私のきれぇい&かわゅい♪

obtusaにとって、きれぇい♪かわゅい♪ものを紹介していきまぁす(^^)/

ハリガネオチバタケ

小さくてかわいいきのこ。
眺めていると、その根元に立ってみたくなります。


ハリガネオチバタケ120926上野村 (2)s
12.09.26 上野村

ハリガネオチバタケとハナオチバタケ、
よく似ていて肉眼だと見分けに自信がありません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | きのこ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

錦着山(栃木市)

錦着山も栃木市内のかわいらしいお山。
憩いの場になっているようです。

頂上付近には護国神社があり、
その西奥に三角点はありました。

130120錦着山(栃木市) (3)s

木々の間、奥に男体山が見えます。

展望台もあって、
もちろん奥日光の山々が見えます。

130120錦着山(栃木市) (4)s

大きなかめさんもいました。

130120錦着山(栃木市)s

これで、栃木市あたりの気になっていたかわいいお山を登り切れました。
こういう山歩きもなかなか楽しいですね。


コースタイム
13.01.20
13:52南側駐車場 → 14:00錦着山(80.5m) → 14:10南側駐車場

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

芝塚山(栃木市)

栃木市内、中心部にある芝塚山です。
お隣の高校の校舎の方が高かったりします。
頂上からの眺めは、
奥日光の山々。

130120芝塚山(栃木市)s

筑波山。

130120芝塚山(栃木市) (3)s

大平山。

130120芝塚山(栃木市) (2)s

車をおくところが見つからず、
山の周りを3/4周してしまいました。
南西の山麓に空き地を見つけ、ちょこっと駐車。


コースタイム
13.01.20
13:35南西角空き地 → 13:37芝塚山(55m)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

磯山(大平町)

磯山の山頂直下にある諏訪神社に続く参道。

130120磯山(栃木市) (2)s

けっこう立派な杉並木。

130120磯山(栃木市) (3)s

頂上からは、奥日光の山並みが美しい。

130120磯山(栃木市) (4)s

男体山、太郎山、大真名子、こ真名子、女峰って、
奥日光一家ですね。

こちらは、すぐそこの大平山あたり。

130120磯山(栃木市) (6)s

そうそう、振り返ってみた磯山山頂。

130120磯山(栃木市) (8)s

真ん中やや左上、石碑の左が山頂の岩。
磯にある岩みたいなんだ。
それで磯山なのでしょうか。


コースタイム
13.01.20
13:05諏訪神社駐車場 → 13:10磯山(51m)13:15 → 
13:20諏訪神社駐車場

行動時間:15分
歩行時間:10分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

ケーク・オ・ショコラ

出張の帰り、乗り換えの上野駅で買い求めました。
たくさんあるお店、ひとつひとつのぞきながら、
何がいいかなって。
至福とのひとときですね。

で、おいしそうだし、ラムレーズンとチョコの組み合わせは大好き。
それに湯島だから、上野っぽいな。
なんて。

130127お菓子 (2)s

130127お菓子 (5)s

もう少ししっとりタイプの方が好みかなぁ。
もちろんおいしかったですよ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | アイス・チョコ・etc. | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

富士山

これが富士山か!?って言われてもね…
地形図にちゃんと「富士山」って書かれてるし、
三角点もあるんだ。

登山口。

130120富士山(岩舟町) s

富士山ですから、当然浅間神社鳥居です。

長く苦しい石段が続きます。

130120富士山(岩舟町) (2)s

そうしてようやくたどり着いた頂上。

130120富士山(岩舟町) (7)s

頂上にはかわいらしいお社があり、
その裏が頂上です。

頂上は森林限界を超えておらず、
少し樹冠がうるさいですが、
葉が落ちているので山々が見渡せます。

これは、三毳山。

130120富士山(岩舟町) (3)s

最近はカタクリが有名ですね。

こちらは、岩船山。

130120富士山(岩舟町) (5)s

町は岩舟町だけど、山は岩船山なんですよ。

こちらは、馬不入山から大平山への稜線です。

130120富士山(岩舟町) (6)s

富士山を辞して、南東峰まで縦走しました。
南東峰の頂上。

130120富士山(岩舟町) (9)s

この後、鞍部まで戻り、下山しました。


コースタイム
13.01.20
11:40岩舟町文化会館駐車場 → 11:50富士山(93.8m)12:20 → 
12:25南東峰 → 12:35岩舟町文化会館駐車場

