私のきれぇい&かわゅい♪

obtusaにとって、きれぇい♪かわゅい♪ものを紹介していきまぁす(^^)/

ヤマツツジ

ツツジの仲間は苦手です。
いつまでたっても覚えられません。
私にはにぎやかすぎて、
みんな同じになっちゃうようです。

ヤマツツジ150426富岡市s


ヤマツツジ150426富岡市 (4)s
いずれも、15.04.26 富岡市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | お花 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

雨坊主山(高崎市倉渕町)

雨坊主山、あめんぼうずやまと読むようです。
ちょっと気になる名前、行ってきました。

はまゆう山荘の前を角落山の登山口の方へ林道を入ります。
500mほどで登山口、路肩がいい具合に広くなっています。

登山口には大きな案内図。

150429雨坊主山 (1)s

よくわからないけど現在地からとにかく登っていけば
雨坊主、角落間の稜線に出られそうです。

下の方は遊歩道が錯綜していて、わかりづらい。
そんなところを抜け出して、
尾根上の山道を登っていくと、
新緑と細い滝が出てきました。
ちょっといい感じ。

150429雨坊主山 (5)s

少し行くと、木々の間だからめざす雨坊主山が見えます。

150429雨坊主山 (8)s

けっこう遠い。
葉が広がると遠くが見えなくなり、不安かも。

それでも細い尾根を行く道ですから迷いようもありませんが、
稜線に出てからの方が不安だったかな。
雨坊主は見えますが、
道はスズタケの藪に埋められています。

150429雨坊主山 (9)s

この笹藪にちゃんと道があるんですよ。

ビクビクしながらも進めば、雨坊主も近付いてきます。

150429雨坊主山 (12)s

最後に急登で広々とした頂上に到着。

登り着いたところに祠があります。

150429雨坊主山 (21)s

三角点はその先50mくらいかな。

150429雨坊主山 (25)s

すぐ近くに浅間隠山。

150429雨坊主山 (15)s

そして、お約束の浅間山。

150429雨坊主山 (17)s

そして、空。

150429雨坊主山 (23)s

だいぶ芽がふくらんでいます。

来た道を戻りますが、今日もテープ巻き巻き山行でした。

150429雨坊主山 (27)s

登りは尾根通しだったのですが、下山は少し余裕。
巻き道を行ったら、露天風呂が…。

150429雨坊主山 (28)s

カモシカくん用でしょうか。

だいぶ下ってきてから、新緑の向こうに見える角落山。

150429雨坊主山 (30)s

無事下山です。

150429雨坊主山 (31)s

今日もSkog-Bellがお役立ち。

車中から見る雨坊主山。

150429雨坊主山 (32)s


コースタイム
15.04.29
06:25登山口駐車場 → 07:30角落山・雨坊主山稜線 → 
08:00雨坊主山(1295.1m)08:30 → 08:50角落山分岐 →途中10分休憩→ 
09:50登山口駐車場

行動時間:3時間25分
歩行時間:2時間45分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

ヤマブキソウ

一瞬ヤマブキと見間違うほど花が似ています。
でも、ヤマブキは木本、こちらは草本。
ヤマブキは花弁が5枚、こちらは4枚。
そんなことがわかると、すぐに名前を覚えられますね。

ヤマブキソウ150426富岡市s


ヤマブキソウ150426富岡市 (2)s
いずれも、15.04.26 富岡市
別窓 | お花 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

鍬柄岳

二日続けての山行です。
と言っても、
この日は午後、講演会に参加することにしてましたから、
軽く。

鍬柄岳ピストンです。

登山口から作業道を歩き出してすぐに、
道が分かれ、奥にお社が見えます。
どうしようか悩みましたが、とりあえず作業道を進みます。
しかし、どうも方向が違うような。
大回りをしてお社の上に出ましたが、
まっすぐお社に向かうのが正解のようです。

