいなと思いました。

オーレン小屋から、今日の目的、峰の松目。

151220峰の松目~硫黄岳 (6)s

なかなか大きくずっしりした存在感があります。

オーレン小屋から赤岩の頭、峰の松目への道へはいると、
すっかりトレースが薄くなります。

151220峰の松目~硫黄岳 (8)s

先行はツボ足の人とスノーシューの人、二人だけのようです。

さらに峰の松目へコースを取ります。

151220峰の松目~硫黄岳 (9)s

もうトレースはうさぎさんだけ。

誰もいない森を薄い雪を踏んでぼそぼそと進みます。

151220峰の松目~硫黄岳 (10)s

途中振り返ると、蓼科山。

151220峰の松目~硫黄岳 (12)s

トラバース気味に緩い登りの後、
峰の松目のコルに到着。

151220峰の松目~硫黄岳 (13)s

いざ、あこがれの峰の松目へ。


…つづく
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ズキンタケ

森の妖精の寄り合いのようです。
何をお話ししているのでしょうか。

ズキンタケ150911十石峠s
15.09.11 上野村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

飯豊連峰、1987年

1987年の飯豊の記録です。
その後、おそらく飯豊には行ってないので、
写真はありません。
そして、誰と行ったかも記録されてないし、
覚えていないし…。

と言うことで、本当に記録だけです。

1987年8月7日
6:30飯豊温泉 → 梶川峰(1692.2m) → 13:15門内小屋 →
15:00北股岳(2024.8m) → 15:30梅花皮小屋(泊)

8月8日
06:20梅花皮小屋 → 07:10烏帽子岳(2017.8m) → 09:30御西小屋10::20
→ 11:20大日岳(2128m)11:55 → 12:50御西小屋13:20 →
15:00飯豊山(2105.2m) → 15:40宿泊地(どこだったか不明)

8月9日
05:55宿泊地 → 11:10沢の出合い → 飯豊温泉

二泊三日で周遊したようです。
いつか再訪したいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

チシオタケ

枯木の枝から発生してました。
樹冠をバックにいつもとは違う感じ。


チシオタケ150911十石峠 (5)s
15.09.11 上野村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

尾瀬、1987年夏

山の手帳、記録、とっても古いものはないのですが、
1987年ころから残っているので、
思い出したようにアップしていこうと思います。

といっても画像はなく、
ここにアップした画像は
2008年、至仏山に登ったときに撮影したものです。

振り返ってみると、このブログは2006年から続けていますから、
どこかにそのときの記録もあるかもしれません。

080803尾瀬・至仏山 (6)s


080803尾瀬・至仏山 (8)s

さて、1987年の記録。

1987.06.06 
04:55鳩待峠 → 06:00山ノ鼻07:00 → 09:00竜宮十字路 → 09:30見晴13:00 
→ 13:30温泉小屋 → 14:40三条ノ滝 → 15:20兎田代 → 16:20温泉小屋
→ 17:00見晴

1987.06.07
08:50見晴 → 10:45山ノ鼻11:40 → 12:40鳩待峠

見晴でテント泊でした。
そして、なんとピークを踏んでいなかったんですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ニカワハリタケ

なんだか久しぶりに見る傘表面が白色でないタイプ。
私の活動範囲では白色タイプが多いような気がします。

ニカワハリタケ150911十石峠 (3)s
15.09.11 上野村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ジャゴケかな

コケの仲間だとはわかりましたが、
全く見当もつかず、保留。

で3年経って、調べ直して、
ジャゴケのようです。

確かに、まるでヘビのウロコのようですね。

ジャゴケ?121109上野村s
12.11.09 上野村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

