Archive: 2012年05月  1/1

サラサモクレン

サラサモクレンって何?って思ったら、モクレンとハクモクレンの雑種だって。そうか、どうりで…。いずれも、12.04.24 榛東村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

ヤマナシ

花の白と若葉の緑が重なって、緑がかった白に見えるところがお気に入りです。いずれも、12.04.24 榛東村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

ヒキガエル

このとき、蛙合戦の最中でした。もう何年も前、たくさんのカエルが大騒ぎしたことがありましたが、ここのところ、10匹いるかいないか。少し淋しいかな。いずれも、12.04.18 榛東村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

蓼科山

3月18日の蓼科山の記録です。ときが経つのは早いですね。まとめなくちゃって思っているうちに2ヵ月が過ぎてしまいました。この冬、三度目の蓼科山挑戦でした。そう、前に二回はいろいろあって、転進。三度目の正直で確実そうなルートから狙いました。そう、白樺高原国際スキー場、ゴンドラコースです。ゴンドラを降りて、しばし歩いて、七合目登山口です。馬返しまでのゆるやかな登り、木々や森を見る余裕もたっぷりです。ダケ...

  •  4
  •  0

高崎だるませんべい

包装紙には高崎だるまが描かれていて期待させます。どんなだるまが出てくるのかな。でも、このお煎餅屋さんは高崎じゃないんだけど…。包装紙を取ると、しっかりした箱でした。でも、高崎だるませんべいの紙はシールを貼ってあるっぽい。一応、紅白のだるま。ただ紅白の帯が巻いてあって、セロテープでとめてあるだけです。袋から出してみると、確かにだるまのかたちはしてるけど…。かたちだけ!?お味?少ししょっぱめの普通のおせ...

  •  0
  •  0

オニグルミ

山あいの沢沿いに普通に見られるクルミですね。種子も食用になるそうですが、普通のクルミよりは食べるがたいへんそう。殻の固さを見込まれてスタッドレスタイヤに使われているんだって。12.04.24 榛東村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

モウソウチク

このタケノコもすでに誰かのお腹のなか。生きのびたものは竹になってるかな。にほんブログ村...

  •  0
  •  0

江戸前の魚

渡辺栄一著 1984年 草思社刊古い本ですね。お友だちの読書家から譲っていただきました。そのころ、魚がいなくなったとか、美味しくなくなったとか書いていますが、それから30年近く、今はどうなっているのでしょうか、江戸前の魚。にほんブログ村...

  •  0
  •  0

南方熊楠 菌類図譜

解説 萩原博光  編集 ワタリウム美術館 2007 新潮社刊南方熊楠ってすごい人だったんですね。素晴らしいきのこの彩色画とそれを取り巻く英文の記述。おまけに胞子が紙に包まれて張ってあったり、標本の乾燥きのこまで貼り付けてある図譜。科学的であるとともに芸術でもあります。およそ5000種ものきのこを描いたパワーもすごいです。せめて姿勢だけでも見習いたいです。それにしても、なぜきちんと論文にしなかったん...

  •  0
  •  0

シイタケ

天然のものではありません。原木栽培。この時期、自然に発生します。120424 榛東村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

鶴サブレー

鎌倉の鳩サブレーは有名だけど、鶴サブレーなんてあったんですね。すごくエコな包装。群馬銘菓とは知りませんでした。なんかねぇ…できの悪いヤマトイモみたい。お味、油っぽくて、甘過ぎます。にほんブログ村...

  •  0
  •  0

自然の診断役 土ダニ

青木淳一著 1983.5 日本放送出版協会刊ササラダニのお話。ササラダニの研究って昔憧れていて、青木さんの本もよく読みました。対象は変わりましたが、地面に這いつくばるようにする仕事もあり、ササラダニの近くにいますね。にほんブログ村...

  •  0
  •  0

メグスリノキ

しばらく前にブレークしました。その名のとおり目によいと言うことで。実際、眼病の予防に効果があるようですが、近ごろは山あいの直売所の片隅に落ち着いておかれているようになりました。3枚複葉ですが、カエデの仲間です。120424 榛東村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

ヤマモミジ

もみじと言えば秋の紅葉だけど、新芽が開いたばかりのもみじもきれいでかわいい。このきせつのもみじ、好きです。いずれも、120424 榛東村にほんブログ村...

  •  0
  •  0

ヤマブキ

大好きな黄色い花をもう一つ。いずれも、120424、榛東村にほんブログ村...

  •  0
  •  0