FC2ブログ
たった一人の山
2014/01/07(Tue)
たった一人の山 浦松佐美太郎著 1951年 河出書房刊

131230本s

何度目か読んでいます。

旧仮名遣い、活字も古い書体で読みづらいのですが、
日本人がアルプスに登りだしたころの雰囲気、
古い雰囲気が好きです。

アルプスに対する浦松の、また地元の山岳ガイドの意気込みが
伝わってきます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | | CM(5) | TB(0) | ▲ top
| メイン |