私のきれぇい&かわゅい♪

obtusaにとって、きれぇい♪かわゅい♪ものを紹介していきまぁす(^^)/

キンコウカ

キンコウカが咲くところは、湿原。
山上散歩の途中、あるいは苦しい登りの中休みのような平ら、
そんなところにある小湿原で出会います。
黄色い花は、疲れた私に力をくれます。
さて、もう少し先へ。


キンコウカ130824秋田駒ヶ岳 (2)s


キンコウカ130824秋田駒ヶ岳 (3)s
いずれも、13.08.24 秋田駒ヶ岳

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | お花 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

愛宕山 …東京23区最高峰

何度目かの登頂です。
東京のご用が早くすみ、時間があると登ります。

この日は表登山口から。

山頂に神社がありますから、
登山口には鳥居が立っています。

DSC_0098s.jpg

深い森に囲まれた山です。

急な石段が終わりも見えないくらいに聳えています。

DSC_0099s.jpg

頂上は意外に広く、
立派なお社に、茶店などもあります。

ボート池も。

DSC_0100s.jpg

ボートには乗れないかな。
標高が低いから、コイが泳いでいます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

ウメバチソウ

ウメバチソウ、
植物の名前に興味を持ちだした最初のころ覚えた名前です。
そのためか、いいなと思ったから覚えたのか、
とても好きな花です。

秋田駒ヶ岳、たくさん咲いていて感激しました。

ウメバチソウ130824秋田駒ヶ岳bs


ウメバチソウ130824秋田駒ヶ岳 (2)s


ウメバチソウ130824秋田駒ヶ岳 (4)s
いずれも、13.08.24 秋田駒ヶ岳

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | お花 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

榛名外輪山、相馬山~三ッ峰山 その2

磨墨岩から三ッ峰山をめざし進みます。
松之沢峠を越えた辺りからの榛名富士。

131116榛名外輪山 (15)s

そして振り返れば先ほど登った相馬山。

131116榛名外輪山 (16)s

稜線を南に折れ、三ッ峰山に向かいます。
三ッ峰山は外輪山の稜線からこぼれるように外れてあります。
以前来たときはルートがはっきりせず、
藪も漕いだ覚えがありますが、
いつの間にか登山地図にも載っている一般道になっていました。

一度下り、登り上げた稜線を東に向かえば三ッ峰山。

131116榛名外輪山 (18)s

頂上には祠があるだけで、静けさは相変わらずでした。

131116榛名外輪山 (19)s

まだ時間は早いけど、お昼のパンを食べ、下ります。

下り、登りでは見えなかった景色がありますね。

木立の隙間から、榛名湖と左から掃部ヶ岳、鬢櫛山、榛名富士。

131116榛名外輪山 (21)s

七曲峠に出て、榛名湖に下山しました。

予定では榛名富士を乗り越えて…なんて思っていましたが、
時間切れっぽいし、疲れたし、真っ直ぐヤセオネ峠に戻ることに。

榛名湖畔から掃部ヶ岳。

131116榛名外輪山 (22)s

榛名富士。

131116榛名外輪山 (23)s

こちら、相馬山。

131116榛名外輪山 (25)s

北側から見た磨墨岩。

131116榛名外輪山 (26)s

ほどなくヤセオネ峠に戻り、山行を終えました。

コースタイム
13.11.16
08:40ヤセオネ峠 → 08:55稜線 → 09:15相馬山(1411m)09:20 →
09:35ヤセオネ峠分岐 → 09:45磨墨峠 → 10:05松之沢峠 → 
10:25三ッ峰山分岐 → 10:45三ッ峰山(1315m)11:00 → 11:20七曲峠
→ 11:25榛名湖畔 → 12:10ヤセオネ峠