150426鍬柄岳 (15)s

杣道をしばらく進むと作業道に出、
南側の展望が開けます。
またすぐに山道に入り、登っていくと、
覚悟していましたが、鎖が出てきました。

150426鍬柄岳 (2)s

斜め上に伸びています。
登りきってみるとさらに続きます。

150426鍬柄岳 (3)s

けっこう長い鎖場を越え、稜線の一角にたどりつくと、
頂上に向かい、切り立った岩稜を行きます。

そして、行き止まりが頂上。

150426鍬柄岳 (4)s

すぐそこの大桁山が大きい。

頂上には石宮とツツジ。

150426鍬柄岳 (10)s

西上州の山々がうすく霞んで見えます。

左奥の平らな山が荒船山。

150426鍬柄岳 (5)s

艫岩あたりの手前にある山が物語山です。
メンベ岩もはっきりわかります。

中央やや右の二またに分かれた山が鹿岳。
その左、4つコブがある山が四ッ又山です。

150426鍬柄岳 (6)s

中央の尖った山が南牧槍と言われている小沢岳。
その右奥が桧沢岳でしょうか。

150426鍬柄岳 (7)s

こちらは稲含山。

150426鍬柄岳 (8)s

奥の山、左から東御荷鉾山、西御荷鉾山、オドケ山です。

150426鍬柄岳 (9)s

ひとしきり展望を楽しんだ後、来た道を下ります。

帰りは下が見えるだけに同じ鎖場も高度感があります。

150426鍬柄岳 (11)s

登山口から見た鍬柄岳。

150426鍬柄岳 (17)s

なかなかかっこいいですね。
あの上に立ったのかぁ。

道の駅で、ソフトクリームタイムです。

DSC_0588.jpg

コースタイム
15.04.26
10:20登山口駐車場 → 11:00鍬柄岳(598m)11:20 → 11:45登山口駐車場

行動時間:1時間25分
歩行時間:1時間05分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

フクジュソウ

下仁田町虻田のフクジュソウです。
少し遅かったようで、
斜面の下の方はお疲れ気味でした。

フクジュソウ150321下仁田町 (2)s


フクジュソウ150321下仁田町 (5)s
いずれも、15.03.21 下仁田町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | お花 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

前浅間~荒山~鍋割山(赤城山)

また二週間あいてしまいました。

今日はかねてから歩いてみたかった、
軽井沢峠から前浅間、荒山に行っていました。
鍋割山までがんばってみました。

軽井沢峠(正確には峠の手前ですけど)まではもちろん車。

140425荒山・鍋割山 (1)s

ハスラー君、快調に登れました。
よかった。
ザックもはじめて使います。
調子はどうかな。

Skog-bellにも今年はじめてお世話になります。
よろしくね。

軽井沢峠から前浅間へ向かう道。

140425荒山・鍋割山 (2)s

廃道寸前です。
踏み跡はありますけど。

ひと登りで前浅間。

140425荒山・鍋割山 (3)s

しっかり標が立っています。
地形図にはちゃんと破線が描かれてますからね。

それにしても前浅間の下の「山」は余分なような…。

尾根伝い荒山に向かいます。
比較的踏み跡はしっかりしていますが、
ところどころテープを巻きながら歩きました。

140425荒山・鍋割山 (5)s

奥の山は荒山。

荒山もう少し。

140425荒山・鍋割山 (7)s

石宮がこちらを向いてあると言うことは、
古くからある道だと言うことですね。

荒山山頂。

140425荒山・鍋割山 (9)s

鍋割に向かう尾根から、谷川岳はじめ上越国境の山々が見えました。

140425荒山・鍋割山 (10)s

こちらは、今登ってきた荒山(中央)と地蔵岳(左奥)。

140425荒山・鍋割山 (12)s

鈴ヶ岳。

140425荒山・鍋割山 (13)s

鍋割山頂は人が多く、写真を撮りませんでした。

荒山高原に戻り、棚上十字路に下り、
荒山を巻いて軽井沢峠へ戻りました。

鳥居峠でソフトクリーム。


140425荒山・鍋割山 (14)s

コースタイム
15.04.25
10:20軽井沢峠入口駐車場 → 10:35前浅間(1486m) → 
11:00荒山(1572.0m)11:10 → 11:40荒山高原 → 12:10鍋割山(1332.3m)12:20
→ 12:45荒山高原 → 12:50棚上十字路 → 13:20休憩舎13:30 → 
13:50軽井沢峠入口駐車場

行動時間:3時間30分
歩行時間:3時間00分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ハウチワカエデ

ハウチワカエデの新緑と花です。
カエデの花って、地味だけど、
近くで見るとけっこうかわいいですよ。

ハウチワカエデ150417榛東村 (2)s
15.04.17 榛東村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ドウダンツツジ