黒斑山~蛇骨岳~仙人岳 …その4

ようやく仙人岳に到着。

151209黒斑山~仙人岳 (36)s

2、3年前の冬、仙人岳に登り上げるの
ラッセルがきつくて苦労したことを思い出しました。
今回は白くなっている程度、楽々でした。

後ろは北アルプス、爺ヶ岳から白馬岳にかけてです。

こちらはもちろん浅間山。

151209黒斑山~仙人岳 (37)s

このコースを歩くと、右手にずっと浅間山が見えているのですが、
飽きることなく、眺めてしまいます。

こちらも北アルプスですね。

151209黒斑山~仙人岳 (39)s


牙山の向こうに富士山。

151209黒斑山~仙人岳 (40)s

この日は下山して、高峰高原の駐車場からも富士山が見えていました。
午後まで見えるのは珍しいです。

こちらは今日歩いてきたトーミの頭から蛇骨岳にかけての稜線。

151209黒斑山~仙人岳 (41)s


そして、蛇骨岳から仙人岳にかけてです。

151209黒斑山~仙人岳 (42)s


風もなく暖かな山頂、めずらしくゆっくり過ごし、
仙人岳を辞しました。

最後にもう一度浅間山。

151209黒斑山~仙人岳 (46)s

来た道を戻ります。
帰りは左側に浅間山を振り返りながらの道です。

蛇骨岳まで戻ってきて、あらためて浅間山。

151209黒斑山~仙人岳 (50)s

トーミの頭からは登り返しのない中コースを下り、
無事下山しました。

151209黒斑山~仙人岳 (54)s


コースタイム
15.12.09
07:45車坂峠駐車場 → 09:20トーミの頭(2320m)09:30 → 09:50黒斑山(2366m) 
→ 10:10蛇骨岳(2366m)10:20 → 10:30仙人岳(2319.7m)11:00 → 
11:20蛇骨岳 → 11:50黒斑山 → 12:50車坂峠駐車場

行動時間:5時間05分
歩行時間:4時間15分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

黒斑山~蛇骨岳~仙人岳 …その3

黒斑山頂は写真を2枚撮っただけで通り過ぎ、
とりあえず蛇骨岳をめざします。

20分ほどで蛇骨岳。

またまた富士山。

151209黒斑山~仙人岳 (24)s


もちろん、浅間山も。

151209黒斑山~仙人岳 (25)s

どこから見ても美しいです。

四阿山と北信の山々。

151209黒斑山~仙人岳 (26)s

四阿山は雪がほとんどなさそうです。

左側のぽこっとしたのが志賀高原の笠ヶ岳、
真ん中から右は草津白根辺りでしょうか。

151209黒斑山~仙人岳 (27)s

嬬恋のキャペツ畑には雪はありません。

こちらは東方になりますが、
左奥の雪をかぶっているのが日光白根山、
やや右よりのどっしりしているのが皇海山かな。

151209黒斑山~仙人岳 (28)s

右手前は浅間隠山です。

上越国境、谷川辺りかな。

151209黒斑山~仙人岳 (30)s

さすがに真っ白です。

そして、浅間山。

151209黒斑山~仙人岳 (32)s

仙人岳に続く尾根です。
先行者が一人。

トーミの頭の向こうに八ヶ岳。

151209黒斑山~仙人岳 (33)s


そして、富士山。

151209黒斑山~仙人岳 (34)s

仙人岳はすぐそこ。

151209黒斑山~仙人岳 (35)s

標柱の立っているピークが仙人岳です。
その左が浅間隠山、右が角落山。
仙人岳の向こうが榛名山、さらに奥が赤城山ですね。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