行動時間:3時間30分
歩行時間:3時間10分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

榛名外輪山、相馬山~三ッ峰山 その1

秋の一日、といっても丸一日取れないので
近くのお山、榛名山に行ってきました。

ピークもだけど、
磨墨岩辺りの稜線をまだ歩いたことがなかったので、
それが第一目標かしら。

お昼くらいまでを目安にヤセオネ峠から歩き出しました。

相馬山への登山口。

131116榛名外輪山s

そのあとも鳥居が続きます。

131116榛名外輪山 (2)s

奥の方にも2、3あるんですよ。

ササが山道にかかってきています。

131116榛名外輪山 (3)s

稜線に登り上げ、左、東に急登を相馬山に向けて登ります。
鎖とハシゴ。
ちょっといい感じです。

131116榛名外輪山 (4)s

そして、相馬山山頂。

131116榛名外輪山 (5)s

石仏が迎えてくれます。

冬枯れて葉の落ちた木立ごしに真っ白な浅間山。

131116榛名外輪山 (7)s

冬の浅間山も課題の一つですが、機会がありません。

そして、下り。
ハシゴ、見下ろすと迫力です。

131116榛名外輪山 (9)s

遠く上越境の山々が白く輝いています。

131116榛名外輪山 (11)s

これは、磨墨岩。

131116榛名外輪山 (13)s

切り立って見えますが、近くの寄ってみると登れそうです。
次の機会に登ってみることにして、この日は素通りです。

穏やかな稜線の山道の向こうに
掃部ヶ岳と榛名富士が見えます。


131116榛名外輪山 (14)s

…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

コマクサ

こちら、秋田駒ヶ岳付近でのコマクサ。
時期が遅かったのでまばらに咲いていました。
やはりロープから遠い。


コマクサ130824秋田駒ヶ岳 (2)s
13.08.24 仙北市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | お花 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

コマクサ

コマクサ。
実は私は特別好きなわけでもありません。
それでも、見かけると少し心が騒ぎます。

コマクサ130803車坂峠 (7)c
13.08.03 小諸市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | お花 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ホコリタケ

林道のカーブの路肩に大発生。
きっと木が埋まっているのでしょうね。
それにしてもこれだけのを見るのはめずらしいです。

ホコリタケ130926上野村 (4)s


ホコリタケ130926上野村 (3)s
いずれも、13.09.26 上野村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

桜平から東天狗岳、硫黄岳周遊 …その4下山

硫黄岳から峰の松目に行くつもりで
赤岩の頭の分岐へ下ります。

相変わらず冴えない峰の松目。
分岐からひと登りで赤岩の頭頂上。

131030天狗~硫黄 (49)s

赤岩の頭から先、奥に峰の松目が見えますが、
赤岩の頭よりもなお低いし、
歩く人が少ないようで、道は狭くなっています。
ハイマツが押し寄せてきています。

131030天狗~硫黄 (41)s

振り返って、硫黄岳。
ケルンが並んでいるのが印象的。

131030天狗~硫黄 (43)s

遅めの昼食、おむすび1個をくわえながら、横岳。
こちらから見ると奥行きが出てきて、
なおかっこいいです。

131030天狗~硫黄 (44)s

続いて、赤岳。
天気とあいまって、恐ろしげな人を近づけない様子。

131030天狗~硫黄 (45)s

阿弥陀岳。

131030天狗~硫黄 (46)s

おきまりの阿弥陀岳、中岳、赤岳の並び。
やっぱり赤岳は素敵です。

131030天狗~硫黄 (47)s

さらに横岳も加えて。

131030天狗~硫黄 (48)s

お天気もこんなだし、真っ直ぐオーレン小屋に下ることにしました。

夏沢鉱泉。

131030天狗~硫黄 (50)s

桜平に戻り、この日の山行を終えました。


コースタイム
13.10.30
07:05桜平 → 07:30夏沢鉱泉 → 08:10オーレン小屋 → 09:10箕冠山(2590m)
→ 09:15根石岳山荘09:25 → 09:35根石岳(2603m) → 
10:00東天狗岳(2640m)10:10 → 11:10夏沢峠 → 12:25硫黄岳(2760m)
→ 12:50赤岩の頭(2656m)13:00 → 13:35オーレン小屋 → 
14:00夏沢鉱泉 → 14:20桜平

行動時間:7時間15分
歩行時間:6時間45分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

桜平から東天狗岳、硫黄岳周遊 …その4硫黄岳からの眺望

硫黄岳からの眺望です。

阿弥陀岳、中岳、赤岳、横岳。
中岳の奥は権現岳でしょうか。

131030天狗~硫黄 (30)s

赤岳、横岳のアップ。
赤岳の北面にはまだ雪がけっこう残っています。

131030天狗~硫黄 (31)s

こちらは北方。
天狗岳、手前には根石岳、奥は蓼科山です。

131030天狗~硫黄 (33)s

微妙に角度の違う阿弥陀岳から横岳への稜線。

131030天狗~硫黄sp (5)

再び、赤岳、横岳のアップ。

131030天狗~硫黄sp (6)

縦走路上にある硫黄岳の山名板。

131030天狗~硫黄 (34)s

山名板辺りからの赤岳。

131030天狗~硫黄 (37)s

そして、赤岳、横岳、大同心も。

131030天狗~硫黄 (38)s

こちら、峰の松目。
赤岳の圧倒的山容を見てからでは、明らかに見劣りします。

131030天狗~硫黄 (39)s

そして、再び蓼科山。
春から長い間かけて硫黄岳まで歩いてきました。

131030天狗~硫黄 (40)s

…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

桜平から東天狗岳、硫黄岳周遊 …その3硫黄岳へ

東天狗岳滞在10分。
写真を撮って、コンビニむすびを一つ食べて終わりです。
もともと頂上でゆっくりするタイプじゃないのですが、
この日は何しろ冷たかったのです。
東を向いた岩陰で一息つくのがやっと、
そうそうに頂上を辞しました。

