私のきれぇい&かわゅい♪

obtusaにとって、きれぇい♪かわゅい♪ものを紹介していきまぁす(^^)/

天狗山辺りの山(榛名山) …その1

少し寝坊気味、お布団の中で迷いましたが、
振り切って出かけました。
以前から歩いてみたかった榛名神社奥のお山。

榛名神社の入り口、郵便局の下の市営駐車場に車をおき、
歩き出します。
榛名神社の随神門の手前を右に入っていきます。
ここには道標がなく、少し不安。

少し行くと、地蔵峠への分岐、道標もあり安心できます。

141130榛名天狗山ほか (1)s

作業道を登っていくと、もう尾根がすぐそこに見えるころになり、
登山道っぽくなります。

地蔵峠。

141130榛名天狗山ほか (2)s

右へ尾根を登っていきます。
怖いと言うほどではありませんが、比較的狭い尾根です。
途中、掃部ヶ岳が見えます。

141130榛名天狗山ほか (3)s

ひと登りで大鐘原ヶ岳。

141130榛名天狗山ほか (5)s

多少のアップダウンを繰り返す尾根歩きで、小鐘原ヶ岳。

141130榛名天狗山ほか (6)s

小鐘原ヶ岳を過ぎると板碑が立ち並び、
終わった辺りから右へ下ります。
ササでおおわれたカラマツ林を下っていくと、
榛名神社から天狗山に向かう道にぶつかり、
天狗山に向かいます。

まずは高い方の西峰をピストンし、
天狗山へ。

141130榛名天狗山ほか (8)s

小さな鳥居が並んでいます。

141130榛名天狗山ほか (9)s

小さな鳥居、ときどき見かけますが、
どういう意味があるのかな。

141130榛名天狗山ほか (10)s

軽くひと登りで天狗山山頂。

141130榛名天狗山ほか (14)s

ここにも板碑や石仏がたくさん立っています。
古くから人びとに親しまれていた頂上であることがよくわかります。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

大岩山

連休最終日、軽く足利百名山の一つ、大岩山に。
縦走もできるけど、単品で登ってきました。

大岩毘沙門天の上の駐車場に車をおき、
車道を150mほど東へ。
車道の終点にも車はおけますが、
さっきのところはトイレがあったして…。
大岩山に続く尾根を登っていきます。

141124大岩山s

常緑樹の森。
この季節だけどちょっと暗いです。

ゆっくり登って20分ほどで、大岩山頂上。

141124大岩山 (2)s

テーブルのついて立派なベンチがあります。

一休みして、来た道を戻り、下山しました。


コースタイム
14.11.24
11:15大岩毘沙門天上の駐車場 → 11:35大岩山(417m)11:55 → 12:15大岩毘沙門天上の駐車場

行動時間:1時間00分
歩行時間:0時間40分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

妙義山、眺めてみた

高岩で少し強気になり、次は妙義かなって。
とりあえず、観光を兼ねてあらためて山容を偵察。

妙義神社。

141123妙義神社s

大の字とその奥のお山。

141123妙義神社 (4)s

連休中と言うこともあり、登山者も多い。
私だって行けるかもと思う。

こちらは中ノ岳方面。

141123妙義神社 (8)s

どうなんでしょう。

中之嶽神社下の駐車場にパトカーや消防の車が何台も。
警察官や消防の人もたくさんいます。
これは遭難があったなと思っていましたら、
前日に事故があり、その日の朝、ヘリで収容されたようです。

あらためて山行記録を読んでみると、
止めた方がいいかな。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

桜堂(山)

高岩、下山するもまだ時間が早い。
で、近くのいくつかリストアップしていた頂上のうちから
桜堂を選びました。
桜堂と表記されているもの、桜堂山と表記されているもの、
両方ありますけど、どちらかな。