行動時間:55分
歩行時間:25分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

きのこを通して自然を知る

古川久彦著

130118本 (4)s

古川先生、80代も半ばになっても、
まだまだお元気ですね。

読んでいるときはもっとしっかりしなくっちゃ!
と決意も新たにしたはず…
が、何を決意したのだったか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

山の香

山香優風著

130118本 (2)s

自費出版の本のようですね。
佐野の本屋さんで見つけました。
両毛線は私の沿線でもあるので、
お散歩がてら登る山の参考になるかな。

貴重な資料です。
見かけたときに手に入れないと、
たぶん二度と出会えないでしょうから。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

烏帽子岳 … 敗退

南牧村は道路にも雪が残っていました。
特に雨沢から大仁田ダムに向かう道はほとんど真っ白。
それでも人家がありますから、
車がすれ違えるほどには広く除雪してあります。

大仁田ダムの前、駐車場は除雪してあり、
烏帽子岳登山口へ向かう林道もそのまま除雪してありました。
そこで、少しでも先へと車を乗り入れましたが、
こちらは圧雪状態。
しかも、登山口の広場は除雪してなく、車がおけません。
っていうか、車を回すところもなく、
そのまま除雪の終点までずいぶん時間をかけて行き、
方向転換をして、大仁田ダムまで下りてきました。

やれやれ。

ワカン!?
そんなに雪は深くないのでは…と予想し、
持たずに歩き出します。
だいたい靴も冬靴ではありませんし…。

登山口まで足で登り返し、登山道へ。
幸いにもトレースがあります。

トレースをたどり、二俣あたりまで順調にかせぎます。

130119烏帽子岳敗退 (3)s

これはなかなか楽かなと思っていましたら、
そのすぐ上でトレースは終わり。
どうもそこで引き返したようです。

奥に烏帽子岳を見えますが、
これからラッセルが続きます。

130119烏帽子岳敗退 (7)s

薄いところで足首、深いところで膝くらいでしょうか。

無垢の雪面が陽を受けて輝きます。

130119烏帽子岳敗退 (9)s

振り返れば、自分の影とトレース。

130119烏帽子岳敗退 (11)s

一部、腰くらいまであるような吹きだまりもありますが、
まぁ、楽しいラッセルです。

滝が氷柱になっています。

さらに進むと、延々腰までのラッセル。

130119烏帽子岳敗退 (12)s

せめてワカンを持ってくれば…。
甘かった。

ここまで、登山口から2時間近くかかってしまい、
どうも、まだ奥の二俣まで達してなさそう。

130119烏帽子岳敗退 (14)s

稜線もだいぶ近くはなっていますが、

130119烏帽子岳敗退 (17)s

余裕でピッケルが埋まってしまうラッセルに、
あきらめがつきました。

今日のところは敗退です。

まぁ、ラッセルを楽しめたからいいかな。

下山後、林道から見る三ツ岩岳。

130119烏帽子岳敗退 (25)s

日があたり、暖かそうですし、雪も薄そう。
あちらにすればよかったかな。

振り返れば、烏帽子岳。

130119烏帽子岳敗退 (27)s

稜線は雪が少ないのですが。

西上州は、南面は暖かく、雪もすぐに消えるのですが、
北面は凍りついて残ります。
そのことはわかっていたのですが、
あそこまで深いとは思いませんでした。

北面、沢すじの登山道はラッセルを覚悟しなくてはいけませんね。


コースタイム
13.01.19
09:25大仁田ダム駐車場 → 09:35烏帽子岳登山口 → 11:20到達点11:30 
→ 12:00烏帽子岳登山口 → 12:10大仁田ダム駐車場