来た道を戻り、根石岳、根石岳山荘を過ぎ夏沢峠へ。

途中、振り返った根石岳と西天狗岳、東天狗岳。

131030天狗~硫黄 (17)s

夏沢峠の小屋はとうに営業を終え、淋しげな峠。
硫黄岳への登りにかかります。

樹林帯を抜けると、北西風が冷たく吹き、
頬が強ばります。
ケルンが山頂に向かい続きます。

131030天狗~硫黄 (19)s

風の中、一息入れれば、
歩いてきた稜線が見渡せます。

131030天狗~硫黄 (20)s

奥に蓼科山も姿を現しました。

さらに登ると、蓼科山が大きくなってきました。

131030天狗~硫黄 (23)s

青空にケルンが映えます。

131030天狗~硫黄 (24)s

先日の雪がわずかに残ります。

131030天狗~硫黄 (25)s

硫黄岳の火口に登り上げると、赤岳のお迎えが待っていました。

131030天狗~硫黄 (26)s

かっこいいです。
大同心も素敵だし。

少しひいて、横岳から阿弥陀岳への稜線。

131030天狗~硫黄 (27)s

そして、反対側には硫黄岳の爆裂火口が切り立っています。

131030天狗~硫黄 (28)s

赤岳鉱泉への道をわける平らに硫黄岳山頂の標識は立っていますが、
最高地点はそこではなく、爆裂火口沿いに回り込んだところです。
これまで、何度か硫黄岳には登っていますが、
その最高地点まで行ったことがありません。
今回の目的の一つはそこをめざすこと。
2760mをめざし、もう少し歩かなくちゃです。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

桜平から東天狗岳、硫黄岳周遊 …その2東天狗岳の眺望

東天狗岳からの眺望をお楽しみ下さい。

足元、今登ってきて、これから下る根石岳への稜線。
西側からどんどん雲が押し寄せ、越えていきます。

131030天狗~硫黄 (10)s

雲の間から阿弥陀岳、中岳。

131030天狗~硫黄 (8)s

少しの時間に晴れて、
赤岳も見えるようになりました。
今日の目的地、硫黄岳にはまだ雲が残ります。

131030天狗~硫黄 (11)s

赤岳、中岳、阿弥陀岳のアップ。

131030天狗~硫黄 (13)s

硫黄岳もだいぶ雲が取れてきました。
今日一日このままだといいのですが…。

131030天狗~硫黄sp (2)

硫黄岳、赤岳アップ。

131030天狗~硫黄sp (3)

南アルプス。
仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、北岳。

131030天狗~硫黄sp (4)

…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

桜平から東天狗岳、硫黄岳周遊 …その1

9月半ばの剱岳以来一か月以上も空いてしまった山行。
これだけ空けると体力も落ちてるし、
やや高山病っぽくなります。

秋はイベントが多くて、またなぜか土日雨模様でしたし…。

今回は八ヶ岳の続き、桜平から天狗岳、硫黄岳間を歩いてきました。

オーレン小屋手前、沢の水が凍っていました。

131030天狗~硫黄sp

オーレン小屋からは薪を燃す匂いが漂っています。
暖かそう広間で談笑する声も。

そのまま、根石岳方面に登ります。

途中、出会った苔。

131030天狗~硫黄 (0)s

かわいいです。

やがて、夏沢峠方面との分岐。

131030天狗~硫黄 (4)s

箕冠山の表示がありますが、
本当のピークは少し先の藪の中。
ピークハンターの私はちゃんと藪をかき分け、
一番高いところを踏んできます。

131030天狗~硫黄 (2)s

そこは森の中。

ひと下りで根石岳山荘。
トイレを借りて、
稜線で冷たい北西風が強いので
フリースをはおって、帽子をかぶって身支度を調えます。

そして、根石岳に。
風を受ける左の頬だけが強ばっています。

根石岳から見る東天狗岳。

131030天狗~硫黄 (5)s

もう少しです。
また下って、登り返して、東天狗岳山頂に着きました。

131030天狗~硫黄 (6)s

東天狗岳の上だけ青空が広がります。


…つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

ウサギギク

だと思いますが…。

季節が遅かったせいでしょうか、
葉に色が付き、花も心なしか痩せているようです。

それでも、黄色い花が疲れた身体に元気をくれますね。

ウサギギク130824秋田駒ヶ岳s


ウサギギク130824秋田駒ヶ岳 (3)s
いずれも、13.08.24 秋田駒ヶ岳

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | お花 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 私のきれぇい&かわゅい♪ |