どちらにしても、桜堂という名前に惹かれて登り出しましたけど…。

碓井軽井沢ICを出て県道92号を直進、
県境峠の群馬県側の路肩に車を止め、
反対側ガードレールの始まりのところから藪に入ります。

法面の上部に踏み跡があり、辿っていくとTVの共同アンテナがあります。
先に進み、やがて右に登っていく踏み跡があります。
すぐに県境尾根に登り上げ、
あとは尾根伝いに藪をかき分けるだけ。
踏み跡もテープもありました。

141122桜堂山 (1)s

笹のないところもあります。

141122桜堂山 (2)s

最後、広葉樹の斜面を上り上げると、
軽井沢町の基準点のある、桜堂の南峰に出ます。

141122桜堂山 (4)s

ここは眺めがいいですね。

先ほど登ってきた高岩。

141122桜堂山 (6)s

見下ろすようになります。

141122桜堂山 (8)s

山麓の黄葉がきれいですし、妙義山もかっこいいです。

こちらは浅間山。

141122桜堂山 (9)s

ひいて見るとこんな感じ。
葉がついてるとうるさいかもしれませんね.

141122桜堂山 (10)s

足を伸ばして、北峰へ。

141122桜堂山 (3)s

何もない静かな山頂です。
一休みして、下山しました。

下山後はケーキ屋さんへ。

今日は歩行時間が短かったので、一つだけのつもりでしたが…。

まずは、お昼のキッシュ。

141122桜堂山 (12)s

そして、デザートのアップルパイ。

141122桜堂山 (15)s

久しぶり、おいしかった。


コースタイム
14.11.22
10:25群馬、長野県境峠 → 10:50桜堂北峰11:05 → 
11:10桜堂南峰(1180mほど) → 11:30群馬、長野県境峠

行動時間:1時間05分
歩行時間:0時間50分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

高岩 …その2

さて、下りです。
登りで怖かった三連の鎖。
上から見ると、なおさらですね。
のぞき込まないと鎖の下部が見えませんし、
隙間は狭い。

141122高岩 (16)s

こんな隙間、通れるのかしら。
でも、登ってきたんだし…。

鎖にぶら下がるように下り出します。
途中、足場になるはずの石は、
まるで宙に浮いているようです。
足を載せても大丈夫なのか。

141122高岩 (17)s

とりあえず私は大丈夫でした。

意外に怖くもなく鎖場はクリア。
鞍部に戻り、反対側の雌岳へ。

こちらは怖いところなんてなく、P1へ。

先ほどの雄岳が目の前に。

141122高岩 (18)s

周囲はこんな感じ。

141122高岩 (19)s

奥に妙義のギザギザが見えます。

P2は登れず、P3雌岳頂上で一休み。
鞍部に戻り、下山しました。

下山後、碓井軽井沢IC辺りからの高岩。

141122高岩 (21)s

右が雄岳、左が雌岳です。

よく登った。


コースタイム
14.11.22
07:45恩賀登山口 → 08:20雄岳雌岳鞍部 → 08:40高岩雄岳(1084m)08:50
→ 09:05鞍部 → 09:20雌岳09:25 → 10:00恩賀登山口

行動時間:2時間15分
歩行時間:2時間00分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

高岩 …その1

ぐんま百名山の一つ、高岩。
しばらく重い課題として残っていましたが、
行ってきました、登ってきました。

南麓の下平の部落から。
山と言うより、その名のとおり一つの大きな岩です。
あの突端に立つと思うとしびれます。

141122高岩 (1)s

恩賀の部落の登山口。

141122高岩 (2)s

駐車場はありません。
登山口の少し西に路肩が広くなっているところがあり、
そこに置かせていただきました。

画像の舗装された斜路を上り、
すぐに左に山道が始まります。
落ち葉を踏んでしばらく登ると、
いよいよ雄岳雌岳の鞍部に通じる急登になります。
目印やテープがついていますので安心です。