行動時間:2時間45分
歩行時間:2時間35分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

赤城山…地蔵岳~黒檜山、その3

篭山頂上でしばし逡巡。
黒檜山はきれいに見えますが、
篭山からはしばらく踏み跡程度、
一度歩いたことはありますが今日、大丈夫か。
すでにそれなりに歩いていますから…。

無理そうだったら、駒ヶ岳の手前から下山すればいいかと
登り出しました。

篭山を下った鞍部までは北斜面でそれなりに雪がありましたが、
登りにかかると、ほとんど雪はありません。
雪がないとかえって歩きづらい感じで、
後悔をしながらも、一歩一歩上がっていきます。

いつものことながら足を前に出していれば進むもので、
駒ヶ岳からの下山道にぶつかりました。
ここでまた、しばし逡巡。

でも、まだ進めそうな感じなので、とりあえずは駒ヶ岳まで。

駒ヶ岳山頂。

130113赤城山 (44)s

広いところもなく、通りすがりの頂上って言う風情です。

もうここまで来れば黒檜山に行くしかないでしょう。
先に進みます。

駒ヶ岳から下った鞍部。

130113赤城山 (48)s

黒檜山がだいぶ近くなりました。
ここで、せっかく持ってきたアイゼンをつけることにします。

思ったほどきつくもなく黒檜山山頂へ。

130113赤城山 (53)s

今日も北方の展望があります。

全体。

130113赤城山 (50)s

日光白根山の辺り。

130113赤城山 (51)s

皇海山を中心として。

130113赤城山 (52)s

皇海山、地味ですけどどっしりした山容が好きです。

あとは下りるだけですし、天気もよいのでコーヒータイム。
テルモスのお湯はここまで持ち歩いても十分に熱い。
おいしいコーヒーがいただけました。

下りは直に大沼湖畔です。

途中、今日歩いてきた山々を眺めます。

大沼から地蔵岳、そして長七郎山、小地蔵岳です。

130113赤城山 (54)s

続いて、篭山から駒ヶ岳。

130113赤城山 (55)s

そして、振り返って黒檜山です。

130113赤城山 (56)s

大沼湖畔に下山も車がおいてあるのは大沼の反対側、
半周トボトボと歩きます。

大沼は結氷していて、わかさぎ釣りをしていました。

130113赤城山 (59)s


コースタイム
13.01.13
07:20大洞駐車場 → 08:15地蔵岳(1673.9m)08:20 → 08:40八丁峠 
→ 08:45北山(1510m) → 09:05朝香嶺(1528m) → 
09:35長七郎山(1578.9m)09:45 → 10:05小地蔵岳(1574m) → 
10:15鳥居峠 → 10:30篭山(1430m) → 駒ヶ岳・大洞分岐 → 
11:40駒ヶ岳(1685m)11:55 → 12:50黒檜山(1827.6m)13:05 → 
13:50黒檜山登山口 → 14:10大洞駐車場

