私のきれぇい&かわゅい♪

obtusaにとって、きれぇい♪かわゅい♪ものを紹介していきまぁす(^^)/

マゼラン 最初の世界一周航海

岩波文庫から11.3に刊行されました。

120107本 (4)50

ピガフェッタ「最初の世界周航」と
トランシルヴァーノ「モルッカ諸島遠征調書」の2編で
1冊になっています。

ピガフェッタは実際にマゼランとともに船に乗り込み、
マゼラン死後も航海を続け、
無事に戻った乗組員の一人です。
それだけに描写に臨場感があり、
また、寄港地に住んでいる人びとの描写もていねいで、
採集した現地語も乗っていたり、
航海そのものよりも、人の生活に興味があったことが伺えます。

モルッカ諸島遠征調書はトランシルヴァーノが
乗組員から話を聞き取りまとめたものとのことです。

同じことが違った視点、立場で語られているので、
その違いがまた興味深いようです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

LOOK つぶつぶいちご れん乳仕立て

いちごに練乳なんて、
まさしく私好みなんですけど、
どうも不二家のはチョコレートが甘すぎるような…。


120119いちご (2)50

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

別窓 | いちご | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

黒斑山、蛇骨岳

冬の初めの黒斑山、
できたら少し足を伸ばしたいなと思い、
登りました。

早朝、車坂峠から黒斑山を望む。

111211黒斑・蛇骨岳70

いい天気です。
雪もありそうだし…。

途中、富士山も望めました。

111211黒斑・蛇骨岳 (3)90

青空に着雪した純白の枝が美しい。

111211黒斑・蛇骨岳 (4)80

槍ヶ鞘あたりまで登ると浅間山が視界を占領します。

111211黒斑・蛇骨岳 (6)60

いつも美しい山です。

アップにすると、迫力もかなりのもの。

111211黒斑・蛇骨岳 (9)60

そして、黒斑山頂。

111211黒斑・蛇骨岳 (15)60

少し見える角度が違ってきます。

相変わらず富士山が美しいです。

111211黒斑・蛇骨岳 (16)90

浅間山、見飽きることがありません。

111211黒斑・蛇骨岳 (18)60

そして、トレースはなかったけど、
時間も早いので蛇骨岳まで足を伸ばすことにしました。

蛇骨岳からの浅間山。

111211黒斑・蛇骨岳 (25)60

また、浅間山ですね。
実際、浅間山の写真ばかり何枚もありますから。

こちらは嬬恋村を背景にした凍り付いた樹木。

111211黒斑・蛇骨岳 (33)60

荘厳さを感じます。

この日はここまでで、来た道を車坂峠に戻りました。

登りは薄くとも雪がついていましたが、
下山のときは土が見えているところもありました。
まだ、この時期積雪量は多くありませんね。

いずれ真冬にも行ってみたいかな。


コースタイム
11.12.11
07:50車坂峠 → 09:25トーミの頭(2320m)09:30 → 
09:50黒斑山(2404m)10:10 → 10:35蛇骨岳(2366m)11:15 →
12:05トーミの頭12:15 → 13:05車坂峠

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

モミジバフウ

モミジバフウは、北米~中米原産の樹木です。
これはその実。

けっこうかわいらしいですよ。
リースの材料になるんじゃないかなって。

モミジバフウ111228榛東村 (3)50
11.12.28 榛東村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

糸くるま

創業、明治3年という前橋市の老舗の和菓子屋さん
青柳本店の和菓子です。

111215糸くるま (2)50

もともと養蚕の盛んな地、繭玉をかたどったお菓子です。

111215糸くるま (8)70

すり砂糖で薄くおおわれ、中の緑がかった柚子餡がきれい。
わりあいさっぱりした甘さで、
柚子の香りが映えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | 和菓子 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

ロッテ クランキー <苺のパフェ>

クランキーはみんなおいしいけど、
これ、別格です。
とってもおいしかった。

昨日、疲れて、お腹がすいてて、食べたからかな。

120119いちご (6)50

でも、おいしい。
また、食べようっと♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | いろいろ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

高戸谷山

安中市松井田の奥、小根山森林公園の北方にある山です。
仙ヶ滝の先、路肩が広くなっているところに車を置き、
左手の畑を過ぎたあたり、
小さい沢の手前を右に作業道を登っていきます。
やがてワサビ田があり、その上にプレハブの作業小屋があります。
作業道は続きますので、道なりに進みます。
やがて作業道は終わり、藪道になりますが、
テープに従って、岩場を急登していくと、尾根に登り上げ、
さらに右へ登っていくと、ほどなく頂上です。

111127高戸谷山 (4)40

三角点もあります。

111127高戸谷山 (2)40

見晴らしはよくなく、落葉した枝の間から妙義山が見えました。

111127高戸谷山 (3)50

下りは、尾根をさらに東へ進み、
さらに南へ508mの標高点をめざし下ります。
508m手前から西寄りに下るとやがて車道に出ました。
少し戻って、車をおいたところに戻りました。