141122高岩 (5)s

鞍部からの雄岳。

141122高岩 (6)s

高いし、垂直です。
しばらくはちゃんと足で登れます。
右へトラバース気味に進むと、いよいよ。

141122高岩 (7)s

これまで鎖場は数多く通過しましたが、
ここほど立っている、
それどころかオーバーハング気味のところはなかったです。

141122高岩 (8)s

間も狭く、ザックが引っかかります。

登りでもかなり怖かったです。
たいていの鎖場は
鎖があってもなくても関係ないようなことが多いですが、
ここは違いました。
鎖、絶対必要です。

それでも、下りが思いやられます。

3段30mの鎖を登り、
それからまた右へトラバース気味に登っていきます。
足で登れます。
ようやく頂上。

141122高岩 (9)s

眺めは最高ですね、さすがに。

足元には軽井沢IC。

141122高岩 (10)s

これから無事鞍部まで下りられたら登り返そうと思っている雌岳。

141122高岩 (11)s

そして、遠く八ヶ岳。

141122高岩 (12)s

さて、問題の下りです。
降りられるのかなぁ。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

シロバナトウウチソウ

このときはじめて認識しました。
夏の東北の山々もさんざん歩いていますから、
見ていたのでしょうが、
写真を撮り、何だろうと調べたのははじめて。
まだまだ知らない花たちがあります。

シロバナトウウチソウ130824秋田駒ヶ岳s


シロバナトウウチソウ130824秋田駒ヶ岳 (2)s
いずれも、13.08.24 秋田駒ヶ岳

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | お花 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

クリタケ

馴染みのあるきのこですよね。
でも、私は苦手です。
同定が意外にむずかしいから。
この画像のような幼菌と老熟してから子実体と
あまりに様相が違います。
皆さん、よく間違えずに採集されるなと感心。

クリタケ131024笠丸山・上野村 (4)s
13.10.24 上野村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

オオヤマザクラ

サクラの仲間だと言うことは、
わりとすぐわかりますが、
種名までは難しいですね。

オオヤマザクラ141105稲含山下仁田町 (2)s
14.11.05 下仁田町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ワサビタケ

ピリッと辛いワサビタケ。
薬味になるかな。

ワサビタケ131024上野村笠丸山 (2)s
13.10.24 上野村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ウリハダカエデ

「うりはだ」とはよく言ったもので、
この樹皮を見るとメロンを連想します。
あっ、メロンもウリ科キュウリ属だそうです。

ウリハダカエデ141105稲含山下仁田町 (3)s
14.11.05 下仁田町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

残馬山と三境山

干支の山とまだ未踏だと言うこと、
一か月山行を開けてしまったので不安もあり、
残馬山を選びました。
ついでに、三境山も登れればいいかなって。

登山口は、草木湖から梅田に抜ける林道の三境トンネル、草木湖側です。
すぐ手前が登山口になっています。

141108残馬山・三境山 (17)s

以前、三境山には登ったことがありますが、
さっぱり覚えていませんね。
途中の道標、熊さんにかじられたのかぼろぼろです。

141108残馬山・三境山s

それでも、沢沿いをしばらく登り、途中から稜線をめざして、
無事に道標のあるところに出ました。

141108残馬山・三境山 (2)s

これから稜線を南に進み、残間山をめざします。
この辺りは熊さんの巣窟、
さすがに不安で熊鈴+運動会笛をときどき強く吹きます。

141108残馬山・三境山 (7)s

途中、木々のあいだから皇海山が見えます。

141108残馬山・三境山 (3)s

どっしりしてますね。

いくつかのコブを越え、残馬山に到着。

141108残馬山・三境山 (4)s

木立に囲まれた、なんの変哲もない頂上。
静かなだけが取り柄ですね。

141108残馬山・三境山 (6)s

私にしては長く休憩。
周囲に誰もいないのがいいです。

温かいスープなど飲み、くつろぎましたが、
やがて来た道を戻ります。
途中、三境山が見えます。

141108残馬山・三境山 (10)s

行こうかな、どうしようかな…
たいした頂上ではないので今日はよそうかな…
などと考え、道を進めますが、
ふと気がつくと見覚えのないところにきています。

戻ってみたり、磁石を出して方向を確認したり、
どうやら稜線上にはいるのですが、
いつの間にか、下山口を通り過ぎてしまったようです。
私にしては珍しい道迷い。
ニホンジカやイノシシの道が交錯していますから、
混乱したのでしょうか。
先ほど、小ピークをトラバースしたのが悪かったかな。

