Archive: 2015年01月  1/1

ベニチャワンタケ

まさしくアースカラーの林床にあって、とても目立ちます。誰がこのお茶碗を使うのかなって想像すると楽しくなりますね。11.09.14 上野村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

愛宕山(港区)

東京23区の最高峰、自然地形では一番高いところです。新宿区に箱根山というのがあって、そちらの方が高いのですが築山なのです。愛宕山には毎年のように登っています。最高峰とは言えお手軽。東京に遊びや仕事に行ったついでに登ってくる感じでしょうか。何しろ最高峰をめざしますから、朝まだ暗いうちの出発です。今回は、浜松町から登ります。世界貿易センタービル。そして、増上寺と奥に東京タワーが見えます。東京タワーの下...

  •  2
  •  0

蓼科山…その2

だいぶ木が低くなってきました。その分、空が広い。もう少しで森林限界を超え、あのだだっ広い頂上の一角に登り着くはずです。それでも20分ほどかかり、頂上のすみにたどりつきました。これから、山頂ヒュッテまで巻き、頂上へです。硫黄岳から編笠への山並みが美しく輝いています。誘われます。しばらくぶりに訪ねたくなりますね。私が最初に登った冬山は八ヶ岳、赤岳鉱泉泊まりで硫黄から阿弥陀まで縦走しました。ずいぶん昔の...

  •  0
  •  0

蓼科山…その1

朝、7時過ぎ女乃神茶屋の駐車場はほぼいっぱい。平日なのに、皆さん早いですね。隙間、半分雪の山に突っ込むようにして駐車し、準備をします。今日はめずらしくお友だち二人と。ちょっとわくわくどきどきです。楽しんでもらえるかな。ワカンやスノーシューを散らかして、どうしようかなどと思ってると、一昨日も登ったという男性が、「トレースがしっかりあるから、ワカンはいらないよ」ってアドバイスしてくれました。素直に信じ...

  •  0
  •  0

長七郎山~地蔵岳(赤城山)

新しくしたハードシェルのお試しで赤城山に行ってきました。計画では鳥居峠から小地蔵岳を巻くことにしてましたが、鳥居峠を偵察してみると、登山口には積もった雪、除雪した雪が高くあり、とても乗り越えられる感じがしません。それで、小沼の駐車場に転進しました。まずは小地蔵岳をめざします。昨日分でしょうか、トレースがあります。朝の小沼。全面結氷してます。風が強く、雲の流れも早い。北風を受ける左半身が瞬く間に冷た...

  •  0
  •  0

ホコリタケ

間違いないと思うけど、しばらくぶりで画像を見るとちょっと自信がない。きのこは難しいです。11.09.14 上野村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

ミヤマザラミノヒトヨタケ

と言う自信はありません。たぶんそうかなくらい。ヒトヨタケの仲間も同定が難しいですね。11.09.14 上野村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

ニセキンカクアカビョウタケ

ルーペや顕微鏡で確認しているの、間違いないと思いますが、きっと似たようなのがたくさんあるのでしょうね。11.08.17 上野村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

ニカワハリタケ

あまり大きいものは見かけません。たいていは1、2cmでしょうか。11.08.17 上野村にほんブログ村...

  •  2
  •  0

ハナサナギタケ

冬虫夏草、私はどうも探すのが苦手です。じっくり腰をすえることができないから仕方ないかな。いずれも、11.08.17 上野村にほんブログ村...

  •  2
  •  0

烏帽子ヶ岳~鬢櫛山~掃部ヶ岳(榛名山)…その2

別荘地からトラバース気味に進むと稜線、南から榛名吾妻荘から登ってくる道と東へ硯岩、そして西へ掃部ヶ岳へ、十字路に出ました。道はツルツルに凍っていますが、雪はうすいです。しばらく登ると木立のあいだから歩いてきた山が見えます。左が鬢櫛山、右が烏帽子ヶ岳。それなり縦走、ずいぶん歩いた気がします。目を右に向けると、榛名湖と榛名富士、左奥は二ツ岳です。さらに高度を稼ぎ、掃部ヶ岳の肩まで上がると榛名湖と囲む山...

  •  0
  •  0

烏帽子ヶ岳~鬢櫛山~掃部ヶ岳(榛名山)…その1

今年の登り初めです。榛名山、適当に歩けるところをと、烏帽子ヶ岳から掃部ヶ岳への縦走を試みました。榛名湖畔、烏帽子ヶ岳登山口近くに車をおき、登りはじめます。鬢櫛山との鞍部、烏帽子ヶ岳への入り口に鳥居、その下の狐さんの頭を撫でて登り出します。岩と氷と雪と泥のミックスで滑りやすくいやらしい登路でした。がひと登りで烏帽子ヶ岳頂上。来た道を下り、鞍部の小々ピークをまわり、鬢櫛山へかかります。途中、木々のあい...

  •  4
  •  0

キウロコタケ

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。さて、きのこってどういう訳か食の対象。だから、きのこ狩りなんて言われています。自称きのこ名人の方々は食べることから入った人が多いのでは。だから、食の対象と紛らわしい毒きのこにはくわしいけど…。キウロコタケ、私の大好きなきのこです。ぜんぜん食欲をそそられないところがいいですね。このキウロコは素敵な色をしてるとか形がおもしろいとかそう言う楽し...

  •  0
  •  0