山頂近くは岩場も多く、道もはっきりせず、
地図読みが試されます。
また、熊のフンがあちこちに落ちていて、
別の意味、なかなかのスリルが味わえました。

コースタイム
11.11.27
10:15登山口 → 11:00高戸谷山(739.3m)11:45 → 12:20登山口

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨

山に生きる人びと

宮本常一著 河出文庫 2011.11刊

111126本 (2)60

宮本氏は1981年になくなった方で、
この本ももともとは1964年に刊行されたものの復刻です。

それ以前に宮本氏が日本の各地を歩き回り、調べた、
山で生きる人びとの記憶をまとめたものです。
おそらくは戦前まで営々と続いてきたであろう
狩人、サンカ、木工、木地屋、鉄山師、炭焼きなど、
山を生活の場としてきた人びとのありよう、生活、社会が
生き生きとわかります。

私自身、「山に生きる」とは言えないまでも、
山に関係して生活している身には
彼らに何か繋がりを感じずにはいられません。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

駒見山

秋遅く、みどり市と桐生市の境、
駒見山をめざしました。

登山口は、みどり市小平の鍾乳洞のところ。
そこから、東へ車道を上がります。
車道はすぐに北に向きを変え、
最奥の人家と水道施設で行き止まり。
その水道施設の前を右へ、東へ沢沿いを登っていきます。
わずかに踏み跡があります。
適当なところまで行って、市境の尾根をめざし、
斜面を登ります。
稜線に出たら、北へ上り詰めていくと駒見山です。

登山口辺りからの駒見山。

111123駒見山 (16)60

けっこうどっしりしています。

そして、頂上。

111123駒見山 (3)50

駒見山の西、三角点峰の高倉山山頂。

111123駒見山 (6)40

高倉山からわずか下ったところの石宮。

111123駒見山 (9)30

ちょっと荒れたヒノキ林に囲まれている。

登山口近くの紅葉。

111123駒見山 (15)30

コースタイム
11.11.23
08:50小平鍾乳洞駐車場 → 09:50駒見山(600m)10:25 → 
10:30高倉山(583.9m) → 10:55車道 → 11:10小平鍾乳洞駐車場

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

いちごのタルト

チープなおいしさっていうのかな。
けっこう好きですね。


120119いちご (9)50

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | いちご | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

古賀良山(こがらやま) …榛名山系

榛名山の北西山麓に盛り上がっているのが、
古賀良山です。

111113古賀良山 (2)70

あまり馴染みのない山かも知れませんが、
榛名山系で名前がついていて、
私がまだ踏んでいないピークの一つ。

山麓の古賀良神社から登ります。

111113古賀良山 (4)40

石段の奥、中腹にあるお宮。

111113古賀良山 (5)40

そのお宮の右側に稜線に続く踏み跡があります。
登りきった稜線は、古賀良山から西へ伸びる稜線です。

稜線を登っていると石碑がありました。

111113古賀良山 (10)35

「華童子」と読めます。
今ひとつ、何を祀ってあるのかわかりませんが、
華童子の言葉自体はなんだか素敵だなって。

そして、いくらも登らないうちに頂上。

111113古賀良山 (11)40

藪に囲まれた頂上。
少しだけ刈り払われて、石のお宮がありました。

111113古賀良山 (13)40

同じ道を下ります。

コースタイム
11.10.29
11:20古賀良神社駐車場 → 11:45古賀良山(981.5m)11:55 → 
12:15古賀良神社駐車場

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

カルピス 朝摘みいちご 練乳仕立て

いろいろな味のカルピスがありますが、
これは群を抜いておいしかった♪


120107いちご (2)50

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | いちご | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

七ヶ岳

昨年10月の末、北側の黒森沢コースから登りました。
滝やナメを期待してのコース取りですが、
もう秋も終わりの時期、水を浴びるにはちょっと冷たかった。

111029七ヶ岳 (3)40

なめ滝の上から見下ろすと、会津の山々が見えます。
平気で登れるような滝ですが、
上から見下ろすと、けっこう高度感があります。

111029七ヶ岳 (9)50

落ち葉に霜がついています。
寒いというか冷たい訳です。

111029七ヶ岳 (12)35

沢をつめ、稜線もう少しというところで左に巻き、
わずかで尾根に飛び出します。

奥日光の山々がよく見えました。

111029七ヶ岳 (15)90

やがて、七ヶ岳頂上。

111029七ヶ岳 (17)45

これから、下岳に向けて尾根歩きです。
日陰には雪の名残も。

111029七ヶ岳 (19)40

歩いてきた尾根を振り返ります。

111029七ヶ岳 (20)50

下岳(七番岳)頂上。

111029七ヶ岳 (22)45

下岳登山口へ下り、林道を黒森沢コース登山口へ戻りました。


コースタイム
11.10.29
05:30黒森沢コース登山口駐車場 → 06:30ナメ滝下部 → 07:30稜線 → 
07:40七ヶ岳(1635.8m)08:00 → 09:15下岳(1507.8m)09:25
→ 10:05林道 → 10:40黒森沢コース登山口駐車場

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

おいしいストロベリーチーズモナカ

これは、なかなかおいしかった♪

111230いちご (2)c70

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
別窓 | いちご | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

しみチョコ ダブル

ちょっと甘すぎ。
それにホワイトチョコは苦手かな。

111230いちご (3)50

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
しみチョコ ダブル…の続きを読む
別窓 | アイス・チョコ・etc. | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 私のきれぇい&かわゅい♪ |