黒斑山~蛇骨岳~仙人岳 …その2

トーミの頭到着です。
ここは私のお気に入りの場所です。

眺めをどうぞ。

まずは富士山。

151209黒斑山~仙人岳 (13)s

手前の金峰山を中心にした奥秩父の山々でしょうか。

八ヶ岳、赤岳から蓼科山まで。

151209黒斑山~仙人岳 (14)s

奥に見えるのは、仙丈ヶ岳と北岳。

中央アルプスです。

151209黒斑山~仙人岳 (15)s


左が御嶽山、右は乗鞍です。

151209黒斑山~仙人岳 (16)s


そして、北アルプス。

151209黒斑山~仙人岳 (17)s

右寄りに鹿島槍ヶ岳が見えます。

これはすぐそこ、黒斑山です。

151209黒斑山~仙人岳 (18)s


そして、黒斑山から続く外輪山。

151209黒斑山~仙人岳 (19)s

大好きな眺めです。
それにしても雪が少ないです。

そして、ひと登りで黒斑山。

151209黒斑山~仙人岳 (22)s

浅間は何度眺めても素敵です。

黒斑山から西上州。

151209黒斑山~仙人岳 (23)s

中程左寄りに妙義山、真ん中奥が御荷鉾山です。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

黒斑山~蛇骨岳~仙人岳 …その1

いろいろご用がかなったり、腰が痛かったりで、
お山から遠ざかること1か月あまり、
いつの間にか冬山シーズンになってしまいました。

ということで、軽く冬山はじめ、黒斑山、
そしてその先、行けるところまでと歩いてきました。

車坂峠から表コースを行きます。

登山靴の下、雪が鳴って心地よい朝の登りです。

まず最初の開けたところから、八ヶ岳。

151209黒斑山~仙人岳 (1)s

赤岳から蓼科山まできれいに見えています。

朝の空、ピンクのリボンが道を示します。

151209黒斑山~仙人岳 (2)s


久しぶりのわりには快調に高度を上げ、
槍ヶ鞘の避難小屋の手前、浅間が姿を見せます。

151209黒斑山~仙人岳 (3)s

だいぶ雪が融けていますが、
粉砂糖をまぶしたチョコレートケーキのよう、
いいですね。

槍ヶ鞘からの浅間山。

151209黒斑山~仙人岳 (9)s

151209黒斑山~仙人岳 (6)s

トーミの頭への登路は雪がほとんどありません。

富士山もお約束どおり見えています。

151209黒斑山~仙人岳 (7)s


水ノ塔、篭ノ登の奥に北アルプスが連なってます。

151209黒斑山~仙人岳 (10)s


槍ヶ鞘からちょっと下って、トーミの頭との鞍部から浅間山。

151209黒斑山~仙人岳 (12)s

さて、あとひと登りでトーミの頭です。


…つづく
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ルリハツタケ

この時始めて観ました。
その後は見ていません。

とても美しいきのこですね。

またどこかで出会えるかな。

ルリハツタケ121013甘楽町 (2)s


ルリハツタケ121013甘楽町 (9)s
いずれも、12.10.13 甘楽町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

笠間稲荷とお稲荷さんと異国へ誘うカップ

一日ゆっくり笠間にドライブに行ってきました。
今回の目的は、お稲荷さん。
といっても日本三大稲荷といわれている笠間稲荷が目的ではなく、
食べる方のお稲荷さんです。

といえ、来たついでで笠間稲荷。

151128笠間 (1)s

土曜日なのに、ちょっと寂しいですね。

ふと気がつくと参道にきつねさんが居りました。

151128笠間 (10)s


151128笠間 (2)s


151128笠間 (4)s

子育て中かな。

何度か行っているはずですが、
きつねさんに気がついたのは初めてのような。
それとも忘れているだけかしら。

そして、待望のお稲荷さん。

151128笠間 (6)s

とりあえずお昼時、
座って食べたかったから近くのお蕎麦屋さんへ。

たぬきそばとセットで頼みました。
化かし合いですね。

苦手なマイタケ入りでちょっと外れ。
そして、しょっぱかったし…。

お蕎麦屋さんの斜め向かいで
パックに入ったクルミ入りお稲荷さんもゲット。
こちらは、クルミの味を生かすためか薄味で好み。
おいしかったです。

そして笠間ですから、陶器も見て歩きました。

窯元ではなく、ギャラリーを見て回り、
このカップを選びました。

151128笠間 (8)s

偶然入ったギャラリーで個展をやっていらっしゃって、
受付にいる方が本人だとも知らず、
5個おいてあった同様のカップの前に座り込んで選んだのがこれでした。

お酒を飲むためと選んだのですが、
暖かみある異国の風景、
ほろ酔いで彷徨えそうかなって思いました。

帰りがけ、道の駅で食べたハトムギのジェラート。

151128笠間 (7)s

香ばしい、お日さまの味がしておいしかった。

そして、もう一つのおみやげ。

151128笠間 (9)s

笠間稲荷の門前の造り酒屋さんのお酒。
御神酒を造っている酒屋さんだそうです。
お正月に飲みましょうか。
楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

ヒダハタケ

どちらかというと地味なきのこですね。
ちょっとかわいくない感じ。

ヒダハタケ150911十石峠 (3)s
15.09.11 上野村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

キウロコテングタケ

このとき始めてみることができました。
珍しいのでしょうか。
そのわりに、大発生していましたが。

キウロコテングタケ140902神流町諏訪山 (12)s


キウロコテングタケ140902神流町諏訪山 (9)s


キウロコテングタケ140902神流町諏訪山 (6)s
いずれも、14.09.02 神流町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ブドウニガイグチ

赤ワインのような色合い、
素敵ですね。

ブドウニガイグチ140823富岡市 (2)s
14.08.23 富岡市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 私のきれぇい&かわゅい♪ |