かわいい鈴のような花がまさに鈴なり。
白でベニサラサドウダンのように華美にならず、
清楚な感じがするところがよいです。

ドウダンツツジ150417榛東村 (2)s


ドウダンツツジ150417榛東村s
いずれも、15.04.17 榛東村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | お花 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

アマタケ

乾シイタケの匂いに少し甘みをつけたような
独特の匂いがします。
嗅ぎすぎると気持ち悪くなります。

アマタケ130926上野村天丸山 (2)s
13.09.26 上野村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ヤマブキ

春盛り~初夏の里山歩き、
ヤマブキの黄色に元気をもらえます。

ヤマブキ150417榛東村s
15.04.17 榛東村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | お花 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

フデリンドウ

かわいらしい春の花です。
大好きです。
まだ、少し寒いのか縮こまって咲いている感じです。

フデリンドウ150417榛東村s


フデリンドウ150417榛東村 (3)s
いずれも、15.04.17 榛東村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | お花 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

カントウタンポポ

検討して、カントウタンポポとしました。
セイヨウタンポポは元気いっぱい。
それに対し、やさしいカントウタンポポ。
と言う印象です。

カントウタンポポ150417榛東村 (7)s


カントウタンポポ150417榛東村 (5)s


カントウタンポポ150417榛東村 (3)s


カントウタンポポ150417榛東村 (4)s
いずれも、15.0417 榛東村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | お花 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

セイヨウタンポポ

雨が上がり、タンポポがいっせいに咲き出しました。
セイヨウタンポポは元気がですね。


セイヨウタンポポ150417榛東村 (2)s


セイヨウタンポポ150417榛東村 (3)s
いずれも、15.04.17 榛東村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | お花 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ヒロハアンズタケ

お疲れなベニタケの仲間かなと思いましたが、
ヒロハアンズタケでした。
少し古かったようです。

ヒロハアンズタケ130805上野村十石峠 (4)s
13.08.05 上野村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ワサビタケ

ちょっと遅れてくるピリ辛、
ワサビがわりになるかなぁ

ワサビタケ131024上野村笠丸山 (3)s
13.10.24 上野村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

長瀞アルプス…その3

狼くんとの会合が終わり、
麓に向かい、駆け下ります。

ロープウェイ山麓駅から西へ不動寺の裏、
通り抜けの桜をとおり、権田山へ。

150412長瀞アルプス (36)s

一応頂上ですね。

それから、めざすかき氷屋さんへ一生懸命歩きました。

予定よりも早く、かき氷屋さんへ、
3時間も歩いてかき氷屋さんへ着いたのに、
もう並んでいます。
列を見た途端、もう満足。
またの機会ということにして、上長瀞の駅へ向かいます。

が、まだ歩き足りないような気もしますし、
何しろ時間が早いので、野上まで歩いてみようかと思い、
上長瀞駅を素通り。

長瀞の駅前から宝登山を望みます。

150412長瀞アルプス (37)s

さすがに里の桜は終わりですね。

金石水管橋から荒川。

150412長瀞アルプス (39)s

野上駅南側から、長瀞アルプス登りだしの尾根。

150412長瀞アルプス (41)s

続き。

150412長瀞アルプス (42)s

左奥が宝登山。

150412長瀞アルプス (43)s

宝登山、アップです。

150412長瀞アルプス (44)s

まだ桜が咲いています。

そして、野上駅。

150412長瀞アルプス (45)s

大きく見えるのが簑山。右側、電柱の向こう側が武甲山です。

交換で蒸気機関車が来ました。

150412長瀞アルプス (46)s

寄居での待ち時間に、三色天盛りをいただきました。

150412長瀞アルプス (47)s

そして、帰宅後は長瀞。

DSC_0569.jpg

お山の名前ではありませんが、
長瀞もずいぶん歩いたし、おいしかった。


コースタイム
15.04.12
07:00野上駅 → 07:40天狗山(342m) → 08:00氷池分岐 → 
08:15林道 → 08:25宝登山登山道入口 → 08:45宝登山(497.1m)09:00
→ 09:30ロープウェイ山麓駅 → 09:45権田山(232m) → 
10:00かき氷屋さん → 11:00野上駅