とりあえず、見えている三境山をめざすことにしました。

で、ひと登りで三境山です。

141108残馬山・三境山 (11)s

ここもどうと言うことのない木立に囲まれたピーク。

141108残馬山・三境山 (15)s

振り返れば、先ほど登ってきた残馬山(左のピーク)が見えます。

141108残馬山・三境山 (16)s

三境山からは今来た道、稜線を忠実にたどり、
下山口も無事に見つけ、登山口に戻りました。

里に帰り、アイスタイムです。


141108残馬山・三境山 (21)s

コースタイム
14.11.08
09:10三境トンネルみどり市側駐車場 → 09:25稜線 → 10:10残馬山(1107.5m)10:30
→ 11:50三境山(1088.1m)11:55 → 12:20稜線分岐 → 12:30駐車場

行動時間:3時間20分
歩行時間:2時間55分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

稲含山

下仁田町と甘楽町の境、茂垣峠(鳥居峠)から登りました。

141105稲含山s

稲含神社の鳥居が紅葉に囲まれいい感じです。

141105稲含山 (3)s

途中鎖場もあります。

141105稲含山 (4)s

また、山頂直下のトラバースは、
以前登ったときはテカテカに凍りついていて怖かったけど、
いつの間にかしっかり柵ができていました。
風情はないけど、安全です。

で、トラバースして登り上げるとりっぱなお社があります。

141105稲含山 (5)s

そして、戻るようにひと登りで頂上。

141105稲含山 (9)s

微妙に方向が違う案内板。

141105稲含山 (7)s

荒船山、手前右に物語山。

141105稲含山 (10)s

小沢岳。

141105稲含山 (11)s

西御荷鉾山。

141105稲含山 (12)s

コースタイム
14.11.05
09:10茂垣峠駐車場 → 10:00稲含山(1370.39m) → 茂垣峠駐車場

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

アラゲキクラゲ

夏の森、アラゲキクラゲは定番ですね。
間違えないし、食べられるし、
いいきのこです。

アラゲキクラゲ130702上野村s
13.07.02 上野村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ヒキガエル

アズマヒキガエルかな。
達観したような表情、何ごとにもあわてない動き、
隠者的風貌が好きです。

ヒキガエル131003上野村北沢 (3)s
13.10.03 上野村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

キイボカサタケ

イボカサタケの仲間、私の大好きなきのこです。
たくさん写真を撮ってます。


キイボカサタケ140902神流町2s
14.09.02 神流町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

松山猛の時計王

松山猛著、1998年、世界文化社刊

140928本 (3)s

時計の世界、奥が深いなぁと感心しました。
歴史があり、高級で、機能デザインとも素敵です。
もう10年以上も腕時計というものを持たないない私ですが、
このようなものなら欲しいと思いました。
買えませんけど。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ハナオチバタケ

ハナオチバタケ、
私の大好きなきのこの一つです。


ハナオチバタケ140902神流町s
14.09.02 神流町

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

クロハツ

ずいぶん昔、
まだこの仲間に毒きのこがあるなんて知らないころ
食べてみたことがありますが、
土臭くて、とても食べられたものではありませんでした。
おいしいものを食べたいですね。

クロハツ140906富岡市 (2)s
14.09.06 富岡市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

キヌガサタケ

実ははじめて見る生キヌガサタケ。
お昼前近かったので、薹が立ち、
レースが縮んでいます。

キヌガサタケ140906富岡市 (2)s
14.09.06 富岡市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 私のきれぇい&かわゅい♪ |