行動時間:6時間50分
歩行時間:6時間05分

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

赤城山…地蔵岳~黒檜山、その2

朝香嶺から次は長七郎山をめざし下ります。
小沼南岸からの凍った小沼と遠く黒檜山。

130113赤城山 (28)s

今回、当初の計画では黒檜山までは行かないことにしていましたが、
まだ時間も早いし、ちょっと意識しちゃいました。

北西方向に先ほど登った地蔵岳がよく見えます。

130113赤城山 (29)s

なんか、それなりに歩いてきた感じです。

そこから、登り返して長七郎山山頂。

130113赤城山 (30)s

うすく雪におおわれています。
まだ朝早いせいか誰もいません。

遠く浅間山が白く輝いています。

130113赤城山 (32)s

手前、浅間山の左が荒山、右が前浅間のピークです。

北を見れば赤城の最高峰、黒檜山、そして遠く皇海山が見えます。

130113赤城山 (35)s

黒檜山まで行けるかな。

長七郎山を辞して、小地蔵岳へ。

130113赤城山 (37)s

小地蔵岳からは北斜面、膝まである雪をけちらかして、
真っ直ぐ鳥居峠に、やや西に寄りましたが、下りました。

鳥居峠から見る地蔵岳。

130113赤城山 (41)s

そして、開ける覚満淵、奥に大沼が見えます。

130113赤城山 (39)s

右には黒檜山が。

130113赤城山 (40)s

行けそうな雰囲気です。

少しだけ考えたすえ、とりあえず篭山をめざします。

篭山は鳥居峠のわきのかわいいお山ですが、
大きな岩がゴロゴロしていて、登りづらいですね。
ルートもはっきりしませんし。

それでも、どんどん高い方に向かえば、
何もない篭山頂上。

130113赤城山 (42)s

黒檜山が呼んでいます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

赤城山…地蔵岳~黒檜山、その1

3週間ぶり、今年最初の山行です。
もっと高いところとも思いましたが、
もう一つ、新しくゲットしたタイツも試したかったので、
寒かったときにすぐ下山できる赤城山にしました。
結果、いい天気で、気温も高めだったので、
どうだったんだろう。

朝の地蔵岳中腹。
今日の好天を予感させます。

130113赤城山 (1)s

同じく中腹から。

黒檜山(左)、駒ヶ岳、手前は大沼。

130113赤城山 (2)s

遠く、浅間山。

130113赤城山 (3)s

美しいです。

さらに遠く、八ヶ岳。

130113赤城山 (4)s

蓼科山から赤岳まで見えています。
少し霞んでますけど。

そして、地蔵岳頂上。

130113赤城山 (6)s

あらためて、黒檜山と大沼。

130113赤城山 (7)s

八丁峠に下りかけて、小沼です。

130113赤城山 (10)s

向こう側の山が長七郎山。

八丁峠に下り、北山に登り返す。
北山頂上。

130113赤城山 (16)s

藪山かと思っていましたら、祠がありました。

次は、小沼西岸の朝香嶺をめざします。

木々の間から小沼が見えます。

130113赤城山 (18)s

そして、朝香嶺山頂。

130113赤城山 (20)s

山名板がありました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

カラカサタケ

しばらく雨がなかったかな。
少しお疲れ気味のカラカサタケです。


カラカサタケ120914前橋市 (3)s
12.09.14 前橋市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

登山靴とかめさん

北八、ロープウェイの山麓駅でゲットした紫の登山靴。
とってもかわいいです。


120902登山靴 (3)s

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | かめ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

カワラタケ

わかりやすいからかな、よく見るからかな、
なんだかんだ言って好きなきのこです。
地味に美しいと思います。

カワラタケ120908富岡市s
12.09.08 富岡市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

ヒトクチタケ

このときは少し高い位置に発生していたので、
下からのアングルです。
上から見ると、光沢のある赤茶色。
パンかお饅頭のようです。
それでヒトクチタケなのでしょうが、
臭いは干もの臭。

ヒトクチタケ120824富岡市 (3)s
12.08.24 富岡市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

クランキー 果実いちご

なかなか美味しかった。
また買おうっと。


130102いちご (2)s

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | いちご | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

マクラギヤスデ

たぶんマクラギヤスデ。

落ち葉の下で、落ち葉や朽ち木を静かに食べてます。
かわいらしい姿がお気に入りです。
でも、あまり見かけませんね。


マクラギヤスデ120824富岡市cc
12.08.24 富岡市

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

ナカグロモリノカサ

ハラタケの仲間、すなわちマッシュルームの仲間も
同定が難しいですね。

傘の様子がわかるように、
上からの画像もあるとよかったのですが、
撮ってませんでした。

うーん、未熟。

ナカグロモリノカサ120822上野村 (3)s
12.08.22 上野村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

ツガサルノコシカケ

かたいきのこですけど、
滴る水滴にやわらかさ、みずみずしさを感じます。

それにしても、どうしてこんなに水が出てくるのでしょう。


ツガサルノコシカケ120822上野村 (2)s


ツガサルノコシカケ120822上野村 (5)s
いずれも、12.08.22 上野村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | きのこ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

初日の出

130101日の出 (37)s

実際は空はこんな暗くなかったのですけど、
おまかせでシャッターを切ったらこうなりました。

空の緑がかった黒がそのまま宇宙空間に
無限に広がっているようです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 私のきれぇい&かわゅい♪ |