行動時間:4時間00分
歩行時間:3時間45分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

長瀞アルプス…その2

ほどなく舗装された林道に飛び出します。
林道を右へトコトコ進んでいきますと、
やがて宝登山への登山口が現れます。

そこにはこんな看板が…

150412長瀞アルプス (19)s

タマゴテングタケはまだ見たことないです。
どっちかというとタマゴタケモドキの方がよくあるし、
間違えやすいような…

ということで、階段の続く道を登り上げると宝登山頂上でした。

150412長瀞アルプス (21)s

時間が早いせいか、ぱらぱらと人がいる程度。

秩父の山々が見渡せます。

これは城峯山。

150412長瀞アルプス (23)s

そして、憧れの両神山。

150412長瀞アルプス (24)s

アップです。

150412長瀞アルプス (31)s

秩父市街と武甲山。

150412長瀞アルプス (28)s

アップ。

150412長瀞アルプス (30)s

簑山。

150412長瀞アルプス (29)s

頂上で軽食を取り、宝登山神社奥社へ。

150412長瀞アルプス (34)s

狼が待っていました。

狼の精悍な顔。

150412長瀞アルプス (35)s

素敵です。


…つづく
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

長瀞アルプス…その1

腰が痛かったり、雨だったりで、行けなかったため、
またまた久しぶりのお山になってしまいました。

今回はかき氷屋さんをめざして、長瀞アルプス縦走です。

まだお日さまが昇る前、おうちを出ました。
朝焼けの赤城山。

150412長瀞アルプス (2)s

早くに目が覚めたので、
その勢いで始発に乗りました。

まだ早朝、秩父鉄道、野上駅を出発。
めざす長瀞アルプスは霧の中、まったく見えません。

150412長瀞アルプス (5)s

少しだけ霧が上がってきたような。
幻想的な景色が広がります。

150412長瀞アルプス (7)s

萬福寺横を入り、いよいよ登山道へ。

150412長瀞アルプス (8)s

尾根の上はまだ霧につつまれていました。

150412長瀞アルプス (9)s

霧の広葉樹林は素敵です。

静かに歩くうち、天狗山分岐。

150412長瀞アルプス (10)s

少し寄り道、道標にある御嶽山、天狗山を踏んでくるつもり。

ここは342mの標高点のあるピーク。
おそらくここが天狗山かと。

150412長瀞アルプス (11)s

山名板はありません。
では御嶽山はどこ?

342m標高点のあるピークの北側の小ピークかな。
わかりません。

縦走路に戻り、先に進みます。
めざす宝登山はまだ遠そう。

150412長瀞アルプス (14)s

これも宝登山。

150412長瀞アルプス (15)s

モミジイチゴの見頃でした。

150412長瀞アルプス (17)s

…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

チシオタケ

チシオタケも大好きなきのこの一つ。
だいたい、小さいきのこが好き。
チシオタケのように名前がわかればそれはうれしいけど、
わからなくてもいいかな。
見ているだけで楽しい。
私もきのこと肩を並べる大きさに、
いいえ、
チシオタケのに乗れるような大きさになりたい。

チシオタケ131024笠丸山 (5)s
13.10.24 上野村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

クヌギタケ

たぶんクヌギタケ。
広い意味でクヌギタケ。
でも、本当にクヌギタケMycena galericulataなんだろうか。

クヌギタケ130926上野村天丸山 (5)s
13.09.26 上野村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

アズマイチゲ

可憐すぎます。
この辺りに数本点在していましたが、
陽も陰り、いかにもさみしそうです。

アズマイチゲ150321下仁田町s


アズマイチゲ150321下仁田町 (3)s
いずれも、15.03.21 下仁田町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | お花 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ミヤマキケマン

フクジュソウを見に行ったときですが、
こちらの黄色の方が目を惹きました。
元気の出る美しさですが、毒草とのこと。

ミヤマキケマン150321下仁田町s
15.03.21 下仁田町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | お花 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

オオイヌノフグリ

名前に似合わずかわいいお花です。
春早いころから日だまりで笑っています。
元気をもらえて、とても好きです。

オオイヌノフグリ150321下仁田町s
15.03.21 下仁田町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | お花 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

桜ロイヤルブレッド

この季節限定かしら。
食べてみたくなりますよね。

150329パンs

150329パン (2)s

150329パン (6)s

ほんのり桜色に染まっています。
奥のパンの耳のきわにある黒っぽいシミみたいのが桜の花びら。
桜餅っぽいお味でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | フルーツライとかチョココロネとか | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ミツマタ

このミツマタも馴染みの場所にあり、
よく観ています。
この、やわらかい色合いが春霞のようで好きです。


ミツマタ150403榛東村
15.04.03 榛東村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | お花 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ハクモクレン

ハクモクレン、同じ木の変化です。

まず、15.03.17
ハクモクレン150317榛東村

だいぶ白くなってきましたが、まだつぼみはかたい感じです。


15.03.25
ハクモクレン150325榛東村

ほころんできた花もあります。


15.03.27
ハクモクレン150327榛東村

ほころんでる花が多くなってきたかな。


15.03.31
ハクモクレン150331榛東村

ほぼ満開。

ハクモクレン150331榛東村 (2)

サクラとの競演です。


15.04.03
ハクモクレン150403榛東村

もうお疲れ気味になってしまいました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | お花 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

日和田山~物見山~富士山

もう二十日も前のことになってしまいました。
東京でのご用のあと、お昼からの山歩きでした。

西武池袋線高麗駅から歩きました。

歩き出してすぐ鹿台橋手前から見る日和田山。

150314日和田山・物見山・富士山 (2)s

頂上近くまでスギが植えてあり、
生活に結びついた里山の雰囲気が出ています。

高麗川を渡り、すぐ左へ、さらに左へ登っていきます。
そんなにかからず日和田山山頂。

150314日和田山・物見山・富士山 (3)s

土曜日だったせいか人がたくさん。
山名板の写真も撮れず、先へ進みます。

次にめざす高指山。

150314日和田山・物見山・富士山 (4)s

鉄塔のあるところが頂上です。

日和田山からわずかに下り、登り返して高指山です。

150314日和田山・物見山・富士山 (6)s

頂上には鉄塔が鎮座してましたが、
もう使われてなく廃墟と化していました。
柵で囲われているので仕方ありません。
周囲を一回りして、物見山をめざします。

しばらく車道を行き、
富士山が見えるらしいポイントから再び山道に入ります。
そこで軽くランチ。

ひと登りで、物見山でした。

150314日和田山・物見山・富士山 (7)s

ここは西側のピーク。

三角点は東側のピークにあります。

150314日和田山・物見山・富士山 (9)s

さてここからがこの日のメイン、地図読みが試されそうです。

三角点からはっきりした踏み跡が先へ続いています。
何も考えずに進み、少しくだって車道へ。
車道を横切って、尾根を下れば、富士山に続く稜線のはずですが、
何だか傾斜が急??
少しくだったところで地図を確認したら、
こんなに急には下っていないし、
それどころか車道を越えて小ピークがあるはずなのにありませんでした。
どうも真北へ向かう尾根に引き込まれたようです。
登り返し、車道に出、南東に進みます。
次の右カーブのところが正解のはず。

うすい山道が物見山方面から下ってきて、反対側に続いてました。
そこを入ると、地図どおり小ピークがあり、緩やかに下っていきます。
ここからは違う尾根に誘い込まれないように
頻繁に地図を確認しながら下ります。

富士山との鞍部に下りきる最後のところで道が錯綜していて、
少し悩ましい。
鞍部に出た、はっきりした作業道もあるものの、
北へ進むべきか南に進むべきか…。
まずは北へ進み、峠をめざします。

正解だったようで、立派な標が立っていました。

150314日和田山・物見山・富士山 (11)s

富士山方面に作業道を進みます。

しばらく巻いて歩くと再び標。

150314日和田山・物見山・富士山 (12)s

階段を登り、富士山山頂です。

150314日和田山・物見山・富士山 (14)s

ここで再び小休止して、高麗川駅をめざします。

麓、東側からの富士山。

150314日和田山・物見山・富士山 (16)s

さらに、日和田山から物見山。

150314日和田山・物見山・富士山 (17)s

左側、車の上のピークが日和田山、
その右鉄塔の立っているのが高指山、
右側手前の鉄塔の奥が物見山でしょうか。

長い車道歩きの末、高麗川駅に到着です。


150314日和田山・物見山・富士山 (18)s

コースタイム
15.03.14
12:20高麗駅 → 13:00日和田山(305.0m) → 13:20高指山(330m)
→ 10分ほど休憩 → 13:50物見山(375.3m) → 
14:50富士山(ふじやま、220.3m)15:00 → 16:00高麗川駅

行動時間:3時間40分
歩行時間:3時間20分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 私のきれぇい&かわゅい♪ |