FC2ブログ
稲の道
2013/04/06(Sat)
渡部忠世著、1977.12、日本放送出版協会刊

121230本 (8)s

これも古い本です。

ジャポニカ米とインディカ米の籾のかたちが
違うことを利用して、稲の起源、日本への伝播を推理する
ちょっとしたミステリーです。

東アジア各地の遺跡から発掘された煉瓦に含まれる籾を分析することで、
その遺跡の時代に付近でどのような稲が栽培されていたかを調べ、
そのデータの積み上げで、
稲の起源、日本への伝播の道筋を確認していきます。
地道な作業です。
今ならばDNAを調べることである程度わかってしまうのでしょうね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |