Archive: 2014年07月  1/1

シロウロコツルタケ(フクロツルタケ)

フクロツルタケの方が馴染んでいます。このきのこも私の大好きなきのこの一つ。何で好きかって、なぜでしょうね。14.07.13 富岡市にほんブログ村...

  •  0
  •  0

コテングタケモドキ

Amanitaは苦手です。どうもよくわかりません。なんて書くとほかはわかるのか。何ならわかるんだ。と突っ込まれそうですが、結局のところどこもよくわかっていません。コテングタケモドキ、テングタケの仲間ではわかりやすい方かな。14.07.13 富岡市にほんブログ村...

  •  0
  •  0

ノウタケ

ちょっと古いノウタケ。なんて言うことはないけど、見つけるとちょっとうれしくなるきのこです。14.07.13 富岡市にほんブログ村...

  •  2
  •  0

ヤグルマソウ

まだつぼみでした。ヤグルマソウも大きくてわかりやすい植物ですね。いずれも、14.06.13 藤岡市にほんブログ村...

  •  0
  •  0

赤久縄山

そういえば、赤久縄山にもちょこっと登ったのでした。東の彼方、手前左から西御荷鉾山、東御荷鉾山、雨降山。そして、東御荷鉾山の左奥に筑波山が見えます。南西の彼方、真ん中が御座山。右奥の雲がかかっているのが八ヶ岳です。そして、赤久縄山からちょっと下りるとブナ林が見られました。にほんブログ村...

  •  2
  •  0

クサタチバナ

実はクサタチバナって知りませんでした。このときはじめて観て、調べて、わかりました。これまでずいぶんと植物を観てきましたが、まだまだです。いずれも、14.06.13 藤岡市にほんブログ村...

  •  0
  •  0

ヌメリスギタケモドキ

オノオレヤナギのまだ生きている木から発生してました。一部枯れてるということですね。直径が10cmはある大きなきのこ、存在感を示しています。いずれも、14.06.13 藤岡市にほんブログ村...

  •  0
  •  0

ジュウニヒトエ

十二単、名前が優雅ですね。イメージするような派手さはありませんが、素敵な花です。大好きな花の一つです。いずれも、14.06.03 川場村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

タケニグサ

荒れ地、伐採跡地などに普通にあります。あまり普通なのと、憎らしいほど大きくなるので、写真なんて撮りません。14.06.03 みなかみ町にほんブログ村...

  •  0
  •  0

コゴメウツギ

学生の頃、真っ先に覚えた植物の一つ。モミジイチゴに似て、トゲがなく、やわらかいって。懐かしい思い出です。ひとつひとつの花は小さいけど、かわいいらしいです。いずれも、14.06.03 昭和村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

オククルマムグラ

たぶん、オククルマムグラだと思います。これまで見たことないはずがありませんが、、こうして意識して同定したのははじめて。もちろん写真を撮ったのもはじめてです。いずれも、14.06.03 昭和村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

エゴノキ

白い清楚な花。大好きです。果皮には有毒なサポニンが含まれているそうです。いずれも、14.06.03 みなかみ町にほんブログ村...

  •  0
  •  0

アヤメ

明るいコナラ林のすごい藪に女王様のように咲いていました。歩くのに辟易するような濃い藪に、その一角だけ輝いているようです。いずれも、14.06.03 昭和村にほんブログ村...

  •  2
  •  0

アブラチャン

普通に見られる落葉低木です。赤い茎、葉柄ですぐにわかります。また、クスノキ科クロモジ属なので香りがとってもすてきです。大好きな樹木の一つ。いずれも、14.06.03 川場村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

ハリギリ

天狗のうちわ。一枚折って扇いでみたくなります。蚊を追ったり、蜘蛛の巣を払ったりはできますね。14.06.01 富岡市にほんブログ村...

  •  0
  •  0

ヘビイチゴ

食べてみました。取り立てて語るほどの味はなし。14.06.01 富岡市にほんブログ村...

  •  2
  •  0

マムシグサ

私の大好きなマムシグサ。横向き。正面から。そして、蝮柄。いずれも、14.06.01 富岡市にほんブログ村...

  •  0
  •  0

モミジイチゴ

森のフルーツですね。甘酸っぱくて、山歩きに倦んだときのリフレッシュになります。まぁ、確かに種が口に残りますけどね。いずれも、14.06.01 富岡市にほんブログ村...

  •  0
  •  0